通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

喪章の種類と付け方・価格相場

葬儀

お葬式に参加した際、腕章やリボンの喪章を付けている人を見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。
しかしその喪章を付ける意味や、また誰が付けるものなのか、といったことについて正確な知識を持っている方は少ないかもしれません。
そこで今回は喪章について、喪章の持つ歴史やその役割、喪章の種類などについてご紹介していきます。

喪章の役割

喪章には大きく2つの役割が存在しています。

1つは、喪章を付けることで、故人に対する弔いの気持ちを示すためです。喪に服す意味も込めて、遺族が喪章を付けます。

もう1つは、現代では遺族と弔問客を区別するために喪章は着用されています。葬儀の際には、参加する人は喪服を着用します。

かつては葬儀に訪れる弔問客は正装として羽織袴を着用し、弔問客を迎える遺族側は白装束を着用していました。
この状態であれば遺族と弔問客はひと目で区別ができるのですが、現在では遺族も弔問客も黒い喪服で統一されてしまい、服装では区別ができません。

このため現在は葬儀を行う遺族側が喪章を付けることで、遺族側と弔問客が区別できるようにしています。

喪章の歴史

現代では遺族と弔問客の区別に用いられている喪章ですが、その歴史の始まりは明治時代まで遡ります。
日本人が喪章を使用するようになったきっかけは、英照皇太后(明治天皇の嫡母)の大喪にあります。それまで日本では、葬儀の際には白色の喪服を着用することが一般的でした。

しかし明治維新以降において、日本でも欧米にならって黒い喪服を着用するようになりました。
そのきっかけとなったのが英照皇太后の大喪であり、欧米から葬儀に参加した要人が黒い喪服を着用していたことから、これにならって黒い喪服を着用することとなりました。

これ以降、公的な葬儀の際には、黒の喪章を付けることが基本となっていきました。また、英照皇太后の大喪の際には、一般の人は黒い喪服ではなく、黒い喪章をつけて参列していました。

こうした流れの中で、一般の人たちの間でも、喪服は黒であるという認識が次第に広がっていくことになったとされています。
そして喪服が黒に統一されるようになると、喪服以外での遺族と弔問客の区別が必要になり、遺族側が喪章をつけるようになった現代の状況へと喪章の歴史は続いています。

喪章の種類と付け方・価格相場

喪章には腕章型とリボン型、2つの種類が存在しています。ここではそれぞれの付け方と価格相場について、ご紹介していきます。

腕章型の喪章の付け方と価格相場

腕章型の喪章は、左腕にピンで止めて着用します。場所としては、二の腕のあたりに付けるとよいでしょう。
価格相場としては、素材によって高いものもありますが、基本的には500~1000円程度が相場となっているようです。

リボン型の喪章の付け方と価格相場

リボン型の喪章は、左胸にピンで止めて着用します。場所としては、胸ポケットの少々上のあたりに付けるとよいでしょう。
価格相場としては、腕章型よりも少し安価なようです。安いものであれば、200円程度で10枚のリボンがセットになったものが購入できます。

喪章の注意点

女性

喪章の注意点としては、付けるべきか、付けないべきかをしっかりと認識していなくてはいけません。
現在では通例として、喪章を付けるのは遺族側の人間だけです。弔問客として参列する場合は、喪章をつけないようにしましょう。

ただし、遺族側も、遺族なら誰でも喪章をつけるというわけではありません。こちらも通例としては、故人の4親等までの近親者が喪章を付けるものとされています。
しかし場合によって、受付の手伝いをしている人が喪章をつけたりすることもあるため、状況に応じて付けるか付けないかの判断をする必要があります。

基本的には近しい遺族側が喪章を付け、弔問客などの立場であれば付けない、と認識しておくとよいでしょう。

まとめ

喪章は故人への弔いの意味を込めて、着用するものです。
しかし誰でも着用をするべきものではなく、現代では基本的に遺族側が喪章を着用します。
弔問客の立場で喪章を付けると、マナー違反とされることもあるため注意しましょう。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る