通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

生前墓(寿陵墓)と相続税対策

カテゴリー お墓

お生前墓(寿陵墓)のイメージ

近年、生前墓を考えている方が増えていますが、注意点、相続税との関係など、生前墓を決める前に知っておいた方が良いことがあります。
生前墓は多くのメリットが目立っていますが、注意しておくべきこともあるからです。
この記事では、生前墓について詳しく説明しています。
購入前に知っておくことで、トラブルを未然に防ぐことにもなりますので、生前墓の購入を検討している方は参考にしてください。

生前墓とは

生前墓の読み方は「せいぜんぼ」と言います。生前墓は、字の通り、生きているうちに、お墓を建てることを言い、寿陵(じゅりょう)・寿陵墓とも言われています。 生きているうちににお墓を建てると、死ぬ準備をする、早死にする、ということで生前墓は縁起が悪いと思われる方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

実は、古来中国では、生前にお墓を建てることが長寿を授かる縁起の良いこと(生前墓は長生き)とされており、秦の始皇帝をはじめ歴代の皇帝は皆、生前墓(寿陵墓)を建てています。

ここがポイントPOINT
 
 
中国の古書には生前墓のことを「寿蔵」「寿穴」「寿堂」などと書かれており、「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」の3つの果報を招くとも言われています。 仏教の教えでは、生前に仏事を行うことは「徳の高い」こととされておいます。このため、生前墓に刻む戒名が、お祝い事に用いられる朱文字で入れられることもあり、とても縁起の良いこととされています。

生前墓のメリット

こちらでは、生前墓を建てるメリットについて詳しく説明します。自分のお墓を生前に決める参考にしてください。

1.お墓を建てる場所やデザインを自分で自由に選ぶことができる

自分が亡くなる前に子供たち遺族にお墓の希望を伝えても、必ず希望のお墓になるとは限りません。

生前墓を建てる一番のメリットは、自宅から距離が近いなど自分の好きな場所に決めることができますし、石の種類、デザインまで、自分の思い通りの墓を建てることができるということです。 生前墓は、予算に合わせて、自分(自分達)の希望に合ったお墓を建てることができます。

2.時間をかけてお墓を選ぶことができる

自分が病気になったり判断能力が無くなってしまうと、自分でお墓を探すのが難しくなってしまいます。また、亡くなってからお墓を探すことになった場合、四十九日の納骨に合わせて、慌てて探すことになることもあり、生前に自分が希望したお墓に入れないこともあります。

しかし、生前であれば、時間的な制限がなく、自分が納得できる墓をじっくり選ぶことができます。

3.遺族への負担を軽減することができる

自分が亡くなってからお墓を建てることになった場合、お墓を購入するための金銭的、時間的な負担を、遺族にかけることになります。また、遺族は遺品整理や法要などで多忙な中、お墓のことをじっくり考える余裕もありません。

しかし、生前にお墓を建てていることで、遺族への金銭的、時間的負担だけではなく、精神面でも負担を軽減することができます。

4.相続税の節税対策ができる

生前墓を建てることで、相続税の減税対策に期待が持てます。詳細は、「生前墓による相続税対策」の章で詳しく説明をしていますので、ご参照ください。

生前墓購入の注意点

生前墓のメリットはお伝えしましたが、実は、メリットばかりではありません。 生前墓を購入する前に必要な注意点もありますので、こちらで詳しく説明します。 これは、自分だけでなく、遺族の方にとってもとても大切なことになりますので、生前墓購入の検討材料としてお役立てください。

1.生前墓を購入した後に、より良いお墓を見つけてしまう

墓地(霊園)は、どんどん新しく整備されています。 結果、生前墓を購入した後に、もっと自分の条件に合った墓地(霊園)が見つかることがあります。

その場合、墓地の場所を変えたり、お墓の建て直しをしたくなりますが、場所を移したり、お墓の建て直しを行うと、様々な手続きや多くのお金が必要となってきます。 これは、新しく決めた場所に対してだけではなく、移動元の生前墓に対しても発生しますので、生前墓を建てる際には、十分に検討して決めることがとても大切です。

2.生前墓を受け入れていない場合がある

墓地(霊園)によっては、生前建墓を認めていないところがあります。 特に、公営墓地や市営の霊園の場合、生前墓はいつお骨が入れられるかわからないため、ご遺骨を所有していることが定められていることが多くあります。

家(自宅)の近くに気に入った霊園を見つけた場合でも、墓地・霊園の利用条件を満たしておらず、生前墓が受け入れられない場合、候補地から外すことになります。このため、自分の条件に合った墓地が見つかった場合、まずは生前墓を建てることが可能か否かを、必ず確認をしておく必要があります。

3.墓地(霊園)の規則に注意

お墓を建設するまでの期間は1~2ヶ月が目安ですが、石の種類によっては半年以上必要になることもあります。墓地(霊園)によっては、使用規則で指定年数以内にお墓を建立することが条件となっているところが多くあります。

