葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

妊婦の葬式参列マナー

カテゴリー 葬儀マナー

妊娠中に親戚などの身内や知人に不幸があった場合、お葬式へ普通に参列しても良いのかどうか迷ってしまうと思います。これまでお世話になった故人を偲びたいという思いが強くあったとしても妊婦のお葬式への参列は、何かと気になるところも多いもの。そこで妊婦はお葬式に参列しても良いのか、参列する場合の注意点や心がけなくてはいけないこと。服装など気になる点について説明していきたいと思います。

妊婦は葬式に参列してもよいのか?

妊婦はお葬式に参列してもよいのかどうか。結論から言うと妊婦がお葬式に参列してはいけないということはありません。妊娠の有無に関わらず、故人を偲んでお葬式に参列したいという思いを誰も拒むことはできません。妊婦のお葬式への参列は、誰かに遠慮する必要はないので、自分の体調を第一優先に考えて参列するかどうかを決めれば良いでしょう。

お葬式に参列する気持ちがあってもその時の体調によっては参列を見合わせなくてはいけない場合も少なくないと思いますが、故人を偲び弔意を示す方法は、お葬式に参列する以外にもあるので、まずは自分の体調と相談するようにしましょう。

無理をしてお葬式へ参列し体調を崩してしまった場合、周囲へ心配や迷惑をかけてしまうことも想定した上で、お葬式へ参列するかどうかを判断すると良いでしょう。もしも、自分で判断がつかないという場合は、かかりつけの産婦人科医に相談するようにすると安心です。

妊婦の葬式参列で気をつけること

妊婦が葬儀に参列する時は、次のようなことに気を付ける必要があります。

  • 亡くなられた方の身内の人に妊娠中ということを伝えた上で、参列しても可能かの確認をする
  • 一緒に参列する人に妊娠中ということを伝える
  • お葬式に参列する準備をしていても、体調の変化を感じたらすぐに参列を取りやめる
  • つわりの時期は、お線香のニオイなどにも敏感になるので、具合いが悪くなることを想定する
  • 臨月の場合は、できるだけお葬式への参列は見合わせる

妊婦の体調は、今現在の妊娠期によっても日々変化があるものです。安定期に入っている場合は、妊婦だからお葬式の参列はと悩む必要もないかもしれませんが、つわりや流産の危険のある妊娠初期と、いつ出産を迎えるかわからない臨月の時期には、充分検討した上で決めることが大切です。

妊婦の葬式参列は、地域やその土地の習性によって参列できないこともある

基本的には、妊婦がお葬式への参列を拒まれるということはありません。しかし、地域やその土地の風習によっては参列できない場合もあるようです。

妊婦の参列が拒まれる理由は、妊婦への体の負担を考えての配慮と、昔から言い伝えられている迷信を心配してのことなので、そのような地域で行われるお葬式の場合は、周囲の妊婦へのお心遣いを受け止めてお葬式への参列は遠慮するようにしましょう。

妊婦のお葬式の参列を良いこととしない地域は、都市圏ではほとんどありませんが、地方では言い伝えられてきていることなので、地方のお葬式の時には、特にその地域の方に確認するようにしましょう。

お葬式への参列を行わない場合の注意点は?

妊娠中のお葬式への参列は、自分の体調を一番に考えて決めることが大切です。
ギリギリまで参列する気持ちでいても急に体調が悪くなることもあるのが妊婦の特徴なので、ギリギリでお葬式の参列を断念するという決断も必要です。

妊娠中に無理にお葬式に参列する必要はありませんし、誰も参列しないことに対して悪くいうことはありません。
葬儀に参列できない場合は、弔電を打ったり、供花やお香典、お悔やみ状を送るなどして弔意の気持ちを伝えるようにしましょう。

服装のマナー

妊婦がお葬式へ参列することを決めた場合、次に気になるのが服装ではないでしょうか。妊婦の体型は、妊娠の周期によって大きく違いがあり、妊娠中期以降は、いつもの喪服を着用するのは難しいでしょう。そんな時、何を着てお葬式に参列するのが良いのか、失礼にならない服装のマナーも含めて説明していきたいと思います。

服装は喪服が必須ではない

お葬式へ参列する時の服装は、まだお腹が目立たない時期の場合は、今持っているブラックフォーマルの喪服で大丈夫です。ただし、お腹まわりを締め付けることのないゆったりとしたデザインのものを着用するようにしましょう。

お腹が大きくて今持っている喪服を着ることができないという場合は、妊婦専用のブラックフォーマルを用意して着用するか、光沢のない黒や紺のカラーの服装で参列しても全く問題はありませんし、失礼にあたることはありません。特別なものを用意しなければならないというものではないので、色とデザインだけ配慮するように心がけましょう。

