葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

数珠、ハンカチ、バッグなど。通夜・葬儀の持ち物とは。

カテゴリー 通夜・葬儀の服装

葬儀に参列するにあたり、守らなければいけないマナー(作法)は、バッグや数珠など持ち物にもあります。訃報の連絡を受けてからの準備はとても大変ですし、間に合わないこともありますので、日頃から突然の自体を想定して準備をしておくことをお勧めします。本記事では必要な持ち物について詳しく紹介させていただきます。

バッグ・小物について

持ち物の中で一番大切なバッグ、小物について紹介します。
いずれも葬儀の場では目立つ物となります。

特に気をつけることは、素材となります。
革製品は殺生(殺や死のこと)を連想させることになります。色が黒であれば問題ないということで革製のバッグを使われる方も多くいらっしゃいますが、革製品は、動物の”殺生”を想像させる素材となりますので、避けた方が良いでしょう。正式にはマナー違反となりますので気をつけましょう。

購入はデパートの葬祭コーナーやスーツ専門店でできます。
また、レンタル専門店でもレンタルすることができますので、利用しても良いでしょう。

男性のバッグ・小物

男性用のバッグや小物に関してのポイントや注意点を紹介します。

男性のバッグ

男性の人はビジネスバッグで行かれる方が多いと思いますが、リュックタイプのビジネスバッグを使われている場合は、手持ち用のビジネスバッグで行かれることをお勧めします。リュックタイプの物の場合、喪服を着ていてもカジュアルに見えてしまうため避けた方が無難と言えるでしょう。
色は、黒・グレー・濃紺等の暗めの色が良いでしょう。
一部、赤のラインが入っている程度の場合は、マナー違反にはなりませんので、安心して使用されて問題ありません。

男性の小物

小物でマナーがあるものは以下となります。

  • 香典:袱紗に入れて持参しましょう *詳細は下記項目の「香典・香典袋」「袱紗」をご覧ください。
  • お財布:黒もしくは暗めの色の物を使うことをお勧めします。もし、暗めの色のものがない場合は、黒の布で包んでおくと良いでしょう。
  • ハンカチ:白がスタンダードです。素材やデザイン等の詳しい事はハンカチの詳しい説明をご参照ください。
  • ティッシュペーパー:ペーパーに色や柄がない、真っ白なタイプの物を使いましょう
  • 数珠(*):数珠(念珠)入れに入れて持っていきましょう。 *数珠(念珠)に関しては下記項目の「数珠(念珠)」をご覧ください。
  • ネクタイ:必ず黒のネクタイを着用してください。グレーでも失礼がないのはお通夜の時となりますので、勘違いをしないよう気をつけましょう。
  • 靴:黒の内羽根式(紐を通す革の部分が甲の内側に隠れているタイプ)のストレートチップ(つま先の革の切り替えが横一文字になっているデザイン)の紐靴がお勧めです。エナメル素材の光るタイプやブーツ、金具の付いている靴はマナー違反となります。
  • 靴下:必ず黒の靴下を着用してください。また、踝までの短いタイプの靴下の着用は控えましょう。替えを持っていると、雨などで履き替えが必要になった際に便利です。
  • 櫛:髪が乱れた時にさっと直すことができて便利です。
  • 傘(*):突然の雨にも対応できます。 *詳細は下記項目の「傘」で詳しく説明していますので、そちらを参考にしてください。

※持っていくと便利な物に関しては品名の後に「*」の印をつけ、理由を記載しています。

女性のバッグ・小物

女性は男性に比べて持ち物が多くなりがちです。その場合は、バッグの他にサブバッグを準備されることをお勧めします。
お勧めのバッグや小物に関しては、以下を、ご参考にされてください。

女性のバッグ

女性のバッグは素材が布製の物を選びましょう。
また、金具が付いている物、光沢がある物も避けましょう。
特に持ち手の付け根やバッグのホック部分は見落としがちです。表から見えなければ問題ありませんが、表から見えてしまう場合は使うことを控えることをお勧めします。

