通話無料
24時間365日対応
0120-541-585 ご希望に合わせて掲載外のプランもご紹介できます

四十九日とは?数え方や必要な準備、香典・服装マナーについて

カテゴリー 法事・法要

お墓法要
PR
お坊さん手配サービス

葬儀の後に行われる重要な行事に四十九日の法要がありますが、皆さんはこの法要についてどれ位知っているでしょうか?
仏教では人は亡くなった後、49日目に生前の行いに対する最終的な裁きを受けるといいます。
ではなぜ49日なのでしょうか?なんとなく分かっているつもりでも、四十九日法要の本当の意味や内容を理解している人は少ないと思います。
他にも49日の数え方や法要に必要な準備、取り決め事など分からない事がたくさんありますよね。
そこで今回は四十九日法要について、まとめてみたいと思います。

四十九日とは?意味や数え方

四十九日の意味は、仏教では人は亡くなると49日は魂の行き先が定まらず、この世とあの世の間をさまようと言われ、またその間、生前の犯した罪を閻魔大王に49日間にわたり、7日ごとに7回裁かれると言うところからきています。
そして7回目にあたる49日目に最終的な裁きを受け、魂の行き先が決まると言われています。

その為遺族は法要によって、故人が極楽浄土へ行けるように祈ります。四十九日にはこのように重要な意味があるのです。

四十九日は故人が亡くなった日を1日目として数え、49日目にあたる日を四十九日といいます。ただし四十九日が平日の場合や、法要の際に呼ぶ僧侶や参列者の都合がどうしても合わない時は、都合の合う日(49日目より前の土日など)に前倒しにする事もあります。

ここがポイントPOINT
 
 
注意点として、都合が悪く日にちを前倒しにするのはいいですが、故人が亡くなってから49日目を過ぎてからの四十九日法要はよくないとされますので、気を付けて下さい。
これは49日目を過ぎてしまうと、既に裁きが終わった後になり、魂が迷ってしまう為と言われています。

四十九日法要に必要な準備(遺族側)

日程・会場および僧侶の手配

四十九日法要の日程は僧侶や参列者の都合を考え、故人が亡くなってから49日目以前の土日などに設定するのが一般的です。
先程述べたように、四十九日に当たる日が平日などで都合の悪い時は、必ず前倒しで日程を設定します。

会場の手配は、自宅やお寺、セレモニーホールなどがありますが、会場の空き具合もあり、また僧侶に関しても予定や都合があるので、葬儀後は早めにこれらの事を確認し、手配するようにします。
また、既にお墓があり、法要時に納骨式を行う場合は僧侶に伝えておくようにします。

法事・法要の僧侶の依頼から当日の流れの詳しい説明はこちらもご参照ください

お斎の料理と引出物の手配

お斎(法要後の会食)を行う場合は会場の予約を取ります。場所はホテルやレストラン、料亭などの他、仕出し弁当を頼む場合もありますが、いずれにせよ法要の日時が決まり次第、早めに予約の手配をします。
また、お斎を行わない場合は、参列者に引き出物と一緒にお持ち帰り用の料理とお酒を渡しますので、こちらも法要の日時に合わせ手配しておきます。

以前はお斎の食事メニューといえば肉や魚を使わず、野菜や穀物などの植物性の食材を用いた精進料理でした。しかし現在そのような決まり事はありませんが、タイなどの縁起物の食材は不向きですので、ホテルやレストランなど、どこのお店であっても予約の際は、事前に法要後の食事である事と、慶事の食事が含まれない事を伝えるようにします。
また、仕出し弁当を頼む場合は、法要後の食事である事を伝える以外にも、容器に赤や白が使われないようお願いしておきます

引き出物は実用性のある物を用意しますが、かさばる物は避けます。主にタオルや石鹸、洗剤などの他、最近は2千円から5千円程のカタログギフトを渡す場合もあります。

法事の引き出物についての詳しい説明はこちらもご参照ください

案内状の準備と発送

法要の日時が決まったら、案内状の準備をします。案内状は主に返信用はがきを使い、内容は故人の名前、四十九日の法要である事、法要の日時・場所、お斎(会食)の参加・不参加の確認を記載します。
案内状は参列者の都合も考え、法要の1ヶ月前に送るのが一般的なので、その前に発送できるよう事前に用意しておきます。

法事・法要の案内状の書き方など詳しい説明はこちらもご参照ください

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

四十九日法要に必要な準備(参列者側)

