通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

節税対策に繋がる!生前贈与をするときのポイントまとめ

カテゴリー 終活

電卓と女性

計画的に生前贈与を行えば相続人の税金負担を減らすことが可能です。
しかし、生前贈与は国の制度に基づいて行うものであり、複雑な仕組みになっています。うまく活用すれば多くのメリットが得られますが、デメリットがまったくないわけではありません。

また、場合によっては生前贈与を行ったことで支払う税金が増えることもあるのです。
そこで、本記事では、生前贈与をするときに注意したいポイントや税額計算の方法などを紹介していきます。

知っているようで知らない!生前贈与とは

生前贈与とは、文字通り亡くなる前に資産を贈与することです。単なる贈与と異なるのは、相続人の負担軽減を念頭において行う点でしょう。つまり、生前贈与は「相続を考慮に入れたうえで選択する贈与」ということになるのです。

贈与においては、贈与する人を「贈与者」、贈与を受ける人を「受贈者」と呼びます。なお、贈与は「契約」に当てはまりますので、贈与者と受贈者の双方の了承が必要となります。

生前贈与をするメリット

1.贈与税の節税ができる

生前贈与で得られるメリットとしてまず挙げられるのが、贈与税の節税ができることでしょう。生前贈与には「暦年贈与」と「相続時精算課税制度」の2つの方法があります。
生前贈与は暦年贈与で行うことが多いです。暦年贈与の場合、年間で110万円を超えた財産が贈与税の課税対象となります。
つまり、毎年110万円以内なら非課税となるのです。たとえば、毎年110万円を10年間に渡って暦年贈与したとします。すると、相続財産のうち1100万円を非課税で相続したことになるのです。

2.指名した相手に確実に財産が渡る

暦年贈与の場合、誰に何を贈与するかは自由です。たとえば、推定相続人でもなく、血縁関係もない相手であってもかまいません。相手の合意さえあれば、確実に財産を渡せるのです。法律上、契約の要件さえそろっていれば契約書を作成しなくても行えるため、遺書を残すよりも楽に行えます。

ただし、生前贈与を行ったことがわかる記録を残しておかないと相続時に生前贈与をしたと認められないケースがありますので、契約書は作成しておいた方が良いでしょう。

3.相続トラブルを無くすことができる

遺産相続をすることになった場合は、相続人全員で遺産分割協議を行い、各自の相続分を決めなければなりません。このときに、どのように遺産分割するかで揉めるというのはよくある話です。
生前贈与であれば、贈与者が話し合いに参加できるため、受贈者に贈与の意思をしっかり伝えることができます。
そのため、贈与者が渡したい相手にきちんと渡すことができ、相続トラブルを無くす、もしくは、ある程度軽減させることができるのです。まったく血が繋がっていない相手にでも贈与ができます。
また、生前贈与は受贈者からみてもメリットがあり、財産の中の何がほしいかなどの希望を伝えることができます。

メリットばかりじゃない!生前贈与をするデメリットについて

生前贈与のメリットを3点ほど述べましたが、生前贈与にはデメリットもあります。
たとえば、生前贈与でも一定額を超えれば贈与税が発生するため、相続税に対する節税効果は薄いのです。

また、土地や建物といった不動産を贈与する場合は、名義変更(登記)を行うことが一般的ですが、その際には不動産の登記手数料や登録免許税が発生します。
さらに、不動産取得税などの費用も必要です。一般に、不動産の暦年贈与による生前贈与には、余分な費用がかかるとみていいでしょう。

生前贈与のデメリット注意点

1.贈与者と受贈者の合意に関する話し合い

先にもお伝えさせていただきましたように、生前贈与には暦年贈与と相続時精算課税制度の二つがあります。このうち、暦年贈与は贈与対象が限定されず、毎年110万円まで控除される方法です。
しかし、贈与は契約ですので、双方の合意があってこそ成立します。贈与者にどれだけ贈る意思があったとしても、受贈者側が知らなかったのであれば、贈与契約は無効となってしまうのです。

たとえば、本人に黙って受贈者名義の口座を作り相手に伝えずにお金を貯めていたとしても、相手が知らなかった状態になりますので贈与契約は成立しません。
また、資産を渡す契約をしていながら、実際には引き渡していない場合も成立していないことになります。これは、たとえば”110万円を贈る”と相手に伝えておきながら、贈与者が通帳を保管し続けているというケースが当てはまります。

2.毎月同じお金を贈与していると問題に

暦年贈与では毎年110万円まで非課税となることは、既に述べた通りです。しかし、毎年110万円きっちり贈与し続けると、連年贈与とみなされる可能性があります。
これは「相続財産を非課税にすることを目的として、1度に渡せるものを分割して贈っている」とみなされてしまうということです。
すると、毎年の贈与額×年数の合計額が一括で贈与されたとされて、高額の贈与税が課される可能性があるのです。