靴は黒い色であれば問題ない

お葬式に参列する時の靴は、できるだけかかとの低いシンプルなデザインの光沢のない黒い靴を用意するようにしましょう。また、お葬式の席では寒いことも予想されますので、ストッキングではなくタイツを着用し、下半身を冷やさないような工夫をすることも大切です。タイツはごくシンプルな真っ黒なタイプのものを選ぶようにすると間違いありません。

持参すると安心なもの

お葬式へ参列する時は、服装以外にも持参しておくと安心なものがいくつかありますので、紹介したいと思います。

体を冷やすことがないよう、熱さと寒さの調節が自由にできるように、黒を基調としたストールやカーディガンなどを用意して持参すると安心です。特に夏のお葬式の場合は、会場の中を低めの設定で空調管理されている場合が多いので、季節を問わず何か1枚持参するようにしましょう。

そしてもうひとつ、クッションまたは、ひざ掛けを用意しておくと、座ったままの状態のお葬式の席でも体の負担の軽減となりますので、目立たないような色のものをそっと持参するようにしてはどうでしょう。

最後に、お葬式に参列する時は体調が良くても、いつどこで体調の変化が現れるかもわかりません。もしもの時のために、母子手帳と健康保険証の2つは、常に持ち歩くようにすると安心です。

妊婦がお葬式へ参列する時の風習として小さな鏡をお腹に入れるというものを実践する場合は、お腹の中に収まるサイズの丸い鏡を用意しておくと良いでしょう。

妊婦の葬式にまつわる迷信

妊婦がお葬式に参列するとあざのある赤ちゃんが生まれてくるなど、妊婦がお葬式に参列することにまつわる迷信は、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。この迷信は、地域によって言い伝えられていることに若干の違いがあったり、どの程度の人たちが気にするのかも違いがありますので、お葬式に参列する地域の迷信については、事前に確認しておく方が安心です。

一般的な迷信は「妊婦がお葬式に参列するとあざのある赤ちゃんが生まれてしまう。」というものから、「お腹の赤ちゃんがあの世へ連れていかれてしまう。」などと言い伝えられていて、「妊婦は火葬場に行ってはならない。」「妊婦がお骨を拾うのはいけないこと。」という風に言われています。
どの迷信もこれから出産を控えた妊婦にとっては不安となるものばかりで怖いですね。

迷信から妊婦とお腹の赤ちゃんを守る方法

妊婦がお葬式に参列することで起こる災いの迷信から妊婦とお腹の赤ちゃんを守る方法もまた、迷信として長く言い伝えられています。有名なものは、「お腹に鏡を外向きにして入れておく」という方法です。この方法は、鏡には古来から邪悪なものを払い除けるというパワーを持っていること。鏡が写ったものを反射させるという性質を持っていることから、赤ちゃんのいるお腹の部分に、鏡を入れることで様々な悪影響を跳ね返すことができると言われています。

そしてもうひとつ、鏡と同じような効果を与える方法として、お腹に赤い布を巻くと良いというものもあります。
どちらの方法も、お腹の中の赤ちゃんを目に見えない何かから守るという意味では同じで、長い時間言い伝えられ、どの地域に住んでいる妊婦でも、お葬式に参列する時には鏡や赤い布で赤ちゃんの身を守っている人が多いです。

迷信が生まれたワケを理解しよう

妊婦がお葬式に参列する際の災いに関する迷信が生まれた理由は、多くの人々が抱く死生観からきていると言われていますが、深く調べてみるとそれはあくまでも妊婦と赤ちゃんを守るという意味から生まれたことがわかります。

昔は今よりも妊婦や赤ちゃんが健康に過ごすことが難しく、命を落とすことも多い時代が続いていたことから、妊婦がお葬式に参列することでかかる負担をかけるお葬式に参列することがないよう迷信として言い伝えたという説があります。

その他にも、亡くなられた方が疫病を患っていた場合、お葬式に参列することで妊婦への感染のリスクが高まってしまうため、それを避けるために迷信を利用していたとも言われています。

迷信は怖いものではなく、妊婦と赤ちゃんを守るための方法として言い伝えられてきたものなのかもしれません。

妊婦を気遣う迷信を大切にするために

妊婦とお葬式にまつわる迷信は、あくまでも迷信として言い伝えられていますが、年齢の高い人にとって妊婦がお葬式に参列していると、妊婦とお腹の赤ちゃんの身を案じてしまう人も少なくありません。

故人を偲ぶお葬式という席で、遺族や他の参列者に余計な心配をかけないよう、お葬式に参列したら挨拶を忘れずにすると安心してもらえます。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る