通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

音楽葬で最後の別れを。思い出の曲で偲ぶ葬儀とは

カテゴリー 葬儀の種類

花と数珠

自由な葬儀の形が増えてきているなかで、生前音楽が好きだった方の葬儀に「音楽」を取り入れる方も増えているようです。
クラシックやジャズ、J-POPなど故人が生前好きだった曲を流して明るく見送ろうと考えている方も多いかと思います。そんな方に適しているのが「音楽葬」です。最近では知名度も高くなってきましたので、新しい形の葬儀のなかでは比較的取り入れやすい葬儀の形かもしれません。

音楽葬とは?

音楽葬とは、葬儀の中に演出のひとつとして音楽を取り入れること、または故人を音楽で送ることを主目的とした無宗教葬儀(自由葬)のことです。

音楽葬(無宗教葬儀/自由葬)の式次第

音楽葬は、主に無宗教葬儀として執り行われるので、僧侶や神父のような宗教者の参加や、仏式、キリスト教式で行う宗教儀礼もありませんが、式次第の全体的な流れは一般的な葬儀とあまり変わりません。 葬儀の前には通夜も営まれます。 音楽葬の式次第としては以下の通りです。

1.事前演奏
葬儀の開式の準備や、参列者が着席し式を待つまでの間に演奏が行われることがあります。

2.遺族入場

3.開式の辞

4.黙とう

5.献葬および故人の人生や家族との思い出の紹介
故人の最も好きだった曲を演奏し、故人を紹介する際にはBGMとして演奏されます。

6.別れの言葉、弔電披露
故人へのお別れの言葉、弔電を読み上げる際のBGMとして演奏が続きます。

7.献花・焼香
花を供えたり、焼香をあげたりする際にもBGMとして演奏が続きます。

8.喪主挨拶

9.閉式の辞

10.後奏

11.出棺
故人を出棺し、参列者が会場から立ち去られるまで演奏されます。

具体的にどんな曲目を流すのか

音楽葬において、流す曲目のジャンルは問われません。
例えば、クラシックが好きな方はクラシック音楽を、J-POPが好きな方はJ-POPを、アニメソングが好きな方は好きだったアニメの主題歌などを流します。

オーケストラ

音楽葬では、クラシックを流すことが多いです。その理由としては、故人が好きだったということや、無宗教葬儀の演出のひとつとして、厳かな雰囲気をないということが考えられます。クラシック音楽なら厳粛な雰囲気にもよく馴染みますし、音楽葬をはじめて体験する参列者にとっても奇抜過ぎない印象を与えると言う理由からも人気が高いと言えます。
クラシックでは以下の曲がよく選ばれています。

  • (アーティスト名) (曲名)
  • シューベルト・・・アヴェ・マリア
  • ショパン・・・・・・・別れの曲
  • バッハ・・・・・・・・G線上のマリア
  • パッヘルベル・・・カノン
  • ヘンデル・・・・・・オンブラ・マイ・フ
  • モーツァルト・・・・レクイエム
  • ラヴェル・・・・・・・亡き王女のためのパヴァーヌ

洋楽

洋楽には、ポピュラージャズロックリズム&ブルースなどさまざまな種類があります。
一般的には厳かな雰囲気を壊さない曲を選びますが、故人が希望する曲があるのであれば、それを流すこともよいでしょう。
洋楽では以下のような曲が良く使用されています。

  • (アーティスト名) (曲名)
  • L・ローゼンマン・・・・・・エデンの東
  • ジョン・ニュートン・・・・・アメイジング・グレイス
  • ハロルド・アーレイン・・・オーバー・ザ・レインボー
  • ビートルズ・・・・・・・・・・イエスタデイ
  • フランク・シナトラ・・・・・マイ・ウェイ
  • リー・ハーライン・・・・・・星に願いを

邦楽

邦楽でも、故人を悼む演出として式場の雰囲気を壊さないような選曲が望ましいですが、前述したように、故人が希望する曲があればそれを流すというのもひとつの選択だと思います。
邦楽では以下のような曲がよく使用されているそうです。

  • (アーティスト名) (曲名)
  • 秋川雅史・・・・・千の風になって
  • 石原裕次郎・・・わが人生に悔いなし
  • かぐや姫・・・・・神田川
  • 坂本九・・・・・・・見上げてごらん夜の星を
  • 中島みゆき・・・時代
  • 谷村新司・・・・・昴
  • 美空ひばり・・・・川の流れのように
  • 山口百恵・・・・・いい日旅立ち

CDやレコードではなく生演奏も可能

生演奏は、式場の厳かな雰囲気を作りだすよい演出方法だといえるでしょう。奏者や楽団は各葬儀社と契約を結んで演奏を行います。
ここからは、CDをかける演出との違いやそのメリット演奏方法費用について説明します。

生演奏のメリット

葬儀の雰囲気を壊さない演奏ができる

故人の好きだった音楽を流すことは供養や演出でも有効です。
ただし、故人が好きだったからと言ってアップテンポの曲をCDで流した場合、式場の雰囲気を壊すことにつながってしまいます。
そこで有効になるのが生演奏です。
生演奏ならアップテンポの曲であっても、葬儀に合うようにアレンジして弾いてもらうことができるのです。