女性の小物

主な小物には以下の物があります。
また、持っていると便利な物に関しては品名の後に「*」をつけ、理由を記載していますので、お役立てください。

  • サブバッグ:何かあった際に、受け取ったものを入れておけるサブバッグなりを忍ばせておくと良いでしょう。
  • 香典:袱紗に入れて持参しましょう *詳細は下記項目の「香典・香典袋」「袱紗」をご覧ください。
  • お財布:なるべく黒に近い暗めの色のお財布を持っていかれることをお勧めしますが、無い場合は、バッグの中に入れ、上から黒の布をかけておくと良いでしょう。
  • ハンカチ:白がスタンダードです。素材やデザイン等の詳しい事はハンカチの詳しい説明をご参照ください。
  • ティッシュペーパー:特に決まりはありませんが、キャラクター等のデザインが入っている物や色付きの物より、普通の白いティッシュペーパーを持っていくことをお勧めします。
  • 数珠(*):数珠(念珠)入れに入れて持っていきましょう。 *数珠(念珠)に関しては下記項目の「数珠(念珠)」をご覧ください。
  • 帽子:着用の場合は黒を着用しましょう。なお室内に入る際には必ず取ることを心がけてください。
  • 髪留め:黒のゴムのみの使用をお勧めします。色が黒でも大きなリボン等が付いている髪留めは控えることをお勧めします。
  • 手袋:黒を着用しましょう。 *詳細は下記項目の「手袋」を参考にしてください。
  • 靴:黒のパンプスを履きましょう。なお、素材として女性の場合は布製のパンプスをお勧めします。革は殺生を連想させるためです。
  • ストッキング:黒のストッキングを着用しましょう。タイツはマナー違反にはなりませんが、カジュアル感が出てしまいますので、お子様以外は避けることをお勧めします。
  • 鏡:ちょっとした化粧直しや髪の乱れを直す時に便利です。
  • 傘(*):突然の雨にも対応できます。 *詳細は下記項目の「傘」で詳しく説明していますので、そちらを参考にしてください。
  • 予備のストッキング(*):黒(黒いストッキングは伝線すると目立ちますので、予備があると便利です。)
  • 安全ピン(*):特に決まりはありませんが、銀色の物より黒色のピンの方が良いでしょう。(喪服の裾が落ちてきたり、上着の襟元を調えたい時に使えます。)
  • 黒い布(*):持っている物の中に金具や赤など明るい色が使われていた際に覆うことができます。

アクセサリーについて

アクセサリーに関してもマナーがあります。
分かっているつもりでも、その時になったら不安になることもあると思います。
アクセサリーとは、ネックレスやイヤリングだけではありません。時計やブレスレットもアクセサリーの一部です。また、女性の場合は、髪飾りのアクセサリーの一部になります。
男性・女性のアクセサリーについて詳しく説明していきます。

男性のアクセサリー

男性の場合のアクセサリーは主に時計やネックレス、ブレスレット、指輪(結婚指輪を含む)になると思われます。
基本的に、葬儀の場ではどちらも着用されないことをお勧めします。
いずれも、外してバッグの中に入れておくことをお勧めします。
しかし、健康上の理由や結婚指輪をどうしても外すことができない場合は着用したままでの参列は可能です。その際、ご遺族の方々への配慮として目立たないようにすることをお勧めします。

ネックレスやブレスレットの場合は、シャツの内側に入れ、外から見えないようにすると良いでしょう。
指輪の場合は、指輪の部分を指輪をしていない方の手を重ねることで外からは見えにくくなります。

※葬儀の日に和装で臨む場合は、どんな格式であっても婚約指輪と結婚指輪以外のアクセサリーを身に着けることはできません。

女性のアクセサリー

女性の場合は、ネックレスやイヤリングなど着用できるアクセサリーがありますので、その他の時計やブレスレットを含め、下記に細かく説明をしています。
着用できるアクセサリーに関しても、マナーを守って付けていきましょう。

また、アクセサリーではありませんが、女性の場合は化粧やネイルも装飾の一つとして見られます。色や方法一つで華やかに見えてしまい、マナー違反と思われてしまいますので気をつけましょう。
女性のアクセサリーについて、詳しく見ていきましょう。

  • 時計:金属製のベルトの物は避けましょう。もし、ベルトが金属製の物の場合は、バッグの中に入れて持っていくことをお勧めします。また、アラーム機能つきの時計の場合は、式の最中にアラームが鳴ることが無いように注意が必要です。
  • ネックレス:一連のパールを着用しましょう。二連の物は不幸が重なるということを連想させてしまいますので着用しません。
  • イヤリング(ピアス):一粒のパールの物を付けましょう。もし持っていない場合は、着用を控えることをお勧めします。
  • 指輪:基本的に着用を控えることをお勧めします。これは、結婚指輪も同様です。もし、結婚指輪はどうしても外せない場合は、手袋を着用することをお勧めしています。喪服にゴールドやダイヤモンドの輝きは目立ちますので、気持ちが沈んでいらっしゃるご遺族の方々への配慮として着用を控えることをお勧めします。
  • ブレスレット:着用は控えましょう。
  • 髪飾り:髪飾りは使わず、黒のゴムだけで髪を結ぶことをお勧めします。色が黒い髪飾りの場合でも、華やかに見えてしまうことがあります。

