葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

会社や組織で故人を送る、社葬・合同葬の流れとマナー

カテゴリー 葬儀の種類

社葬も合同葬も故人の葬儀に企業が関与します。社葬は、故人の企業に対する貢献を讃える場であるほかに、広報活動の場としての傾向が強まっています。また、大規模な葬儀となる社葬と比較して、経費の節約にもなる合同葬も増えています。

社葬・合同葬とは

社葬も合同葬も故人の葬儀に企業が関与すると言うことに共通点があります。
社葬は、企業が故人の葬儀を主催して執り行うもので、社葬の費用は企業側が負担します。
一方、合同葬は企業と遺族が合同して主催する葬儀を言います。葬儀の費用は遺族と企業双方が負担します。

社葬とは

社葬は、文字通り会社(企業)が行う葬儀の事です。企業関係者や取引先等も含めた大勢の参列者が見込まれるため、葬儀の規模は大きくなります。
社葬は、故人を悼み厳かに執り行う個人葬とは違い、企業の発展に功績のある創業者、役員等を讃える場であるとともに、企業を社会的にアピールする「広報活動」としての側面もあります。
社葬は、遺族等が執り行う密葬(個人葬)の後、本葬として行われることが一般的でした。
しかし、最近では広報活動としての傾向が強まり、葬儀式と言うよりは広報活動に向いた告別式の方が重視されるようになりました。そのため、社葬の会場をホテルにした「お別れ会※」的なパーティーとしての機能を望む企業が増えています。

※「お別れ会」・・・故人をリラックスした雰囲気の中で見送る式のことです。故人のご家族・友人が集う小規模なセレモニーから、法人が主催する大規模なセレモニーまで様々で、式の会場もホテルやレストランなど、お葬式と比べ自由度が高いことが特徴です。

合同葬とは

合同葬は、企業と遺族が合同で葬儀を主催します。また、複数の企業・団体が合同で行う場合も合同葬と呼ばれています。
規模が大きい社葬と比較して経済的な個人葬と合同した形で葬儀を行うため、企業の葬儀経費も抑えられる効果が期待できます。
ただし、企業関係者と、企業とは関係の無い方々とが同時に参列するため、混乱を来さないように葬儀の進行・運営は細心の注意を払う事が求められます。

喪主になったらどうすればいい?

社葬・合同葬ともに喪主は遺族代表者が務めます。
個人葬では、一般的に葬儀主催者である喪主と、葬儀の費用負担、運営を行う施主は同一人物であることが多いですが、社葬の場合は企業が施主となります。

社葬・合同葬では、企業側の代表者が葬儀委員長として葬儀の最高責任者となり、葬儀を執り行います。
社葬の場合には、事前に喪主が企業側と葬儀の打ち合わせをします。ただし、個人葬に関しては企業は関与しないため、喪主自身が個人葬(密葬)を主催し、個人葬の費用や、葬儀運営を行います。

合同葬を行う前には、喪主が企業側と葬儀の進行や費用負担の打ち合わせを行います。
喪主は社葬・合同葬の際に、遺族代表としての挨拶や、葬儀委員長の次順位で焼香等を行うという役割となります。

喪主と葬儀委員長の関係

葬儀委員長が葬儀の最高責任者となるため、喪主よりも葬儀進行に責任を持ちます。
葬儀委員長が喪主に先立ち、仏式の葬儀では「焼香※1」を、神式の葬儀では「玉串奉奠(たまぐしほうてん)※2」を行います。
葬儀の最後には、葬儀委員長が挨拶を行う事になります。

※1「焼香」・・・故人に対して香を焚いて拝むことを言います。
※2「玉串奉奠(たまぐしほうてん)※2」・・・さかき(榊)等の常緑樹の小枝に、紙のヌサ(幣)といわれる物、または木綿(ユウ)をつけ、神棚に供える作法の事です。

社員はどうすればいい?

