通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

新盆(初盆)を控えている方へ。お盆の施主の準備、全てを紹介します

カテゴリー 法事・法要

故人が亡くなってから、夏のお盆の時期になると耳にする「新盆(あらぼん)」の意味をご存知でしょうか?

お盆といったい何が違うのか、どういったことをするのか?
ここでは、新盆の法事・法要について詳しく紹介していきます。
お盆時期はお寺も忙しい時期なので、早めに確認・準備しておきましょう。

新盆(初盆)とは?

新盆とは故人の四十九日の忌明け(きあけ)以降に初めて迎えるお盆のことです。

そのため、忌明法要が8月12日までに終えていなければ、新盆はその年ではなく翌年に行います。お盆には先祖の霊が帰ってくるといわれ、自宅でお供えや提灯を置いてお迎えし、お墓参りをするなどの供養をするのが一般的です。

新盆は亡くなった故人の霊が初めて帰ってくるお盆なので、一般的には僧侶や親族、故人と親交の深かった人などを招いて、ほかのお盆よりも丁重に供養をします。地域によっては、新盆を盛大に行うこともあります。
また、地域によって新盆を「しんぼん」「にいぼん」あるいは「初盆(はつぼん・ういぼん)」などとも呼びます。

新盆(初盆)の時期

お盆の期間は地域によって異なります。7月13日~7月16日、または8月13日~8月16日が多いです。お住まいの地域のお盆期間の中で、新盆の法事をいつ行うか決める必要があります。
親族や親しい方が集まりやすく、お寺の都合もつく日を確認し、新盆の日時は早めに決めましょう。

この期間は多くの企業が長期休暇をとっていて帰省シーズンであることから、移動するのに混雑が予想されます。可能ならお盆期間の前後に移動したり、早朝に出発したりするなど、混雑や渋滞に巻き込まれないように気を付けてください。

新盆(初盆)法要の準備

僧侶の手配や招待する人への連絡

新盆ではお勤めいただくお寺に、連絡をとって予定を押さえておく必要があります。

お盆の時期はお寺も忙しくなるため、遅くとも新盆の1ヶ月前までには連絡しておきましょう。新盆の法要後に会食を予定している場合には、僧侶が会食に参加するか否かも確認が必要です。

また、招待する人にも、早めに連絡しておきましょう。料理やお返しの準備もあるため、電話や往復はがきなどで確認することがおすすめです。この連絡も僧侶の手配同様に、新盆の1ヶ月前を目安に早めに周知しましょう。

僧侶の手配に関して、菩提寺がない方は、下記の「お坊さん便」というサービスで定額で、新盆・お盆に読経にうかがうお坊さんをご紹介しております。

お盆の期間は大変込み合うため、早めのご相談がおすすめです。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

お施餓鬼の法会を行う寺院もある

宗派によっては寺院でお施餓鬼(せがき)の合同法要が行われます。 菩提寺やお葬式でお世話になったお寺から初盆の読経と合わせて、施餓鬼会の案内が来ることも多いでしょう。
下記にて各宗派における施餓鬼を始め、施餓鬼の意味につても説明しています。

料理の手配

新盆の法要後に会食を予定している場合は、自宅に招いて会食をするか、どこかの料理屋で会食をするかを決めます。自宅の場合は、自分たちで料理を用意したり、仕出し弁当などを頼んだりする方法もあります。

仕出しや料理屋を予約する際は、新盆での会食に利用することを伝えておきましょう。伝えないと、海老や鯛などを使用した慶事向けの料理が出てくることも考えられます。

会食は行わなくても失礼にはあたりません。その場合は新盆法要のあと引き出物と一緒に、お酒と折詰弁当などをお持ち帰りいただきましょう。

―新盆見舞いをいただいた方への返礼品

新盆の法要に参列する方は、香典を持参されます。また、親族や親しい間柄の方は一般的に提灯や提灯代を持参されます。

香典や提灯代をいただいた方へは、お返しをしなくてはいけません。新盆見舞いの返礼品の予算は、いただいた香典や御供物料の金額の半分〜1/3程度が目安です。新盆法要に出席してくださった方へは、新盆法要後の会食がお返しとなります。

