葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

喪中はがきの文例

カテゴリー 葬儀マナー

実際に喪中はがきを用意しなくてはならなくなった時に、どのように書いたら良いのか迷ってしまう場合も多いのではないでしょうか。
本記事では、喪中はがきについての文例を紹介します。

喪中はがきの文例

喪中はがき

喪中はがきのポイントは理解したものの、実際にはどのような文面になるかイメージが湧かない場合もあるかと思います。以下に実際の文面を書いていますので、参考にしてください。
また、こちらでは、ビジネス用、喪中はがきを出し忘れた方から年賀状を頂いた際の文例も書いています。

文例1:実父が亡くなった場合

喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮させていただきます
父 ○○○○が本年○○月に○歳にて永眠いたしました
生前賜りましたご厚情に深く感謝いたしますと共に
明くる年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます

文例2:病気療養中の祖母が亡くなった場合

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます
かねてより病気療養中の祖母○○○○が○月に○歳にて永眠致しました
ここに本年中に賜りましたご厚情に感謝致しますと共に
皆様に良き年が訪れますようお祈り申し上げます

文例3:ビジネス用

喪中につき年始のご挨拶をご遠慮させていただきます
本年○月にかねてから療養中でありました弊社【故人役職名】【故人氏名】が永眠いたしました。
ここに、お得意様各位から賜りましたご厚情に深く感謝申し上げます。
今後とも変わらぬご支援ご鞭撻の程お願い申し上げます。

文例4:喪中はがきを出していない方から年賀状を受け取った場合

寒中お見舞い申し上げます
このたびはお年賀状を頂戴いたしましてありがとうございました
実は一昨年より病床にありました父○○が昨年○月に他界し、服喪中のためお年賀のご挨拶を失礼させていただきました
連絡が行き届かず大変失礼いたしました
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

文例入りの既製はがきを使う方法も

最近では、文具店や書店でも、文例入りの既製のはがきが販売されております。勿論、自身の身内や親族がお亡くなりになられたという事であるため、オリジナルの文面を作る方が受け取った相手に対して、想いがきちんと伝わると思います。ただ、なかなか気持ちの整理や切り替えがつかない方もいらっしゃると思います。

最近では、既製のはがきを購入して喪中はがきをお送りケースも増えていますので、既製はがきを使う方法も一つの手段です。ぜひご検討されてみてください。

また、喪中はがきを出す上で気になるマナー・気になる疑問については、コチラの記事にまとめさせていただいております。
ぜひ、ご参考にされてみてください。

4.33/5 (3)

この記事はシンプルなお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-731
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る
ご利用のお客様へ

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2018,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る