通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

仏事で供える樒(しきみ)の意味とは?

カテゴリー 葬儀用語

PR
お坊さん手配サービス

樒(しきみ)

樒(しきみ)とは、もくれん科の常緑小高木。「しきび」ともいう。
仏壇やお墓のお供えなど仏事に使われる植物のひとつで、お寺や墓地にも植えられている。
お香のような独特な香りがあり、実際、死臭を打ち消す効果があると言われ、お線香や抹香として使われた。
現在もお線香やお香の香料としても使用されている。
また、すべての部分に毒がある。
土葬していた時代に独特な香りと毒性を利用し、獣から墓を守るのに使用されたことが仏事で利用されるはじまりと言われる。

毒性の実があることで「悪しき実」と言われ、やがて「あ」がとれて「しきみ」という言葉になったと伝えられている。

最近では少なくなったが、関西のお葬式では、邪気を払う力があるともされており、玄関に樒を立てて悪霊除けや、お清めに使われる。
また、枕飾りや、一部の宗派や地域によっては樒を供花として供える。
埋葬や納骨の際に一本の樒を供える風習もある。

4/5 (2)

この記事はよりそうのお葬式が書いています
お葬式の無料相談
24時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
お坊さんの手配が必要な方はこちら
お坊さん手配サービス

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2019,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.