それとは別に1,500円~3,000円の引き出物を用意しておき、会食後お渡しするのが一般的です。

新盆見舞いのお返しののしの表書きは、「志」「初盆志」「御初盆志」「新盆志」「御新盆志」「初盆供養」「新盆供養」のどれかになります。下段には、施主の家名を「〇〇家」というように書くか、喪主の氏名を書きます。

・新盆法要へ参加されなかった場合の返礼品

新盆法要へは参加されない方で、新盆の焼香に訪れてくださる方もいらっしゃる場合もあります。不意に来られた方へお渡しするお返しも、余裕をもって準備しておきましょう。
1,000円程度のお菓子、お茶、タオルのセットなどに、「粗供養品」と書いたのしをかけて用意します。水引は地域によって異なりますが、黒白、双銀、黄白の結び切りが一般的です。

・郵送で新盆見舞いをいただいた場合の返礼品

郵送で新盆見舞いをいただいた方へのお返しも必要です。いただいた金額の半額程度が目安で、相場は3,000円~5,000円が一般的です。この場合は「志」と書いたのしをかけます。
お返しの品を贈る際に、お礼状を添えることを忘れないようにしましょう。

・高額の新盆見舞いをいただいた場合の返礼品

高額の新盆見舞いをいただき、用意した引出物は相応しくないと思った場合、別でお返しや返礼品を手配して郵送しましょう。遅くとも新盆法要から2週間以内くらいをめどに先方に届くようにします。
この場合も、お礼状を添えることを忘れないようにしましょう。

―お布施の準備

新盆のお布施は30,000円~50,000円前後が目安です。また、家に来ていただく場合、5,000円~10,000円をお車代としてお渡しすることもあります。

御膳料として5,000円~10,000円を包んで僧侶にお渡しする場合もありますが、法要後の会食に僧侶も参加された場合は、御膳料は必要ありません。

お布施は、地域によって違うこともあります。お金に限らず、お食事や果物やお菓子などのお土産をお布施としてお渡しする地域もあるようです。お金のお布施の場合は、市販の無地の白い封筒に入れましょう。

小さなお盆などにお布施をのせて渡します。袱紗(ふくさ)の上にお布施をのせて渡しても失礼にはあたりません。薄墨は使わず普通の黒墨で、表書きは「御布施」または「御経料」、裏側には名前や住所を書いておきます。名前は「〇〇家」でもよいでしょう。

初棒・新盆用セット

新盆の法要当日までに準備する物

精霊棚(盆棚)

精霊棚(しょうりょうだな)は先祖の霊を迎えるための棚のことで、その年の作物や精霊馬を供えます。

精霊棚は仏壇とは別に用意するのが一般的で、仏壇の前に飾り付けます。このとき位牌を取り出しておき、精霊棚の中央に安置します。

まこも、おがら、ハスの葉など、必要となる材料はいくつかありますが、仏具店などで新盆用のセットになっているものを購入できるので、それを使えば便利です。そうめんや水、季節の果物や個人の好物などをお供えしましょう。

精霊馬・精霊牛

精霊馬は精霊棚に供える物のひとつです。割りばしや爪楊枝などを利用し、茄子で作った牛や胡瓜の馬が一般的ですが、地域によっては茄子と胡瓜以外の野菜をつかう地域もあります。

精霊馬・精霊牛イメージ
精霊馬・精霊牛イメージ

盆提灯(提灯)

盆提灯は、先祖の霊が迷わず家に辿り着けるように灯しておく提灯のことです。

新盆では、一般的に新盆用の白提灯を用意します。初めて帰ってくる故人の霊が迷わないように目印として、玄関や仏壇の前などにつるします。新盆用の白提灯はローソクの火を灯せるようになっているものが一般的ですが、盆提灯用のローソク電池灯も販売されています。

