葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

マンション仏壇の選び方

カテゴリー 仏壇

「仏壇離れ」という言葉が生まれる程、仏壇を持たない方が増えている昨今。その背景には住宅事情があるようです。核家族化傾向と共にマンション住まいが多くなった現状に、仏壇が追い着いていなかったことも大きな理由でしょう。
しかし近年は時流に合った仏壇が数多く販売されるようになりました。そこでマンション用仏壇に焦点を合わせ、ご紹介していきます。

コンパクトな仏壇の種類

最近は、「パーソナル仏壇」としてコンパクトな仏壇が多く販売されています。特に狭い部屋やマンションに置いても、省スペースで違和感がなく人気のある仏壇をまとめてみました。

棚や家具に収納もできる上置き型

サイドテーブルや棚、家具等の上に置く小型化された仏壇です。
大きさは様々あり、昔からある上置きタイプとは様相が随分違い、デザイン性が高く大きさも35cm位から90cm位の小型仏壇やそれより小さいミニ仏壇もあります。最近ニーズが増えているのはミニ仏壇です。
棚の中にすっぽり収めることもできるコンパクト型は、軽くて移動も楽々、掃除もしやすいと人気があります。

壁掛け型

壁に掛けるタイプなので、奥行が大変薄く場所を取りません。
直立で拝むこともできるし座位で使用することもできる両対応可能な、利便性に優れた仏壇です。使用位置に合わせて壁に掛ける位置を変えるだけで、都合の良い場所に設置できる省スペース型です。

床スペースには影響がなく、全く邪魔にならないのが利点です。
主流は、高さが薄い箱型タイプで扉が付いるタイプです。扉を開けると仏像やお位牌が収まっていますので、拝む時は扉を開けて使用します。

床置き型

床に置くタイプですが従来の仏壇のイメージとは違い、デザイン性に特化した仏壇が人気です。家具調仏壇とも呼ばれ、外観はインテリア感覚に仕上げられているので部屋の雰囲気を壊す心配はありません。近代的なデザインマンションやスマートな空間に置いても全く違和感のない外観になっているのが特徴です。最近はデザインや色も豊富に取り揃えられているので、インテリアに合わせた素材や色調、デザインを選ぶことができます。

大きさは幅や高さ等色々あるようですが、マンション用としては細身の省スペース設計が人気です。外観は細長くスマートでも、収納スペースはゆったりと収めることができる広い空間設計の仏壇が主流です。
また、椅子に座るタイプと床に座って使用するタイプが用意されています。
その他、仏壇とは少し異質ですが「手元供養」というものがあります。最近需要が増えているので、簡単に触れておきましょう。

手元供養も兼ねている場合はゆったり収納型がおすすめ

手元供養とは、故人の遺骨や遺灰を手元に置いて供養することです。
手元供養の場合は、お墓は造らず代わりに仏壇がお墓と仏壇の両機能を持つ位置付けになります。また、お寺や寺院のご本尊を祀る壇の縮小版といった意味合いも含まれます。

手元供養も兼ねて仏壇を選ぶ場合は、遺骨の大きさを考慮し収納空間がゆったりしたタイプがおすすめです。
参考までに、その他手元供養として実際行われている方法は以下の通りです。

  • 遺灰や遺骨の一部をペンダントやブローチなどアクセサリーに加工して身に着ける。
  • 置物やオブジェの中に遺灰や遺骨を収納し、部屋に飾っておく。
  • 遺骨をプレートとして加工する。

仏壇の選び方

仏壇を購入することは、一生のうち何度もあることではありません。日常生活とは縁の薄い買い物だけに失敗や迷いはつきものです。かといって早々買い替えるものでもなく高価な買い物です。そこで、失敗しない仏壇の選び方をまとめてみました。

良い仏壇販売店舗を選ぶ

素人にとって仏壇を選ぶには、頼りは販売店ですよね。販売店を間違えると、仏壇選びも失敗の元になります。まずお店に入ったら、以下の優良店舗の5条件をチェックしましょう。

各商品(仏壇)に関する情報が明確に提示されていること

主材及び各パーツの材質や品質、工法、産地とメーカーがしっかり分かるようになっているか確認しましょう。

販売価格が明確に表示されていること

お仏壇は、定められた価格があるわけではなく、各店舗で決めています。それだけに表示されていない、あるいは曖昧な価格表示をしているお店は、相場より高い場合が多いようです。