たとえば、毎年100万円ずつ10年間に渡って贈与し続けたとしましょう。すると、100万円×10年で1000万円が非課税になるはずです。ところが、これが連年贈与とみなされれば、1000万円を贈与したとして課税されることがあります。
これを避けるためには、贈与のたびに契約書を作成したり、贈与の時期や金額を変えたりする必要があります。

3.相続開始前3年間は相続税で処理をされる

相続開始前3年間の贈与は課税対象となります。つまり、生前贈与を受けて3年以内に贈与者が亡くなると、その贈与分を相続財産に足し戻して相続税が課税されてしまうということです。
なお、生前贈与を受けた際に贈与税を支払っていた場合は、その分は相続税から差し引きされます。相続税の負担を軽くする目的で生前贈与を行うのであれば、早いうちから始めた方がいいでしょう。

ただし、この3年加算ルールは、相続人になる人への生前贈与にのみ適応されます。たとえば、贈与者Aが息子Bと孫Cに生前贈与して3年以内に亡くなった場合、課税されるのは息子Bが受けた生前贈与分のみです。孫Cは贈与者Aからみた相続人にはなりませんので、生前贈与分が相続財産に足し戻されることはありません。
ただし、次のようなケースでは孫Cも相続人とみなされますので、孫Cの生前贈与分も対象となります。

  • 贈与者Aの遺言書によって孫Cが相続人に指定されている場合
  • 贈与者Aの生命保険の受取人に孫Cが含まれていた場合

1種類だけじゃない!生前贈与の方法は2種類あることを知ろう

女性案内

最初にも述べましたが、生前贈与には、暦年贈与だけでなく相続時精算課税制度という制度があります。
この制度を利用して生前贈与を行うと、特定の贈与者から受け取る贈与財産を、通算で2500万円まで特別控除できます。
暦年贈与での基礎控除額は110万円ですので、相続財産を2500万円まで非課税にできるのであれば非常にメリットがあるように感じるでしょう。
しかし、相続時精算課税制度はいくつか注意点があります。まずは暦年贈与の特徴を説明し、相続時精算課税制度についても解説させていただきます。

生前贈与をするなら確認しておきたい!暦年贈与とは何?

暦年贈与では、受贈者が1年間に受け取った贈与財産の合計をもとに課税されます。この場合の1年間とは「1月1日〜12月31日」です。年度とは異なりますので、注意しましょう。
また、基本的に贈与税は暦年課税となります。暦年課税の特徴は次のとおりです。

  • 受贈者は誰でも良い
  • 贈与する財産の種類は何でも良い
  • 基礎控除額が年間110万円
  • 110万円以下であれば贈与税はかからず、申告も不要

税金はいくらになるのか?基礎控除額を超える場合の税率

生前贈与では、110万円以内であれば税金はかかりません。それでは、基礎控除額を超えた場合はどうやって税額を計算すればいいでしょうか。
これを計算するためには、課税額に対する税率や控除額を知る必要があります。それが以下の表です。

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10% なし
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円

 

なお、暦年課税では、直系尊属から贈与を受けた20歳以上の人は以下の特例税率が適用されます。

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10% なし
400万円以下 15% 10万円
600万円以下 20% 30万円
1000万円以下 30% 90万円

控除をうまく活用!暦年贈与で生前贈与を行うメリット

暦年課税での贈与額の計算方法は次のとおりです。

  • 贈与を受けた財産の合計(※1)-基礎控除110万円=課税価格(①)
  • 課税価格(①)×税率-控除額=贈与税額

控除枠から出た価格に対して課税されますので、基礎控除額である110万円に収めれば税金は発生しないことになります。それが暦年贈与で生前贈与を行う大きなメリットでしょう。

※1:贈与を受けた財産の合計は、1月1日から12月31日までの1年間での合計額となります。

余裕を持って計画的に!暦年贈与で生前贈与を行うときの注意点

一定の資産を所有している人は、相続人の税負担が軽くなるように生前贈与を考えるでしょう。しかし、暦年贈与で生前贈与を行う場合、注意すべき点があります。それが、遺産相続開始前3年以内に贈与された財産は相続税の対象となることです。

3年以内に生前贈与された財産は相続財産に足されて課税対象となり相続税が決定します。
そのため、相続税の負担を軽減し生前贈与を行うのであれば、計画的に余裕をもって行うことが大切です。
なお、生前贈与を受けて支払った贈与税分は相続税額から差し引きますので、二重課税になることはありませんので、ご安心ください。

