葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

故人の遺志によりシンプルに。無宗教葬・お別れ会の流れとマナー

カテゴリー 葬儀の種類

無宗教葬儀は、特定の宗教・宗派の儀礼方式や作法を執り行わない葬儀を言います。
お別れ会とは、葬儀・告別式を終えた後に行う、故人の友人等を対象とした送別会のことです。
無宗教葬儀もお別れ会も、自由な式の演出で故人の冥福を祈ることができます。

無宗教葬儀(自由葬)とは?

無宗教葬儀は、特定の宗教・宗派の儀礼方式や作法を執り行わない葬儀を言います。
僧侶や神父等のような宗教家を招かずに自由な方式と式次第により、故人をお見送りするので「自由葬」とも呼ばれています。

無宗教葬儀(自由葬)を行う意味

無宗教葬儀は、特定の宗教・宗派の葬儀・告別式でなかなかできない、故人を追悼するための趣向を凝らした葬儀を演出することができます。無宗教葬儀を希望される方や、その方を無宗教葬儀で送る意味は以下の通りです。

無宗教葬儀を希望される方

宗教にあまり興味の無い方

無神論者で信仰心が無い方はもとより、宗教に対して疑問がある方が該当します。

自分らしい葬式をしてもらいたい方

形式ばったことが嫌いで、自分の趣味やこだわりを葬儀にも反映したいと言う方が、無宗教葬儀を希望されることが多いです。

故人を無宗教葬儀で送る意味

故人の意思が反映される

生前に、「自分が死んだら○○で見送ってくれ。」と意思表示をしていたならば、その意思に従って葬儀が行われると、故人の願いが叶えられ、何よりの供養となります。

遺族やご友人の納得できる葬儀になる

遺族が故人の意思を継いで無宗教葬儀を行うので、「これで故人も迷いなく天国へいける。」と、納得できて悔いも残りません。また、故人が望んだ葬儀を行う中で語られる遺族やご友人の心のこもった言葉は、何よりの餞別となるでしょう。

どんなものが無宗教葬儀(自由葬)なのか

無宗教葬儀は自由葬とも言われている通り、故人の見送り方を自由に演出する葬儀です。
宗教的な縛りが無いため、葬儀内容をしっかりと組み立てることが必要となります。
つまり、無宗教葬儀により故人を追悼し思い出深いものにするには、葬儀の工程を構成していく企画力が求められるということです。

葬儀社と相談し効果的な演出を

無宗教葬儀を成功させるためには、無宗教葬儀の経験豊富な葬儀社と相談しながら進めていきましょう。
葬儀社に、故人の趣味を伝えると色々な葬儀の提案をしてもらえます。故人が音楽好きだった場合は音楽葬を、絵画や美術品が好きな場合は葬儀・告別式に故人の生前のお気に入りだった絵画・美術品を飾るなど効果的な演出が期待できます。

オリジナルティ溢れる式を作る

故人の生前の趣味にこだわるばかりでは無く、葬儀・告別式の合間に故人の思い出の写真をスライドで流したり、動画によって回想したりと、故人の最期をプロデュースする「お別れ会」的な内容の葬儀も個性的であると言えます。

お別れ会とは

お別れ会とは、家族や親族だけで執り行う家族葬のような小さな葬儀・告別式を終えた後に、改めて開催する送別会のことです。
参加する方は、主に故人と親しかった友人・知人などの関係者を対象に行います。

一般的な葬儀との違い

お別れ会は、葬儀・告別式を終えた後に行う送別会です。
お別れ会には以下のような特徴があります。

故人の社会的な立場や、生前の故人の交流を反映した式

故人と親しかった友人・知人を招いて開く小規模のものから、故人の所属していた会社関係者・取引先の方々、故人が有名人であったならファンの皆さんを呼ぶと言うような規模の大きなケースまで様々です。

形式には宗教的儀礼の制約はありません

お別れ会の形式は自由度が高く、葬儀の形式である仏式や神式などのような宗教的儀礼による制約がありません。また、お別れ会の演出として故人の趣味を展示したり、故人の生前の映像を式中で流す等、主催者側で自由に式の構成を行うことができます。
お別れ会には主に次のような形式があります。

  1. 宗教的な部分を演出に用いて、宗教儀礼を組み入れすことや祭壇へ献花するセレモニー式
  2. 弔礼や献花等の後に出席者が会食を行うパーティー式
  3. セレモニー式とパーティー式を組み合わせたもの

香典ではなく、会費が一般的

お別れ会の費用では「会費」または「香典」の2種類があります。
お別れ会に持参する際に、会費となるか香典となるかは案内状の指示に従います。
会費および香典を頂かない場合には案内状に「香典辞退」と記載されています。
会費と香典には次のような違いがあります。

