通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

密葬とは?家族葬や直葬との違いや気になるマナー

カテゴリー 葬儀の種類

密葬

「密葬」という言葉を聞くと、どことなく物々しいことのように思われがちですが、実際にどのようなものか意外に知られていません。

密葬という言葉には「密かにご遺体を荼毘にふす」「うちうちで行う葬儀」という意味があります。密葬と家族葬や直葬(火葬式)も同じようにうちうちで執り行う葬儀ですが、葬送のスタイルに何か違いはあるのでしょうか。

こちらでは、密葬についての疑問にお答えしつつ、実際の葬儀の場における「密葬」について詳しくご紹介していきます。

密葬とは?家族葬や直葬との違い

密葬と家族葬や直葬は同じようなものだと思われがちですが、実は大きく違います。

まず、家族葬とは近親者となる親族や限られた知人・友人のみで葬式を執り行うのが特徴のシンプルな葬式の形式となります。
そして直葬は、通夜や葬儀を執り行わず火葬のみを行いますので、家族葬より更にシンプルな形式となります。直葬は火葬のみを行うため別名「火葬式」とも呼ばれています。

一方で、密葬は通夜〜葬儀、火葬までは親族や限られた知人・友人のみで執り行いますが、後日、本葬もしくはお別れの会などを開催する葬式の形式となり、社葬などがそれにあたります。
一般的に、故人が会社の会長や社長という社会的地位が高かった方や歌手や俳優など生前に大きな業績を残された方は密葬を選ばれることが多くあります。

そのため、葬式にかかる費用も大きく違ってきます。
家族葬や直送は一般的な葬式よりも安価な金額となりますが、密葬は一般葬よりも規模が大きくなることが多く、費用も高額になります。

密葬の後に本葬を行う場合がある

生前の故人の交友範囲が広い場合は、身内だけで密葬を行った後に、後日本葬を行う場合があります。

密葬を家族葬の形式で行う場合の、葬儀の流れ

参列者をご親族や近しい知人・友人に限定するのが家族葬です。
こちらでは、一般的な家族葬の流れをご紹介します。

1日目:ご臨終〜家族葬に招待する方に連絡

①ご臨終
亡くなられたら、死亡診断書を発行してもらいます。
死亡診断書については「死亡診断書の発行手続きですべきこと」で詳しく説明しています。

②関係者に連絡
親族や葬儀社に亡くなられた旨の連絡をします。

③ご遺体を安置所に搬送
法律により24時間以内に火葬することはできませんので、ご遺体は一旦自宅もしくは安置所に安置することになります。
ご遺体の安置場所まで搬送してもらう手配をします。 遺体搬送については「ご遺体搬送の流れや費用について」で詳しく説明しています。 ご遺体の安置については「安置とは?ご遺体安置の意味と安置場所の選択肢について」で詳しく説明しています。

一般的に、葬儀社の方で安置したご遺体の枕元に枕飾りを準備してくれます。
枕飾りについては「枕飾りとは?宗教別の配置や気になるマナーについて」で詳しく説明しています。

④葬儀社と打ち合わせ
これから執り行われる葬式について打ち合わせを行います。
棺を決めたり、手配する僧侶について相談したりします。この打ち合わせで、費用に何が含まれているか確認をしておくことで、費用や内容に関する不安が解消され、後々のトラブル防止にもなりますので、分からないことや不安なことがある場合は、打ち合わせで解決しておきましょう。
一般的に役所への死亡届(死体検案書)の提出や火葬許可書の申請なども代行してくれます。

⑤家族葬に招待する方に連絡
家族葬に招待する方に連絡をします。連絡をする際、密葬である旨を必ず伝えるようにしましょう。
あらかじめ、お呼びする方、お呼びしない方を決め、リストを作っておくことで万が一の時、どなたに連絡をするか迷うことがなくスムーズに事が運びます。

2日目:納棺〜通夜

①納棺
故人を仏衣(ぶつい)で包み、棺へ納めます。
納棺ではお花を献花したり、故人の好きだった物を一緒に納めたりします。
火葬場の規則により一緒に火葬できない物がありますので、事前に葬儀社もしくは火葬場に確認を取りましょう。

