迎え盆・送り盆はいつ?やり方は?

カテゴリー 法事・法要

お墓
PR
お坊さん手配サービス

夏の年中行事といえばお盆がありますが、そもそもお盆は何のためにあるのかを知らない人も増えてきています。長く続く伝統行事なのですから、ちゃんと知っておきたいところです。
今回は、お盆の意味、迎え盆や送り盆とは何か、いつ行うのか、などについて説明していきます。

迎え盆・送り盆とは?

お盆は、仏教用語の盂蘭盆会からきていて、古代インド語を漢字に当てはめた言葉です。
お釈迦様の弟子とその亡き母親にまつわるエピソードと、日本の先祖信仰が合わさって生まれた行事だとも言われています。
そうした成り立ちから、お盆は先祖を供養するための期間となっており、その歴史も長いです。

まずは迎え盆と呼ばれる行事からお盆は始まります先祖の霊をこの世に迎える儀式です。
仏壇にお供え物をして、迎え火を庭先でたきます。この迎え火を頼りにすることで、迷うことなく先祖の霊はこちらに来ることができるのです。

お墓が家から近い場合はお墓と家までの間に、ちょうちんを並べ道を照らし、それを道しるべとします。この時に、精霊馬といわれるお供え物も用意します。
その後、2日間家に滞在してもらいます。その間は、お供え物を欠かさないようにし、供養をしっかりとします。

翌日のお盆の最後となる日に、先祖の霊をもとの世界へと送ります。
今度は送り火と呼ばれる火をたき、帰り道を照らすことで、迷うことなく帰ることができますこれを送り盆といいます

迎え盆・送り盆はいつ行うの?

近年の一般的なお盆は、8月の15日を中心に考えられています。ですので、8月の13日に迎え盆を行い、先祖の霊を迎え、14日と15日に家に滞在してもらい供養をします。その翌日の16日に先祖を送る、送り盆を行います。

地域によっては旧暦のまま行う場所もあり、その場合は7月の15日を中心に行事を行います。

迎え盆・送り盆のやり方

火

迎え盆や送り盆のやり方は、火や精霊馬といったものを使います。先祖の霊が道に迷わないようにするなどの意味があります。火をたく時間帯は夕方頃が一般的です。

迎え火・送り火についての詳しい説明は「お盆の迎え火と送り火に込められた意味とそのやり方について」をご参照ください。

精霊馬についての詳しい説明は「お盆になすときゅうりで作る精霊馬の意味や作り方、処分方法まで」をご参照ください

ベスト仏壇
人気の仏壇【送料無料】、どこよりも低価格・ 格安で案内しています。 『仏壇は15,800円』 からご用意!

まとめ

迎え盆や送り盆とは何か、いつ行えば良いのか分かりましたでしょうか。
迎え盆や送り盆は、昔から行われている行事で、今も続いている大切なものです。近年、昔ほどお盆を意識しなくなったばかりか、その意味を知らない人も増えてきていることでしょう。
こうして、何時の間にか伝統が失われていくのも寂しいものです。せっかくですからお盆の時くらい、家の歴史やご先祖様、故人に思いをはせるのはいかがでしょうか。

4.47/5 (32)

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-696
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大7万円(税抜)割引
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-696
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.