通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

盛り塩の知識を誤解しているかも?正しい盛り塩の役割と方法

カテゴリー 特集

神棚供え物

お塩には昔から穢れをはらう効果があるといわれています。
例えばお葬式やお通夜に参列した時に、家に入る前に玄関でお塩をかけてもらうといった風習は今でも残っていますから、経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

お塩をまくことで悪い気を家に持ち込まないように浄化して、災いや穢れを寄せ付けないといった意味もあります。
風水的にも盛り塩には家や部屋を浄化するパワーがあるといわれているので、正しく置いて運気アップをしましょう。

盛り塩とは?由来と歴史

玄関先や部屋の端などにお塩を三角の状態に盛って置いておく盛り塩は、日本でも古くから厄除けや魔除けの風習として現在でも行われています

元々は中国の古い故事から始まったとされていますが、日本でも奈良や平安時代には伝わっていて、家の戸口に盛り塩をしていた歴史があります。

現在では厄除けや魔除けといった悪い気を家に入れないようにして、良い気を得るといった意味で置かれていることが一般的です。

しかし昔はお塩は非常に貴重なもので神聖であると思われていたので、神具として神棚に置かれたり敷地内に盛り塩をすることで大地や家の住人にパワーを得ることができると考えられていました。
そして昔は病や争いごとなどで多くの人が亡くなることが多かった時代です。
神聖な塩で人が亡くなるのが続かないように、災いや穢れを清める意味で盛り塩が利用されることもあったのです。

現代でも盛り塩によって災いや穢れから身を守る意味で使われることもあります。

盛り塩の作り方|塩の種類や形

盛り塩というくらいですから、単純に塩を置いておくのではなくしっかりと盛っていくほうが効果を得やすいと考えられています。

塩の種類

盛り塩で使用する塩の種類は特にこれでなくてはダメというものはないのですが、粗塩を選んでおくと間違いはありません
なぜなら粗塩にはパワーが宿りやすく、邪気を払う効果もあるといわれているからです。
それに一つの盛り塩を作るのにはそこまで多量のお塩は必要なくて、だいたい10gもあれば立派なものを作ることができるので、ちょっと良いお塩を使ったほうが良い気も呼び込めるのではないでしょうか。

塩の形

塩の形は多少不格好でも大丈夫ですが、専用の盛り塩を利用するとかっちりとしたきれいなものを簡単に作れます。

神棚などに飾る場合は円錐型のものを用意するのが一般的です。また三角錐や八角盛といったような形にするのも良いでしょう。
特に八角盛は風水で八角形は良縁を引き寄せる力があるといわれて、科学的にも形を維持しやすいので盛り塩をする時におすすめの形です。

盛り塩を置くとよい場所

盛り塩を置く時のポイントは、外から悪い気を入れないということと、家の中に澱んだ気があればそれを払うといった意味があります。

玄関

人の出入りが多い玄関に必ず一つは置いておいたほうが良いでしょう。
盛り塩を置くことで外からの邪気を入り口で払うことができ、良い気を家の中にとどめることができます。

水回り

他にも水回りは運気が滞りやすい場所です。トイレやキッチン、お風呂場などは厄が溜まりやすいので盛り塩を置いて、浄化していくと滞っていた気が巡るようになります。

ここがポイントPOINT
 
 
盛り塩を置くと良い場所はいろいろとありますが、ただ置いておけば良いのではなく正しく効果を得るためのポイントは、その場所をきれいにするということです。
散らかっているところや汚れが付いたままでは良い気は入ってきません。
悪い気もそのまま溜まっていってしまうので、身体の調子が悪くなったり、イライラしてしまうなど精神的にも余裕がなくなってしまう原因になるかもしれません。
清潔にして盛り塩を置きましょう

交換時期や使用済の盛り塩の処分方法

女性

交換時期

盛り塩の交換時期についてはいろいろな考え方があるのですが、基本的には一週間から10日ほどで交換するのが良いようです。
月初めの1日と15日に変えるといった方法もあります。無理のない程度に自分でルールを決めて交換していくと良いのではないでしょうか。

ただしいつまでも同じ盛り塩をしていると、逆に悪い気を呼び寄せてしまうかもしれないので、長期間そのままにして置いておいたり形が崩れたものを置いておくのはやめましょう。

処分方法

古くなったお塩の処分の方法は、厳密にはこれが正しいというものはなくて、キッチンで流したり近くの川に流すといったやり方をとる方もいます。
トイレに置いておいたものなどはそのまま流してしまっても大丈夫です。
難しく考えないで自分のやりやすい方法で処分しても問題ありません。

神棚に供えたもの以外は食すのには向いていないので、汚れをはらう意味でもきちんと処分したほうが良いといえます。

人の迷惑にならないように気を付けて処分すると良いでしょう。

まとめ

盛り塩を置くことで、運気上昇や邪気を払うなどの効果が期待できます。
ただ単純に盛り塩をしたからといって良い効果が出るのではなく、その場所をきれいにして人がいて気持ちが良い空間を作ることが大切です。
きれいで清潔なところには人も居心地が良くなりますし、良い気も集まってきます。
あまり難しいことを考えすぎないで、感謝の気持ちを忘れずに毎日を過ごしていくことが大切です。きれいな環境を作って清めることが良い気を集めてくれます。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る