通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

埋葬許可証とは?

カテゴリー 葬儀の流れ

埋葬の際

遺族の方々は、慌ただしい葬儀・告別式を執り行い、煩雑な葬儀関係の手続きが終わると、ようやく故人を自分達だけで偲ぶことができる、とお考えになられるかもしれません。
しかし、お墓に遺骨を納める際、僧侶の読経や親戚等の参列も大切ですが、埋葬許可証の準備も必要となります。
この書類が無いと、お墓に遺骨を納めることができません。納骨式の前に書類が紛失してしまっては、参列者や僧侶にも迷惑がかかります。
それだけ重要な埋葬許可証とはいったいどんな書類なのだろう?とはじめて葬儀関係の儀式を執り行う遺族の皆さんは疑問に思われることでしょう。
そこで今回は、埋葬許可証について説明します。埋葬許可証の取得方法や提出先、保管期間、そして万が一にも紛失した場合の対応について解説します。

埋葬許可証とは?

火葬前

埋葬許可証は、お墓へ遺骨を納める際に必要な書類です。そもそも遺骨は、焼骨したからといって遺族が独断でお墓に納めることは禁止されています。しかるべき手続きをとって納骨しなければなりません。

なお、お墓を移動(改葬)する場合や、樹木葬を行う場合も、同様に埋葬許可証が必要となります。

遺族の方々にとって大切な書類であるため、埋葬許可証を失くさないように骨壺の桐箱の中に入れておくケースがあります。

これは通常、四十九日法要が済むとお墓に納骨するので、その間に書類をしまった場所を忘れないよう、遺骨のそばに保管するのが確実なことから広まった方法といえます。

納骨についてはこちらをご参照ください

樹木葬についてはこちらをご参照ください

改葬についてはこちらをご参照ください

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

埋葬許可証と火葬許可証の違い

火葬許可証とは、故人を火葬する際に、火葬場の管理事務所へ提出する書類のことです。この許可証がないとご遺体の火葬はできなくなります。

この火葬許可証を取得する場合は、死亡届出書と共に火葬許可申請書および印鑑を準備します。これらの用紙に必要事項を記載して、死亡者の本籍地、死亡地、届出人の住所地、所在地のうちいずれかの市区町村役場に提出します。

この火葬許可証を取得し、ご遺体を火葬する際に火葬場の管理事務所へ提出します。火葬後、この許可証に火葬場の管理者から証明印を押印してもらい、遺族へ許可証が返却されます。

返却された火葬許可証を今度は埋葬許可証として、お墓へ遺骨を埋葬する際に使用することになります。つまり、火葬許可証と埋葬許可証は同じ書類ということになります。

死亡届の届出についてはこちらをご参照ください

埋葬許可証の発行

埋葬許可証の発行の流れは次の通りになります。

申請書提出
市区町村役場へ死亡届出書と共に火葬許可申請書を提出します。
 
火葬許可証の発行
市区町村役場から、火葬許可証を受け取ります。
 
火葬許可証の提出
故人を火葬する際に、火葬場の職員へ提出します。火葬を行う際に忘れずに持参しましょう。
 
埋葬許可証の発行
火葬後に火葬場の管理者が火葬許可証に証明印を押印し、許可証が遺族へ返却されます。これが埋葬許可証になります。

ただし、遺族に分骨予定のある場合、埋葬許可証1枚のみがあれば、あとは自由に遺骨を分けて納めても良いというわけではありません。埋葬許可証のコピーでは納骨の際に管理者から拒否される場合があります。

火葬のとき既に分骨することを遺族が決めている場合、あらかじめ分骨を希望する人は骨壷を用意し、火葬場の管理者に分骨証明書を発行してもらいます。分骨する人が複数なら、その人数分の証明書が必要となります。

なお、自宅墓を設けそちらで供養する場合、証明書の取得は必要ありません。

自宅墓についてはこちらをご参照ください

分骨についてはこちらをご参照ください

埋葬許可証の提出先

火葬場の管理者から発行してもらった埋葬許可証は、納骨の際に墓地・霊園の管理者へ提出します。

お墓への納骨は、基本的に故人の四十九日法要の際に納骨式で執り行われます。納骨のときには、埋葬許可証の他、墓地使用許可証、印鑑が必要になるので忘れずに持参しましょう。

なお、分骨した遺骨を墓地・霊園へ納める際も、同様に墓地管理者へ分骨証明書等の提出が必要となります。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

埋葬許可証の保管期間

墓地・霊園の管理者には、納骨の際に遺族から受け取った埋葬許可証を5年間保管する義務があります。

墓地、埋葬等に関する法律によれば、「墓地又は納骨堂の管理者は、埋葬許可証、火葬許可証又は改葬許可証を受理した日から、5箇年間これを保存しなければならない。」(同法第16条)と規定されています。

法律により5年間は勝手に破棄することができず、管理者は責任を持って保管する必要があります。

埋葬許可証を紛失した際の再発行

何らかの事情で、埋葬許可証を紛失したときには再発行してもらうことができます。火葬許可証の発行から5年未満の場合なら、火葬許可証を発行した市区町村役場で再発行の手続きを行うことができます。

埋葬許可証の再発行の料金は市区町村によってそれぞれ異なりますが、概ね300円~400円となります。また、郵送による申請も可能です。

埋葬許可証の再発行の手続き申請に必要な書類について次の通りです。

●申請書:申請書用紙には、下記を記載する必要があります。
①窓口に来られた申請者の住所・氏名
②代理人が申請する場合、代理人の住所・氏名
③再発行してほしい故人の本籍・筆頭者名・氏名・生年月日・埋火葬許可申請届出日
●本人確認書類:1点だけ提示すれば良いものと、2点以上提示する必要があるものがあります。
<1点だけ提示>
・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
・在留カード等
<2点以上提示>
・健康保険証
・年金手帳
・社員証
・学生証等
●委任状:代理人が申請する場合には、再発行の請求者(親族・祭祀継承者)が自署・押印したものが必要です。
●印鑑:認印で構いません。

なお、申請する市区町村役場によっては、追加の書類を請求される場合があります。事前に申請先の市区町村役場へ問い合わせをし、必要な書類等について質問しておきましょう。

一方、火葬許可証の発行から5年以上経ってしまうと、故人を火葬した火葬場で「火葬証明書」を取得してから、市区町村役場で再発行の手続きを行うことになります。

まとめ

埋葬許可証は、火葬場の管理者から証明印をもらうだけで許可証として使用できますが、紛失してしまうと煩雑な手続きに追われてしまうことになります。
火葬場の管理者の中には紛失しないように、火葬が終わると骨壷をしまう桐箱の中へ埋葬許可証を一緒に入れて手渡してくれる場合が多いです。
桐箱の中に入れてある埋葬許可証をいったん確認し、その後は失くさないように桐箱の中へ戻しておきましょう。

埋葬についてはぜひこちらをご参照ください

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る