会費

いわゆるお別れ会の参加費用と言えます。そのため、香典袋に包む必要は無く、受付に会費をそのまま支払っても問題はありません。
会費をより丁寧にお渡ししたい場合には、白無地の封筒の表に氏名、裏に住所と金額をボールペン等で記載します。

香典

香典は仏式等の葬儀で、故人の霊前に供える金品を言います。案内状に会費や香典辞退について何も記載が無ければ香典を持参します。
香典は、一般的な葬儀の場合と同様に、白黒の水引を結んだ香典袋または、白無地の封筒に「お花料」「御霊前」等と記載して渡します。

会費相場

会費についてはお別れ会の案内状に記載してある金額を持参しましょう。会費相場は、概ね1万~2万円程度となります。
香典については、お別れ会の規模等を考慮して金額を決定しますが、会費葬場と同じく1万~2万円程度となります。

お別れ会の開催時期

お別れ会の開催時期は、一般的に葬儀・告別式後2週間から2ヶ月間ほど経ってから行われます。
ただし、四十九日や一周忌の法要に合わせて行う場合もあります。

お別れ会を行う場所

お別れ会は葬儀では無いため、会場選びも選択の幅が拡がります。
ただし、会場となる施設によっては制約もあります。
以下では開催可能な施設と施設会場を使用する際の注意点を説明します。

葬儀専門式場で開催する

葬儀・告別式に近い形でお別れ会を行いたい場合に適しています。遺骨の持ち込みは概ね可能であり、読経等による宗教的な作法を取り入れた厳かな送別会の開催が期待できます。
ただし、会食や、故人を回想する演出の一つである映像や音楽をながすこと、故人の趣味である美術品や絵画等を展示するパーティ式のようなお別れ会は、制約される可能性があります。
葬儀専門式場で上記のようなお別れ会を行いたい場合は、式場関係者とご相談をした上で式内容を決めていきましょう。

ホテル等を会場にする

近年ではホテルや貸会議室を会場に使用したお別れ会も増えています。こちらは、宗教的儀礼に重きを置かず、明るい雰囲気の中、出席者への「おもてなし」を重視する場合に適しています。
特にアクセスの良い立地であれば、故人の所属していた会社関係者・取引先等の方々の出席が容易となります。また、気楽にビュッフェスタイルで会食を行えたり、故人の映像や、好きだった音楽を流したりして、自由な演出で故人を回想し、お別れを伝える場を作り上げることができます。
ただし、ホテルや貸会議室は葬儀式場でない以上、遺骨の持ち込み、宗教的儀式である読経等は禁止される場合があります。このため、お別れ会開催の条件をホテル・貸会議室の関係者に確認をとることが必要です。

お別れ会の流れ

お別れ会を開催する流れは概ね以下のようになります。お別れ会は葬儀社からサポートしてもらいましょう。ご家族で全てを行うと葬儀・告別式と同様に、他方面の方々に対しての打ち合わせや、調整に追われることになります。

お別れ会の事前準備

約四週間前

葬儀・告別式を終え、お別れ会を開催する約四週間前に会場・日時を決定します。この時点で出席者の予測をします。更に、案内状を作成し、往復はがきで故人の親しかったご友人等へ送付、出欠確認をとります。

約三週間前

その後、お別れ会の約三週間前に式場関係者とお別れ会の内容の打ち合わせ、飲食関係等の打ち合わせを行い、会場を下見します。会のお見積りの確認も忘れずにしておきます。また、出席者の確認と、出席リストの作成、弔辞者の選定、依頼を行います。

約二週間

お別れ会の内容を確認します。装飾や飲食メニュー、映像、音楽内容等の演出を確認します。この時点で会のお見積りを最終確認し、前受金をお支払いすることになります。

約一週間

出席者の人数の最終確認、飲食物の最終発注を行います。

お別れ会当日

お別れ会を開催する一時間前くらいに主催者・遺族が会場に集まりリハーサル、発注品の確認を行います。

2.お別れ会の式次第

  1. 受付
    お別れ会参加者の受付をすませます。
  2. 参会者入場
    お別れ会参加者が入場します。
  3. 献花
    参加者がお花を祭壇等に供えます。閉式の辞の前に行うこともあります。
  4. 開式の辞
  5. 黙とう
  6. 故人の人生や家族との思い出の紹介
    映像や生前に好きだった曲等を演奏し、故人を回想します。
  7. お別れの言葉、弔電披露
    弔辞者が故人へのお別れの言葉を述べます。また、司会が弔電を読み上げます。
  8. 参会者へ御礼の挨拶
    遺族代表者がお別れ会参加者へ御礼の挨拶をします。
  9. 閉式の辞
  10. ご歓談
    会食を行います。参会者へ御礼の挨拶の前に行われることもあります。
  11. 参会者退場

