葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

法事、法要、葬儀。お布施の金額相場っていくらぐらい?

カテゴリー 葬儀費用

お布施に必要な費用について、相場というものは、存在するのでしょうか。そんな皆さんの疑問にお答えすべく、地域別のお布施の相場や平均金額から、葬儀・通夜、初七日や一周忌などの各法事・法要に関するお布施の相場、更にはお布施金額を抑える方法について紹介します。

全国の地域別お布施の相場/平均金額

まず、御布施とは、お経に対する謝礼や対価という考えではありません。
お寺様に法施(ほうせ・ほっせ)を頂き、法施に対し布施を施す。その御布施はお経を頂いたお坊さん、もしくは僧侶へ渡している感覚ですが実際はそうではありません。

御布施はご本尊に捧げるものになります。ご本尊へ捧げられた御布施で寺院の維持・活動を行うことでご本尊をお守りしていることとなります。ご本尊を守るための御布施ですが、何かに対する対価ではありませんので、金額に決まりはありません。又、お金を入れる封筒の表書きは必ず”御布施”となりますので注意しましょう。

人によってお金に対する価値観は違いますので各々の門徒もしくは檀家ができる御布施でよいとされていますが、「いくら包めばよいか」など目安がないので、どのお葬式でも悩める疑問です。
それでは、全国のお布施の平均や、地域の相場を見ていきましょう。

通夜/葬儀のお布施の金額相場

全国の通夜/葬儀の御布施の平均は約55万円となっています。
しかし全国の平均と言っても各地域でも御布施の平均があります。

まず、北海道や東北地方の御布施の相場は15万円となっています。
関東地方・近畿地方は20万円。
中国地方・四国地方・九州地方は15万円。

これまで記した御布施の金額はあくまでも読経料と捉えてください。この他にも、宗派によっては戒名料。土地柄によっては御車料と御膳料が必要となる場合があります。

御車料と御膳料は5000円~1万円がどの地域によっても相場になります。戒名料についてはお寺によって10万円~100万円と開きが大きくなります。亡くなった方の知名度によってはそれ以上に、戒名料が必要となるケースが多いです。

そして、都市部に見られる傾向ですが、その時限りのお付き合いのお寺を葬儀社が紹介してくれるケースもあります。この場合は地域の相場より安くなる傾向があります。「ただお葬式が終われば良い」という方には打って付けのお寺様です。しかし、その後の初七日から四十九日などの仏事を行いたいと思う方は、菩提寺を見つけなければなりません。

菩提寺を見つける場合は、今後、菩提寺を支える為に菩提寺の寄付に答えたり運営の手助けを求められたりと新しい関係を築かなければなりません。菩提寺を決める時にはしっかりと考えて決めましょう。

法事/法要のお布施の金額相場

法事・法要の御布施の金額は、3万円~5万円が多いです。
法事・法要の御布施の金額については地域によって宗派によってあまり差はありません。

法事・法要を執り行うということは先祖代々、そのお寺様とのお付き合いがある場合が多いですので、両親やご親戚にそのお寺様の相場を聞くのも良いでしょう。最近では、御布施の金額の一覧表を作成しているお寺様もあるようです。もしお話ができるタイミングがあれば聞いてみるのも良いでしょう。

もう一つ気になるのが法事に出席する際の御香典の金額です。法事を執り行うのに準備するものが(料理)(引き出物)になりますが二つを足すと大体1万円前後になりますので、御香典の金額は1万円か2万円が良いでしょう。御香典の渡し方は御仏前に供えるのではなく施主に直接手渡しすることがマナーです。「御仏前へ、お供えしてください」と一言添えると良いでしょう。

初七日

亡くなってから初めて迎える法要が初七日になります。
最近では葬儀式の後に続いて初七日法要が執り行われることが多いです。理由は、葬儀で集まった家族・親族がもう一度初七日に集まることが大変という理由が大きいです。また、初七日の日にちの数え方にも理由があります。

初七日は亡くなった日を入れて数えます。例えば6月1日に亡くなりますと初七日は6月7日になります。1日に亡くなり2日通夜、3日葬儀となると、初七日はすぐにやってきます。注意していただきたいのは地域によっては初七日法要を葬儀と一緒に執り行わない所もあります。