また、いつ贈与したかが明確にわかるような書類を残しておくことも大切です。法的には、基礎控除の110万円以下の場合は申告をする必要はありません。
しかし、何の記録も残っていないと、生前贈与と認められない可能性があります。
現金の場合であれば、手渡しするのではなく銀行振込で贈与することで、資金移動の記録が明確に残ります。

生前贈与に関する制度!相続時精算課税制度について詳しく解説

相続時精算課税制度は、贈与財産のうち通算で2500万円までは特別控除が受けられるという制度です。これだけを聞くと、とてもメリットのある方法のように思えます。
しかし、この相続時精算課税制度を活用するにはいくつか注意点があります。

まず、適用者が限定されている点です。暦年贈与では受贈者について誰に渡しても問題はありませんでしたが、相続時精算課税制度では贈与者と受贈者が以下のように定められています。

  • 贈与者は贈与した年の1月1日時点で60歳以上の祖父母か両親
  • 受贈者は贈与した年の1月1日時点で20歳以上の子か孫(推定相続人)

さらに、この制度で贈与した資産は、相続時には相続財産に含まれてしまいます。つまり、生前贈与したにもかかわらず、相続税の課税対象となるのです。
確かに「贈与税」は2500万円まで非課税となりますが、「相続税」は発生してしまいますので、それを考慮しながら制度を利用するかどうかを考えなければならないでしょう。

2つの制度を併用できる?他の制度との兼ね合いを確認しておく

生前贈与における暦年贈与と相続時精算課税制度は、うまく併用すればより節税効果があがりそうです。しかし、残念ながらこの2つの制度は併用することはできません。

相続時精算課税制度を選択すると、税務署で制度利用の申告をする必要があります。申告できる期間は贈与を受けた翌年の2月1日から3月15日までです。
そして、一度、相続時精算課税制度を申告すると撤回できず、その後は同じ贈与者から受けた贈与で暦年課税を選ぶことはできなくなります。
暦年贈与での贈与余地があるのであれば、まずはそちらで行うべきでしょう。

事前に確認したい!相続時精算課税制度を利用すべき人とは

それでは、相続時精算課税制度はどのような人に向いた制度なのでしょうか。これは、まず、最終的に相続する財産の額が相続税の基礎控除内に収まる人が挙げられます。
基礎控除に収まれば相続税は発生しませんので、支払いを気にすることなくまとめて生前贈与ができます。

また、現金などではなく評価額が変動するものを贈与する人も該当するでしょう。たとえば、株式や不動産などです。
これからどんどん価値が上がるだろうと思われる資産がある場合、相続時に評価額が高くなり相続税も膨らむ恐れがあります。そこで、値上がりするまえに生前贈与してしまい、その時点での評価額で確定させてしまうのです。
すると、それ以上評価額が上がっても心配はなくなります。

また、マンションなどの収益物件を贈与した場合は、物件からあがる収益は受贈者のものとなります。
後の相続税を考えても物件からの利益が上回る場合は、相続時精算課税制度を使うのもいいでしょう。

知らないと損をするかも!相続時精算課税制度で損をする場合とは

相続時精算課税制度を利用した場合、損をするケースと得をするケースがあります。損をするリスクが高いのは、贈与時の財産価値が相続時に下がってしまう場合です。
たとえば、生前贈与時に評価額2000万円の土地を譲り受け、相続時に半額の1000万円に下がっていたとします。すると、土地の価格が1000万円であるにもかかわらず、生前贈与時の価値2000万円をもとに相続税が算出されてしまうのです。
反対に、生前贈与時に1000万円であったものが相続時に2000万円になった場合は、低い評価額で税額が計算されます。つまり、得になるのです。
これをまとめると、次のようになります。

  • 相続時の財産価値が贈与時より上がると損になりやすい
  • 相続時の財産価値が贈与時より下がると得になりやすい

土地のような価値が変動しやすく不確かなものを生前贈与するときは、慎重に行う必要があるでしょう。

税金の負担を軽くしたい!生前贈与に関わる特例も有効活用

電卓

生前贈与には、暦年贈与や相続時精算課税制度のほかにも、いくつか特例があります。うまく活用することで、税金の負担を軽減できる可能性があります。

まずは、夫婦間で居住用不動産を贈与する場合の配偶者控除です。これは、夫婦で住むための不動産やそれを取得するための費用を贈与する場合に適用される特例で、基礎控除110万円とは別に、最高2000万円まで控除を受けることができます。
ただし、婚姻期間が20年以上であること、対象の不動産に住み続けることなど適用されるにはいくつか条件があります。
また、この配偶者控除は、同じ配偶者からの贈与については、一生に1度しか利用できない制度です。

