必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円から

喪中ハガキの文例、書き方と抑えておきたい時期やマナー

カテゴリー 葬儀マナー

実際に喪中はがきを用意しなくてはならなくなった時に、どのように送るのが良いのか迷う場合が多いのではないでしょうか。
本記事では、喪中はがきについて多くの人が迷ってしまうポイントに絞って解り易くご紹介します。

喪中はがきとは?

家族や親戚などの身内が1年以内に亡くなってしまった場合、毎年年賀状のやり取りを行っている人たちに、その年の年賀状のやり取りは喪に服しているため行うことができないということを伝えるために送るものです。
喪中はがきと呼ばれる以外にも「年賀状の欠礼はがき」「年賀欠礼状」とも呼ばれています。

一般的に忌明けは宗派によって違い、仏式は49日(35日のところもあります。)神式は50日です。
喪中の期間は宗派を問わず、故人の死後1年間のことをいい、年賀状の送付から、正月行事、お祝いごとなどを謹んで故人を偲びます。

喪中はがきは、年賀状のやり取りを行うことができないと伝える以外にも、誰がいつ亡くなってしまったのかも伝えることができるので、身内が亡くなったということを知らせていない人に伝えることができる機会にもなります。

喪中はがきを出す時期・タイミング

喪中はがきは、遅くとも喪中はがきを受け取る相手が年賀状を出す前に届くように送るようにしましょう。
故人が亡くなる時期にもよりますが、日程的に余裕がある場合は、相手が年賀状を作る前には届くようにしましょう。これらのことを踏まえて具体的な日時は、例年の郵便局の年賀状の受付開始である12月15日が目安となっています。身内の不幸が、喪中はがきを出すタイミングよりも遅い場合は、無理して出さずに「喪中はがき」としてではなく、「寒中見舞い」として出すようにすれば良いと思います。

この寒中見舞いは、1月1日から1月7日までの松の内と呼ばれる期間を過ぎた頃を目安に届くように送ります。年賀状を頂いた相手に、身内が亡くなったことや、年賀状を頂いたことに対するお礼などを込めて送ります。寒中見舞い専用のハガキは、普通郵便と同様の扱いとなるため、焦らず年が開けた5日頃を目安に作成しポストへ投函するようにすると送るタイミング的にはちょうど良いです。

喪中はがきを出す範囲

一般的に喪中はがきを出す範囲は、1等身と2等身までです。そう言われてもピンとこないという人のために具体
的に説明していきます。

自分から見た1等身は、実の父母、配偶者の父母そして子供までです。この1等身にあたる誰かが亡くなってしまったら喪中はがきを送るようにしましょう。

自分から見た2等身は、自分の兄弟、配偶者の兄弟、それぞれの祖父母までで、2等身にあたる誰かが亡くなってしまった場合は、同居しているかどうか、親密度などによって喪中はがきを出すかどうかの判断は分かれるようです。特に2等身の場合、亡くなってから3ヶ月以上が経過していると喪が明けたことになることが多く気にせず年賀状を出すこともできます。ただし、2等身の親族が亡くなった場合の年賀状は、親戚関係には送らない配慮は必至です。

喪中はがきを出す範囲は、宗派や地域によっても若干違いがあるようなので、喪中はがきを出す範囲については、親戚などごく身近な人に確認すると間違いありません。

喪中はがきを出す相手

喪中はがきを出す相手は、それほど難しく考える必要はありません。毎年、年賀状のやり取りを行っている相手に送るものという風に考えていれば間違いありません。友人知人以外にも、会社の同僚や取引先などビジネス上のみの年賀状のやりとりの場合は、喪中はがきは出す必要はありませんが、ビジネスを超えて個人的なお付き合いのある方へは、喪中はがきは出すようにしましょう。

喪中はがきは、毎年出している年賀状を出せないことに対するご挨拶として送ることが目的ということを抑えておくと良いと思います。それでも喪中はがきを出すべきかどうか多くの人が悩むポイントについていくつか紹介
しておきたいと思います。

  • 自分ではなく、亡くなった故人が生前に年賀状のやりとりをしていた知人の中には、亡くなったことを知らない方もいるかもしれませんので、故人に代わり喪中はがきに、一筆添えて出すようにしましょう。
  • 葬儀に参列してくれた方へは、喪中はがきを出しましょう。
  • 親戚関係へは、お互いに喪中の場合もあるのでお互いに省略することもできます。