女性の化粧・ネイル・香水

  • 化粧:ファンデーションは少し暗めの色をつけ、口紅は深紅、アイシャドウは暗暗めの青などをお勧めします。また、マスカラやチークは付けることで華やかに見えてしまいますので、控えることをお勧めします。
  • ネイル:可能であればつけないことをお勧めします。どうしても取ることができない場合は、手袋をつけると良いです。手袋に関しては下記項目の「手袋」を参考にしてください。
  • 香水:香りはその場を華やかな雰囲気にしてしまい、ご遺族の方、周りの方の気分を害してしまいますので、使用は控えましょう。

香典・香典袋

宗教や宗派によって香典を入れる袋(香典袋もしくは不祝儀袋)の種類が変わってきます。
仏教や神道の場合は、黒に白の水引きの香典袋(不祝儀袋)を使いますが、キリスト強の場合は、十字の印が入った香典袋を使うのが一般的です。

なお、蓮の花が印刷されている香典袋もありますが、宗派によっては使えませんので、事前に相手の宗派が分かっていない場合は、無地に水引が黒・白の香典袋を使われることをお勧めします。

袱紗(ふくさ)

袱紗(ふくさ)は、茶道でよく使われている四角い布(茶道では素材が正絹)です。
実は、慶弔事でお香典やご祝儀を持参する際にも使います。
慶弔事での袱紗の役割は、お香典やご祝儀の水引きの乱れ及び袋の汚れ防止です。
必須の物ではありませんが、ご遺族の方々への思いを考慮して使う物となりますので、可能な限り使うことをお勧めします。

色は、紺、深緑、緑、グレー、うぐいす、紫などを選びましょう。
なお、紫は慶弔どちらでも使えますので、一枚持っておくととても便利です。

なお、慶事と弔事では包み方が真逆になりますので、気をつけましょう。
ここでは、弔事の時のたたみ方を説明します。どちらか一方のたたみ方を覚えていると、もう片方は逆にたためば良いので、ぜひ、覚えてください。

弔事の時の袱紗(ふくさ)たたみ方

  1. 袱紗をひし形になるように広げます。
  2. 中心より右寄りに香典袋(不祝儀袋)の正面を上にして置きます。
  3. 右→下→上→左の順番で袱紗をたたみます。
  4. 右側にはみ出している部分を後ろ側に折り込みます。

袱紗を使うのが面倒な方は、「金封袋型」という袋式になっている物もあります。
香典袋を入れるだけなので、とても簡単です。
ただし、こちらも弔辞は左開き、慶事は右開きと開く方向が逆になりますので、気をつけましょう。

手袋

手袋を着用する際は、真っ黒で飾りの無いタイプの手袋を使いましょう。リボンの飾りが付いていると華やかに見えてしまい、ご遺族の方に対しての配慮に欠けてしまいます。

素材は綿や正絹をお勧めします。レースタイプの手袋も失礼にはなりませんので、使えます。
なお、革製の手袋はNGです。
葬儀では、為替製品は殺生(殺や死)を連想させるため、手袋に限らず全ての物において使うことはマナー違反とされていますので気をつけましょう。
もし、真っ黒の手袋が無い場合は、使用を控えることをお勧めします。

手袋を着用されている時の注意点としては、お焼香の時には必ず外すということです。
手袋を着用したままでのお焼香はマナー違反となります。

傘も無地の黒、濃紺、濃グレーなどの地味な色の物をお勧めします。
葬儀や告別式に参列する際、さしてきた傘は入り口で預けることになりますが、ご遺族の方への配慮として、赤などの派手な色の傘は避けましょう。
もし、暗めの色の傘をお持ちでない場合は、ビニール傘のご使用をお勧めします。

また、天気は変わりやすいものです。
式場に向かっている道中もしくは式場からの帰路で雨に降られることがあります。突然の雨を考えて、晴れている時も折りたたみ傘を持って行かれると、いざという時に助かります。

葬儀の持ち物でよくある疑問・質問

ここでは、葬儀の持ち物で良くある質問をまとめています。ぜひ、お役立てください。
また、回答は一般的なものとなりますので、宗教・宗派に特化したものではありません。相手方の宗教・宗派によっては失礼に当たる場合もありますので、事前に宗教・宗派が分かっている場合は、確認されることをお勧めします。

Q1.ブレスレットを数珠の代わりに使えますか?

A1.残念ですが、ブレスレットは仏具(法具)ではありませんので使えません。数珠(念珠)は仏具(法具)の一つです。葬儀には、念珠を持参しましょう。

Q2.数珠(念珠)を持っていない場合、友人に借りても大丈夫でしょうか?

