葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

霊柩車は葬儀費用に含まれる?霊柩車に関する葬儀の疑問

カテゴリー 葬儀費用

亡くなられた方の搬送に使用する車と言えば、霊柩車というイメージが強いと思います。実際に身内が亡くなり葬儀をとり行うことが決まると、遺体の搬送に使用するための車は霊柩車以外にも寝台車と呼ばれるものがあることを初めて知ったという人も実は多いです。

そこで今回は、霊柩車と寝台車の違いはもちろん、実際に利用することになってしまった場合の料金や手配方法など、葬儀には欠かすことのできない遺体の搬送方法について、今現在の情報を詳しく説明していきたいと思います。

葬儀における寝台車と霊柩車との違いって何?

亡くなられた方を搬送するための車には、寝台車と霊枢車があります。
遺体を搬送するという目的は同じでも、搬送される場所によって使用する車には違いがあります。

寝台車は、亡くなられた方を病院から自宅、または通夜や告別式など葬儀を行うまでの間、安置するところへの輸送、葬儀会場への移動など葬儀までの間の遺体の移動手段として利用するのが一般的です。一方、霊枢車は、亡くなられた方を火葬場までお送りするために利用します。

寝台車とは?

病院など自宅ではない場所で亡くなられた方を自宅もしくは、遺体を安置できる施設まで運ぶために使われる車のことをいい「バン型霊柩車」と呼ばれることもあります。

運転席、助手席は一般的なバンと同じ状態ですが、車両の後部を広くとっており、遺体を載せたストレッチャーの出し入れがスムーズに行うことができ、なおかつ遺体の隣に遺族の方が一緒に座ることのできるシートを設置しているので、故人の最期を迎えた遺族は、自宅または斎場などの遺体を安置する場所まで故人と一緒に移動することができます。

寝台車と呼ばれるものには、亡くなられた方の搬送以外にも、病気やケガで医療機関へと運ぶために使用されるものもありますが、生きている方の搬送と、亡くなられた方の搬送で使用する寝台車はきっちり分けて使われています。

霊柩車とは?

霊柩車は、最期のお別れとなる亡くなられた方を火葬場まで搬送する車のことをいいます。
運転席、助手席の他に、後部にある車内は納棺された遺体をお棺ごと搬送することができるように可動レール式となっており、寝台車のように遺族は後部座席に一緒に乗ることはできません。

霊柩車といえば、派手に飾られた車をイメージする人も多いと思います。このような形の車を「宮型霊柩車」と呼び、派手に飾られているタイプのものだけではなく、葬儀の規模などによっていくつかの種類が設けられています。

その種類は大きく4種類あります。

バス型霊柩車

今葬儀の形として多い家族葬や密葬といった小規模な葬儀で用いられることの多いタイプです。マイクロバスを改造して作られているため、親族も同乗して火葬場まで移動することのできる霊柩車です。

洋型霊柩車

歐米などで多く使われている霊柩車で、大型の外車または、国産高級車を改造し、車の後部に棺を納めることができるタイプで、シンプルな外装となっています。

宮型霊柩車

金箔と彫り物できらびやかに装飾された霊柩車のイメージそのままのものです。

バン型霊柩車(寝台車)

見た目は、洋型霊柩車とほとんど変わりませんが後部はあくまでも寝台車の作りとなっています。格安でレンタルすることができるということから、寝台車ではありますが、霊柩車として使用するという遺族が少しずつではありますが増えてきています。

寝台車や霊柩車の料金相場

亡くなられた方のご遺体を搬送する寝台車や霊柩車の料金は、全国霊柩自動車協会で目安となる料金相場というものを公表しています。

病院など自宅以外で亡くなられた場合に利用する寝台車の相場は、基本料金を9,500円。走行距離に応じて加算されていくというシステムとなっています。次に自宅や葬儀場から火葬場へと遺体を最期に搬送するために使用する霊柩車の場合は、霊柩車のタイプによって基本料金として片道が10km以内の場合、30,000円~50,000円と幅があり、走行距離に応じて料金は加算されていきます。

