葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

枕経とは

枕経(まくらぎょう、まくらきょう)とはどういうことを指すのかご存知でしょうか。
身内に不幸があり葬儀に関わることがなければ、どういうことなのかを知っている人はそう多くはないと思います。
亡くなる方の最期をお見送りする場である枕経。いつ葬儀に関わることになるかわからないからこそ、枕経について詳しくご紹介していきたいと思います。

枕経とは

枕経(まくらぎょう、まくらきょう)は、命が残り僅かとなったその最期の時をみとりながら枕元でお経をあげる儀式のことを言います。近年では、最期の時をみとりながらではなく、死後すぐに故人にお経を聞かせ、迷うことなく旅立つことができるように行われることが多いです。
亡くなられた故人にとっては、葬儀に関する儀式の中で一番大事なものとされている寺院もありますが、最近では、葬儀自体が簡素化されていく中で省略されるケースも多いと言われています。

枕経を行うまでの手順

枕経を行うまでの手順は、最期の時を迎え亡くなってしまった後、檀那寺(菩提寺)へ連絡を入れます。枕飾りができたら、僧侶に来て頂き枕経の読経をしてもらいます。この読経の際には、遺族も同席しますが、改めて喪服を着用する必要はなく普段着でも失礼にあたりません。また祭壇を慌てて設置する必要もありません。

枕経を終えたら、葬儀に関することと、戒名(法名)についての相談をし、故人の人柄やどんな人生を歩んできたのかを僧侶にお伝えします。僧侶の予定と合わせて葬儀の日時を決めますが、葬儀の席へ出向いて頂く葬儀の人数についても相談し、その後の葬儀を滞りなく行うための最初の準備が完了となります。

僧侶は枕経でどんなことを行っているのか?

僧侶は、枕経でどんなことを行っているのか気になるという人のために、実際にはどんなことを行っているのか、浄土宗を例にとって紹介したいと思います。

  • 奉請(ぶじょう) 諸仏に入場をお願いします。
  • 広懺悔、懺悔偈(こうざんげ、さんげげ) 自己の罪業を菩薩や仏様に対して懺悔します。
  • 剃度作法(ていどさほう) カミソリを頭に当て、十念を唱える。
  • 授与三帰三意(じゅよさんきさんしょう) 仏門に入る故人に師僧が戒律を授ける。
  • 授与戒名(じゅよかいみょう) 戒名を与える。
  • 開経偈 (かいきょうげ) 読経するにあたり、教えの真髄を体得できるように願う。
  • 誦経・読経(ずきょう・どきょう) 「阿弥陀経」や「仏身観文」、「四誓偈」などを読経する。
  • 聞名得益偈(もんみょうとくやくげ) 仏様の本願により皆往生する。
  • 発願文(ほつがんもん) 臨終の心得と阿弥陀仏に尋ねる。
  • 摂益文(しょうやくもん) 念仏を唱えるものは皆仏様に守られる。
  • 念仏一会(ねんぶついちえ) 救われることへの喜び、感謝の気持ちを込めて念仏を唱える。
  • 総回向偈(そうえこうげ) 全ての念仏の功徳を向け、往生を願う。

とても多くの儀式が枕経では行われていますが、枕経にかかるおおよその時間は30分程度となっています。

枕経の現状は?

近年の枕経の現状は、省略される場合も少なくなく、お通夜の時に一緒に行われることも多いと言われています。枕経の省略は、病院で亡くなられた後、自宅に戻ることなく葬儀をとり行う式場へ直行してしまう場合が増えていることが背景にありますが、枕経は、故人との別れにしっかりと向き合うことのできる一番静かで大切な時間なので、できれば省略するのではなく、枕経こそ大切な時間にしたいものです。

枕経をお願いできる菩提寺がない。わからない場合

身内で初めて不幸があった場合、枕経をお願いできる菩提寺がない人やわからない場合も実は多いと言います。そんな時は、焦らずに葬儀社へ相談してみましょう。葬儀社では、菩提寺を持っていない、わからないという人のために、お寺の紹介をしています。もちろん、お寺を紹介してもらう上での紹介料や仲介料などは発生しませんのでご安心ください。

ただし、葬儀社からお寺の紹介を受ける場合、枕経に間に合わない可能性の方が高く、お通夜の席で初めて僧侶に会うパターンが多いですが、お通夜の時に戒名などの相談を行うことで、滞りなく葬儀をとりおこなうことができます。

枕経の依頼先

枕経の依頼先は、日頃お世話になっている寺院(菩薩寺)となりますが、お世話になっている寺院(菩薩寺)がない場合は、葬儀社から紹介してもらいます。お世話になっている寺院(菩薩寺)にいる僧侶の都合が合わない場合は、他の寺院の僧侶を紹介されることもあります。

枕経を依頼先へ依頼するタイミングは、臨終直後が最適です。枕経の依頼の際には、日時と場所を忘れずに伝えます。枕経をあげてもらう枕飾りの準備が完了したら、あらためて菩薩寺へ連絡し、故人の成仏を願う枕経を納棺前に行ってもらいます。

枕経で準備するもの

 
枕経を行ってもらう時に準備するべきものについて紹介します。まず、枕経をあげてもらう僧侶が座る座布団と枕経の後にお出しするお茶とお茶菓子、僧侶へお渡しするお車代として 5,000円~10,000円を用意しておきます。故人へは、枕経を行うための枕飾りと呼ばれる香炉、蜀台、花立の三具足と鈴などを用意しますが、通常は葬儀社が準備してくれるので、個人的に用意する必要はありません。

枕経の服装

枕経の時には、遺族として同席しますが、喪服を着用する必要はありません。基本的には、アクセサリーなどは外して、地味めの普段着で枕経という儀式を受けます。

枕経の費用と相場

枕経をお願いする場合、どのくらいの費用が必要となるのか、おおよその相場を知っておくことはとても大切なことです。枕経は、葬儀を行う一番最初の儀式で、枕経のみのお礼としてお布施の用意は必要ありません。

枕経、お通夜、葬儀、告別式、初七日の繰り上げ法要と葬儀にかかる全ての儀式を終えた後に、お布施として後日に渡すことになります。ただし、お車代(5,000円~10,000円)は、別にその日のうちにお渡しします。

葬儀の全てをとり行ってもらった後にお渡しするお布施は、故人に頂く戒名のランクによって金額の相場というものに違いがあります。おおよその金額の目安を戒名のランク別に紹介していきたいと思います。

  • 戒名ランク「○○信士」「○○信女」は、25万円~50万円
  • 戒名ランク「○○居士」「○○大姉」は、40万円~80万円
  • 戒名ランク「□□院○○信士」「□□院○○信女」は、50万円~70万円
  • 戒名ランク「□□院○○居士」「□□院○○大姉」は、60万円~100万円
  • 戒名ランク「□□院殿○○大居士」 「□□院殿○○清大姉」は、80万円~100万円以上

戒名ランクによって、僧侶にお渡しするお布施と戒名料の合計金額には大きな違いがあります。
戒名のランクは、枕経が終了した後に、僧侶と相談して決めるようにすると間違いがなく安心です。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る