相談や質問に対する応対がきちんとしている。面倒がらず親身になって相談にのってくれること

商品に自信のあるお店ほど、相談や質問には丁寧に答えてくれるといいます。販売員の言動からもお店の良し悪しは窺えます。

商品(仏壇)の保証とアフターケアーが明確に示されていること

もし家に仏壇が届いた時破損があったら、もし不備な点が見つかったら等、もしもの時の対応がきちんと示されているか確認しておきましょう。
また、アフターサービスとして何をしてくれるのか、アフターサービスを受ける時の条件等も示されているかも確認しておきます。仏壇はふつう30年以上使用するものですから、特にアフターケアーがあるのかないのかまた保証もされているのか等はしっかり確認したい点です。

店舗内が清潔であること

仏壇の店舗に限ったことではありませんが、清潔度は店舗のあり方だけではなく経営方針まだも窺い知ることができます。床や棚、テーブル等きちんと掃除が出来ているか、商品である仏壇はきれいに保たれているかチェックしておきましょう。
以上がクリアーされていれば、まずは安心です。

まだ安心できないと思う場合は、業界組合や団体に加盟しているかも確認してみてはいかがでしょう。規定価格があってないのが仏壇価格ですが、組合に加盟している店舗は大体一定価格で販売されているそうです。また、資格制度が設けられているので、資格の認定を受けた販売員がいる場合もあります。
 

最低3店舗は実際行って比較検討

お店によって仏壇の質やデザインの傾向、得意としている材質や工法等に違いがあります。また、値段やアフターサービス等も違いがみられます。自分にあった価格帯や材質、デザイン等を考慮しながら、最低でも3店舗は見比べるべきだといわれています。

今では、ホームページに情報が沢山載っています。まずは、ホームページでじっくり時間をかけて店舗の情報や商品情報等を調べることから始まるとよいでしょう。ネットで調べてそのままネットで購入する方が多くなっている昨今ですが、購入前に実際自分の手で仏壇の素材やコーティングの状態等触って確かめることをおすすめします。

マンションでの仏壇の置き場所

仏壇の置き場所は、マンション特有の置き方やルール等はありません。一軒家でもマンションでもアパ―トでも、良い場所悪い場所は共通しています。
そこで、特に狭いスペースの場合に失敗しがちな注意点を確認していきましょう。

ご本尊様は目線より上の位置

仏壇に向かって拝む場合、ご本尊様の位置は大変重要です。目線が自分より下になってはいけません。仏様を尊ぶ気持ちを汚す行為になります。
ご本尊様は、自分の目線より上の位置に納めます。

神棚と仏壇は向き合って置かない

常にお尻を向けてしまう場所は避けます。
例えば、神棚が向かい合う位置に設置されていると、神棚に向かって手を合わせている間中お尻は仏壇に向いてしまいます。逆の場合は神棚に対して非礼になります。
置く位置を向き合わないようにずらすか、違う配置に変えましょう。

神棚と仏壇を同じ部屋に置いても問題はない

神棚と仏壇を同じ部屋に置いてはいけない等諸説ありますが、結論からいうと同じ部屋でもなんの問題もありません。
古来より日本は神道と仏教が共存している民族です。

江戸時代以前はお寺の敷地内に神社があり、また神社の中にお寺がありました。明治維新の時に神仏分離令が施行され離された経緯があります。
共に生き栄えることに不自然はないのだそうです。

直射日光が当たらない所

素材により反応の違いはありますが、木製の場合は日光が強いと板面が歪む場合があります。また仏壇の中にあるご本尊様や仏像、掛け軸なども直射日光を浴びると劣化の原因になります。出来るだけ直射日光は避けて置くべきでしょう。

風通しの良い所

特に木製の場合は湿気に弱いので風通しの良い場所を選んで置きます。また、外側が木製ではなくても内側に湿気を帯びるとお位牌やご本尊様等の劣化に繋がり悪影響を及ぼします。時々は扉を置けて中まで風を通しましょう。

置く向きよりも、落ち着ける場所こそ最良の場所

仏教では、西には西方浄土があり死者が生まれ変わる極楽浄土の方角とされています。その為、西に向かって拝む方が多いので西側に置くと良いと言われます。

向きは西に向かって手を合わせるので仏壇は東向きになりますね。しかし真東に向けることで直射日光が強く当たる場所はあまり良い場所とは言えません。むしろ避けるべきでしょう。
置く方角に約束事や決まりはありません。
方角を気にするよりも、落ち着いて拝める場所が最も良い場所と言われています。

但し、宗派によって良いとされている方角や考え方は様々あります。主に真宗の場合は、家の中でもっとも立派な部屋。床の間のあるような部屋のことで、「ご本尊様」をお祀りするに相応しい場所という考え方からきています。一方、仏壇を「ご先祖様の位牌」が置いてある場所として、日常ご先祖様に見守って頂くという意味合いから、家族が集まる場所に置くのが良いという考え方も存在しています。
その他宗派により、方角の良し悪しはあるようです。興味のある方は調べてみてはいかがでしょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る