②通夜
通夜式を執り行います

3日目:葬儀・告別式〜精進落とし

①葬儀・告別式
葬儀・告別式を執り行います。

②出棺
ご遺体を霊柩車で火葬場へ運びます。
出棺の際、故人が生前使っていたお茶碗を割るなど、地域によってしきたりがありますので、地域のしきたりに関しては事前に確認をしておきましょう。

③お別れの儀式
火葬場に到着後、火葬許可書を提出し、火葬炉の前で故人と最後のお別れとして「お別れの儀式」を執り行います。お別れの儀式では、故人が好きだった音楽を流すことができる場合もありますので事前に相談されると良いでしょう。

④火葬
棺の蓋を閉め火葬が始まります。火葬炉や故人の体格にもよりますが、一般的に1時間程度で終わります。終わるまでの時間はご遺族控え室で待機します。
火葬については「火葬の時間・骨上げ(拾骨)の流れ・手続き・火葬中のマナー| 一般的な葬儀」で詳しく説明しています。

⑤お骨上げ
遺骨を骨壷に納めます。お骨上げは地域によって異なり、一般的に東日本では全ての骨を骨壷に納めますが、西日本では骨の一部を骨壷に納めます。お骨上げ後、「埋葬許可証」を発行してくれますので受け取ってから帰ります。
埋葬許可証はご遺骨をお墓や納骨堂に納める時に必要となりますので、自宅供養の場合でも、必ず受け取り、大切に保管しておきましょう。
埋葬許可証については「埋葬許可証とは?」で詳しく説明しています。

⑥初七日
家族葬の場合、繰上げて初七日法要を執り行うことが多くあります。執り行う場合は、事前に参列者の方にお伝えしておくようにしましょう。

⑦精進落とし
僧侶や参列者と共に精進料理を頂きます。
精進落としについては「精進落としの流れから挨拶まで。喪主なら知っておきたいマナー」で詳しく説明しています。

密葬を直葬で行う場合の、葬儀の流れ

直葬とは、お通夜や告別式を執り行わず身内やごく親しい知人・友人だけで火葬のみを行う葬儀の形式となります。
ただし、直葬と言ってもご遺体の火葬は亡くなられてから24時間経過していないと行えないため、一旦はご自宅もしくは安置所にご遺体を安置することになります。

直葬を行う場合は、事前にご親戚や菩提寺の僧侶など故人との関係が深い方に理解を求めておくことをお勧めします。
後々、故人とのお別れを一般葬でしたかったという場合や僧侶として葬式を執り行いたかったということがないようにするために必要なことになります。
以下に一般的な火葬式の流れについてご紹介します。

1日目:ご臨終〜 葬儀社と打ち合わせ

①ご臨終
亡くなられたら、死亡診断書を発行してもらいます。
死亡診断書については「死亡診断書の発行手続きですべきこと」で詳しく説明しています。

②関係者に連絡
親族や葬儀社に亡くなられた旨の連絡をします。

③ご遺体を安置所に搬送
法律により24時間以内に火葬することはできませんので、ご遺体は一旦自宅もしくは安置所に安置することになります。
ご遺体の安置については「安置とは?ご遺体安置の意味と安置場所の選択肢について」で詳しく説明しています。

一般的に、葬儀社の方で安置したご遺体の枕元に枕飾りを準備してくれます。
枕飾りについては「枕飾りとは?宗教別の配置や気になるマナーについて」で詳しく説明しています。

④葬儀社と打ち合わせ
これから執り行われる葬式について打ち合わせを行います。
棺を決めたり、手配する僧侶について相談したりします。この打ち合わせで、費用に何が含まれているか確認をしておくことで、費用や内容に関する不安が解消され、後々のトラブル防止にもなりますので、分からないことや不安なことがある場合は、打ち合わせで解決しておきましょう。
一般的に役所への死亡届(死体検案書)の提出や火葬許可書の申請なども代行してくれます。