A2.数珠(念珠)はお守りとして使われる物で、その方の分身となりますので、貸し借りは控えましょう。

Q3.持っている数珠(念珠)の房の色がピンクなのですが、問題ないでしょうか?

A3.数珠(念珠)の房の色に決まりはありませんので、問題ありません。

Q4.婚約指輪や結婚指輪は付けたままで参列しても良いでしょうか?

A4.可能であれば取って参列されることをお勧めします。婚約指輪は光輝く物が多く、結婚指輪もゴールドやシルバーという華やか物が多いためです。
どうしても取りたくない場合は、手袋を着用したり、指輪をはめていない方の手のひらを指輪の上に置いておくと良いでしょう。

Q5.葬儀用のハンドバッグは濃紺やグレーでも大丈夫ですか?

A5.葬儀用のハンドバッグは黒を使いましょう。素材は布製のものをお勧めします。光沢がある物やラメが入っている物は控えましょう。

Q6.パールであれば数珠を二連にしても大丈夫ですか?

A6.二連は不幸を繰り返すことを連想させてしまいますので、二連にすることは避けましょう。
もし、それ以外のネックレスをお持ちでない場合は、着用を諦めるましょう。

Q7.香典袋(ご祝儀袋)は必ず袱紗(ふくさ)に包まなければいけないものですか?

A7.袱紗の役割は、相手(ご遺族)の方への配慮と香典袋の水引の乱れ、汚れ防止となりますので、極力使われることをお勧めします。
もし、お持ちでない場合は、暗めの色(黒、グレー、紫等)のハンカチに包んでもマナー違反にはなりません。

Q8.通夜・葬儀・告別式で持ち物に違いはありますか?

A8.通夜と葬儀、告別式で持ち物に大きな違いはありませんが、色に関しては使い分ける必要がありますので、注意が必要です。
通夜は、突然の訃報に駆けつけるということもあり、洋服を始め、持ち物も暗めの色(黒、グレー、濃紺、濃茶)であれば良いとされていますが、葬儀や告別式は服は喪服、持ち物も黒で統一するのがマナー(作法)とされています。
※ただし、ハンカチのように一部例外もありますので、ご注意ください。

Q9.持ち物について、キリスト教や創価学会の葬儀など宗教による違いはありますか?

A9.キリスト教や創価学会の葬儀の際の持ち物が気になるというご質問を多く頂きます。キリスト教は宗派によって異なりますし、創価学会の葬儀は学会員の方々多くいらっしゃいますので、失礼のないようポイントを以下にまとめましたので、お役立てください。

キリスト教の場合

キリスト教には宗派があります。カトリック(カソリック)とプロテスタントです。
どちらの宗派においても、数珠(念珠)は不要となります。念珠は仏具の一つであるため、キリスト教式の葬儀では使われないためです。

キリスト教の式に参列する際に最も気をつけたいのは、香典袋の表書きです。
キリスト教の場合、カトリック(カソリック)とプロテスタントでも違いますので気をつけましょう。
カトリックの場合:「御ミサ料」、「御花料」もしくは「御霊前」
プロテスタントの場合:「御花料」 
*プロテスタントでは教えに反するということで「御霊前」は使えません。

また、キリスト教の葬儀の場合、ロザリオ持っていかれる方がいらっしゃいますが、ロザリオはお祈りの道具のため、葬儀に持参するのは控えましょう。
ちなみに、ロザリオはネックレスではありません。お祈りの時に手に持って使う道具ですので、ネックレスとして使うこともありません。

カトリックの場合、信者の方はベールを被りますが、色は白で問題ありません。
最近は、信者の方でもベールを被らずに参列される方もお見受けしますので、参列先の教会の神父様もしくは教会員の方に事前に確認をされると良いでしょう。

創価学会の場合

創価学会の場合、葬儀は「友人葬」という学会員の代表の方がお経を唱える式となります。
装いや持ち物は、仏式と同じとなります。
念珠(数珠)も持参しましょう。学会員の方の数珠(念珠)の形は決まっていますが、ご自身の持たれている数珠(念珠)を持参して問題ありません。

なお、香典は不要とされています。
これは、故人の冥福を祈る真心こそが最も大切なこととされていることにあります。
しかし、これは学会員の決まりごとで、学会員でない参列者の決まりごとではありませんので、もし、香典を持参したい場合には、持参することに問題はありません。その際の、香典袋の表書きは「御霊前」としましょう。
なお、香典は必要ないと創価学会として明言されているため、もし香典を持参した場合でも、香典返しは無いことを理解しておくと良いでしょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る