社葬・合同葬は、業務時間内で執り行われるため、概ね企業役員や、葬儀進行の補助を行うための係員のみが参加するケースが多いでしょう。
一般社員としては上からの指示が無ければ、特に何もする必要はありません。
ただし、企業の役員・一般社員も含めて全員参加と言う事例も無いとは言えませんので、葬儀に参列する際の喪服、黒ネクタイ、黒靴下、黒靴等は準備されていた方が無難です。なお、焼香マナー等もあらかじめチェックしておきましょう。

社葬・合同葬の流れ

社葬・合同葬も一般的には以下のような流れで執り行われます。

  1. 受付
  2. 開式の辞
  3. 喪主挨拶、弔辞拝受、弔電披露等
  4. 読経・焼香、玉串奉奠、献花等(各宗教毎の式次第により作法は異なります)
  5. 葬儀委員長挨拶
  6. 閉式の辞
  7. お見送り・出棺

事前準備

企業のトップの死は、突然やってきます。故人が亡くなってから社葬の在り方を決めるのでは遅く、事前の準備として社葬・合同葬を運営する約束事を決めておきましょう。

1.企業内での社葬・合同葬の事前準備

一般的に社葬・合同葬の執行に関して、中心になって物事を決めていくのは総務部長の職務と言えます。社葬・合同葬は万全な準備を行い、支障なく運営していかなくてはなりません。具体的には以下の事を取り決めておきます。

社葬・合同葬に関する内規の整備

  1. 葬儀取扱規程の整備
  2. 社内の緊急連絡網整備
  3. 社葬・合同葬の基本フレームの検討
  4. 葬儀社、会場となる施設等の候補を選定

社葬・合同葬の対象者(役員等)の情報収集や整理

2.社葬・合同葬の基本事項の決定

いざ企業に功績のある方が亡くなった時は、企業内で決めた社葬・合同葬の内容を遺族に伝え、葬儀の打ち合わせ・日程の調整を図っていかなければなりません。遺族の協力も社葬・合同葬の成功に必要不可欠と言えます。具体的には以下の事を決定します。

緊急取締役開催

  1. 社葬・合同葬を実施する決議
  2. 葬儀委員長選定・決定
  3. 議事録作成

遺族の意向確認

※なお、合同葬の場合は遺族との費用分担を決定します。

社葬・合同葬の基本フレームの決定

  1. 葬儀の内容、規模、形式
  2. 葬儀会場
  3. 葬儀日程

訃報の出し方

社葬・合同葬とも訃報の出し方に違いはありません。
一般的には、縦書きで右から左に内容を記載します。

まず故人の生前の肩書から始まり、亡くなった旨を報告します。
次に社葬・合同葬の日時・場所を明記し、最後に企業名・葬儀委員長・喪主の氏名を記します。
なお、企業名・葬儀委員長と喪主の間に罫線を入れ区別します。

挨拶

挨拶は概ね葬儀委員長と喪主が行います。挨拶では双方とも参列者に感謝する内容となることは共通しています。
葬儀委員長は故人の所属していた企業側の代表者なので、生前の故人の功績等をわかりやすく参列者に伝えましょう。
喪主は遺族代表であるため、家庭での生前の人柄を伝えることをお勧めします。

通夜

最近の社葬では、通夜が省略され、遺族親族が通夜・密葬または一般葬(企業と関係のない方々の参列)を執り行い、その後に社葬が行われることが多くなりました。
一方、合同葬は通夜からご遺体の火葬までの全ての流れが組まれているのが特徴です。合同葬による通夜の進行は以下の通りです。

通夜開式前

事前に定めておいた内規に従い葬儀実行委員で式の確認を行います。
主に、式場のレイアウト、席順・供花の順番、リハーサルを遺族とともに確認します。

通夜開式後

通夜の儀、「通夜ぶるまい※」を行います。

※「通夜ぶるまい」・・・通夜式後に弔問に対するお礼と故人の供養と言う意味で、弔問客にお酒や食事をふるまうことです。

葬儀・告別式

社葬・合同葬ともに、多くの方々が参列します。綿密に打ち合わせを行い、時間的に余裕のある式次第になるように工夫しましょう。
参列者全員が焼香等をできるのが理想と言えますが、時間の制約で、とても全員に順番が回らないと予測できたら、焼香等をして頂く参列者を前もって指名しておくことも工夫の一つです。

お葬式終了後

社葬・合同葬の終了後は、三日以内を目安に会葬礼状の発送や、挨拶回りを行います。
他に、経費の集計や、退職功労金・弔慰金の処理、社葬記録の保存等、事後処理を進めていきます。

会葬礼状の出し方

会葬礼状とは、葬儀等の会葬者にお礼状としてお出しするものです。
会葬礼状は葬儀終了後、三日以内に発送します。

法事法要はどうすればいい?

