葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

[お悔やみの言葉]故人との関係性による例文と注意点

カテゴリー 葬儀マナー

弔問時、あるいは弔問に伺えない時、大切な人を亡くした故人の方に対して、どのような「お悔やみの言葉」を、どのように述べれば良いのでしょうか。
「このたびは、ご愁傷さまです。」という基本例文に沿って、関係性、状況に合わせた「お悔やみの言葉」を紹介します。

お悔やみの言葉とは?

お悔やみの言葉とは、故人の死を悼み悲しむ気持ちをこめて、遺された人々に対して述べる言葉のことです。
親戚などある程度遺族と関係がある人であればまだしも、一般の弔問客と遺族がお話する機会は実はあまり多くはありません。

弔問客と遺族が言葉を交わす場面は、通夜振る舞い(遺族が弔問客に対して食事や飲み物を、あるいはお菓子とお茶を提供し、みなで故人を偲ぶ場のこと)を除けば弔問時の挨拶をするときくらいです。弔問には、個人や遺族とゆかりのある、多くの人々が訪れます。

つまり弔問時の、ごく短い挨拶で「お悔やみ」の気持ちを、端的に伝える必要があるのです。長々と話してしまわないよう、自分の立場をわきまえ、端的に気持ちを伝えるためにはポイントを押さえておく必要がありますが、こればかりは慣れるものでもなく、とくに初めての人はどのように声をかければいいか、なかなか分からないものです。

お悔やみの言葉は、故人の死を悼み悲しみ、遺族を慰めいたわるものです。故人との関係性によっては、言葉に詰まってしまう場合もあるでしょう。そういった場合には、「このたびはご愁傷さまでございます」というだけでもかまいません。

ちなみに「ご愁傷様」とは、人の死を悼み、遺族に述べるお悔やみの言葉です。つまり「このたびはご愁傷さまでございます」
というだけで十分、お悔やみの言葉として成立するのです。 本来、「愁」は物悲しさを意味し、「傷」は強い悲しみを意味します。人を亡くすことによる大きな嘆きや悲しみを現す言葉です。

基本的なお悔やみの言葉の例文

ではさっそく、お悔やみの言葉の一般的な例文をいくつか並べてみます。

  • 「このたびは、誠にご愁傷さまでございます。心からお悔やみ申し上げます。」
  • 「このたびは、思いがけないことでさぞかしお力落としのこととお察しいたします。心よりご冥福をお祈り申し上げます。」
  • 「このたびは、本当に残念でなりません。ご家族の皆様、どうぞお力落としのございませんように。」
  • 「このたびは、思いもかけないことで、さぞお力落としのことでしょう。お慰めの言葉もございません。」
  • 「急なお知らせで本当に驚きました。心からお悔やみを申し上げます。」

上記の例文の中で、どれが正解ということはありません。自分の立場をわきまえ、自分の言葉で気持ちを伝えることが大切だとい
えるでしょう。とにかく、短く端的に、気持ちを伝えることは鉄則です。
通夜でお悔やみの言葉を述べることがほとんどですので、突然の訃報で驚いたことや、故人のご冥福を祈る言葉と、遺族への心遣いを伝えましょう。

故人との関係性による”お悔やみの言葉”の例文

どのような「お悔やみの言葉」を述べるのか。それは、“あなたと故人の”、“あなたと遺族の”、“故人と遺族の”、関係性によって、
様々でしょう。

次に、“故人と遺族の”様々な関係性に対し、どのように気持ちを伝えればよいか、どのような言葉を述べればよいか、それぞれ
例文を並べていきます。

夫・妻を亡くされた場合

  • 「このたびは、誠にご愁傷さまでございます。ご主人様のお元気な頃のお姿を思い出すと、悲しみで言葉もありません。
    ご家族様の皆様には、一日も早くお心が癒えますよう、心よりお祈りいたしております。」
  • 「このたびは、誠にご愁傷さまでございます。奥様の急なご不幸、さぞお力落としのことと存じます。旦那様までご心労で倒れることのないよう、心よりお祈りいたしております。」