より一体感のある演奏ができる

葬儀会場の空気や、葬儀スタッフの動きを読みながら、奏者がその場に応じた演奏を行うことが可能です。
また、司会者の司会進行に合わせた絶妙のタイミングでの演奏もできます。
これは実際に人が演奏しなければできない演出といえるでしょう。

使用される楽器

音楽葬の中で個人葬で行うような比較的小規模のものは、主にヴァイオリン(2本)、ヴィオラとチェロ(1本)による「弦楽4重奏」による演奏となり、社団葬・団体葬のような規模の大きな葬儀の場合は、「管弦楽団※」による演奏、合唱団による献歌が中心となります。
使用される楽器でわかるように、生演奏ではクラシック調の演奏がほとんどです。
また、音楽葬を扱う葬儀社によっては、より厳かな葬儀を演出するためにフルート、ヴァイオリン、ベースを基本にした生演奏を行うところもあります。

※「管弦楽団」・・・種々の管楽器、弦楽器、打楽器を組み合わせた大規模な演奏団体のことです。

生演奏にかかる費用

演奏者費用に関しては、楽器や奏者の人数などによって大きな開きがあります。
相場としては、だいたい10万円から50万円ほどです。
なお、演奏者費用の他に葬儀費用ももちろん必要となります。

著作権の問題はどうなる?

女性

昨今、問題になっている権利関係として「著作権(著作者に付与される財産権)」があります。こちらは楽曲についても同様で、日本で音楽葬を行う場合には「日本音楽著作権協会(JASRAC)」に使用料を支払うのかどうか判断がなかなか難しいことがあります。

葬儀場で行う場合

葬儀場の対応

すでに多くの葬儀場では、音楽葬への対応を行っており、日本音楽著作権協会が管理する楽曲を使用する契約を結んでいます。
つまり、葬儀場で使用料を支払うのは遺族ではなく、営利を目的とし会場で音響設備により楽曲を流す葬儀事業者側です。

日本音楽著作権協会と未契約の葬儀場の場合

会場として選んだ葬儀場が楽曲の使用契約を結んでいない場合もあります。
原則として各葬儀場が使用契約を結ぶ必要がありますが、遺族側がどうしても故人の好きだった同協会の管理楽曲で葬儀を執り行いたい場合には、同協会へ相談されるとよいでしょう。

自宅で行う場合

故人の葬儀を自宅で行いたい場合はどうなるでしょうか?
自宅の葬儀で楽曲を流すということは、利用主体は喪主となります。
しかし、喪主は葬儀を営利として行っているわけではないので、著作権法で規定されている「自由利用が認められる」ことになり、原則として日本音楽著作権協会に使用料を支払う必要はありません

音楽葬の費用相場

音楽葬の費用は、葬儀の規模や内容によって大きな開きがあります。
参列者が大勢であればそれだけ多額の費用がかかりますし、内容としてもレコードやCDの音楽をかけるだけなのか、それとも生演奏なのかでも費用に差が出ます。
具体的な金額をあげると、約40万円から100万円となりますが、上記の内容やプランによってさまざまです。

音楽葬でのよくある質問

香典はどうすればいい?

音楽葬を行うとはいっても、葬儀に参列する際の作法として「香典」を渡すことが一般的です。
しかし、無宗教葬儀に参列するため香典の表書きには何と書けばよいのでしょうか。
故人が音楽葬を望んでいたからと言って無宗教・宗派であるとは一概に言えませんので、あらかじめ遺族に宗派を聞いておいて、表書きを書くこともひとつの方法です。
また、無宗教葬儀であるため、「お花料」と書いたり、「御霊前」と書いたりしても問題はありません。

服は何を着る?

音楽葬は普段着で良い」といわれることもありますが、音楽葬もれっきとした葬式です。
よって、着ていく服装は喪服が望ましいでしょう。

数珠はどうすればいい?

数珠を持参すべきかどうかも判断に悩むところではあります。
こちらの場合も香典の表書き記載と同様に、故人の宗教に合わせるべきとされます。
仏教徒であるなら数珠を持参し、その他の宗教の場合は持参しない。
このように、各ケースに合わせた対応が望ましいでしょう。
ただし、数珠を持参する場合は故人の宗派に合わせた数珠を使用するのではなく、あくまで参列するご自身の宗派の数珠を使用することになります。

まとめ

故人を音楽で送り出すというコンセプトの音楽葬。
基本的には一般的なお葬式と変わりません。

音楽葬の特徴として、故人と音楽が結び付けられ使用した音楽を聴くたびに皆が故人を思い出す…というメリットがあります。
また、一般的な葬式を望む親族や年配の方などからの理解が得難いというデメリットもあります。
その両方を理解した上で検討しなければいけませんが、音楽が大好きだった故人を送り出すのにはもっとも適した方法だといえるでしょう。

 

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る