通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

四華花とは

カテゴリー 葬儀用語

四華花(しかばな)

四華花(しかばな)とは葬儀の飾り物(装具)で、白紙に横に細かく切れ目を入れ、棒や竹串に螺旋状に巻き付けたものである。
白い枝を細長く半分まで削り、花のようにちぢらせる削りかけと呼ばれるものもある。

葬列の際に親族が悲しみを表すために必要なものとされ、手に持ったり、棺の四隅に置かれたりした。

釈迦が亡くなったおり、沙羅双樹(さらそうじゅ)の白い花が釈迦の体を覆ったと伝えられており、それにちなんだ装具だと言われている。
沙羅双樹は実在するものであり、仏教の三大聖樹に数えられている、フタバガキ科の常緑高木のことである。

昔はこの四華花を立てないと死者が成仏できないと言われており、数が4本だったことから「四華」と名付けられた。
また、神道の幣束(へいそく)が紙で作られているのと同様に、死者の依代になると考えられていた。

四華花の字は「四花花」「死花花」「紙華花」とも書き、死者の埋葬地の四隅に四華花を立てることを、地取りという。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る