喪中はがきの書き方・構成

喪中はがきは、特別なきまりがあるわけではないので、自作で自由に作ることができます。自作で作る場合は、
郵便局で、はがきを購入しても、私製はがきを使用してもどちらでも構いません。

喪中はがきを自作で自由に作ることができると言っても、いざ作ろうとすると書き方や構成はどうすればいいのだろうと迷う場合もあると思いますので、一般的な書き方や構成について紹介しておきたいと思います。

まず、構成ですが、挨拶文、喪中の説明、結びの挨拶の3つに分けて書くようにします。

  • 挨拶文は、新年のご挨拶を遠慮することを伝えます。
  • 喪中の説明は、身内の誰がいつ、何歳で他界したのかを伝えます。
  • 結びの挨拶は、故人の生前のお礼などを伝えます。

最後に、住所、電話番号、氏名を記載します。氏名は夫婦連名でも失礼にあたりません。

喪中はがきの文面・文例

一般的な喪中はがきの文面や文例についていくつか紹介していきたいと思います。

文例1

喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます。

今年中賜りましたご厚情を深謝致しますと共に明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。
向寒の折柄、
皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
平成◯◯年◯◯月

文例2


喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます。

本年◯月に父 ◯◯が◯歳にて永眠いたしました。
永年にわたるご厚誼に深謝致すと共に
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。
平成◯◯年◯月◯日

文例3

喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます。

(◯◯ 去る ◯月◯日◯歳にて永眠)
本年中賜りましたご厚情を深謝申し上げ
明年も変わらぬご厚誼の程お願い申し上げます。
寒さ厳しい折、みなさまのご健勝をお祈りいたします。
平成◯年◯月

文例4

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます。

今年◯月◯日に ◯◯儀 ◯歳にて
今年◯月◯日に ◯◯儀 ◯歳にて
相次いで永眠いたしました。
ここに本年中賜りましたご厚情を深謝申し上げ
明年も変わらぬご厚誼の程お願い申し上げます。
平成◯年◯月

外国人の方へ喪中はがきを送りたいという場合もあると思います。
しかし、外国では日本の「喪中」という慣習はないので必要はありません。

喪中はがきを受け取った時の返事

喪中はがきが届いた場合、年賀状を出すことは控え、新年のご挨拶など何も行わないのが一般的です。
もしも、自分の近況を知らせたい、何か相手に伝えたい思いがあって返事をしたいという場合は、お正月明けの
松の内と呼ばれる1月7日以降から遅くとも2月の節分の頃までに「寒中見舞い」という形で送れば失礼にあたりません。

寒中見舞いを送る場合の文例を1つ紹介します。

寒中お見舞い申し上げます
ご服喪中のことと、年頭のご挨拶は遠慮させていただきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私どもは元気に過ごしておりますので、ご安心ください。
ご家族が欠けたこの冬は、寒さもひとしおと存じます。
世間では流感が猛威をふるっておりますが、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

喪中はがきでよくある疑問・質問

喪中はがきをいざ送る立場となった場合、ちょっとしたことに対して疑問に思うことも多いものです。そこで喪中はがきでよくある疑問・質問について答えていきたいと思います。

なにか使える無料テンプレートやデザイン素材は無いの?

喪中はがきを自分で作る場合、無料で使うことのできるテンプレートやデザインの素材があると便利でいいですよね。調べてみると無料テンプレートは、チラシやハガキなどの印刷を行う印刷業者やプリンターを販売している企業などのサイトから自由に使うことができるものがあります。

どのサイトも基本的には同じようなテンプレートですが、デザイン素材などは菊や桔梗、蓮などオシャレでセンスの良いものも揃えてあるので、自分好みや故人が好きそうなものを選んで使うことで簡単にオリジナルの喪中はがきを作ることができます。

手書きでなく、印刷でも良いの?

喪中はがきは、手書きではなく印刷でも良いです。今は年賀状と同様に、宛名まですべて印刷してしまう人の方が多いかもしれません。自宅にあるパソコンを使えば簡単にそしてキレイにできてしまいます。

自宅にパソコンやプリンターがないというご家庭では、喪中はがきをお願いした印刷業者などでも依頼できるサービスがあるので利用している人も多いです。喪中はがきの両面を印刷することに抵抗があるという場合は、何か一筆添えると
心のこもった喪中はがきになるのでオススメです。

印刷するとき、薄墨を表現できるの?