法事法要とは、故人の供養のために住職にお経をあげてもらうことや、供養のために出席してくれた方々に食事をふるまうこと等を指します。法要として良く知られている行事として、「初七日※1」、「四十九日※2」、「一周忌※3」があります。
法事法要は、葬儀に該当しないため「社葬の費用」には含まれません。故人の所属していた企業として、法事法要の費用も負担することは考えられますが、この費用は遺族に対する贈与と見なされ、遺族に贈与税が発生します。
そのため、遺族と話し合って費用を負担するかしないかを決めましょう。

※1「初七日」・・・故人が亡くなった日から数えて七日目に行う法要のことです。現在では葬儀の当日に済ませてしまうケースも多くなっています。

※2「四十九日」・・・仏教では故人の魂が自宅を離れる(成仏する)のが四十九日目と言われています。そのため、遺族が「忌明け」として、日常生活に戻るために、親戚、故人の友人等を招いて法要を営む事を言います。

※3「一周忌」・・・定められた年に行う追善供養の事です。故人が亡くなって1年目の命日に行う法要を指します。

仏壇はどうしたらいい?

祭壇は個人葬の場合と同じく葬儀社に依頼するのが一般的です。
社葬・合同葬の経験が豊富な葬儀社へ依頼しましょう。

費用相場

社葬・合同葬の費用は参列者数、会場の規模、企業の規模等により大きく異なります。
概ね、社葬に関しては1千万円~3千万円程度、合同葬に関しては1千万円程度かかります。
社葬・合同葬の費用は個人葬と比較して多額に上りますが、費用を出来るだけ安く抑えたい場合は、葬儀社へのご相談が不可欠です。

費用負担

社葬の場合は費用負担は企業となります。一方、合同葬の場合は遺族とご相談して費用分担を決めます。
ただし、合同葬の費用分担で必ず遺族が負担しなければならないわけでは無く、企業で規程を定めていれば企業が葬儀の費用について全額負担しても問題ありません。

勘定科目

社葬・合同葬ともに葬儀のために通常必要とされる費用は福利厚生費として「損金※」に算入することができます。

※「損金」・・・法人税を計算するときに費用の一部として計上し、企業収益から差し引くことでかかる税金を減らすことができます。

税務

香典は社葬と合同葬では取り扱われ方が違います。

社葬の場合

社葬は企業活動であるため、企業が受け取った香典は「雑収入(雑益)※」として計上しなければなりません。そのため、法人税の課税対象となります。さらに、企業が受け取った香典を遺族に渡すと、遺族に贈与税が発生します。
現在では、まず個人葬(密葬)の際に遺族が香典を頂き、その後に行われる社葬では香典を辞退するケースが増えています。

※「雑収入(雑益)」・・・営業外収益に属するものの内、他のいずれの勘定科目にも当てはまらない収益のことです。

合同葬の場合

合同葬は、遺族と企業が合同で行うために、遺族が香典を直接頂くことになります。そのため、香典は課税対象とはなりません。

経費

社葬と合同葬において、税務署の判断により葬儀のために通常必要とされる費用が経費として認められます。
葬儀の費用として必要とされなかったり、葬儀と関係の無い費用は経費として認められません。また、税務署から過大な葬儀費用と見なされた場合には、経費として認められないこともあります。
なお、合同葬では遺族との費用分担の内容も考慮に入れなければなりません。

企業の経費と認められる費用と、認められない費用

企業の経費と認められる費用
  1. 葬儀の通知、広告費用
  2. 僧侶へのお布施
  3. 祭壇等の使用料
  4. 供花、供物等の費用
  5. 遺族、葬儀委員等への飲食代
  6. 受け付け用テント、照明器具等の費用
  7. 備品等の費用
  8. 葬儀場、駐車場の使用料及び警備員等の費用
  9. 遺骨や参列者の送迎費用
  10. 火葬費用(合同葬は経費と認められません。)
  11. 会葬者への礼状および粗品代金
企業の経費と認められない費用
  1. 個人葬(密葬)として行われた費用
  2. 仏壇・墓石等の購入費用
  3. 墓地使用料
  4. 火葬費用(社葬は経費と認められます。)
  5. 納骨費用
  6. 香典返し等の返礼の費用
  7. 法事法要の費用

