葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

お盆って?その期間とお墓参りについて

カテゴリー お墓

お盆とは、お盆休みや夏季休暇を連想するかもしれませんね。働き続けた半年の疲れを休めるのも大切ですが、お盆を深く知ることで過ごし方が変わるかもしれません。実は大変意味深く、古来の日本を垣間見ることができる「お盆」を紐解いてみましょう。

お盆とは

お盆とは、端的に言うとご先祖様の霊を供養する期間です。
正式な言い方は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」、インドのサンスクリット語「ウラバンナ」からきています。

お盆は、ご先祖様があの世から帰ってくる期間

お盆はご先祖様が帰ってくるとされ、盆の入りには迎え火を炊いてお迎えします。そして精霊棚を用意し、おもてなしをします。この世の滞在期間が過ぎると、ご先祖様の御霊がお帰りになる最終日、送り火を炊いてお見送りをする一連の行事(儀式)をする期間とされています。

お盆のお供え物として、ナスと胡瓜に割り箸をさしてお供えしているのを見た事がある方も多いでしょう。それも昔からの言い伝えがあります。
「来る時は早く来て頂くように馬に乗り、帰る時はゆっくりお帰り頂くように牛に乗る」、または「ご先祖様には馬に乗って来て頂き、お土産を積んで牛に乗ってお帰り頂く」と言う方もいます。どちらにしても、ご先祖様の乗り物を表現したお供えものだったのです。

お盆の時期・期間

お盆の時期は地域によって違いはありますが、一般的には旧暦の7月15日前後。明治6年以降採用された新暦の8月15日前後の期間を指します。その日に行う儀式や行事も併せ詳しくは、以下の通りです。

8月13日・・盆入り(盆の入り、迎え盆)

・お墓参りをします。
最近の傾向としては、お墓参りは盆入りの日と限ったものではなく、お盆の期間中に行えば良いとされています。しかし、出来ることならお墓をきれいにしてご先祖様をお迎えしたいものですね。
地域によっては、お墓から自宅へ帰宅する際、ご先祖様の御霊を案内する意味で提灯を灯して帰路につくこともあります。
    
・迎え火を灯し、追善供養として精霊棚に飾りつけをします。精霊棚は、地域によって前日から用意する所もあります。
  
精霊棚とは、お盆の期間中だけに設けられる祭壇のような飾りつけをする場所のことです。お盆の期間は、仏壇からお位牌を取り出し精霊棚に置きます。

一般的には、仏壇の前に新たな祭壇を設け精霊棚として、そこにお位牌とお線香立、盆花やお供え物で飾りつけをします。
準備が整ったらお線香をお供えしますが、昔から伝承されている正式なやり方があります。まず、お墓参りの際墓前に供えた蝋燭の火を提灯に移し、家に持ち帰って精霊棚に移してその火でお線香を焚きます。

また、迎え火とは、ご先祖様が迷わず自宅へ帰れるようにという目印の意味があり、正式には玄関の前で、麻の茎であるオガラに火をつけて燃やします。
最近は住宅事情もあり、オガラを燃やす代わりに提灯を使用していることが多いです。

14日、15日・・・中日

盆法要や供養等を行います。
故人が亡くなられて初めて迎える初盆(はつぼん)は、特に重要視され一般的には僧侶やお坊様に来て頂き墓前で法要を行います。
また、お盆の期間に精霊流しや提灯流しをする地域もあります。

16日・・盆明け(盆の明け、送り盆)

送り火を焚いてお送りします。

正式なやり方は、迎え火と殆ど同じです。仏壇にお線香をお供えしその火を提灯に移してお墓へ行きます。墓前では、提灯の火を蝋燭に移しお線香をお供えします。帰宅後は、玄関の前で送り火を焚いてお見送りをします。

ご先祖様は、この送り火でお帰りになると言われています。
現在では、お墓と自宅が離れていることや玄関の前でオガラを燃やすことはなかなか出来ないのが実情ですね。

お盆の由来

お盆の歴史を遡ると、起源はペルシャの祖霊祭である「ウルヴァン祭」と「フラワシ祭」に辿り着きます。また、仏教の聖地であるインドでは、7月15日にウラボンエ(盂蘭盆会)という行事が催されていました。

一方中国では道教による「中元」が行われていました。これらウルヴァン祭、フラワジ祭とウラボンエそして中元を参考に習合して出来上がったのが日本の「お盆」と言われています。

盂蘭盆会とは

お釈迦様の弟子である目連尊者(もくれんそんじゃ)が、餓鬼道(地獄)に落ちた母親を救おうと釈迦の教えに従って、旧暦の7月15日に百味をお盆に盛って修行をした僧侶が供養に努めたところ、無事救うことが出来たという説話から盂蘭盆会が生まれたと言われています。
説話によると、旧暦の7月15日に供養すると現世から7世代先の両親まで救うことができるということです。