案内状への返信

案内状が届いたら施主は法要や会食の為の準備が必要なので、返信は極力早めに返すようにします。また、法要の日にちを確認したらこちら側の日程の調整もしなければなりません。
特に必ず必要という訳ではありませんが、案内状には余白にメッセージを添えるとより丁寧です。
例として「当日は御遺族の皆様と一緒に故人のご冥福をお祈りしたいと思います。」などが一般的です。

法要の案内状が届いた場合は基本出席するのがマナーですが、どうしても病気などで出席できない時は、封書に欠席の理由とお詫びを手紙に記すと丁寧で気持ちが伝わりやすくなります。
また、その場合は香典を現金書留で郵送します。金額は5千円程が一般的です。

案内状への返信はがきの書き方とマナーについてはこちらもご参照ください

香典の準備

法要に出席する際は香典を用意します。香典袋の表書きは「御仏前」「御供物料」などで、水引は黒白が一般的です。
金額については故人との関係性や自身の年齢などにより、大きく変わって来ます。
一般的に、血縁者なら1万円~5万円、友人や知人なら3千円~5千円位が相場と言われています。

法事での香典の金額相場と香典袋の書き方についてはこちらもご参照ください

お供え物の準備

お供え物を用意する時は食べ物であれば肉や魚は避け、果物や佃煮、かまぼこなどを用意するのが一般的です。
飲み物はお酒の場合、飲まない方もいるので、お茶類などがよく、お花は胡蝶蘭やユリが一般的に用いられます。
また、あまり重くかさばらない物を選ぶようにします。
お供え物はのし紙で包装し、表書きには「御供」と記し、下段には自身の名前を入れます。

法事・法要でのお供え物の選び方と渡し方についてはこちらもご参照ください

四十九日法要の流れ

僧侶

四十九日法要の流れは以下の通りです。

・法要の場で席に着く

・僧侶が着席し、施主挨拶の後、法要の始まり

・僧侶による読経と参列者の焼香

・僧侶による法話

・僧侶退場(一緒に会食をする場合もあります。)

・施主挨拶により、会食

・会食後再び、施主閉めの挨拶と引き出物の配布

ここがポイントPOINT
 
 
注意点として、法要の場で席に着く時は故人に一番関係性のあった参列者から上座に近い場所に座っていき、親族は下座に座るようにします。
この時施主は参列者が席に迷わないように、予め席順を頭で決めておき、席をエスコートするとスムーズです。

焼香のやり方は宗派により異なりますが、一般的な例として、焼香台の前まで移動し、遺族と遺影に一礼します。
その後焼香(宗派により回数があります。)をした後合唱し、遺影に一礼後、再び遺族に一礼をして席に戻るという流れになります。

法事・法要の流れについてはこちらもご参照ください

宗派ごとの焼香の作法についての詳しい説明はこちらをご参照ください

四十九日法要での挨拶例

ここで四十九日法要での挨拶例を紹介します。

【四十九日法要の開始時の挨拶】

「本日はお集まり頂き、まことにありがとうございます。
これより(故人〇〇)の四十九日法要を始めさせて頂きます。
それでは宜しくお願いします。」

【会食の開始時の挨拶】

「本日はお忙しい中、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。
本日無事に忌明け法要をすませることができ、(故人〇〇)も安心したことと思います。
今後は(故人〇〇)の冥福を祈りながら家族共々頑張ってまいります。
それではどうぞご歓談の上、お食事をお召し上がり下さい。」
(乾杯の音頭)

【会食の閉め時の挨拶】

「皆様、本日は最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。
そろそろお時間となりましたので、これにてお開きとさせて頂きます。
今後もご指導の程宜しくお願い申し上げます。本当にありがとうございました。」

【会食を行わない場合の挨拶】

「皆様、本日は最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。
本日はこれにてお開きとさせて頂きます。
ご多忙の中、足を運んで頂いたにもかかわらず、何のおもてなしもできませんでしたが、ささやかながら折詰をご用意いたしましたので、どうぞお持ち帰りください。
今後ともどうかご指導のほどよろしくお願い申し上げます。本当にありがとうございました。」

【僧侶への挨拶】

「本日はお心のこもったお勤めをしていただき、ありがとうございました。
些少ではございますが、お礼でございますのでどうぞお納めください。
どうか、今後ともよろしくお願い申し上げます。」