夫を亡くした方は、長年連れ添った伴侶の訃報に、たいへん心を痛めていることでしょう。また、一家の大黒柱を失った家族の悲しみはたいへん深く、これからのことを考えると、不安も大きいことでしょう。妻を亡くした方には、家事などをする方がいなくなってしまい、慣れない日常生活を前にして、悲しみと共に体調を崩す方が多いといいます。人生の伴侶に先立たれ、一人残される遺族の方の、不安や寂しさを察することが大切といえます。

父親・母親を亡くされた場合

  • 「このたびはご愁傷さまでございます。お父様(お母様)の訃報に接し、驚きと悲しみを深くしております。
    ご家族の皆様の悲しみを思うとお慰めの言葉もございません。一日も早く立ち直られますよう、お祈りいたしております。」

自身の身に置き換えてみれば、親を亡くされた方の不安定な心の状態は、想像に難くないでしょう。あまり悲しみを増長させてしまわないよう、心がけることが大切です。

祖父・祖母を亡くされた場合

  • 「このたびは、ご家族の皆様さぞかしご無念のことでございましょう。お察し申し上げます。私にできることがありましたら何でもお手伝いいたしますので、何なりとお申し付けください。」
  • 「このたびは、悲報に驚いております。ご家族のお気持ちを思うと胸が痛みます。心から哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りいたします。」

やはり親を亡くされた方と同じように、身近な人の死にたいへん心を痛めていることでしょう。遺族の方を労わる気持ちが重要です。

子供を亡くされた場合

  • 「このたびはご愁傷様です。こんなことになるとは本当に残念です。悲しくて胸が張り裂けそうです。ご両親のお悲しみは計り知れないものでございましょう。」
  • 「あんなに元気だったのに、まだ信じられません。どうか気をしっかりとお持ちください。」

故人である子供に対し、その死を悼み悲しむ気持ちはもちろんです。しかし上記の例文にもある通り、子供を亡くした当の両親の悲しみは計り知れません。生前の思い出を少しだけ添えるかたちで、悲しみをあまり強調してしまわないよう、感傷的になり過ぎないよう心がけることが重要です。それ以上に、親身になって寄り添うような励ましの言葉が、より大切だといえるでしょう。

彼氏・彼女を亡くされた場合

  • 「何と申し上げてよいか、言葉もありません。心からお悔やみ申し上げます。私にできる事がありましたら、何でもおっしゃってください。」

彼氏・彼女という、これからのパートナーを亡くした方の気持ちを、理解しようとする、そんな心の支えとなるような言葉がけが重要です。

友人を亡くされた場合

  • 「このたびはご愁傷さまでございます。急なことでお慰めの言葉もございません。心よりご冥福をお祈り申し上げます」

彼氏・彼女を亡くされた方と同じように、パートナーである友人を亡くされた方はたいへん辛いはずです。その心を少しでもほぐすことができるような言葉がけが重要です。また、あなたと遺族の方が親しい場合、

  • 「突然のことで言葉もみつからないけど、大変だったね。私にお手伝いできることがあったら何でも言ってね。」

というような、より親身になった伝え方をするのもいいかもしれません。

上司・部下・同僚を亡くされた場合

  • 「このたびは、思いがけないことでさぞかしお力落としのこととお察しいたします。心よりご冥福をお祈り申し上げます。」

上司・部下・同僚を亡くされた方に述べるお悔やみの言葉としては、上記のような基本例文を用いるのが良いとされています。故人である上司・部下・同僚と、遺族の方がどの程度親しい間柄だったのか、把握しておく必要があります。それに合わせて、述べる言葉も変えましょう。

