通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

法事・法要の食事(お斎=おとき)について

カテゴリー 法事・法要

法事・法要の食事(お斎=おとき)について

お斎(おとき)とは?

お斎(とき)とは、仏教における法要が終わった後の会食のことを言います。
法事とは本来、故人の供養のため僧侶による読経等を行うことが「法要」であり、その法要の後の会食である「お斎(とき)」を含めた全体の儀式のことを指します。

つまり、お斎とは単なる会食の場ではなく法事の一部であり、僧侶や参列した方々への感謝を込めた席でもあり、遺族・参列者一同で故人を偲び供養するための行事でもあります。

お斎(おとき)の由来

お斎の由来は、斎食(さいじき)という仏教用語にあると言われています。この斎食(さいじき)とは、仏教の戒律に従った午前中の食事を指します。
戒律によれば原則として午後には食事をしてはならないとされており、これが後にお斎という行事へとつながったと言われています。

お斎(おとき)が行われる主な法要

お斎が行われる法要は、いずれも仏教において故人が転生するための重要な時期に行われることになります。
お斎(おとき)が行われる主な法要については、「初七日(しょなのか)」「七七日(なななぬか)」「初盆(はつぼん)」「一周忌」「三回忌」の各時期の法要となります。
各時期の法要の詳しい内容については「法事・法要とは?」の記事をお読みください。

お斎(おとき)のマナー

お斎(おとき)は本来、精進料理で僧侶・参列者をもてなす行事でしたが、お酒がふるまわれますし、最近では肉料理も出されます。
ただし、お斎(おとき)は会食と言っても、故人を偲び、故人との思い出を語らう場であることは変わりありません。そのため、場の雰囲気を壊す悪酔いや大騒ぎは重大なマナー違反となります。その他、以下のことに気をつけておきましょう。

服装について

お斎は法要の後に行われるため、そのままの服装で参加することになります。ただし、故人の思い出を語り合いながらの会食なので、上着を脱いで参加しても問題ありません。
喪主(施主)が上着を脱いで、ゆったりとくつろいでもらうことを、会食の前に参列者へ伝えておきましょう。そうすれば、参列者も服装が崩しやすくなります。

献杯は乾杯ではない

お斎では、代表の方が挨拶した後に、会食を行う一同で献杯を行います。一見、祝い事の「乾杯!」と類似したものに受け取られがちですが、お斎は故人を悼むための会食の場ですので、乾杯の時のような杯を高く持ち上げ、勢いのある音頭やその後の拍手はマナー違反です。

献杯の際は、代表者の「献杯。」の発声の後、周りの参列者も「献杯。」と唱和し、軽く杯を持ち上げます。その後、お酒を飲み干すわけですが、お酒が苦手な方は飲む必要はありません。
ただし、隣の方と杯をぶつけて音を鳴らすのは祝いの席の場合ですので、こちらも控えましょう。

お斎(おとき)の際の喪主の挨拶

お斎(とき)を始める前、お斎を終了する時に喪主(施主)が挨拶をしますが、忌日法要(初七日、四十九日)と年忌法要(一周忌、三回忌)での挨拶は、若干ニュアンスを変えて参列者への感謝を伝えます。

お斎を開始するときの挨拶

各ケースごとに、お斎の挨拶の例を挙げます。

忌日法要の挨拶例(四十九日の場合)

本日は、亡き父○○の四十九日の法要にお集まり下さいまして、誠にありがとうございました。
皆様が父の思い出話に花を咲かせながら食事を召しがって頂ければ、父もきっと喜ぶことと思います。
本日は、ささやかなおもてなしではございますが、お時間の許す限りどうかごゆっくりとお過ごしください。

年忌法要の挨拶例(一周忌の場合)

本日は、亡き父の一周忌にお集まり下さいまして、誠にありがとうございました。
早いもので、父が亡くなりもう一年が経過しました。
当初は父が亡くなったことで私どもは寂しくなりましたが、ようやく元気を取り戻してまいりました。
これも、皆様方のお力添えのおかげでございます。誠に感謝しております。
ささやかではございますが、お食事をご用意いたしました。故人の思い出話などもお聞かせ頂ければ幸いでございます。どうか、ごゆっくりご歓談ください。

お斎を終了するときの挨拶

こちらでは、各ケースごとにお斎を終了する際の挨拶例を挙げます。

忌日法要の挨拶例(四十九日の場合)

そろそろお時間となりましたので、これにてお開きにしたいと存じます。
父が亡くなり残された私どもは寂しくなりましたが、どうか今後とも、ご指導賜りますよう、何卒お願い申し上げます。
本日はご多忙の中、誠にありがとうございました。

終了の際、喪主/施主が挨拶をします。その際、

  • 参列して頂いた方への感謝
  • まだ遺族は故人への悲しみは癒えていないこと
  • 今後も参列して頂いた方に協力をお願いする旨を伝える

という3点を簡潔に述べるようにしましょう。

年忌法要の挨拶例(一周忌の場合)

そろそろお時間となりましたので、これにてお開きにしたいと存じます。
残りました家族一同、父の分まで助け合いながら今後とも精進して参ります。
どうか皆様、今後とも変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。本日はお忙しい中、誠にありがとうございました。

年忌法要の場合も、喪主/施主が挨拶をしますが、

  • 参列して頂いた方への感謝の意
  • 時間の経過と、多くの方々のおかげで悲しみが癒えつつある旨
  • 今後も参列して頂いた方とのお付き合いを続けたい旨

という3点を簡潔に述べます。

お斎(おとき)での参列者の挨拶

忌日法要、年忌法要の際、故人の友人・知人等が参列する場合には、その代表者が献杯の挨拶をすることもあります。
挨拶の例としては以下の場合が無難です。挨拶はくれぐれも手短に行いましょう。

挨拶文例

故人の大学時代からの友人で○○と申します。○○さんとは『今度一緒に大学の同窓会へ参加しよう。』、と話をしておりましたので本当に残念です。
本日は○○さんを囲んで酒を酌み交わし、○○さんと友情を育んだ大学サークルでの思い出話に浸り、ご冥福をお祈りしたいと思います。
○○さん、どうか安らかにお眠りください。それでは献杯させていただきます。献杯。

まずは、故人との関係を述べ、簡略に思い出話をし、故人の冥福を祈ることを、故人の位牌と遺族に伝えます。挨拶は1分程度が妥当です。

まとめ

法事・法要は、決まった形式はありませんし、お斎も同様ですが、参列者に感謝の意を表し、故人を偲び、その供養を行うことが目的であるため、厳かな雰囲気を終始保つような心がけが必要です。

厳かな法要が終わり、気が抜けてしまう場合もありますが、食事の際のお酒の飲みすぎや、大声で叫ぶような行動、周りと打ち解け過ぎて故人の醜聞を話し始めるという行為は論外です。
くれぐれも、場をわきまえた振る舞いに気をつけるようにしましょう。

5/5 (4)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る