通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

お墓はいらない、持たない、作らない人におすすめの供養方法

カテゴリー お墓

樹木

これまで、先祖が眠っているお墓は遺族や親族で管理・維持することが一般的でした。しかし、少子化や核家族化などが進む現代社会において、子どもたちがお墓を受け継ぎ、管理や維持し続けることは難しい時代になりつつあります。

また、お墓に対する考え方や価値観も多様化し、お墓はいらない、持たない、作らないといった考え方が注目されるようになりました。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養方法をご紹介します。

お墓や葬式が不要という0葬という考え方

「0葬(ゼロ葬)」といった言葉を耳にしたことがあるでしょうか?0葬(ゼロ葬)とは、故人に対するお通夜や葬儀を行わないことをいいます。

0葬を選択した場合、火葬だけ行い荼毘(だび)に付されたのち、遺骨は火葬場に処理してもらいます。この他にも、遺骨の処理については永代供養や自然葬(樹木葬)、散骨といった選択肢がありますが、各自治体の「火葬場条例」により、ある程度選択肢が限られているのが現状です。
0葬は全国各地で必ずしもできるというわけではありませんが、必要であれば各自治体や葬儀場などに問い合わせてみるとよいでしょう。

また、0葬の選択をした場合、これまで遺骨を埋葬する場所として存在していたお墓が不要となります。
お墓を建てるとなると、お墓の永代使用料や墓石の価格など、あわせて約200万円(全国平均)ほどかかります。葬儀を執り行った場合の費用(全国平均の200万円)と合わせ、故人を供養するための費用は、トータルで約400万円ほどかかるのが一般的です。

また、お墓を建てれば、お墓の維持お寺への管理費といった費用も継続的に支払わなければなりません。
0葬はコストの面で遺族や子孫に金銭的な負担がかからないという点で大きなメリットといえ、近年、残された家族のことを考え、生前から0葬を希望する方が増えてきました。

お墓を作る意味と、お墓を作る事で生じる問題点

家族を亡くし、落胆している遺族が故人を偲び、心のよりどころとなっている場所がお墓です。お墓参りを重ねることでその哀しみから徐々に気持ちが癒され、故人のいなくなった日々の生活に慣れていくのですが、同時に遺族はお墓の維持や管理をしていかなければなりません。

お墓はその家の先祖が代々永眠している場所です。一般的に家の跡継ぎが財産とともにお墓の維持・管理も引き継ぐことになります。

しかし、少子化、核家族化、非婚化が進んだ今では、お墓を作ったものの、お墓の跡継ぎがいなかったり、仕事の都合でお墓が遠方になってしまったりと、管理ができず荒れ果ててしまうお墓の数は少なくありません。非婚者や子どもがいない家庭も増えつつあります。お墓をつくることが必ずしも最善とはいえなくなってきました。

お墓はいらない・不要な人の供養方法

樹木葬

では、お墓は「いらない、作らない」と考えて、0葬を選んだ場合は遺骨をどうするのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

永代供養(納骨堂など)

「永代供養」とは、寺院や霊園に一定の金額を納めて遺骨を預かってもらい、供養や管理を行ってもらう埋葬方法です。
0葬の供養方法として注目されていますが、100万円単位の費用がかかることが多く、また、実施している施設がほとんどお寺ということから、宗教的なことも含め利用者は自然と限られてきます。ちなみに、永代供養といっても、遺骨の安置に期限を設けているところが多く、33回忌までとしているお寺が多いようです。

また、遺骨を骨壺に入れ、ひとつの建物の中にたくさんの納骨スペースを備えている「納骨堂」といった施設もあります。大半はお寺が運営していますが、自治体が運営する公営納骨堂や宗教法人・財団法人・社団法人が運営する民営納骨堂もあります。
納骨堂に遺骨を預かってもらう場合、たとえお寺が運営していたとしても、檀家になったりお布施をする必要はありません

一方、公営納骨堂については応募条件があることが多く、抽選になる場合も多いようです。

散骨(海洋散骨など)

近年、自分が亡くなった際の遺骨を海や山などに撒く「散骨」を希望する方もみられるようになりました。
より自然に近い埋葬方法として注目され、あとあとの管理が容易である、コストの面においても遺族の負担が少ないといったメリットがあげられます。
しかし、日本ではまだ、散骨できる場所が限られており、
無断で遺骨を山や海へ撒くことはできません。死体遺棄の罪に問われるのが現状です。

散骨についての詳しい説明はこちらをご参照ください

自然葬(樹木葬など)

散骨と並び、自然葬として「樹木葬」といった方法も取り上げられるようになりました。
散骨したところに樹木を植えたり、既に存在している樹木の周りに散骨したりと、樹木がお墓の代わりとなるのが特徴です。その後の管理といった点ではお墓ほど手がかからず、遺族が気軽にお参りでき、心のよりどころがあるといった点で樹木葬のメリットは大きく、近年注目され始めてきた埋葬方法です。

しかし、地域によって埋葬できる場所や樹木葬を行っているお寺や霊園は限られているため、希望したとしても必ず実現するとは限りません。また、自然葬はあとから分骨することができないため、遺族間で同意を得てからでないと思わぬトラブルを招くことも。生前親族でよく話し合って決めておくことが大切です。

樹木葬についての詳しい説明はこちらをご参照ください

手元供養(ミニ骨壷など)

ここまで、遺骨はお墓に納めるか、またはそれに準ずる方法で遺骨を埋葬する方法をご紹介してきました。しかし、そもそも遺骨は絶対に埋葬しなければならないと法律で決まっているわけではありません。自宅で遺骨を保管し、供養するといった「手元供養」という選択肢もあります。
この場合、遺骨を骨壺に納め、白木の箱に入れたら風呂敷に包み、自宅で保管します。都心部の住宅事情にあわせ、場所をとらないミニ骨壺に分骨し、保管する方法も需要があるようです。

手元供養についての詳しい説明はこちらをご参照ください

ベスト仏壇
人気の仏壇【送料無料】、どこよりも低価格・ 格安で案内しています。 『仏壇は15,800円』 からご用意!

まとめ

今回、お墓の必要性とさまざまな埋葬方法をご紹介しました。時の流れとともに、お墓に対する考え方も変わります。選択肢が広がってきた現代では、自分や残された遺族に合った埋葬方法を選ぶことが容易になりました。

大切な家族へ最後に行う思いやりの気持ちの表れが、お墓がいらない、作らないの選択肢なのかもしれません。まだ新しい供養の方法ですので、家族や親族において受け入れ難いと感じる方もいるかもしれません。0葬を考えている方は、生前、家族や親族とよく話し合い、お互いが納得した上で執り行うことが重要です。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る