ご遺体の搬送にあたって費用が発生する場合、霊柩免許を所有する必要があり、正しく免許を所有している場合は、青ナンバーが車両についていますが、所有していない場合は、普通自動車と同様の白ナンバーなので、きちんと霊柩免許を所有している車両かどうかを確認することも大切です。

使用料金

葬儀の際に使用する寝台車、霊柩車の使用料金は、葬儀を依頼した葬儀会社の「葬儀プラン」の中に組み込まれていることが多いですが、中には別に請求される場合もあります。

寝台車、霊柩車ともに車のタイプや大きさによって基本料金が違います。基本料金は10キロまでの計算となっており、10キロ単位で寝台車、霊柩車ともに料金が加算されていくシステムとなっています。

例えば、寝台車を手配した場合の使用料金は、亡くなられた病院から遺体を安置する自宅までが20キロの場合、基本料金+加算料金という風に使用料金が算出されます。
タクシーに乗車した時に計算される料金と同じようなものと思っておくと間違いありません。

葬儀での寝台車と霊柩車の手配費用の違い

葬儀の際に使用する寝台車と霊柩車の手配方法または、費用の違いについて説明していきましょう。
まず、自宅以外の場所で亡くなられた場合、ご遺体を安置する場所へとご遺体を搬送しなくてはいけません。その際に利用するのが寝台車ですが、葬儀を行う予定の葬儀会社が決まっていれば、その葬儀会社へまずは一報を入れて寝台車の手配を行います。ほとんどの葬儀をとり行う葬儀社では、自社で寝台車を所有していますので、ご遺体を搬送するタイミングで寝台車も手配することができます。

一方、霊柩車は葬儀社で所有していることはほとんどなく専門業者へ依頼となるので、葬儀をとり行う葬儀社が決定するのと同時に霊柩車の手配も行われます。

寝台車、霊柩車それぞれの費用として計算され、搬送後もしくは葬儀終了後に請求されます。

寝台車や霊柩車は葬儀プランのセット料金に含まれる?追加料金がかかる?

寝台車や霊柩車は、葬儀会社によって料金設定に違いがありますが、基本的には葬儀プランのセット料金に含まれていることが多いです。セット料金に含まれている料金は、寝台車はごく一般的な普通車(バン型)の10キロまでの基本料金、霊柩車は葬儀プランによってどのタイプの霊柩車がセットとなっているのかに違いがありますが、基本料金以外の走行距離数はどのプランも同じ内容のことが多いです。

セットとなっている霊柩車のタイプを変更することで、追加料金が必要となる以外にも、10キロという基本料金範囲内を出てしまう場合は追加料金が加算されるものと思っておくと間違いありません。

また、霊柩車を葬儀を依頼した側の都合で霊柩車の出発が遅れてしまうなどの事態が発生。霊柩車を待たせてしまった場合、「車両留置料」という待機料金が追加されることもあります。さらには、午後10時~午前5時という時間帯での利用の場合「深夜早朝割増料金」という追加料金が発生してしまいます。

葬儀プランのセット料金は、あくまでも最低限必要となる料金設定になっているという認識でいると間違いありません。

まとめ

亡くなられた方を搬送するために使用する寝台車と霊柩車は、遺体を搬送するという意味では同じですが、使用する上での理由は全く違うものということがわかりました。ひと昔前のように霊柩車といえば、金箔で派手という霊柩車に対するイメージは変わりつつあるようです。
葬儀の形も少しずつ変化している中で、故人、遺族に一番適した寝台車、霊柩車を自由に選ぶことのできる時代となっています。

寝台車や霊柩車は実際に身近な人の死を経験することがなければ利用することはありませんが、いざという時に役立てて頂けたらと思います。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る