通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

お墓参りに必要な持ち物は?

カテゴリー お墓

お墓参り

お墓は、故人やご先祖様とこの世にいる私たちを繋いでくれる場所になります。
そのお墓に訪問することを「お墓参り」と言い、日本だけでなく世界中どこの国でも共通して、大切なこととされています。

では、お墓参りに行く時には何を持って行けば良いのでしょうか。
お墓参りに行く機会が少なかったり、両親に任せっきりになっていることで、何を持っていけば良いのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

お墓参りでは、ご先祖様を供養し、故人と話をすることに加え、お墓を掃除することも大切なことになります。そのため、持っていく物も、供養に使う物だけではなく、掃除道具も必要になってきます。

こちらでは、お墓参りで必要な持ち物についてご紹介していきます。
また、紹介した持ち物は、チェックリストとしてまとめていますので、忘れ物防止として、ぜひ、活用してください。

お墓参りに持っていく物

一般的に、お墓参りでは、持っていく物と寺院や霊園で借りられるものがあります。
管理者のいる寺院墓地や霊園墓地では、ひしゃくや桶、掃除用のバケツは準備されているところが多くあります。事前に確認してから行かれると良いでしょう。

なお、持参する物の中にも、前日までに準備が必要な物と、当日、寺院や霊園もしくは周辺で購入できる物があります。 お墓参りで忘れ物をしてしまった場合、再びお墓を訪れることになることもあります。

気持ちよくお墓参りをするためにも、忘れ物には気をつけましょう。
なお、こちらの記事内にチェックリストがありますので、ぜひ、活用してください。

供養編

お墓参りの目的は、ご先祖様を供養したり、故人と話をしたりすることです。
そして、供養をするために必需品とされている物があります。
こちらでは、一般的に必需品とされている物についてご紹介します。

お花

墓前に供えるために、持っていきます。
一般的に生花となります。お花の種類には特に決まりはありませんので、故人が好きだったお花を持っていかれると良いでしょう。ちなみに、人気のあるお花は、菊などの傷みにくい、日持ちする仏花となります。
持って行くお花の量としては、花立ての数分の仏花となります。一般的に、お墓の花立ては対になっています。その場合は、同じ束を2組準備します。

気をつけることとしては、お花を前もって準備してしまうと、傷んだり、しぼんだりすることがあります。できる限り、お墓参りの直前に購入されることをお勧めします。

なお、寺院や霊園によっては、鳥や小動物が荒らすことを防ぐために、造花と決められている場合があります。事前に確認して持って行くことをお勧めします。

お線香

お線香を持って行く時には、線香の束をバラさずに、束のまま持って行きます。
ご自宅から持参しても良いですが、お墓参り用の束になっているお線香は、寺院や霊園でも販売されていますので、もし、ご自宅に束になっているお線香が無い場合は、利用されると良いでしょう。

束で持って行く理由としては、お参りに一緒に行く方々に分けるためとなります。
気をつけることとしては、墓前にお供えする線香の本数は、宗派によって変わるということです。

ご自分の宗派であれば間違えることはないと思いますが、知人や友人のお墓に行く時には、事前に宗派を確認しておきましょう。
また、地域の慣習やしきたりによっては、束のままお供えする場合もあります。その場合は、地域の慣習に従ってお供えしましょう。

お線香の香りは、仏様の食事とされています。また、お線香の香りは気持ちを落ち着かせてくれ、場所や人を浄化してくれるものとなります。
最近は、たくさんの種類の線香が販売されていますので、故人が好きだった香りのお線香や好きだった色のお線香を選んでお供えしても良いでしょう。

数珠

数珠は、墓前で合掌をする時に使います。
お墓参りの正式なマナーとして、数珠を持参されることをお勧めします。必需品ではありませんが、作法が気になる方は持参されることをお勧めします。

数珠も宗派によって形や球数が異なりますが、知人や友人のお墓参りの際には、ご自身の持たれている数珠を使って問題ありません。

数珠は、墓参りだけでなく、仏教での法要の時には必要な物となります。
また、持っているだけで魔除けとなりますので、日頃から持ち歩くと良いとされています。
お持ちでない場合は、お墓参りを機会に、準備されるのも良いでしょう。

お供え

以前は、お供えする物として、果物や饅頭や羊羹などの生菓子、紋菓子や落雁などが一般的でしたが、現在は、故人が好きだった食べ物や飲み物をお供えすることが多くなっています。

なお、お供えした食べ物や飲み物は、帰る時には必ず持ち帰ることをお勧めします。そのまま放置することで、鳥や小動物が食べ散らかして、お墓やお墓の周りが汚れてしまいます。

ろうそく

線香に火を灯すために使います。
マッチやライターから直接、線香に火を灯すケースもありますが、正式には、マッチやライターから直接火を灯すことはマナー違反とされていますので、できる限りロウソクの火から線香に火を移しましょう。

持参するロウソクに決まりはありませんが、お盆やお彼岸、命日などの仏事の際には、白ロウソクとなりますので、気をつけましょう。

マッチ/ライター

ロウソクに火を灯す道具として、マッチもしくはライターを使います。
マッチとライターのどちらを使うかに決まりはありませんが、マッチを使う場合は、近くに火消し用の水と火を消した後のマッチを入れる容器を準備するなどして、火の始末を忘れないようにしましょう。