初七日を一緒に執り行う事を希望するのは遺族ですが、執り行う事を決めるのはお寺様だからです。まずは葬儀社に聞いてみることをお勧めします。もし、葬儀と一緒に執り行わなかった場合は、お寺に出向いて初七日法要を執り行いましょう。

四十九日

その後、1週間ごとに二七日、三七日、四七日、五七日、六七日と続き、七七日が四十九日となり、初七日から四十九日の間を中陰と呼びます。初七日から四十九日の期間をかけてあの世に向かうと言われています。その七日七日を無事にあの世へ行くことができるように供養します。四十九日で忌明けを迎えます。

しかし、浄土真宗では亡くなってからすぐに浄土へ行けます、どのような方でも阿弥陀如来様が救ってくれるという教えなので中陰の期間は故人を偲ぶものとなります。

四十九日の執り行い方も地域で様々です。まず、「どこまでの親族を四十九日法要への出席を求めるか」で悩まされることとなります。出席を求める親族には決まりはありませんが、いずれ悩まされることとなりますので早めに考えましょう。

執り行う方法は、①お寺様を自宅に呼び、その後自宅で会食。 ②お寺で四十九日法要を執り行い、料理店にて会食。という方法が多いです。またこの時に引き出物やお菓子を渡すことも多いので、品物の手配と品物を入れる袋も忘れないようにしましょう。

納骨

納骨は四十九日法要に行うことが多いです。しかし、必ず四十九日に納骨をしないといけない訳ではありません。
法律でも納骨をしなければならないと定められている訳でもありません。四十九日法要で納骨を執り行うかというと、「家族・親族が集まっているから」という理由が大きいです。極端な話をすれば、家族葬で葬儀を行い、親族の存在がない場合は火葬場からの帰りに納骨しても構いません。

一般的な納骨の流れは四十九日法要を執り行い、そのままお墓に向かいお寺様に納骨式(御布施の金額は3万円~5万円)を執り行い納骨を済ませます。

地域によりますが、納骨する際に石材店の立ち合いが必要な場合があります。(石材店でないと納骨堂のドアが開けられないなどの理由)また、納骨堂の管理者の立ち合いも必要となる場合もあります。(納骨堂に鍵がかけられているなどの理由)事前に確認をして前もってお寺様、石材店、納骨堂の管理者に連絡を取っておきましょう。

また、お墓の隣に先祖代々の名前が彫刻している石があります。こちらを墓誌 法名碑 戒名板などと呼びますが、墓誌に名前を彫刻することも忘れないようにしましょう。

初盆

亡くなってから初めて迎えるお盆を「初盆」(はつぼん)「新盆」(にいぼん)と呼びますが、呼び名は地域で違うようです。

初盆の期間は地域によって違います。7月13日~15日に行う地域と、8月13日~15日に行う地域の大きく二つに分かれます。現在では7割ほどが8月がお盆と認識しているようです。

初盆の準備は四十九日法要と同じく、お寺様・会食・引き出物の手配が必要です。それ以外の準備が仏前に飾る提灯や、盆棚、精霊馬(茄子やキュウリで作った馬のこと)、送り火、迎え火の準備があります。精霊馬にはご先祖様が帰ってくる時に馬に乗り、牛には荷物を引かせる意味があります。

送り火、迎え火は提灯に灯す火をご先祖様に例えて自宅に連れて帰るという意味があります。これらの準備も地域によって違うようです。実家が遠い方は実家の近くのご親戚に確認を取った方が良いでしょう。

地域の習わしも関係ありますが、初盆には宗派も関係があります。
浄土真宗は霊という考えではありませんので、霊を迎えにくと考えられている送り火迎え火、牛に荷物を引かせ、ご先祖様が乗る馬の精霊馬も必要ないとされています。

一周忌

1周忌は亡くなってから満1年で行う法要です。四十九日、初盆を執り行っていますので、1周忌になると法要の段取りに慣れてきているはずです。1周忌の準備にはお寺様、会食、引き出物の手配が必要です。

1周忌を過ぎますと来年には3回忌が巡ってきます。それまでお墓参りやお仏壇に手を合わせる機会がないわけではありません。お盆の時期はもちろんですが、彼岸の時期も忘れてはなりません。彼岸の時期は春の春分の日、秋の秋分の日の両日を中日として前後3日を合わせた7日間となります。彼岸の時期もご先祖様に感謝する良い機会です。