このため、お墓を建てるために必要な平均日数も考慮に入れる必要がありますので、事前に使用規則を確認し、計画的に墓石を建立する必要があります。

4.維持費が発生する場合も

生前墓に遺骨は入っていませんが、お墓を購入した時から、管理費やお掃除などのメンテナンス費、お布施などの費用が発生します。また、寺院の場合は行事が行われていますので、管理費以外にも行事の参加費が必要になります。

生前にお墓を購入すれば、納骨前から、自分の墓を自分で維持するということになりますので、人によっては手間もしくは支出が負担と感じることがあります。生前墓を建てる時期も考慮の一つに入れておく必要があります。

5.お墓を引き継ぐ人にも相談

お墓の名義人(使用権取得者)がお亡くなりになった場合、お墓を継承(受け継ぐ)する必要があります。

父(夫)・母(妻)が亡くなった後は、遺族(主に長男や姉などの喪主)が管理費の支払い、お墓のメンテナンス(お掃除や墓石が壊れた際の復旧など)、お布施の支払いなどを引き継ぐることになります。
場合によっては、お墓の場所や金銭的理由から、元々あった場所からお墓を移す(改葬)す必要が出ることもあります。

結果的に残された遺族に経済的負担や時間的負担をかけてしますことになりますので、生前墓を購入する際には、事前にお墓を引き継ぐ人に相談し話し合うことが大切です。

生前墓による相続税対策

生前墓を建てる最大のメリットである、相続税について詳しく説明します。 相続税とは、遺産を受け継ぐ際に一定以上の財産を持っている人が亡くなった場合に、その財産を引き継ぐ家族に課せられる税金のことを言います。

相続の対象となる財産(相続財産)には、土地・建物・田畑などの「不動産」、自動車・家財道具・機械などの「動産」、「現金」「預貯金」「有価証券(株券・国債等)」、をはじめ借金や保証債務などの「マイナス財産」も対象となります。 ただし、相続財産の対象とならない以下のものに対しては非課税となります。

また、お墓に関しては、所有権ではなく、使用権となるため、固定資産税や不動産取得税もかかりません。

  • 墓所(墓地)、墓石(お墓)、仏壇、位牌、香典など
  • 国や地方公共団体、特定の公益法人に寄付した財産
  • 死亡退職金のうちの一部(500万円×法定相続人の数)
  • 生命保険金のうちの一部(500万円×法定相続人の数) お墓を建てるために現金を残しておいた場合は、相続税がかかりますが、既にお墓を購入していた場合は、非課税となりますので、生前墓は税金対策としてとても有効です。

生前墓に関するよくある質問

Q1.生前墓に開眼法要・入魂式は必要ですか?

A.通常、墓石を建て、最初に行うことは、墓石に魂を入れる「入魂式」または「開眼法要」です。なぜなら、魂を入れない墓石はただの石にすぎません。 仏教において生前建墓は、生きているうちに自分の仏事をいとなみ冥福を祈ることと言われており、「生前の徳を積む行為」とされています。

また、生前建墓の場合でも、納骨後にお墓を建てた場合と同様に寿陵墓にも開眼法要を行うことが、ご先祖様との絆が生まれ「先祖代々のお墓」になると言われています。しかし、先祖代々のお墓の場合は、勝手に決めてしまうと義兄や義姉、義弟、義両親などと揉めることがあることと、宗教によって生前墓のお経の作法は異なりますので、事前に確認しておくことが大切です。

 

Q2.納骨していなくてもお布施は必要ですか?

A.納骨をしていない場合でも、開眼法要・入魂式をした場合はお布施は必要となります。事前に、お布施を含め、毎月もしくは年単位でかかる費用を確認しておくと良いでしょう。

 

Q3.お墓を建てることを目的として相続した財産に対して、相続税はかかりますか?

A.ご自身がお亡くなりになった後に財産として引き継いだものに対しては、すべて相続税がかかります。しかし、生前にお墓を購入する場合は、「永代使用権(墓地使用権)を購入」することになります。

永代使用権とは、法的に墓石(動産)ではなく、土地(不動産)の使用権を購入したことになり、所有権の移動はなく、課税相続財産からも控除されますので、非課税となります。

 

Q4.生前墓には赤(朱)を入れないといけないのですか?

A.以前まで、お墓の建立者の名前を掘る際に赤(朱)彫刻するのは「生前戒名」を与えられた際に、仏門に入った証として入れられていました。

また、生前受領したと分かるように生きている証明として赤を入れるようになったのですが、生前墓を建てる方は、まだ亡くなっていないので、わざわざ赤い色(朱)をいれる必要性がないため、最近では、生前墓では墓石に朱を入れる方は少なくなってきています。

まとめ

生前墓について説明してきましたが、最近は、生前墓を求めるツアーなども組まれて、参加する方も増えてきています。
ただし、生前墓にはメリットがある反面、注意点もありますので、事前に情報を集め、注意点を把握した上で購入することがとても大切です。
なお、税金の問題に関しては、分からないことがある場合、必ず専門家や税務署にご相談し、ご遺族の意見を踏まえた上で生前墓の購入の準備をするようにしましょう。

4.8/5 (5)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る