なお、風が強い日や雨の日には火がつきにくいことがあります。
その場合は、風に強いターボタイプのライターやお墓参り専用の着火器やカバー付きライターを使うと良いでしょう。

柄杓/手桶

柄杓と手桶は、墓石に水をあげる時に使います。
一般的に、寺院や霊園に準備されていることが多いので、借りる物となります。

菩提寺の場合は、柄杓と家紋入りの手桶を預けている場合もありますので、事前に、僧侶やご両親に確認をすると良いでしょう。

もし、寺院で準備が無い場合は、自宅から持っていきましょう。

掃除編

お墓にお供えをする前にやることとして、お墓の掃除があります。
お墓の掃除も家の掃除と同じで、道具が必要になります。
お墓を掃除する時に必要な掃除道具としては、以下の物があると良いでしょう。

ほうき・ちりとり

墓石周辺の落ち葉やゴミを集めるために使います。
寺院で準備がある場合もありますが、お墓参りの方が多い日には借りることができないこともありますので、念のために持参されると良いでしょう。

バケツ

掃除をする時用の水を入れるために使います。
こちらも、寺院で準備がある場合がありますが、お盆などお参りに来られる方が多い時期に行かれる場合は、念のために持参されると良いでしょう。

スポンジ

墓石の汚れを落とすために使います。
墓石を傷つけないために、柔らかいタイプのスポンジを選びましょう。また、スポンジは、使い古した物ではなく、新しい物を使うことをお勧めします。

雑巾

墓石や燭台、香炉などの汚れを取るために使います。
スポンジ同様、使い古した雑巾ではなく、新しい雑巾を持参されることをお勧めします。

便利アイテム

その他、持っていくと便利なアイテムをご紹介します。お墓の建っている場所や墓石に合わせて持って行くと良いでしょう。

-ハブラシ
墓石に刻まれている戒名など細かいところを掃除する時に便利です。

-洗剤
お墓のしつこい汚れを取る時に使います。一般的な家庭用洗剤を使うと墓石を傷めてしまい劣化につながりますので、墓石専用洗剤や重曹を使いましょう。

-軍手
軍手を使うことで、手の汚れや怪我を防ぐことができます。

-タオル
墓石の水を拭き取る時に便利です。新しい綺麗なタオルを持って行きましょう。

-ゴミ袋
掃除で出たゴミを持ち帰るのに便利です。45L位の大きめのゴミ袋を準備していると役に立ちます。

-シャベル
お墓の周りの土を綺麗に整える時に使います。

-ザル
玉砂利を綺麗にする時に使います。お墓の周りが玉砂利が敷かれている時に便利です。

-鎌
お墓の周りに生えている雑草を刈る時に使います。

-植木鋏
お墓の周りにある木々を剪定する時に使います。

墓石の掃除方法の詳しい説明はこちらをご参照ください

墓ピタ
お墓探しを徹底サポート! 業界最大級の全国7,000件の墓地・霊園の紹介 (情報)サイト

お墓参りに必要な持ち物の疑問

女性疑問
Q.お墓参りの持ち物はいつも同じで良いの?

A.知人・友人としてお墓参りに行く場合やお盆やお彼岸などでは持ち物が異なります。

(知人・友人としてお墓参りをする時)
知人・友人として行く場合は、必需品としては、「お線香」「ロウソク」「マッチもしくはライター」となります。
また、故人が生前に好きだった物をお供え物として持って行くのも良いでしょう。
掃除は家族の方がされているので、掃除道具は必要ありません。

(お盆やお彼岸にお墓参りをする時)
お盆は、一般的にはご先祖様が戻って来られる日とされ、お彼岸はご先祖様とこの世にいる私たちとの距離が一番近くなる日とされ、宗派によって、特別なお供え物をします。
そえぞれ、お供えする物に決まりがありますので、事前に宗派によって必要なお供え物を準備しましょう。

お盆のお墓参りについてはこちらをご参照ください

 

Q.数珠はお参りをする方の宗派に合わせるの?

A.友人・知人のお墓参りをする場合、数珠はご自分の宗派の数珠で構いません。
お墓に行き、故人を偲び、お話をすることが大切なことになります。
宗派の違う数珠で合掌をすることでマナー違反とはなりませんので、安心してください。

 

Q.家族でなくても柄杓や桶は借りて良いのですか?

A.借りても問題ありません。
寺院や霊園に準備されている柄杓や桶は、お墓を訪れた全ての方に使って頂くために準備されている物となります。

ただし、柄杓・桶置き場に名前が貼られている場合や桶に家紋が入っている場合があります。その場合は、専用の柄杓・桶となりますので、お借りすることはできませんので、気をつけましょう。

 

お墓参りの持ち物チェックリスト

まとめ

お墓参りの時の持ち物についてご紹介しましたが、いかがでしたか。
以前は、お墓参りは特別なことではなく、日常的に行っていましたが、昨今は、お墓参りというと、特別な日に行われる行事のようになってきています。

しかし、お墓とは、ご先祖様と私たちを繋いでくれる場所で、思いを馳せたり、感謝の念を伝えたりする場所であり、日常的に訪れて良い場所です。

ぜひ、機会を見つけて行かれてはいかがでしょうか。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る