通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

お盆や墓参りの服装や挨拶のマナー

カテゴリー 法事・法要

供花

お盆になると、ご先祖様や亡くなった人が地上に戻るといわれています。ご先祖様や故人を迎え供養する期間であるお盆は、大切な時期になるでしょう。
そんなお盆ですが、ご先祖様に対してや久しぶりに集まる親戚に対して気をつけておきたいマナーがあります。近親者の集まりとはいえ、失礼にならないような服装や挨拶を心がけたいものです。
このような行事で不適切な態度をしてしまうと、他の方へ悪い印象を与えてしまうかもしれません。親戚や知人と挨拶をする機会も多いため、適した服装やマナーを知っておいた方がいいでしょう。

そこで、お盆の服装やマナーについて男性と女性・子供の場合に分けてご説明しますので、こちらを参考にお盆で着ていた服装、または着ていく予定の服装を確認してみてください。
また、お墓参りには着ていけない服装や普段着でもいいケースもありますので、お墓参りをする時の挨拶やマナー、手順も合わせてご紹介します。こちらを参考に、お盆やお墓参りについての知識を深めてみてください。

男性がお盆に着るべき男服装

男性がお盆で着る服装とは、スーツやワイシャツ、ネクタイが基本です。

スーツ

スーツの色は、黒色やグレー・紺色などの落ち着いた色にするといいでしょう。明るい色のスーツやカジュアルな形態は、お盆の雰囲気とは異なるため控えます。
黒色や紺色を基調としたスーツなら、目立たないストライプ柄が入っていても構いません。しかし、基本的には単色で作られたスーツで、柄はない方がいいでしょう。
黒色であっても、光る素材を使っているスーツも控えます。

ワイシャツ

ワイシャツは白色が好ましく、色のついたワイシャツや柄ものは避けるのが無難です。

ネクタイ・靴下・靴

ネクタイや靴下・靴は新盆など正喪服の時は、黒色にします。略喪服で構わない時は、黒色やグレーなどの色にするといいでしょう。
ネクタイや靴下・靴に関しても、派手な柄や光る素材は避けた方がいいです。

 

法事や葬式と比べて、お盆は正喪服にする必要はありません。
しかし、お盆で親戚や知人が集まる機会だからこそ、適切な服装を心掛けます。よって、黒色やグレーのスーツ、白色のワイシャツなどを基本とした目立たない服装にするといいでしょう。

女性がお盆に着るべき服装

女性がお盆の時に着る服装は、スーツやワンピースになります。

スーツ・ワンピース

色は黒色やグレー・紺色などの落ち着いた色です。落ち着いた色であっても、光った装飾が付いているのは避けましょう。
結婚式などのお祝いなら明るい色や光った装飾は可能ですが、お盆には適していないのです。

ブラウス

スーツやワンピースの中に着るブラウスは白色にします。なるべく、柄やフリルなどの装飾が付いたものは控えましょう。

アクセサリー

アクセサリーをつける場合は、白色かグレーのパールにします。派手な宝石がついたアクセサリーは、お盆の雰囲気とは異なるため好ましくないです。
また、ネックレスをつける場合は、一連のものにします。二連のネックレスは「重なる」を連想させるため、お盆などには適しません。

タイツ・ストッキング・靴

タイツやストッキングは黒色やグレーなどの色ですが、ベージュでも大丈夫です。しかし、肌を大幅に露出しない方がいいでしょう。よって、暑い時期であっても素足ではなくストッキングなどを履きます。

靴は黒色などのパンプスで、足先が見えないものにしましょう。

子供がお盆に着るべき服装

お盆で子供が着る服装として、学生服がある場合はそれを着用します。制服がない場合は、黒色やグレーの服にしましょう。スーツを用意する必要はありません。

男の子

しかし、男の子なら黒色やグレーなどの落ち着いたブレザーとズボン、ワイシャツにするといいでしょう。

女の子

女の子はブラウスとスカートもしくはワンピースにし、髪飾りも派手な装飾は控え、地味な色のゴムで結びます。

乳児

乳児の場合は、普段通りの服装で構いませんが、なるべく目立たない色を使った服装にしましょう。キャラクターが印刷された服装は、避けます。

靴・靴下

男の子、女の子ともに靴下は、黒色や紺色・白色などの落ち着いた色で、全体的に派手な柄のものは控えた方がいいです。

靴はスニーカーでも構いませんが、ローファーなどの靴がある場合はそれを履くといいでしょう。

お墓参りにはNGな服装

お墓参りでは、避けた方がいい服装もあります。

アロハシャツ

例えば、アロハシャツは派手な色が多く柄も目立つため、着ることは望ましくありません。アロハシャツは祝いごとなどに着用する方が多く、お盆やお墓参りには適さないです。

タンクトップや半ズボン

タンクトップや半ズボンも避けた方がいいでしょう。お墓参りなどでは、大幅に肌を露出した服装は控えた方がいいとされています。タンクトップや半ズボンは肌の露出があるだけでなく、普段着としてもカジュアルの分類になるでしょう。よって、肌の露出が多い服は、お墓参りに着ない方がいいです。

デニムやジーパン

デニムやジーパンもカジュアルなため、適さないでしょう。また、お墓参りでは派手な装飾や色のものは避けます。例えば、ピンク色や黄色などの服装、光った装飾やラメを使った素材です。

アクセサリー・靴・素材

アクセサリーもパール以外は控えた方がいいでしょう。

サンダルやミュールなどの足先が見える靴、大人ではカジュアル過ぎるスニーカーなども避けた方がいいとされています。

服装の素材として、ファーを使ったものも着ない方がいいでしょう。

普段着でも問題ないケースは?