2日目:納棺〜お骨上げ

①納棺
故人を仏衣(ぶつい)で包み、棺へ納めます。
納棺ではお花を献花したり、故人の好きだった物を一緒に納めたりします。
火葬場の規則により一緒に火葬できない物がありますので、事前に葬儀社もしくは火葬場に確認を取りましょう。

②出棺
ご遺体を霊柩車で火葬場へ運びます。

③お別れの儀式
火葬場に到着後、火葬許可書を提出し、火葬炉の前で故人と最後のお別れとして「お別れの儀式」を執り行います。お別れの儀式では、故人が好きだった音楽を流すことができる場合もありますので事前に相談されると良いでしょう。

④火葬
棺の蓋を閉め火葬が始まります。火葬炉や故人の体格にもよりますが、一般的に1時間程度で終わります。終わるまでの時間はご遺族控え室で待機します。
火葬については「火葬の時間・骨上げ(拾骨)の流れ・手続き・火葬中のマナー| 一般的な葬儀」で詳しく説明しています。

⑤お骨上げ
遺骨を骨壷に納めます。お骨上げは地域によって異なり、一般的に東日本では全ての骨を骨壷に納めますが、西日本では骨の一部を骨壷に納めます。お骨上げ後、「埋葬許可証」を発行してくれますので受け取ってから帰ります。
埋葬許可証はご遺骨をお墓や納骨堂に納める時に必要となりますので、自宅供養の場合でも、必ず受け取り、大切に保管しておきましょう。
埋葬許可証については「埋葬許可証とは?」で詳しく説明しています。

密葬に関する気になるマナー

女性

密葬を執り行ったり、参列したりすることは葬儀の形式からほとんど経験がないことと思います。
そのため、喪主としてもしくは参列者としてのマナーは気になるとこです。 こちらでは、密葬だからこそ気になることについてお答えしていきます。

喪主の場合

こちらでは、ご自身が喪主になった場合のマナーについてお答えしていきます。

Q.参列するときの服装はどうしたら良いですか?

A.密葬とはいえどお葬式の場となります。
一般葬と同様喪服を着用されることをお勧めします。

Q.密葬のお知らせはどうしたら良いですか?

A.葬儀を密葬で執り行う場合、招待する方にのみお知らせをします。
その際、大切になるので、「故人の強い遺志を尊重し、葬儀は家族と親族で執り行うことにしました」などの密葬である旨を伝える一言を添えることです。

なお、密葬が終った後、四十九日法要前を目処に故人と関係のあった方で密葬に招待しなかった方々に亡くなったお知らせをすることを忘れないようにしましょう。

Q.密葬で弔辞はお願いするものですか?

A.密葬は基本的に故人の身内や親しかった知人や友人のみをお招きしていますので、弔辞をお願いすることはありません。
弔辞をお願いするのは、後日執り行われる本葬となります。

Q.会社への連絡/報告はどうしたら良いですか?

A.会社へは訃報を知らせしつつ、密葬であることを電話にて早めに伝えましょう。
その際、弔問や香典、花輪(供花)を辞退する場合はその旨も併せて伝えます。
また、密葬後は滞りなく終わった旨を改めて会社に報告しましょう。

参列者の場合

Q.参列するときの服装はどうしたら良いですか?

A.基本的には、一般葬と同様で喪服で参列されることをお勧めします。
男性の場合は黒の上下、女性の場合は黒の上下もしくはワンピース、子どもの場合は制服や黒、紺、グレーの上下やワンピースをお勧めします。

Q.密葬での香典はどうしたらよいですか?相場はいくらくらいですか?