親戚の方を亡くされた場合

  • 「このたびは、誠にご愁傷さまでございます。心からお悔やみ申し上げます。」

親戚を亡くされた方に述べるお悔やみの言葉としては、上記のような基本例文を用いるのが良いとされています。故人である親戚と遺族の方が、近い親戚なのか、遠い親戚なのか。あるいは、どれくらいの頻度で会っていたのか、どれくらいの期間会っていなかったのか、把握するのもいいかもしれません。

学校の先生を亡くされた場合

  • 「このたびは、思いもかけないことで、さぞお力落としのことでしょう。お慰めの言葉もございません。」

学校の先生を亡くされた方に述べるお悔やみの言葉としては、上記のような基本例文を用いるのが良いとされています。恩師である学校の先生を亡くした方はたいへん心を痛めていることでしょう。相手の気持ちになって、状況に応じた気遣いのある言葉がけが重
要です。

お悔やみの言葉における注意点

遺族との長話は避ける

まず第一に、喪家へは多くの弔問客が訪れます。遺族の方はそれぞれの弔問客への応対や、儀式の準備などに追われているので、長々と話すことは避けましょう。先述しました通り、短く端的に、が大前提です。

遺族に故人の死因を尋ねることは避ける

遺族の方に対し、故人の死因の詳細を尋ねることはたいへん失礼です。遺族の方の心中を察し、純粋に亡くなったことへのお悔やみの言葉だけを伝えるようにしましょう。

重ね言葉は避ける

「重ね重ね」、「まだまだ」、「つくづく」、「いよいよ」など、不幸が重なることを想起させてしまうような言葉は避けましょう。

繰り返しを現す言葉は避ける

「これからも」、「この先も」、「追って」、「続く」など、繰り返すことを想起させてしまうような言葉も避けましょう。

直接的な表現は避ける

生死に対する直接的な表現は避けましょう。例えば、「死亡」、「死去」、「亡くなった」などは「ご逝去」などに言い換え、「ご存命」、「生きていた頃」などは、「ご生前」「お元気な頃」などに言い換えましょう。

不吉な表現は避ける

「死」、「苦しみ」などを想起させる言葉は避けましょう。また、「消える」、「大変なことになる」といった不吉さを想起させる言葉も避けましょう。

電話・メールやラインでも大丈夫?手紙の方が良いの?

電話の優れている点は、やはり、双方向のコミュニケーションを即時性をもって成立させるということです。あなたの伝えたい気持ちを、言葉を、あなたの声で伝えることができます。
数年前までは、メールでお悔やみの言葉を述べるなど非常識だといわれていました。しかし現在、LINEやメールは伝達事項だけなく、気持ちを伝えるツールとして多くの人々に親しまれています。目上のかたや仕事関係の相手には避けた方が賢明ですが、これらを含め、親しい間柄では、きちんとした「形式」以上に、素直な「気持ちを伝える」ことを、重要視するべきでしょう。

手紙でお悔やみの言葉を述べる場合、お悔やみの手紙、お悔やみ状というものがあります。何らかの事情で通夜や葬儀、告別式に参列できない場合、弔問へ伺う代わりとして送るものです。基本的には手書きが良いでしょう。
手紙が遺族のもとへ届くタイミングは弔電よりも遅くなるかもしれませんが、香典を同封して送ることもできます。手書きの場合、あなたの伝えたい気持ちを、自筆の文字に託すことができるというのも大きいでしょう。

まとめ

「お悔やみの言葉」は、“あなたと故人の”、“あなたと遺族の”、“故人と遺族の”、関係性、状況に合った、自分の言葉で伝えることが重要です。自分の立場をわきまえ、相手の気持ちを察し、短く端的に伝えることは言わずもがなです。

きちんとした「形式」を重んじることももちろん大切ですが、何より優先するべきは、素直な「気持ちを伝える」ことです。
万が一の時に備えて、常に感謝の気持ちを持っていれば、自然な言葉が出ることでしょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る