三回忌

3回忌は亡くなってから満2年で行う法要です。
ここで戸惑うのが2回忌ではなく3回忌なのかというところだと思います。年忌は数え年で数えます。数え年とは生まれた時を0と数えず1と数えます。そして以降元旦を節目に数えていく方法です。

はるか昔、日本では数え年が普通でした。しかし、1902年12月22日に施行された「年齢計算ニ関スル法律(明治35年12月2日 法律第50号)」から満年齢を使用するようになりました。
3回忌の準備はこれまで同様、お寺様、会食、引き出物の手配になります。1周忌を終えた後、ホッとしますが、その記憶を忘れる前に3回忌の準備に取りかかっても良いかもしれません。

七回忌

7回忌は前述通り数え年になりますから、亡くなってから満6年目になります。
7回忌になりますと、これまで大々的にご親戚に声をかけてきたと思いますが、声をかける関係が縮小する家庭もあるようですし、6年が経過しているので、これまで元気で出席してくれた叔父・叔母が元気ではなくなったという話もあり、必然的に縮小したという結果もあります。

しかし、声をかけないのも失礼かもしれません。「7回忌を執り行いますが、皆様の体調を考えて家族のみで執り行います」という言い回しも良い場合もあります。家族だけで執り行う場合は必要ありませんが、ご親戚が出席するならば、これまで通りお寺様、会食、引き出物の手配が必要です。

お盆

初盆の時と同様まで大掛かりなお供え物は必要としませんが、ご先祖様を迎えるために気持ちのこもった準備は必要です。
初盆で準備した提灯、精霊馬などを準備します。13日にお墓参りを済ませた後、そのローソクの火を提灯に移し自宅に帰り、お仏壇のローソクに火を移します。

15日にお仏壇のローソクの火を提灯に移し、お墓まで行き、送り火迎え火の終了となります。
しかし、浄土真宗は霊という考えはありませんので、必要ありません。初盆は亡くなった方を偲びましたが、お盆はご先祖様に感謝する時。ご先祖様あっての今の暮らしです。ご先祖様に感謝しながら静かにお盆を過ごしましょう。

宗派によってお布施金額の相場に違いはある?

宗派によってお布施の金額は変わります。また、同じ宗派でも地域によって違います。
それ以上に御布施の金額に違いがあるのが戒名料です。戒名料は位によって金額が異なりますが、30万円~100万円、それ以上の戒名料がかかる場合もあります。

浄土真宗は戒名料は必要ありません。浄土真宗は法名といい、葬儀を頼めば法名がいただけます。浄土真宗でも位の高い法名が欲しい方は、院号をつけていただけますので、葬儀社か菩提寺にお尋ねください。

お布施金額を抑える方法

菩提寺がある方は率直にお寺様にお願いをすることが良いでしょう。

最近では葬儀をお願いすると先に金額表を渡されるお寺もあります。しかし、葬儀は盛大に執り行い、御布施だけ金額を抑えることはできません。また、御布施の金額を訪ねても教えてくれないお寺様もあります。実際に少ない金額を包んだ場合に、後で催促や「少なかったですよ」と連絡が来るかどうかはわかりません。しかし、菩提寺があるということは、今後の法事・法要でお寺様と会いますので、関係がこじれてしまうのも困ります。御布施の費用に困るのであれば率直にお願いすると良いでしょう。

菩提寺がない場合、葬儀社にお願いして御布施の金額が少ないお寺様を紹介してもらうことが良いでしょう。御布施を抑えたい場合、菩提寺がない場合が話が早いです。

まとめ

いかがでしたか?全国の御布施の相場や、地域の御布施の相場には違いがあることが良くわかりました。

一昔前は、御布施の金額はわかりずらい事が多かったです。お寺様もはっきり言ってはくれないし、葬儀社も金額を言ってしまっては後でお寺様とトラブルになる可能性もあるので教えてくれませんでしたし。
しかし、最近ではお寺様が御布施の金額表を準備していてくれたり、「うちの寺はいくらからです」とはっきり教えてくれることも多くなりました。

いつかは迎えるお葬式。お世話になった大切な人へのお礼の意味も込めて、あなたの記憶の1ページに残るような後悔のない良いお葬式にしましょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る