通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

南無大師遍照金剛とは

カテゴリー 葬儀用語

南無大師遍照金剛(なむだいしこんごうへんじょう)

南無大師遍照金剛(なむだいしこんごうへんじょう)とは真言宗で唱える短いお経。

仏教において「南無妙法蓮華経」が法華経の教えに帰依する心を表明し、「南無阿弥陀仏」が阿弥陀仏への帰依を表しているのと同様、「南無大師遍照金剛」は真言宗の開祖である空海への帰依を表す言葉である。

「南無」はサンスクリット語で尊敬、敬意を表す「ナモ」を語源とする仏教用語で、「帰依」なすわち「己の心身を捧げて信心し、すがる」意。

「大師」は本来、偉大なる師という意味で、仏や高僧への尊敬を込めた呼び方であるが、この場合は空海を指す。空海のまたの名「弘法大師」を示している。

空海は遣唐使として渡った中国の長安で、密教の最高神である大日如来を意味する「遍照金剛」の名を与えられた。
「遍照」はあたりの物すべてを隅々まで照らすこと、「金剛」は金剛石すなわちダイヤモンドを指し、堅固で輝き続けるさまを表している。

やがて、この名はご宝号(念仏)として、四国四十八カ所の霊場を巡る遍路が唱えるほか、亡くなった人を弔うときや自分自身が苦境に陥った時など、様々な状況で人々が唱える言葉となっている。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.