通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

お盆の入籍は縁起が悪い?

カテゴリー 法事・法要

花

入籍日がお盆にかかってしまって、親族に反対されたという経験がある方もいるのではないでしょうか。
一生のパートナーと話し合って決める大切な入籍日。お盆ということで縁起が悪いなどと言われると、とても気になるものです。
確かに、昔から縁起が良い・悪いと言われている日はあるので、もし気になるのならできる限り無難な日を選んだ方が気持ちが良いものです。
ここでは、お盆を含め入籍に適した日・適さない日をまとめてみました。

お盆に入籍は縁起が悪いの?

お盆は、日本では一般的にお墓参りをする期間とされています。日本独自の風習として、このような期間におめでたいことは避けた方が良いという考え方が残っているので、入籍なども快く思わない方もいるのは確かです。

それでは、縁起を担ぐならお盆に入籍を避けた方が良いのでしょうか。
厳密に言えば、そのようなことはありません。そもそもお盆というものは、あの世からこの世へご先祖様の霊が戻ってくる期間と考えられています。大切なご先祖様を家で盛大に迎えることを第一に、他のことは控えましょうということです。

この時期は、墓参りや仏壇に備える料理をこしらえたり忙しい家庭が多いのでそれどころではないと考える人も多く、またご先祖様を気持ち良く迎えたいという日本人ならではの優しい気遣いが風習として残っていると言えるのではないでしょうか。

最終的には入籍する本人同士の判断になりますが、近親者が亡くなっている場合やお盆の帰省などの事情を踏まえた上で決めましょう。

お盆以外の人気のない入籍日は?

お盆以外に、入籍日で人気がない日があります。
歴の中で日本で有名な六曜のうち、仏滅と赤口の日は避けた方が良いと言われています。あと、土用の日です。

【仏滅】
特に仏滅は、入籍や結婚式などのお祝い事には一番凶とされている日で、「仏も滅するような日・物滅として物を失う」という意味があり、慶事だけでなく取引や勝負事にも向かない日とされます。

【赤口】
赤口は、赤が死につながる火や血などを連想させることから、昔から縁起が悪いとされてきました。
また、神様の部下である赤舌神(しゃくぜつしん)という鬼が人々を悩まし、やることなすこと凶となると言われます。

【土用の日】
意外に知られていないのが土用の日です。この日はもともと東洋の暦で立春・立夏・立秋・立冬の季節の変わり目の前の18日間を指し、土の気がたっているので五黄殺と同じくらい凶作用を受けてしまうとされます。
毎年の暦で多少変わりますが、だいたい春の土用は4月17日から5月5日ごろ、夏の土用は7月20から8月6日ごろ、秋の土用は10月20日から11月6日ごろ、冬の土用は1月17から2月3日ごろです

縁起の良い(人気のある)入籍日は?

入籍に縁起が悪い日がある一方で、縁起が良いと好まれる日もあります。
中でも、六曜の大安は良く知られていますが、その他にも天赦日母倉日・一粒万倍日も入籍するのに良い日とされ人気があります。それぞれには、次のような意味があります。

【大安】
大安は、六曜の中でも最も吉日とされている日で、大いに安しという意味があり泰安に由来します。

万事が終日吉なので結納や結婚式に人気があり、入籍にもとても良い日です。

【天赦日(てんしゃにち、てんしゃび)】
天赦日は、1年に5~6回ほどしかない大開運日で、百神が天に昇り天が万物の罪を許す日とされているので、入籍のような新しいことをスタートさせるにはもってこいの日です。

【母倉日(ぼそうにち)】
母倉日は天赦日とともに比較的耳にすることが多い言葉で、母が子を育てるように天が人間を慈しむ何事にも良い日とされ、特に婚姻や入籍関係は大吉と言われます。

【一粒万倍日(いちりゅうまんばいび・いちりゅうまんばいにち)】
一粒万倍日は、一粒の籾(もみ)が何万倍にもなって実る様を表し、大安や天赦日などの吉日と重なると効果が倍増するとされます。1週間に1日ほどの間隔で設けてあるので、吉日と重なる日があれば選ぶ価値が高まります。

 

入籍日は縁起を担いで選ぶカップルが多いですが、誕生日やプロポーズを受けた日などなるべく二人が覚えやすく忘れにくい日・特別に思い入れがある日を結婚記念日として選ぶ人もいます。

入籍日したい日が仏滅と重なってしまったら…

男性悩む

六曜の一つである仏滅は、仏様が滅するほどの大凶日という意味を持っており、縁起が悪い日として婚礼や入籍などのおめでたい日には避けることが多いです。
ただ、この六曜は6日に一度はやってきますし、仏様とは何の関係もなく科学的に根拠がないものとされ、明治時代には一度廃止された経緯があります。

お坊さんの中には、これまでの物事が整理されて新しくスタートを切る日と前向きな解釈をする人もいるほどで、気にしなければ仏滅に入籍をしても凶事には一切関係ありません
ただ、親や同じ世代の親類など気にする人がいるかも知れないので、目上の人への配慮として相談をしてみると良いでしょう。

まとめ

日本には、入籍や婚礼に良い日・悪い日が風習的にあります。
大切な二人の結婚記念日になるということで、できるだけ良い日を選びたいと考えるカップルが多いのも分かります。一方で、縁起が悪い日も科学的根拠はなく気にしないという人もおり、思い入れのある日や誕生日などに入籍をする人も増えています。
入籍日は自由に選べるので、良い日取り・悪い日取りを知っておいて損はしませんが、一番大切なのは二人の気持ちなので、十分話し合って決めることが最も大切です。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る