お盆やお墓参りをする時に、普段着でも構わないケースがあります。まず、親族だけの集まりで法要がない時は、普段着でもいいでしょう。

法要がなく、お墓参りと食事のみならいつも通りの服装でも問題ないです。しかし、親族同士でどのような服装にするか決めておくといいでしょう。

ある家族だけ普段着にしていると、目立ってしまいます。平服でいいと故人の家族から伝えられた時も、普段着に近い服装で構いません。
しかし、平服とはカジュアルな普段着ではないので注意しましょう。あらたまった場でも恥ずかしくない服装になります。

よって、かしこまり過ぎないスーツやワンピースなどにしておくのがいいです。平服でいい場合でもデニムやジーパン、タンクトップなどの適さない服装は避けましょう。
また、派手過ぎる服装やサンダルで素足なども適していないので控えるのが望ましいです。

お墓参りをする際の挨拶のマナー

お墓参り

お墓参りをする際には、挨拶に関してのマナーがあります。

お墓参りの許可をとる

初めてお墓参りをする場合は、無断で行くのはマナー違反です。もし許可をもらっていない状態で親族と遭遇すると、関係性や素性を聞かれる可能性があります。場合によっては不審に思われることがあるので注意しましょう。
最初に、お墓を守っている親族などからお墓参りの許可をもらいます。直接電話を掛けて、挨拶とお墓参りに行きたいことを伝えるといいでしょう。手紙でも構いません。

特に女性の場合は、嫁ぎ先のお墓に入ることが多いので、嫁ぎ先に連絡してから行きます。
電話や手紙で自己紹介をして、お仏壇に線香をあげたいという気持ちから伝えましょう。

日時を決めてから先に家へ行き、仏壇にてお参りをします。故人との思い出などを話し、関係性を知ってもらってからお墓参りに行きたい気持ちを伝えるのが順序です。

故人の家族が同行してくれる場合もありますが状況によって異なるでしょう。
家族の意見を尊重し、お墓参りは控えてほしいと言われたら、控えます。お墓参りに同行してもらった場合は、その場でお礼をして帰ります。
もし、故人の家族が同行しなかった場合は、電話や手紙などでお礼と報告をした方がいいでしょう。
故人の家族から了承を得ることができれば、今後は自由にお墓参りをしても構いません。

お墓参りの時期

お墓参りに行くには、適した時期やマナーがあります。時期なら命日やお盆・お彼岸の頃です。新盆だと故人の家族は忙しくしているので、避けた方がいいかもしれません。その場合は少し経ってからにしましょう。

服装

喪服にする必要はありませんが、落ち着いた服装にします。
男性ならスーツ、女性はスーツやワンピースがいいでしょう。なるべく無地で落ち着いた色の服装にし、派手な装飾は控えます。

持ち物

「御仏前」を包むのも忘れないようにしてください。四十九日までは「御霊前」、お葬式では「御香典」になるので注意しましょう。

数珠も持っていきます。

故人が好きだったものやお菓子などをお供えとして渡すのもいいでしょう。

お墓参りをするときのマナー

お墓参りでは、まずお墓の掃除をします。
水を汲む桶などは用意されているお墓が多いでしょう。しかし、掃除をするための道具は用意されていないこともあるので、ブラシやタオル・スポンジなどを持っていきます。
最初は墓前で合掌し、枯葉など目立つゴミを拾うことからです。墓石には水を付けて、汚れを落としていきましょう。硬いブラシでこすると墓石を傷つけるため、柔らかいブラシやスポンジで磨いてください。

墓石の掃除方法についての詳しい説明はこちら

掃除の後に墓石へ打ち水をします。手桶に綺麗な水を汲み、柄杓で丁寧に打ち水をしましょう。

花立てにお花を供え、水を入れます

お線香の束へ火をつけ、お線香をあげてから手を合わせてお参りしますが、その際に持参したお供え物も置くといいです。お線香の火は口で消さず、手をあおぐようにして消すのもマナーになっています。

お墓参りでの線香のマナーについての詳しい説明はこちら

お墓参りを複数人で行く場合は、故人と親しい人からお参りするようにしましょう。

綺麗に後片付けをして、お墓から出ます。その際には、お供え物は持ち帰り自宅でいただくのがマナーです。お供え物をそのままにしておくと、墓石が汚れる原因になります。また、カラスなどの鳥に食べ散らかされることもあるので、持ち帰りましょう。
お線香は燃やし切ります。供えたお花はそのままで構いません。

お墓参りに必要な持ち物についてはこちら

供花配達レビ
お急ぎの方も当日12時までにご注文にいただけ れば即日配達!各地のしきたりに 合わせたお花 を選ぶなら供花配達レビへ

お盆のときには服装のマナーを意識しよう!

お盆の時には、服装などのマナーを意識することが大切になります。マナーを守ることは、故人やその家族への礼儀でもあるのです。
服装などが不適切だと、その本人も恥ずかしい思いをするでしょう。親族や知人が多く集まる場所でもあるため、マナーには注意した方がいいかもしれません。
また、お墓参りをする際の挨拶やマナーも大切でしょう。これらをしっかりとすることで、故人の家族と今後ともいい関係が築けます。
挨拶や服装などのマナーを身に付け、それを意識するようにしましょう。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る