子どもや孫が住宅購入資金の贈与を受ける場合に、最大で3000万円まで非課税になる制度が適用できるケースがあります。この住宅購入資金の贈与制度にも、贈与者が直系の祖父母か父母であることなど、適用されるにはいくつかの条件を満たす必要があります。
ただ、この直系尊属から住宅取得等資金の贈与を非課税で受けられる制度は2021年までの時限措置です。

支払う税金を軽減させたい!生前贈与を非課税にするポイント

これまで述べてきた基礎控除や配偶者控除のほかにも、控除や特例はあります。生前贈与を非課税にしたり課税額を軽減させたりするためには、これらの制度をトータルでうまく活用することが大切でしょう。

まずは、教育資金にかかわる特例です。これは、直系の父母や祖父母から30歳未満の孫や子供に教育資金を贈与する場合に、1500万円までが非課税になるというものです。
また、直系の祖母や祖父母が20歳から49歳までの子や孫に結婚・子育て資金の贈与を受ける場合も、一定額が非課税になります。
結婚資金であれば非課税額は300万円、結婚及び子育て資金としての贈与であれば1000万円です。

地の負担を軽くする!税金の種類を使い分けるのも大切

相続税対策として生前贈与を利用するケースは多いですが、相続した方がいい場合もなかにはあります。そのため、贈与と相続を使い分けることが大切です。

例えば、多くの土地を所有している場合、贈与すると受贈者は贈与税に加えて不動産取得税を払わなければなりません。しかし、相続した場合は、名義人の死亡に伴い名義変更しただけであるとみなされ、不動産取得税は発生しないのです。
土地ではなくマンションなどの収益物件を持っているのであれば、贈与の方が有利となります。それは、贈与された物件からの収益が贈与者に入るからです。
このように、どの財産をどの税金の対象にすればいいのかを考慮し、適切に判断する必要があります。

なお、相続時精算課税制度にできるのは1度だけでその後は変更できません。そのため、相続時精算課税制度を利用することを検討しているのであれば、いつにするかのタイミングも慎重に検討する必要があるでしょう。

トラブル防止のために!贈与契約書を作るメリットと書き方とは

それでは、生前贈与はどのようにすればいいのか、具体的にやり方を見ていきましょう。財産の内容によって異なる部分もありますが、基本的には次の2点が大切です。

  • 贈与契約書を作る
  • 税金の手続きを忘れず行う

贈与契約書は、作っておけば税務署や親族間のトラブル防止につながるメリットがあります。贈与契約自体は口約束でも成立しますが、贈与の事実を証明するために作っておくことが大切なのです。書き方や手続きでは、下記の4点に注意しておきましょう。

  • 契約書では、日付や住所、名前は手書きにします。
  • 贈与者・受贈者の双方とも、印鑑は実印を押しましょう。
  • 受贈者が未成年の場合は、親権者が署名と捺印を行います。
  • また、必要であれば必ず税務署で贈与税の申告を行いましょう。

複雑で分かりにくい!分からない場合は税理士や弁護士に相談を

生前贈与は複雑でわかりにくく、どうやってやればいいかわからないという人もいるでしょう。自分でやるとなると、基礎控除を正確に計算するだけでも難しく、本当に節税になっているかも解らない場合があります。

「確実に節税をしたい」「不安がある」といった人は、税理士や弁護士に相談するのも一つの方法です。
より効果の高い節税対策を提案してもらえたり、面倒な手続きの一切を任せたりできます。費用はかかりますが、結果的に「費用以上に節税効果があった」ということもあるでしょう。
初回面談は無料という税理士や弁護士も多くいます。いくつかの事務所で相談し、その中から信頼できそうな人に依頼するといいでしょう。

揉めてしまったら!生前贈与の取り分は後々減らすこともできる

相続トラブルが起こりにくいといわれる生前贈与ですが、それでも起こらないわけではありません。
例えば、兄弟のうち、一人だけが多額の生前贈与を受けていたことが発覚したような時は、他の兄弟が不満に思って相続財産で揉めるといったことがあります。
相続人が生前贈与で多くの財産を得ていた場合、遺産分割協議の際に相続財産を減らすことも可能ではあります。しかし、それでは、ますます揉めることに繋がる恐れがあります。
相続に関わるトラブルが起きた場合は、無理に自分たちで解決しようとせず、弁護士に相談するといいでしょう。

トラブルを避けるためにも!生前贈与の仕組みや方法について知ろう

家族

節税対策になるとして利用する人が増えている生前贈与ですが、その仕組みは簡単とは言えません。
節税するつもりが、かえって多くの税金を払うことになっていたというケースもあります。控除や特例を利用すればもっと節税できたということもあるでしょう。
弁護士や司法書士に相談するのは有益な方法ですが、自分でも生前贈与について正しい知識を深めることが大切です。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.