この盂蘭盆会の説話は、苦しんでいるご先祖様の御霊を苦しみから解放する供養として行われる行事であり、生きている者が供養をすれば死者を三途の苦しみから救うことができるでしょう。という教えと共に広く知れ渡っていったのです。

日本が最初に盂蘭盆会を行ったのは、606年斎会を催したのが最初で、657年飛鳥寺で盂蘭盆会が行われたとされています。また、733年には宮中でも盂蘭盆会が催されています。それ以降、宮中行事の一つとして定期的に行われるようになりました。

道教の中元とお盆の関係

中元とは、道教の年中行事が由来とされているもので、中国の上元(旧暦の1月15日)、中元(旧暦の7月15日)、下元(旧暦の10月15日)、三元の一つです。また、三元にはそれぞれに龍王の孫とされる神様が居らして、上元には天官賜福大帝(てんかんしふくたいてい)、中元には地官赦罪大帝(ちかんしゃざいたいてい)、下元には水官解厄大帝(すいかんたいてい)合わせて「三官大帝」と称されています。

それぞれの神様のお誕生日が上元は旧暦の1月15日であり、中元は7月15日、下元は10月15日だったのです。そしてお誕生日にはお供え物をしてお祝いをしたのです。

中でも中元である7月15日は、仏教行事の「盂蘭盆会」が行われる日でもあることから、盂蘭盆会の「盆」の字を取って「お盆」の日となりました。

「お中元」の風習は、道教の中元が由来だった

今でもある「お中元」の風習は、すでに日本にあった盆礼と中国の中元に行われる行事と考え方が合体したものと言われています。
中元(旧暦7月15日)の頃になると、日頃お世話になった方々へ贈り物をすることから、「中元」の名をとって「お中元」という言葉と同時に風習が根付いていったとされています。

江戸時代には、お盆の季節である中元(旧暦7月15日)時期になると先祖へ供物を捧げると共に、お世話になった方々へ贈り物をする風習があったと言われています。

お盆は、エネルギーが満ちる満月の日

日本では、仏教伝来以前から先祖供養や神事が行われていました。そのひとつとして満月に因んだ行事があったようです。
満月の日はエネルギーの満ちる日としてお祭りをしました。ちょうど満月の日に当たるのが旧暦の1月15日だったことからお正月のお祭りの日となり、約半年後の満月の日7月15日をお盆のお祭りをする日となったといわれています。各お祭りには、ご先祖様をおもてなしする意味もあり、ご先祖様の御霊をお迎えする儀式が含まれていました。

その頃からすでに、満月の日にはご先祖様があの世から地上へ戻られるとされお迎えの準備をする儀式が行われていたのですね。
また、ご先祖様の御霊はお正月には新しいエネルギーを、お盆には穀物の実りをもたらすといわれ、先祖供養の他収穫豊穣を祈る儀式でもありました。

お盆の墓参りのマナー

お墓が寺院にある場合は、まずご本堂へ行きお参りをします。
もし普段は素通りしてしまう無縁墓があれば、年に1回のお盆の時は手を合わせるのもいいですね。

そしてお墓の前に来たら、まず隣のお墓にご挨拶をする気持ちで手を合わせます。
さて、これからはご自分のお墓参りの始まりです。
順を追ってお墓参りのマナーをご紹介していきます。

  1. 参拝する前にお墓のお掃除をします。
  2. 事前にお掃除を済ませている方は、簡単にタオルで拭く程度でよいでしょう。普段は縁遠いお墓参りという方は良い機会です、しっかりお掃除をしましょう。お墓周りも汚れや埃、落ち葉などがあったら掃除をしてきれいにします。
    花立てに古い花があったら捨てますが、この時期は故人のお知り合いの方等すでにお参りをしている場合があります。新しい供花は、折角お供えして下さったお花です。お気持ちを無下にしない為にも捨てずにそのままにしておきましょう。

  3. お墓とお墓周りがきれいになったところで、花立てに水をいれて持参した花をお供えします。
  4. 供水といわれるくぼみにお水を注ぎます。
  5. 最近は、ここまでする方は稀ですが、古来よりの「水手向け」をします。「しきみの葉」を供水に浮かせて、次いでそのしきみの葉を使って墓に水を掛けます。
    しきみの葉があれば1度やってみてはいかがでしょう。

  6. 線香に火をつけてお供えします。
  7. 手を合わせ、心を込めて合掌をします。

その他覚えておきたいマナーとして、

  1. 参拝者が多い場合は、故人と縁の近い方や深い方の順番で行います。
  2. お供え物は持ち帰ります。
  3. 最近はカラスの被害等からお供え物は持ち帰る規則になっている所が多くなっています。分からない時はお墓の管理事務所等で確認してみるとよいでしょう。

  4. 初盆以外は服装に拘りはありません。むしろお墓の掃除をするので動きやすい恰好がおすすめです。初盆の場合は、親戚の方々も集まり墓前で僧侶の法要があります。喪服が基本になります。
  5. どうしてもお盆の期間にお墓参りができない時は、お盆の後より前に行く方が良いとされています。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る