通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

臨終を宣告されたその時、何を考え何を行うべきなのか

カテゴリー 終活

臨終を迎える時

臨終を迎えるということは、本人だけでなく、家族にとっても覚悟がいることです。
どんなに心構えをしていても、臨終を迎えると、気が動転してしまいます。しかし、看取る(みとる)ということは、家族にとってはとても大切なことです。
そして、臨終を迎えるということは、気持ちの整理も必要ですが、その後に控えている様々なことに対しての準備も進めるということになります。
こちらでは、危篤から臨終までの心構えや必要な手続きについて説明して行きます。

臨終とは?臨終の意味

「臨終(りんじゅう)」とは、人が亡くなる間際のこともしくは息を引き取った時のことを言います。
実は、「臨終」という言葉は略語で、正式には「臨命終時(りんみょうしゅうじ)」と言います。命が終わる場に居合わせるという意味です。

最近は、自宅で臨終を迎える方より、病院や施設で迎える方が多くなってきています。
しかし一方で、人生の最期を迎える側の思いとして、家族や親しい方々に囲まれて最期を迎えたと思うわれる方も多くいらっしゃいます。また、家族側も臨終を看取りたいと希望される方が多くいらっしゃいます。
では、臨終を迎える時に、残される家族は何を、どのようにしたら良いのでしょうか。
自宅で臨終を迎えた時と病院などで迎えた時とでは、行う手続きも異なってきます。

こちらでは、臨終の連絡を受けてからの流れについて詳しく説明しますので、ぜひ、参考にしてください。

臨終の連絡を受けた時の行動とチェックポイント

ご家族(お身内)の方の容態悪化により、危篤もしくは臨終の連絡を受けた場合、覚悟をしていたつもりでも、気が動転しまうものです。

しかし、まず大切なことは、落ち着いて行動することです。取り乱した状態で病院に駆けつけたり、臨終を迎えたりした場合、思わぬ事故やトラブルを招いてしまうことになることもあります。
連絡を受けたら、深呼吸をし、次の行動に移しましょう。

日頃から、以下のチェックポイントを確認しておくことで、いざという時に連絡漏れや不手際を防ぐことができますので、ぜひ、確認をしてみてください。

危篤から臨終(死亡告知)、訃報までの流れ

ご家族の危篤の連絡を受け、臨終を迎えようとしている時、深い悲しみと共に、これからやってくる様々なやるべきことで頭がいっぱいになってしまうことと思います。
こちらでは、なるべく慌てることがないよう、危篤から臨終、そして訃報がどういうもので、どのようにしたら良いのか説明していきます。

危篤(きとく)

危篤とは、病状が悪化し、今にも息を引き取る状態に陥ることをさします。
一般的に、危篤状態からの回復の見込みは厳しく、臨終を迎える可能性が高い状態になっています。危篤から臨終までの時間は予測がつくものではありません。
連絡を受けた場合、臨終に間に合うためにも一刻も早く病院や施設に向かいましょう。

また、忘れてはいけないのが臨終を一緒に迎えて頂きたい方への連絡です。一般的には電話での連絡となりますが、電話が繋がらない場合は留守番電話にメッセージを残すもしくはメールでお伝えしましょう。

以前は、メールでお伝えすることはマナー違反とされていましたが、メールでのやり取りが一般的になった現在、お相手によっては、メールでお伝えすることもマナー違反とされないようになってきました。 お伝えする内容は以下となります。順番にお伝えすることで漏れが無くなります。最後に例文も記載していますので、参考にしてください。

(例文)
夜分に申し訳ございません。
わたくし●●の娘で○○と申します。
実は、兼ねてより療養のために○○市の○○病院に入院しておりました母●●が危篤状態となっております。
つきましては、最後に一目会って頂けないかと思い、連絡をさせて頂いております。
○○病院の詳しい住所は○○、電話番号は○○、面会時間は○○時から○○時となっております。
なお、わたくしの連絡先は○○となりますので、何かありましたらご連絡頂けますと幸いです。
お忙しい中、急なことで大変恐縮ではありますが、何とぞよろしくお願いいたします。

 
臨終(死亡告知)

