葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

生前遺影を行うメリットとは?残される家族のために

カテゴリー 終活

近年では生前から自身の遺影写真の準備や撮影を行う「生前遺影」という言葉をよく聞くようになりました。
残される家族に出来るだけ負担を増やさない方や、自分で選んでおきたい方、笑顔の写真を遺影にしたいなど様々な理由があります。

それではどのような写真を選べば良いのか、生前から準備するメリットをご紹介します。

生前遺影とは

生前遺影とは、生きているうちに自分でお葬式の遺影を作ることです。
最近では「終活」という言葉が良く聞かれます。自分の死後のことを考え、残された人たちに迷惑をかけないように活動することを終活と言いますが、生前に遺影を準備するのも終活に当たります。

一昔前は、死について考えることや準備することは「縁起が悪い」とされてきましたが、最近では死について前向きに考える方が多くなってきました。

生前遺影のメリット

遺影を生前に作成しておくと様々なメリットがあります。
そのメリットを詳しく見ていきましょう。

遺影となる原本を探すのが大変

お葬式の準備の一つに遺影の原本を探すという準備があります。その原本もなんでも良いというわけではありません。もちろん顔が映っていなくてはいけませんが、顔が傾いていたり、目線がこちらを向いていなかったりとなかなか見つからないものです。

さらに、故人が大きく映っていれば良いですが、故人が小さかったりすれば、遺影にした時に画像が荒くなってしまい、ボケてしまいます。
お葬式には準備が沢山あり、時間も限られています。そのなかで、写真を探すことは大変なのです。

家族が悩まなくてすむ

ご本人が亡くなったあと、家族により写真が見つかったとします。その中でどのような表情が良いか、どの写真が故人らしいか、考えなければなりません。この写真を決める作業も家族を悩ませます。

出来上がった時に、故人らしさがあれば良いのですが、お葬式の出席者から「故人らしくない」などと言われたらショックですよね。
生前に故人が遺影を作っていれば、その写真は本人が選んだ物なので誰も文句を付けることはできません。
生前遺影は家族を悩ますことがなくなります。

遺影を目的として写真を撮る為、綺麗

一番のメリットは写真の綺麗さです。最近では遺影を生前に作成してくれる写真店も数多くあります。

また、遺影を作る専門の業者も出てきています。そのような遺影作成のプロのアドバイスを受けながら遺影を作ることにより、より綺麗に、表情や服装も決めることができるので、納得のいく遺影を作ることができるでしょう。
これで、お葬式の時に家族も、会葬者も遺影を見て、別れを惜しんでくれることでしょう。

生前遺影の準備方法

では、実際に生前遺影を撮影するにあたっての準備について見てゆきましょう。

写真店を決める

最近では、遺影を作成してくれる写真店も増えています。また、遺影を作ることを専門としているお店も登場しています。できるだけ知識が豊富な写真店を選ぶことをお進めします。

今の子供たちはカメラになれています。写真を撮るとなれば、カメラの前で恥ずかしさもなく、自然にポーズを決めることができます。

それとは反対に、おじいちゃん、おばあちゃん世代は、カメラに慣れていない方も多いのでので、カメラを向けられただけで、緊張してしまいます。
ここで、プロのカメラマンならば緊張を解いてくれて、良い表情を引き出してくれます。
写真店選びは重要になります。

服装を決める

あなたなら服装はどうされますか。ビシッとスーツでという意見が多いと思いますが、必ずしもそうではありません。
遺影は「故人らしさ」も重要です。日頃、スーツを着たこともない人がスーツを着た所で、その人らしさは出るのでしょうか。故人の人柄を想像した時にスーツが当てはまらない場合もあります。

もし、いつもポロシャツを着ていたならポロシャツでも良いのではないのでしょうか。スーツでも悪くはないのですが、自分らしさがあるかどうか、少し考えたほうが良いかもしれません。

また、最近の写真店では貸衣装の準備があったり、メイクまでしてくれるところもあるようです。衣装に困った時には写真店に尋ねてみても良いでしょう。

ご一緒に家族写真もお願いしては

写真店に写真を撮りに行くことはなかなかありません。そこで、家族にも付き添ってもらって、ついでに家族写真を撮ってもらうのはいかがでしょうか。家族で写真を撮ろうとも、なかなか言い出し辛い家族関係もあるかもしれません。

また、家族に付き添ってもらうことにより、日頃の表情などのアドバイスがもらえます。自分で自分の写真を見ても、自分らしさが出ているかどうかはわかりません。そこで、家族に見てもらうことで、自分らしさが出ているか確認してもらうことができます。
せっかくの写真店ですから、家族との思い出を残すことも大事なことです。

最後に

生前に遺影を作る事をはじめ、生きているうちにお葬式の準備をすることはこれまで「縁起が悪い」と敬遠されてきました。
しかし、近年では“終活”という言葉が登場するなど、自分の死後のことや葬儀のことを考える方は一般的なものになりました。

特に残される家族には出来るだけ負担を残したくないと言った方や、自分の中で実現したい葬儀のイメージがある方は生前から遺影写真を含めた終活を行う方も増えてきています。
ぜひこの機会に遺影写真を準備して、家族の負担を少し減らしてみませんか。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る