葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

喪中の期間と範囲とは

カテゴリー 葬儀マナー

「喪中」という言葉をよく耳にしますが、喪中の詳細については、意外と知られていないこともあります。実際に、自分の身内に不幸があった場合、喪中になるのか、どのくらいの期間なにを控えるべきなのか。行事や必要な準備、範囲や期間などを解りやすく紹介します。

喪中とは

「喪中」とは、近親者が亡くなった際、その死を悼んである一定の期間、喪に服することを言います。一般的に、喪に服している間は、公に行われる慶事から外れることになり、「忌服(きふく)期間」「服喪(ふくも)期間」とも言われます。

では、一体、この慣習は何のためにあるのでしょうか。一定期間、故人の死を悼むだけにあるものなのでしょうか。少し、詳しくみていきましょう。

喪中の期間

実は、喪に服する期間でも、故人が他界してからの日数によって、名称が異なり、外れる慶事も異なってきます。

  • 「忌中(きちゅう)」他界後、四十九日の忌明けまで
  • 「喪中(もちゅう)」一周忌まで

冒頭に別名として記載した名称に使われている「忌」は忌中を、「服」は喪中を指しています。

「忌中」は、故人に対して祈りを捧げる期間とされ、この期間は死の穢れ(けがれ)が身についているため、外部との接触を避けていました。
「喪中」は、故人を偲ぶ(しのぶ)期間とされ、慶事の執り行い、また参加することを控えていました。

喪中の期間

喪中の期間は、故人との関係性にもよりますが、一般的には長くて1年間とされています。一周忌法要を境に喪明けとされています。
ちなみに、明治時代には太政完布告で喪中に関する取り決めがありましたが、昭和22年に撤廃されました。続柄による、般的な喪中の期間は、以下の通りとなります。

  • 父母・義父母:12ヶ月〜13ヶ月
  • 子供:3ヶ月〜12ヶ月
  • 祖父母:3ヶ月〜6ヶ月
  • 兄弟姉妹:30日〜6ヶ月
  • 曾祖父母(そうそふぼ):喪中としない
  • 伯叔父母(はくしゅくふぼ):喪中としない

喪中の範囲

喪中は、一般的に2親等までが範囲とされ、3親等からは喪中としないことが多いです。
しかし、3親等以降でも、同居しているなど、故人との関係性が深い場合には、喪に服すことがあります。

喪中に控えるべき行事

喪中の期間控えることとして、以下のことがあります。
かつては、殺生を禁止した李、酒や肉を絶ったりしていましたが、現在は、葬儀の後の精進落としをもって、上記の禁止期間終了としています。

新年のお祝い

年賀状による、新年の挨拶を控えます。そのため、事前に喪中はがきを出すことになります。喪中はがきに関しては、別項目の「喪中はがき」をご参照下さい。

遊興(ゆうきょう)

遊び興ずることを指します。特に、酒色に興じることを指します。

結婚式参列

結婚式への参列は、一般的に控えます。
しかし、現在は、友人や会社関係の場合は出席することもあります。

結婚式の執り行い

一般的に、喪中の結婚式は避けた方が良いとされていますが、最近は、四十九日の忌明け以降であれば、結婚式を執り行うことが多くなってきています。

喪中の旅行

以前は、遊興を控えるということから、喪中の旅行は避けた方が良いとされていましたが、現在は、忌明けを目処に行うことが多いようです。

まとめ

喪中に関して説明をしてきましたが、いかがでしたか。
喪中という言葉の持つ意味や喪中の期間・範囲、期間中に控えた方が良い行事など、参考にして頂けると幸いです。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る