臨終とは、亡くなる直前のこと、もしくは亡くなることをさします。
臨終を迎えた場合、医師から死亡宣告(死亡告知)が行われます。
一般的に、死亡したこと、死亡したと判断した年月日と時刻を告知されます。

臨終を迎えるまでの時間は誰にも分かりませんが、最期の時を一緒に迎えるために心の準備をしておきましょう。
なお、日本の法律において「死亡」に関する明確な定義はありませんので、あくまでも医師の判断となります。

一般的に判断の基準は、

  • 呼吸の不可逆的停止(呼吸停止)
  • 心臓の不可逆的停止(心肺停止)
  • 瞳孔拡散(対光反射の消失)

の3つの兆候が確認されたことで死亡と診断されます。

臓器移植の際に聞く「脳死」は上記の3つの兆候判断と異なり、「脳幹を含む全脳の不可逆的機能喪失」にて死亡と診断されます。

 
訃報(ふほう)

訃報とは、人が亡くなった際に出すお知らせのことです。
一般的には封書で出しますが、家族葬や密葬など、限られた方々で通夜や葬儀を執り行う場合は、電話での口頭連絡で済ませる場合もあります。
いずれの場合でも、連絡する内容は同じになります。

なお、突然のことで通夜や葬儀の詳細が決まっていない場合は、亡くなったことだけを先行してお知らせすることもあります。

連絡する内容

臨終に立ち向かう時の心構え

臨終に立ち会う時、家族としてどのようにしたら良いのでしょうか。
臨終は身内と親しい方に囲まれて迎えることで、ご本人も寂しい思いをすることなく、また心置きなく、その時を迎えることができるものです。

臨終を迎える時には、既に意識がない状態にあるかもしれませんが、ぜひ、みなさんでお声をかけてあげてください。意識がなく、話ができない状態にあっても、きっと、その声は届いています。

臨終の時は、みんなで落ち着いて、静かに、悔いのないように時間を過ごしましょう。そのために、臨終に立ち会って頂きたい方には、連絡を取り、来て頂くようにしましょう。

病院などの医療機関で臨終を迎えた時

家族にとってはとても辛いことですが、いつか臨終の時を迎えます。 闘病の末に危篤者が臨終を迎えた際には、遺族はどのような対応をすべきでしょうか。遺族にとっては心の整理がつかず辛い状況でありますが、ここから葬儀の準備が始まります。 こちらでは臨終を迎えた場所が医療機関であることを想定し、故人を見送る手順を説明します。

末期の水(死に水)

末期の水とは亡くなった人の口元を水で潤すことです。最期を看取る各人が、亡くなった方を送ってお別れする儀式です。日本における仏教の大半で行われます。本来ならば危篤者が息を引き取る前に行う儀式ですが、実際のところは亡くなった直後に行われることがほとんどです。
故人との血縁が濃い親族から、臨終に立ち会った全員が行います。 ただし、他宗教および浄土真宗各派の門徒の場合は、この儀式は行いません。この儀式が不要な場合は医療機関の職員にもあらかじめ伝えておきましょう。

[手順]
茶碗に水を準備します。
新品の脱脂綿・ガーゼを割り箸の先に挟み、または新品の筆の先に茶碗の水を含ませ、亡くなった方の唇を潤します。

エンゼルケア

エンゼルケアでは、故人の身体を清潔にし、メイクアップを行います。医療機関以外で亡くなられた場合は、葬儀社・納棺師に協力してもらい遺族が行う措置ですが、医療機関で亡くなった場合は、看護師により死後措置として行われます。
死後措置として以下のようなことを行います。医療機関での死後措置は公的医療保険適用外となり、およそ1万円~5万円程度かかります。

  • 清拭または湯灌
  • 身繕い
  • メイクアップ

それでは一つ一つ見ていきましょう。

清拭または湯灌

清拭:医療機関で亡くなった場合には、看護師が医療行為として死後措置と共に、故人の身体をアルコールまたはお湯で丁寧に拭きます。

湯灌:葬儀社で行います。葬儀・納棺の前に、故人をお風呂に入れる儀礼を言います。遺体を清潔に保つための措置ですが、身を清め来世へ向かう旅立ちの準備をするという意味があります。