尚、これらの挨拶は全てほんの一例ですが、このように簡潔に感謝の言葉を話すようにします。

四十九日法要に参列する時の服装

喪服

遺族側

遺族の服装は男性であれば正礼装(ブラックスーツ)を着用し、ワイシャツは白、靴下と靴は黒を着用します。

女性の場合は、正礼装(黒の長袖ワンピース、スーツ)を着用し、バッグや装飾品は黒を選ぶようにします。また、女性は喪服として和服を着用する場合もあります。

参列者側

参列者は男性であればスーツや喪服を着用し、ワイシャツは白にします。また、靴下と靴は黒を着用します。

女性は喪服(スーツ、ワンピース)を着用し、バッグや装飾品は黒を選ぶようにします。また、ストッキングも黒を着用します。

遺族側から案内がある場合(平服でお越しください)などがあったとしても、このような服装であれば失礼にあたらず好ましいです。

他にも子供の場合、男の子は、学校の制服があればそれを着用し、もしなければ黒や紺のブレザーとズボンを着用します。
また靴も黒や紺を履くようにします。
女の子の場合も同じように黒や紺のワンピースか、ブレザー、スカートを着用し、靴も学校指定のものがなければ、黒や紺のスニーカーなどを履きます。

ここがポイントPOINT
 
 
【服装に関する注意点】
・冬場でコートなどを着ていた場合は会場内で脱ぎます
・女性は肌の露出の少ない物を着用するようにします。
・バッグや装飾品は派手なものは控えるようにします。
アクセサーはあまり光るものは付けないようにします。
ハイヒールやサンダルなど爪先の出るものも履かないようにします。

法事・法要での服装のマナーについての詳しい説明はこちらもご参照ください

四十九日法要に必要な5つの費用

お布施

四十九日法要のお布施には特に決まりがありませんが、一番多いのは葬儀時のお布施の1割程の計算にあたる金額が一般的です。
そのため、3万円~5万円程度が相場となります。もしもお布施の金額が知りたいという時は僧侶にお聞きしてもいいですが、その際の聞き方として、直接お布施はいくらでしょうか?とは聞かず、「皆さんどれ位お布施をされていますか?」などと聞くようにします。

また、これとは別に僧侶のお車代として5千円~1万円程度が必要になり、会食を辞退された場合は御膳料として5千円~1万円程度が必要となります。
納骨式なども一緒に行う場合、この分のお布施も合わせて渡します。

法事・法要で僧侶へ包むお布施についての詳しい説明はこちらもご参照ください

引出物とお斎

引き出物にかかる費用は頂いた香典のおよそ半額から3分の1くらいが一般的ですので、2千円~5千円程になります。

他にも香典返しが必要になり、こちらも頂いた香典のおよそ半額位が一般的になります。
香典返しの品物はタオルや石鹸、洗剤の詰め合わせ、または海苔やお茶の詰め合わせなどが多いですが、最近ではカタログギフトや商品券を用意する場合も多いです。

お斎にかかる費用は、ホテルなどでは料理のグレードによってだいぶ異なりますが、一般的には3千円~1万円位になります。

法事の引き出物(お返し)の品物についての詳しい説明はこちらもご参照ください

香典返しの相場や品物についての詳しい説明はこちらもご参照ください



会場費

会場費は法要をする場所や参列者の人数によって変わりますが、3万円~5万円程度が一般的です。

案内状の印刷費と郵送費

印刷費は案内状を送付する枚数により変わりますが、インターネットで注文した場合、カラー両目印刷100枚で2万円程です。
他にも郵送費がかかるので、郵便局などで確認をするようにします。

遠方から参列された方への交通費

法要時の交通費等の費用負担については特に決まりはありませんが、遠方の方の場合は親族間の話し合いによって決められる事が一般的です。
ただし宿泊に関しては、親族との今後のお付き合いの事もあるので、遠方から参列される方には自宅に宿泊してもらうなど、なんらかの配慮をする必要があります。

最近では新幹線や飛行機を使い、遠方でも日帰りをされることが多くなってきましたが、ご高齢の方などはやはり前日か当日宿泊して頂くようになります。
双方の負担を考えて、自宅ではなく近くのホテルを利用する事もありますが、その際のホテル代はやはり施主が負担する場合が多いです。

まとめ

故人の葬儀を終えた後はとても悲しいものですが、葬儀後には、役所での手続きや葬儀社への支払い、挨拶まわりなどやらなければならない事がたくさんあります。
しかも法要は御葬式の時のように、葬儀屋さんが全てやってくれるわけではありません。このような慌ただしい中でも施主は法要の準備などをすべて取り仕切ることになるので、はじめての方は特に不安も大きいと思います。
しかし、四十九日法要の準備や流れ、マナーなどを事前に知っておく事は、亡くなった故人や遺族のためにも大切な事です。
四十九日法要は故人の冥福を祈り最後のお見送りをするとても大事な行事ですので、これから法要をされる方は是非これらの記事を参考にして頂ければ幸いです。

4.2/5 (5)

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.