その他の注意点

経費として損金処理を行う場合は、必ず領収書等を保管しておきましょう。また、経費として認めてもらうためには取締役会の議事録が必要となります。

議事録

社葬でも合同葬でも、取締役会で葬儀を決定したことの証拠として議事録を作成します。
議事録が無いと領収書があっても経費と認められない場合があります。

葬儀委員長とは

葬儀委員長とは、葬儀を執り行う最高責任者です。
社葬、団体葬等ある程度規模の大きな葬儀で選ばれ、社葬、合同葬などでは、社長のような経営のトップが担当します。

挨拶

葬儀の最後等で葬儀委員長は挨拶を行います。挨拶の内容としては、故人の略歴や功績に触れ、遺族への変わらぬご厚誼を参列者にお願いし、挨拶を終了します。

例文

社葬・合同葬ともに企業に貢献した故人を讃える内容となります。
企業トップのための葬儀の挨拶は以下の通りです。

(例文)
本日、故○○会長のご葬儀を株式会社○○の社葬を持って執り行うに当たり、会社を代表して一言ご挨拶を申し上げます。
○○会長は昭和○○年に○○県○○市にお生まれになりました。○○大学卒業後、昭和○○年に株式会社△△に入社し、昭和○○年に株式会社○○を設立しました。以来、社長として常に陣頭に立ち、今日の株式会社○○を築きあげました。
平成○○年に体調を理由に社長を退任され、ご家族の手厚い看護の下で療養されていましたが平成○○年○○月○○日○○時○○分にご逝去されました。病名は○○でございました。享年○○歳でございます。
会長はとても温和で篤実な人柄でございました。常に情報に敏感で、決断力があり、我々社員を率いてくれた指導者でした。
会長は私どもにとってかけがえの無い存在であっただけに、社員一同大きな衝撃を受けております。
ですが、私どもはこの悲しみを乗り越え、会長から学んだ精神を心に刻み、よりお客様に喜ばれる商品の開発・提供に努める所存にございます。これが会長に報いる唯一の道と考えます。
ご参列の皆さま、本日はご多忙にもかかわらずご会葬いただきありがとうございました。

弔電

頂いた弔電のお礼状も書く必要があります。

タイミング

弔電礼状の発送は葬儀・告別式終了後、出来るだけ早く送付しましょう。だいたい三日以内を目安に送付します。

宛名宛先

弔電を頂いた方のご住所・氏名を誤り無く記載して郵送します。

文例

弔電のお礼状は以下のように記載します。なお、文章の最後に企業名・葬儀委員長・喪主の氏名を記します。

(例文)
拝啓 このたびは弊社 代表取締役○○ 故△△儀 葬儀に際しまして ご多忙中にもかかわらずご丁重な弔電、また鄭重なるご厚志を賜り厚く御礼申し上げます
おかげを持ちまして葬儀告別式を滞りなく相済ます事を得ました
茲に生前のご厚情に感謝申し上げますとともに、今後も変わらぬご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます
早速拝眉の上お礼申し上げるのが本意では御座いますが、略儀ながら書中をもちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます

社葬・合同葬でのマナー

こちらでは社葬・合同葬に参列する上でのマナーを各立場ごとに説明していきます。

取引先、関係団体の方が出席する場合

社葬・合同葬の通知を取引先や関係団体が受け取ったら、参列するか否かを決定し、参列する場合には誰が参列するのかを決めます。概ね、故人と同クラスの役職に就いている方が参列することが望まれます。

遺族の場合

社葬・合同葬は、遺族が企業に依頼するのではなく、企業が遺族へ社葬・合同葬の要望を出して行うかどうかを決定することになります。
遺族も個人葬と同じく社葬・合同葬が厳かに行われる事に努めるべきです。

遺族が注意すべき点は、社葬で香典辞退をしている場合、香典を持参された方から受け取ることはマナー違反となります。ただし、社葬の前に行う個人葬(密葬)を行っている時に頂くのは問題ありません。
一方、合同葬では香典を受け取られても問題ありません。

社員の場合

社葬・合同葬では社員が葬儀の補助として受付等を行うことになります。
社員全員が出席するケースは希ですが、喪服の準備や焼香等の作法を事前に確認しておきましょう。

弔電

弔電とは、事情により通夜、葬儀・告別式に参列できない場合、電報を打ってお悔やみの気持ちを伝えることです。
弔電は原則として葬儀・告別式の前日までに打ちますが、事前に日時が決まっている場合には、期日指定電報を使うことができます。

