七回忌の数え方は?法要を行う際の準備やマナー

カテゴリー 法事・法要

男性法要
PR
お坊さん手配サービス

誰かがこの世を去った時、ほとんどの人がお通夜やお葬式と言った一連の法要を行うでしょう。
その後も一周忌や三回忌、七回忌と法要は行われますが、これらの数え方はご存知でしょうか?法要では親族に連絡して集まってもらう場合も多いので、数え方を間違ってしまうと法要を行わないのかと怒られてしまうこともあるかもしれません。
この記事では、間違えやすい七回忌の数え方、さらに法要を行う際の準備やマナーについてご説明をしていきます。

七回忌の意味と数え方

七回忌とは休広忌とも言われ、故人の魂が落ち着いて、仏の慈悲が行き渡る日だと考えられています。四十九日で魂があの世に行き、仏弟子としての修行がひと段落して一人前になる頃だとも言われます。
また七回忌とは、三回忌の次に行われる法要を指します。亡くなった年を1年目とし、その6年後に行われる法要なので、七回忌と呼称されています。

本来、一周忌以降は年忌法要となるので、毎年故人の命日に、故人を偲ぶために行われるべき法要です。
しかし現代では毎年の命日に集まるというのは難しいため、仏教で大切にする数字である「3」と「7」の付く年に法要を行うようになったと言われています。

七回忌の次は十三回忌で、亡くなってから満12年経った年に行われます。

七回忌法要の、準備とマナー

七回忌までは、親戚が集まることがほとんどです。その際にきちんと準備が出来ていなかったり、法要にふさわしくない服装であったら恥ずかしい思いをしてしまうこともあるでしょう。しっかりと事前に調べて、準備をしておきましょう。

服装

法要は回を重ねるごとに喪に服すという表現を軽くするのが一般的です。ほとんどの場合、三回忌までは礼服でも、それ以降は略式喪服や平服を着用します。
しかしそれぞれの家庭や宗派によって考え方が変わりますので、施主や他の参列者に聞いてみるとよいでしょう。案内に平服でと書かれているにも関わらず礼服で参列するのは、失礼となりますので気を付けてください。

また平服でOKであったとしても、法要に適さない華美な服装は避けましょう。アクセサリーやネイルは付けてもよいですが、華美なものはNGです。

法事法要での服装のマナーについての詳しい説明はこちらをご参照ください。

僧侶の手配

僧侶の手配はおおむね法要の1か月前までに行うとよいでしょう。

まずは法要の場所や日時、参列者を決めます。僧侶と参列者それぞれの都合がありますので、必ずしも希望に沿えるわけではありません。いくつか日程の候補を挙げて調整をしましょう。
日程や場所が決まったら、参列者に対して案内状を発送します。案内状の発送は法要の1か月前が適当です。

法事・法要の僧侶の依頼から当日の流れについての詳しい説明はこちらをご参照ください。

お布施

お布施は寺院の本尊に対して渡すものですので、金額に決まりはありません。そのため相場がわかり辛く、不安になってしまうこともあるのではないでしょうか。

全国平均によると、七回忌の法要であれば1万円~5万円程を包むのが一般的です。それとは別に、お車代を5千円~1万円、僧侶が会食を辞退した場合はさらに5千円~1万円を準備しておきましょう。

法事・法要のお布施の金額相場と渡し方についての詳しい説明はこちらをご参照ください。

香典

法事や法要に参列する場合に必ず必要になる香典です。書き方や金額の相場など、よくわからずに困った経験がある人も多いでしょう。

七回忌の香典の金額は、お葬式の時と同様に故人との関係性によって変化します。相場としては3千円~5万円が一般的ですので、故人との関係性、法要後の会食に参加するかどうかなどを踏まえて決定してください。

香典袋の書き方は宗教や宗派によって異なりますので、事前に確認が必要となります。
また香典袋は薄墨で書くものという認識をしている人もいるかもしれませんが、それは誤りです。七回忌のような法要は事前に行われることがわかっているので、通常の濃い墨で書いて問題ありません。

法事の香典の金額相場と香典袋の書き方についての詳しい説明はこちらをご参照ください。

香典返し

香典を頂いたら、香典返しを行うのが通常です。香典返しは香典を頂いたその日に渡す「即返し」と忌明けの法要後に渡す「後返し」があり、後者の方が一般的です。

香典返しの相場には地域に差があるので一概には言えませんが、七回忌に参列するような近しい親族であれば、頂いた香典の3分の1~4分の1程度と考えてください。

香典返しの相場やオススメの品物についての詳しい説明はこちらをご参照ください。

お供え

法事や法要に行く際に用意するものは、数珠や香典、そして地域によってはお供え物が必要になる場合もあります。
お供え物の定番は線香、ロウソク、花、浄水、飲食物です。飲食物を用意する場合は、個包装で日持ちするものを選ぶとよいでしょう。

お供え物に熨斗を付ける場合は、包装紙の上に貼ります。包装紙の下に貼ってしまうと、誰からのお供え物かわからなくなってしまうので注意してください。

法事・法要でのお供え物の選び方と渡し方についての詳しい説明はこちらをご参照ください。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

七回忌法要の案内状の文例と送る範囲

法要

法要の1か月前に発送するのが適当だと説明した案内状ですが、続いてはその内容についてお話します。

案内状には、誰の法要なのか、日程、場所、法要の内容や流れ、出欠の確認について記載します。その際、句読点は使用しないよう注意してください。

また、案内状を送る範囲については特に決まりはありません。七回忌ともなれば、葬儀や一周忌に参加した親戚が高齢化して参加が難しくなってしまう場合もあります。
故人との関係や、それぞれの都合、費用の面も含めて検討してみてはいかがでしょうか。

法事・法要の案内状の書き方についての詳しい説明はこちらをご参照ください。

まとめ

法事や法要は、頻繁にあるものではありません。そのため準備やマナーがよくわからない場合も多いでしょう。
しかし法事や法要といった厳かな儀式で、失礼があってはいけません。突然やってくる万が一の場合に備え、故人にも、残された遺族にも不快な思いをさせないよう、最低限のマナーは押さえておくようにしましょう。

5/5 (1)

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-696
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-696
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.