無宗教葬儀(自由葬)でよくある質問

無宗教葬儀へ出席する場合に、席順は一般葬とは違ったものになるのではないか?と心配されることがあるかと思います。

無宗教葬儀であっても、案内状等で席をあらかじめ指定されていたり、司会の方から特別な指示があったりする場合を除いて、一般葬と同じく対応すれば問題はありません。

案内状はどのように出せばいい?

無宗教葬儀でも、一般的な葬儀の案内状と変わりは無く、故人の死去の事実と葬儀日程・場所を簡潔に記載します。平服で参列して頂きたい場合は、「平服でご出席願います」と記載しておきましょう。

位牌はどうすればいい?

無宗教葬儀の場合にも位牌を用意することはできます。
ただし、無宗教葬儀の場合は、戒名を入れるのではなく、生前の故人の名前を入れることになります。

初七日や四十九日はどうすればいい?

無宗教葬を行った場合は、特に法要をしなければならないわけではありません。
遺族等が希望するなら、仏教で行われているような初七日や四十九日、一周忌など定期の場を設けることはできます。
その際には読経等のような儀式をせずに、出席者が会食して故人を偲ぶということも可能です。法要のような場を設けたい場合には、一度葬儀社へご相談ください。

納骨はどうすればいい?

納骨は一般的な場合と変わらずに、霊園や納骨堂等に納めます。
また、従来の形式にとらわれない方法をとりたい場合は、散骨や樹木葬を選ぶこともできます。

参列者向けマナー

形にとらわれない自由な演出で故人のお見送りする無宗教葬儀とはいっても、故人の悼むことが大事です。
そのため、葬儀の場に参列することを意識し、服装に注意し、私語や不適切なふるまいは避けるべきです。

どんな服装で行えばいい?

無宗教葬儀は形式ばったものではなく宗教的な作法にとらわれない葬儀です。ただし、故人を悼む場であることには変わりはなく、案内状に「平服でお越しください」と書かれている場合を除いては、喪服を着用しての参列が無難です。

また、お別れ会は葬儀ではないためそもそも喪服は着用しません。しかし、喪服を着用しないからと言って、カジュアルな服装で参加するのはマナー違反です。

無宗教葬儀の葬儀・告別式に出席する場合

男性の服装

遺族・主催者は喪服を着用します。遺族・主催者の男性の服装はモーニングまたはブラックスーツです。一般参列者はブラックスーツで、黒いネクタイ、白いワイシャツ、黒い革靴・靴下を着用します。

女性の服装

遺族・主催者側の女性の服装は黒のワンピースやアンサンブル、スーツです。一般参列者は黒のワンピースやスーツ等を着用します。光るアクセサリーは外します。

お別れ会への出席や、無宗教葬儀の案内状に「平服でお越しください」と記載されている場合

男性の服装

平服は、喪服以外の服装を指します。男性の場合は黒、紺、ダークグレーのスーツにネクタイ、白いワイシャツ、黒い革靴・靴下を着用します。

女性の服装

控え目な色のワンピースやスーツ等地味目の平服で、光るアクセサリーは外します。

欠席する場合どう伝えればよい?

無宗教葬儀を欠席する場合は、一般的な葬儀と同様に、弔電を送ることや、お悔やみ状を作成し、故人の葬儀に間に合うよう欠席を伝えるのも良い方法です。お悔やみ状とは故人との別れを悼み、遺族への思いを綴ったお手紙です。

お別れ会の欠席の場合は、返信用はがきに欠席をする旨の意思表示をします。

弔電を出したいがどうすればいい?

弔電は葬儀・告別式に出席できない場合に送る電報の事です。
無宗教葬儀もお別れ会も式次第に弔電を読み上げる場が設けられています。
ただし、やむを得ない事情でお別れ会を欠席するためとはいえ、一度葬儀で弔電を送っていた場合は再度送ると言うことはありません。

それは、自分の都合のために葬儀に間に合わず、お手紙を書く時間も無い場合に、やむを得ない対応として電報を送るという方法だからです。
お別れ会を欠席する際に、案内状の返信用ハガキに欠席の意思を示すだけでは足りないと思う場合は、故人へのお悔やみを綴ったお手紙である「お悔やみ状」を、お別れ会の開催前に送ることも一つの方法です。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る