宛名宛先

弔電は一般的に葬儀責任者、主催者に送ります。弔電の送り先と共に事前に確認しておきましょう。

文例

弔電の文例は、簡略にかつ弔意が伝わるような文章でまとめましょう。

(例文)
・○○会長様のご霊前に、深く哀悼の意を表します。
・○○社長様の不慮のご逝去の報に接し、貴社ご一同に心からお悔やみを申し上げます。

男性の服装

社葬・合同葬に関して、個人葬と同じく遺族・主催者は喪服を着用します。遺族・主催者の男性の服装はモーニングまたはブラックスーツです。
参列者は平服で良いのが一般的です。案内状にも「平服でお越しください」とあらかじめお願いされている場合もあります。
平服は、喪服以外の服装を指します。男性の場合は黒、紺、ダークグレーのスーツにネクタイ、白いワイシャツ、黒い革靴・靴下を着用します。

女性の服装

遺族・主催者側の女性の服装は黒のワンピースやアンサンブル、スーツです。
参列者は男性の場合と同様に平服で良いのが一般的です。
女性の場合は、控え目な色のワンピースやスーツ等地味目の平服で、光るアクセサリーは外します。

お悔やみの挨拶

参列者の挨拶は、平易で差し障りの無いお悔やみの言葉を心がけましょう。死を連想させたり、「度々」、「重ね重ね」等のような重ね言葉を使用したりするのは避けましょう。
お悔やみの言葉としては、「この度はご愁傷さまでございます。心よりお悔やみを申し上げます」と、遺族に挨拶するのが無難です。

供花の送り方

社葬・合同葬では、主催者側から「供花の義は固くご辞退申し上げます」と、あらかじめ辞退を表明している場合が多く、供花を送りたい場合には案内状等に断り書きが無くても、まず社葬・合同葬を行う企業に問い合わせてから送りましょう。

一般的に、供花は社葬・合同葬の場合、故人と親しかった方が遺族へ送ることが多く、企業・団体が送るのは花環の場合が多いです。
式場の大きさも様々で、飾り付ける時間が限られており、宗派によっても生花の色や種類に制限があるため、個人や企業・団体が供花等を送りたい場合には、いずれにせよ先方に確認してからにしましょう。

香典の渡し方

香典とは、故人の霊前に供える、現金を不祝儀用ののし袋に包んだものを指します。
社葬・合同葬でお渡しする場合には、遺族等に対して故人との間柄が一目でわかる様に、香典袋に会社名を右に書き添えて社長名等で出します。また、会社の上司の代理で出席する場合、上司の名刺を預かっていれば、その名刺の右上に「弔」と記載し、名刺の左端か下隅の余白に、上司の代わりに会葬する旨を記載し、ご自身の氏名を書いて、香典と一緒に受付に渡しましょう。

香典に入れたお金の金額については、地域によっても異なりますが、中包みの表面に書く場合と、裏面に書く場合があります。
包む金額に決まりはありませんが、4万円、9万円と言う金額は、「死」、「苦」を連想させるため避けましょう。

香典辞退をされた時の場合

香典は儀礼的な性格が強いため、案内状に香典を辞退する旨が記載されていなければ、香典は用意して行きましょう。
受付にて辞退するのかを尋ねたり、周囲の参列者の様子をみて渡すか渡さないかを決めましょう。

香典以外の物を贈る

前記した供花や香典以外に贈る物としては「供物」があげられます。
菓子折りや果物籠、缶詰籠を霊前にささげることですが、やはり会場のスペースや飾り付けの時間も限られていることから、贈る際には主催者側と前もってご相談願います。

香典以外の物を贈る

前記した供花や香典以外に贈る物としては「供物」があげられます。
菓子折りや果物籠、缶詰籠を霊前にささげることですが、やはり会場のスペースや飾り付けの時間も限られていることから、贈る際には主催者側と前もってご相談願います。

供花や供物も辞退された時の場合

葬儀式場ではなく、故人のご自宅にお花を送る方法もあります。
葬儀までの間に、故人の枕もとにお供えする「枕花」をお届けするのも弔意の表し方と言えます。
ただし、遺族の迷惑にならないように送って良いかどうか前もって確認しておきましょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る