身繕い

故人の着替えを行います。本来であれば死装束に着替えますが、故人が生前気に入っていた洋服や着物を着せてあげる方法も良い見送り方と言えます。

メイクアップ

故人の髪を整え、皮膚を伸ばし髭や産毛を丁寧に剃ります。頬がやせ細っていた場合は、含み綿を施して元気だったころの姿に近づけます。女性の場合は化粧をし、唇に口紅をします。

病院から遺体の搬送について

病院などの医療機関で故人を看取った後は、できるだけ早くご自宅または所定の安置場所へ遺体を搬送する必要があります。ただし、勝手に遺体を搬送することはできません。まずは医師の死亡診断書が必要です。
まずは遺族が行うべき準備を説明します。

葬儀社を決定・連絡を取る

故人が生前に葬儀社を指定していたり、遺族で決めていた場合には即座に連絡を取ります。遺体の搬送には葬儀社の遺体搬送車が必要です。遺族の方が死亡診断書を受け取った上で、マイカーで搬送することは違法ではありません。
ただし、周辺の方々が遺体を乗せている状況を見た場合に、あらぬ誤解や混乱を招くおそれもあります。そのため、葬儀社の遺体搬送車での搬送が、安全性や不測の事態を未然に防ぐ適切な方法と言えます。

[葬儀社が決まらない時は]
前もってどの葬儀社にお願いするか決めてない場合は、医療機関と提携している葬儀社を紹介されることもありますが、葬儀までお願いすると割高な費用を請求される恐れがあります。
自宅に戻ってあらためて別の葬儀社へお願いしたい場合には、医療機関と提携している葬儀社へ遺体の搬送だけ依頼することもできます。その時は、「遺体の搬送だけ依頼する。」とはっきり伝えておきましょう。
あいまいな希望を伝えると、葬儀自体もその葬儀社で行わなくてはならないことにつながります。

よりそうのお葬式では、一般葬や家族葬など、それぞれのご家族のご事情に合わせて、定額で葬儀をさせていただいております。 些細な質問だけでも構いませんので、深夜・早朝問わずお気軽にお電話ください。

お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお電話ください
0120-887-166
24時間365ご相談受付中
深夜、早朝構わずお電話ください

遺体の搬送先の決定

葬儀社を選んだら、遺体の搬送先を決定し、搬送先の住所を伝えます。従来ならば自宅へ搬送するのが当たり前なのですが、現在では生活上の居住環境も変化し、人通りの多い商店街のマンションであったり、マンションの住人とはち合わせする可能性が高い高層マンション等、なかなか自宅へ搬送し難い状況と言えます。

自宅へ搬送

最も故人と遺族がゆっくりと別れを偲ぶにふさわしい場所と言えます。一戸建てであるなら、故人の親類、友人・知人も通夜に参加しやすいという利点もあります。ご遺体の火葬まで故人を自宅でゆったりと安置することができます。

遺体安置室等への搬送

前述したマンションのように遺体を搬送することが憚られる環境では、斎場の遺体安置室・保冷庫、葬儀社の斎場の遺体安置室・保冷庫、火葬場の安置室・保冷庫に搬送することが考えられます。遺体を保管するという意味では適した場所と言えますが、遺体安置室等の空きがあるかどうかは搬送する時になってみないとわかりません。遺体の搬送以前に、安置場所を確保することはなかなか困難と言えます。

死亡診断書を取得する

医療機関で治療費等の精算を行い、搬送車を待ちます。その際に、忘れずに取得する必要があるのは、医師が作成する「死亡診断書」です。遺体搬送時に死亡診断書の携行が必須であるため、遺体の搬送前に取得します。そして、死亡診断書を携行している方が搬送車へ同乗します。
死亡診断書は、行政への死亡届、火葬埋葬許可手続き、保険金および遺族年金等の申請にも必要となります。最低でも2通は書いてもらいましょう。特に死亡届と火葬埋葬許可手続きは速やかに行いましょう。