新盆用の白提灯を飾るのは新盆の時だけで、お盆が終わったら燃やして処分します。お寺に新盆の日程の相談をする時に、処分方法についても確認しておくといいでしょう。

お供え物

お供え物は団子が一般的ですが、故人の好きだった食べ物や飲み物をお供えするとよいでしょう。フルーツやお菓子など日持ちするものを選びましょう。

新盆の法事の手順

お墓でお参り

お盆は7月または8月の15日頃に行われますが、最も一般的になっている8月13日~16日に行うと仮定して、それぞれに行うことをご紹介します。

迎え火

13日は迎え火を行います。午前中に精霊棚の飾り付けやお供え物などの準備をして、日中はお墓参りをしてお墓の掃除をしましょう。

夕方になると迎え火を焚き、盆提灯に火を灯します。盆提灯に電灯を灯したり、装飾のみで迎え火としたりする場合もあります。

お墓参りと法要

14日、15日のいずれかの日に、揃ってお墓参りをしましょう。一般的には、僧侶を招いた新盆法要を行い、新盆法要のあとには会食を行います。

先祖の霊が帰ってきているこの期間は、お供え物の団子や食べ物、水などは毎日交換し、ろうそくや線香の火を絶やさないようにしましょう。

送り火

16日のできるだけ遅い時間に、迎え火を炊いた場所と同じ場所で、迎え火と同様に送り火をします。ここで「灯篭流し」や「精霊流し」をする地域もあります。京都の有名な大文字焼きも送り火のひとつです。

新盆でかかる費用

一般的に、50,000円程度と考えておきましょう。ご親族や地域の慣習によって違いますが、葬儀に比べて大きな出費はありません。香典や提灯代をいただけたら、全体での出費も50,000円以下に収まることもあります。

ここがポイントPOINT
 
 
かかる費用は、以下のようだと考えておきましょう。
お寺へのお布施など 30,000円~
祭壇や提灯の準備代 30,000円~
料理やお酒代など  1人5,000円~

新盆(初盆)でお香典をいただいたら

初盆には親戚や親しかった友人などがお線香をあげに訪ねてきたり、香典をいただくことがあります。 その場合は、葬儀や法事と同様に香典返しをお送りするのがマナーです。

よくある質問

Q.新盆の準備は宗派によって異なるの?

A.宗派によって異なります。新盆は宗派によっては行わないこともあります。
地域や宗派によって準備するものは異なるので、親戚や地域の菩提寺に確認するのがよいでしょう。

Q.新盆にふさわしい服装は?

A.一般的には、新盆では喪主やその家族は喪服が基本です。喪主や遺族は、お呼びした親戚と同じか、より正装であるのが原則です。

最近は地域によっては38度を超える真夏日もあるので、喪服にこだわりすぎなくても大丈夫です。その場合は、男性はブラックスーツ、女性は黒で無地のワンピースやアンサンブルなどがおすすめです。学生の場合は学校の制服や白いブラウス・シャツに黒や紺のズボン・スカート・ワンピースなどを着用します。

ここがポイントPOINT
 
 
喪服にこだわらない場合は、新盆の案内をする際に、「普段着でご参加下さい」とお伝えしておくとよいでしょう。
Q.新盆の法要って必ずやらないといけないの?

A.新盆のしきたりは宗派やお寺、地域によって様々です。
親戚とのお付き合いや、地域とのお付き合いの考え方は人それぞれあります。新盆を行うかどうか迷ったときは、親戚の新盆に呼ばれたことがあるかどうかで決めるとよいでしょう。

Q.新盆と四十九日と一周忌が近い場合はどうするの?

A.この場合はお寺に相談してみてください。新盆は四十九日が終わった後に迎える最初のお盆なので、四十九日前にお盆になる場合は新盆を行わず翌年に行います。そのため、一周忌と新盆が近くなる場合があります。

新盆と一周忌が近い場合は別々に法要を行う方が良い、というのが一般的な考え方です。
一周忌は故人だけの法要で、新盆は先祖全員を供養するお盆の一環であり、供養する対象が違うからです。

ただ、別々に行うのは施主やその家族、招待する親戚等の日程や金銭面で負担になってしまうこともあることから、新盆と一周忌を一緒に行う場合もあります。

まとめ

新盆を迎えるまでの準備について紹介しましたが、新盆のしきたりは宗派やお寺、地域によって様々です。どんな形であれ、自分たちが故人やご先祖にできる最大限の供養、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

新盆とは、法要ではありますが、お葬式のように悲しみに暮れる行事ではありません。新盆は、亡くなってから故人が初めて里帰りする機会です。 新盆を迎えるにあたって、何かとあわただしく準備が必要になりますが、故人を偲ぶいい機会ともいえます。

新盆に来ていただいた方にも感謝を込めてご挨拶しましょう。また、準備で迷ったときは地域によってはさまざまな習慣があるため、一度周囲やお寺に相談してみるとよいでしょう。

4.33/5 (27)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る