昔から弔事で用いる手紙などの文字は、薄墨で表現するといういわれがあります。この表現は、悲しみの中で書くことで涙が落ち、墨が薄れるという意味を持っていて、悲しみを意味することから喪中はがきの文字も薄墨で書くものとされていました。しかし、現在は、黒書きも一般的になってきているので薄墨で書くことが絶対ではありません。

パソコンなどを利用して自分で喪中はがきを作成し、印刷する場合、薄墨印刷という設定がある作成ソフトがある場合は、従来からの薄墨を用いることをオススメしますが、そのような設定がない場合は、黒もしくは、灰色に設定して印刷すれば良いです。

普通の切手でも良いの?専用切手があるの?

私製はがきで喪中はがきを作成した場合、切手を貼らなくてはならないので、使用する切手のみ弔辞用の切手を
購入して貼るようにしましょう。
弔辞用の切手は郵便局の窓口でいつでも購入することができます。

この弔辞用切手は、近年では必ず喪中はがきに使用しなくてはいけないという決まりはないので、通常の切手を
使用したからと言って失礼にあたることはありません。用意することができたら弔辞用の切手を使用すれば良いという程度に留めておくと良いと思います。

連名で送っても大丈夫なの?

喪中はがきを夫婦、子供の連名で送ること自体はマナー違反ではありません。しかし連名で送る場合の多くは、
夫婦の名前で出すことが圧倒的に多いです。
基本的には夫婦連名で喪中はがきを作り、子供を通じてのお付き合いのある方へは、手書きで子供の名前を追加するなど送る相手によって変えるという方法が一番だと思います。

子供だけはいつもと変わらず年賀状のやり取りを行っているという家庭も少なくありません。そんな時は、喪中はがきの裏面に「子供は例年通りに年賀状を送らせてもらいます。」と一筆書くことで年賀状のやり取りは変わらず行いたいという子供の希望を叶えてあげることができます。

また家族ぐるみのお付き合いをしているご家族へ喪中はがきを書く場合、家族全員の名前を書きたいという思い
がある人もいると思います。
家族の人数が多くて書ききれないという場合は、◯◯家御一同様という風に書いても良いと思います。
喪中はがきは、お子さん宛でも◯◯様という風に書くようにしましょう。

送ろうと思ってた相手から先に届いた場合は送った方が良いの?

喪中はがきを送ろうと思っていた相手から先に喪中はがきが届いてしまった。実は珍しいことではありません。
もしも、喪中はがきを送ろうと思っていた相手から喪中はがきが届いたとしても、こちら側も「喪中です。」ということをお知らせして年賀状を送ることができないお詫びを込めて喪中はがきを出しましょう。

喪中はがきは、いつ誰が何歳で亡くなったのかということを年賀状のやり取りのある方へお知らせすることもできるので、年賀状のみのやり取りしか今はしていないという人にもお伝えする機会となります。

改めて近況を知ることができるものなので、こちらも身内に不幸があり喪に服している年末年始ということをお伝えできるのと同時に、今回のみは年賀状を出すことができないと伝えることのできる機会と捉えて喪中はがきが届く届かないに関係なく、年賀状のやりとりを行っている相手には送るものと思っておきましょう。

喪中はがきを出すタイミング以降に不幸があった場合

喪中はがきを出すのに最適な日時以降に、身内に不幸があった場合や、ついうっかり喪中はがきを出し忘れて
しまったという場合は、年賀状を頂いた相手に対して1月7日以降に「寒中見舞い」を送るようにしましょう。

寒中見舞いには、年賀状を頂いたことに対するお礼と、年賀状を出すことができなかったことのお詫びなどを
記して送ることで、相手にこちらの近況を知らせることができます。

まとめ

喪中はがきについて詳しく説明してきましたがいかがでしたでしょうか。ちゃんとわかっている部分もあれば、意外に知らなかったということもあったのではないでしょうか。喪中はがきを出す機会は突然やってくるものなのでいざという時に迷ったり、相手に失礼にならないように知識として覚えておくようにすると安心です。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る