近親者・菩提寺への連絡

遺体搬送車の手配および死亡診断書の取得を終えたら、まずは近親者に亡くなったことを伝え、遺体の搬送先へ駆けつけてもらう打ち合わせをします。
その後、檀家となっている菩提寺がある場合は、その寺院の住職にも連絡し、搬送先と到着時刻を伝えます。なぜなら、僧侶は檀家が亡くなれば通夜に先立ち、搬送先へ赴いて「枕経」を行うことになるからです。この時に宗教・宗派の作法や気を付けるべきことを訪問した僧侶に質問しておくのも、事後の葬式等をしめやかに行うために必要な準備と言えます。

遺体搬送車で故人を搬送

病院などの医療機関に遺体搬送車が到着したら、故人を乗せ、死亡診断書を所持している方が必ず同乗します。そして、遺体の搬送先の自宅または遺体安置所へ出発します。

通夜、葬儀へ

葬儀社と通夜式、告別式、火葬等の打ち合わせを行います。これからが葬儀の準備や参列者への対応に追われることになります。厳かにトラブルなく葬儀を行うことが求められます。

ご自宅で臨終を迎えた場合

ご自宅でお亡くなりになった場合でも、医師により死亡宣告(死亡宣言)を受けない限り、法律的に正式な死亡として認められません。 決して、ご自身で判断をされることがないよう注意が必要です。
ご自宅でお亡くなりになるケースとして、二つのケースがあります。

一つ目は病気療養中の方が亡くなられるケースです。そして、もう一つは普通に生活をされていた方が突然亡くなられるケースとなります。
ケースにより対応が異なりますので、以下をご参照ください。

なお、ご自宅でお亡くなりになられた場合、医師の診断を受けるまで、ご遺体に触ったり、ご自分で移動をさせたり、決してしないよう注意が必要です。
もし、ご遺体に触ったり、移動をしたりした痕跡が見受けられた場合は、あらぬ疑いをかけられてしまうことがあります。

病気療養中の方が自宅で臨終を迎えた場合の手順

在宅医療中に容態が悪化し、危篤もしくは息を引き取られてしまった場合は、以下の手順に従い手続きを行いましょう。

    1. かかりつけの病院に連絡を入れます
    2. 主治医の診断により、「死亡宣告」を受けます
    3. 血縁関係の深い順に「末期の水」をとります
    4. 死亡届」と「埋火葬許可申請書」発行してもらいます

    普通に生活されていた方が自宅で臨終を迎えた場合の手順

    普通に生活されていた方が、ご自宅で急に亡くなられた場合は、特別な手続きが必要となります。かかりつけの病院があった場合でも、かかりつけの病院の医師からの死亡宣告では、死亡認定がされませんので、注意が必要です。 手順としては以下となります。

    1. 110番をします
    2. 警察医が自宅に来て、死亡確認をするために検死が行われます
    3. 警察医により「死亡診断書(死体検案書)」が出されます
    4. 血縁関係の深い順に「末期の水」をとります
    5. 「死亡届」と「埋火葬許可申請書」発行してもらいます

    弔問する際の服装

    弔問とは、亡くなられた方の家(故人宅)を訪問して、お悔やみをのべることです。 葬儀ではありませんが、訃報を受け、急ぎ弔問をする場合でも、訪問する際の服装には配慮することをお勧めします。
    弔問する場合の服装として適しているのは以下となりますので、参考にしてください。

    大人の場合
    子どもの場合

    まとめ

    臨終を迎えることは、ご自身の生涯の中でも数多くあることではないと思われます。 特に、臨終の場に立ち会うということは、近しい関係にあるため、悲しみが先行してしまいがちです。しかし、悲しんでばかりいることで、お別れときちんとするという大切なことをできずに迎えてしまうこともあります。

    ぜひ、悔いのない最期をお迎えするためにも、気をしっかり持ち、落ち着いてその時を迎えられることを心よりお祈りしています。

    5/5 (2)

    この記事はよりそうのお葬式が書いています
    お葬式の無料相談
    24時間365
    ご相談受付中
    0120-541-585
    深夜、早朝構わずお電話ください
    エンディングノート
    葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
    エンディングノートプレゼント!!
    エンディングノート
    葬儀の事前お申し込みで費用が
    最大5万円割!
    エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.