A.密葬に香典を持参するかどうかは、密葬の招待状に香典に関する記載があるかどうかで判断しましょう。
招待状に「香典は遠慮します」や「御厚志お断りします」などの記載がある場合は持参しないようにします。逆に、香典について何も書かれていない場合は持参します。

故人との関係でどうしても香典を持参したいという気持ちがある場合でも、香典を遠慮する旨の記載がある場合は持参しないことがマナーとなります。
無理に香典を渡した場合、ご遺族の方が香典返しの準備をすることになり、気を遣わせてしまうことになりますので、葬祭に関してはご遺族の方のお気持ちを尊重することが大切です。

香典を持参する場合の相場は以下の通りとなりますので、参考にしてください。
・両親:50,000〜100,000円
・兄弟姉妹:30,000〜50,000円
・親族:10,000〜20,000円
・友人、知人:3,000〜5,000円
・仕事関係:3,000〜5,000円

Q.香典の表書きはどうなりますか?

A.香典袋の表書きは一般葬と同じとなります。
宗教や宗派によって表書きは異なりますので気をつけましょう。
一般的に、浄土真宗以外の仏教の場合は「御霊前」、浄土真宗の場合は「御仏前」、神道の場合は「玉串料」、キリスト教の場合は「御花料」をお勧めします。

Q.密葬で供花を送っても良いですか?

A.せめてお花(供花)を贈りたいという方も少なくないかと思います。
特に、密葬の知らせを受け、遠方や仕事の都合などで出席できない場合はお花を贈りたくなります。
しかし、密葬の場合は控えることをお勧めします。
どうしてもお花を贈りたい場合は、事前にご遺族の方に確認をされることをお勧めします。

Q.密葬の場合に弔電は送っても大丈夫ですか?

A.招待されていた場合でも、密葬の場合は弔電も送らない方が良いです。
まして、招待状を受け取っていない場合は送らないことがマナーとなります。
密葬は周囲の方に知られたくないという意思がご遺族にあります。ご遺族の方の気持ちをくむことはとても大切です。

Q.密葬に招待されていない場合でも参列することは可能ですか?

A.故人と懇意にしている場合、密葬に招待されていなくても密葬を執り行うことを耳にすることがあるかと思います。
しかし、招待されていない密葬に勝手に参列することは、故人やご遺族の方に対してとても失礼なことになりますので、参列は控えましょう。
密葬を執り行うということは、ご遺族側にも様々な理由や事情があります。自身の思いより、ご遺族の方々への配慮を大切にしましょう。

なお、もし密葬のことをどこからか聞いた場合でも、他言することは控えましょう。

その他、密葬を執り行う時に気をつけること

密葬を執り行う際、思わぬことで周囲に密葬であることが漏れたり、ご近所の方に気を遣わせてしまったりすることがあります。
そのようなことにならたいために、密葬を執り行う場合に気をつけることをポイントとしてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

ここがポイントPOINT
 
 

①密葬を執り行うことが周囲に漏れないようにしましょう
密葬後に本葬を執り行う予定がある場合でも、密葬であることが漏れることで、密葬中に対応に追われてしま場合があります。

親族など近しい方々に了承を得ておきましょう
臨終後〜火葬まで内々に執り行うため、本葬まで故人に会う機会がありません。
密葬を予定している場合、家族や親族間で相談をして密葬の了解を取っておくようにしましょう。

③ご遺体の安置場所に気をつけましょう
不幸があったことをご近所の方に知られたくない場合は、ご遺体の安置は自宅以外の場所にしましょう。
自宅でご遺体を安置するとなると、どうしてもご近所の目に触れてしまいます。もし、ご近所の方にも知られたくない場合は、葬儀社や葬祭場の安置所を利用されることをお勧めします。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

密葬を行うならば、よりそうのお葬式プラン

限られた人だけで密かに執り行われる密葬だからこそ、一般葬と違い親族をはじめ周囲の方々へも配慮が必要になります。 密葬に出る機会が少ない分、喪主になったり、参列者になったりする場合に備えて、密葬について知識を持っておくと良いでしょう。 特に密葬を考えている場合は、事前に準備できることもあります。ぜひ参考にしてください。

よりそうのお葬式「家族葬プラン」

ご家族、親族で小規模にお葬式を行うプランです。

よりそうのお葬式「一日葬プラン」

お通夜をせずに、葬儀告別式と火葬を一日で行うプランです。

よりそうのお葬式「火葬式プラン」

式を行わない火葬だけのプランです。

5/5 (1)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る