葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

神道に則り故人を送る。神式葬儀・神葬祭の流れとマナー

カテゴリー 宗教

一般的に行われる葬儀のほとんどが仏式形式ですが、神道(しんとう)という宗教が基となる神式葬儀(神葬祭)という形式があることを皆さんはご存知でしょうか。
日本では、神仏習合の考え方から、寺社双方が仏教と神道を融合していたり、日常ではあまり区別して考えない方も多いでしょう。
しかし、神式は仏式と葬儀の意味や流れも異なります。 こちらのページでは神道での葬儀の流れを順を追って説明していきたいと思います。

神道とは?

神道(しんとう)とは、日本古代から現代に続く民族宗教で、土着の宗教であり、仏教が開かれるよりもはるか昔から日本に存在する宗教であります。

概要

神道は日本固有の宗教で、日本人の生活文化の全般に浸透し、それでいて外来文化も受け入れて、日本的に変容させるという特徴があり、日本国家の形成に影響を与えたとされている宗教です。

その原点は、古来の民間信仰(教義や教団組織などをもたずに、地域共同体に機能する庶民信仰のこと)と儀礼の複合体であり、アニミズムといわれる精霊信仰(生物・無機物を問わず、すべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方のこと)的大きな側面を持ち、動植物や昆虫、その他一般的に生命のないとされる山や川などの自然や自然現象、さらに細かく言えば岩や滝などにまでも、神や神聖なものとしての存在を認める宗教です。岩や、滝などに対する神聖なイメージは、多くの方が持っていることでしょう。

これらは、ここからきて、私たち日本人に強く根づいています。また、神話に残る祖霊(先祖の霊)たる神、怨念を残して死んだ者などを敬い、それらに八百万の神を見いだす多神教です。

普通、宗教の名前の多くは日本語だと、〇〇教といった呼び肩をしますが、神道の場合、宗教名は神教ではありません。

先述したように民間信仰が原点となっているため、特定の教祖、創始者というものが存在しません。そのため、キリスト教の聖書、イスラム教ではコーランにあたるような、公式に定められた「正典」なども存在しないとされていますが、『古事記』、『日本書紀』、『古語拾遺』、『宣命』といった「神典」と呼ばれる古典群が、いわば神道の聖典とされています。

歴史

神道のその起源は、はるか遠い昔にまで遡り、何千年も前から自然発生的に誕生していたと考えられていて、とくに弥生時代は種蒔きと収穫の儀式を行うようになった頃とされています。ですが、神道という言葉自体が生まれたのは6世紀に仏教が日本に入ってきた後のことで、従来の信仰に対し、新しい仏の道である仏教と区別するために、神道と名付けられたといわれています。

仏教が日本に入ってくると、それまでの神々を信仰する人々は強く反発し、戦が起きたそうです。その後、仏教が国から正式に認められると、飛鳥・奈良時代以降の天皇や権力者の多くが仏教を信仰しました。その影響で次第に神道は薄れていきましたが、仏教と共存していくかたちで信仰され続けました。

19世紀後半になると、神道は国家神道として再び広まりましたが、戦後は国家と分離されてしまいました。それでも、日本人の日常生活や地域行事には神道に由来するものが多く残り(先述した、岩や滝などに対する神聖なイメージもその一つ)、私たちの生活に根ざしているといっていいでしょう。

死生観

神道は祖先を崇敬する信仰が基になっています。

氏族の始祖を氏神(うじがみ)として崇敬し、祖先を自分たちの守り神として崇敬します。 このように人は死後、家族や親族を見守る御霊となって、祖先である神々の仲間入りをすると考えられます。

もっと端的にいうと、祖先の神々のもとから生まれたものは、やがていつの日か一生を終えると、祖先の神々のもとへと帰っていくのだという考え方です。

日本人の生命は、祖先である神々から自分へ、自分から祖先である神々のもとへ、祖先である神々のもとにある自分から子孫へ、と、永遠に続いていきます。言いかえれば、これは霊魂の不滅、永遠の霊魂を意味するといえるでしょう。

そして、私ども日本人の御霊は、仏教でいうような極楽浄土や、キリスト教でいう天国にいくのではなく、わが家、わが郷土、わが国に留まって、祖先である神々と共に子孫の繁栄を見守り、子孫からのお祭りを受けるというものです。

神道の葬儀(神式葬儀・神葬祭)とは?

神道の形式にのっとって行われる葬儀を、神式葬儀、または神葬祭(しんそうさい)といいます。

神葬祭では、帰幽(きゆう)、つまり人が亡くなりますと、神社の神職が神道の形式にて執り行います。

概念

仏式の葬儀・告別式にあたるものを、神式では「葬場祭」と呼びます。

神道では、故人はその家の守護神になると考えられているため、式は故人を神として祀るために行われます。葬場祭は神社では行わず、自宅か斎場に神官を招いて行うものですが、神式は仏式に対してそれほど一般的ではないので、葬儀社に任せるほうがいいかでしょう。

歴史

葬儀というと、やはり一般的には仏式の葬儀を多くの方が思い浮かべることでしょう。事実、仏教の形式によって行われる葬儀がその大半を占めています。

しかし、神道が仏教伝来以前から存在していたことからも分かるように、神葬祭は仏式の葬儀よりも古く、日本固有の葬法だったといえます。これらのことは古事記や日本書紀といった古典にも記されていて、その事実を物語っています。

仏教伝来以降は、急速に仏教の形式による葬儀が普及していき、さらに寺請制度(江戸時代、キリスト教を排除する目的で「すべての人は寺院の檀家となり、寺院から寺請証文を受け取ること」を強要した制度)が実施される頃には、その傾向はますます強くなっていきました。

このような時世の中でも、国学の繁栄のもと、国学者らによる神葬祭の研究も次第に行われるようになり、神職とその嫡子に限ってのみ、神葬祭が許可されるようになりました。明治時代になると、一般人に至るまで神葬祭が許可されるようになり、全国へ広まっていきました。

流れ

神式の通夜祭、神葬祭の流れは以下のようになります。

帰幽奉告(きゆほうこく)

神道では亡くなった場合、まず神棚や御霊舎(みたまや)に帰幽(亡くなったこと)を奉告します。この後、神棚の前に白紙を下げ神棚封じをします。故人が息を引きとった部屋にはしめ縄を張ります。

枕直しの儀

神式の場合も仏式同様に臨終後の死に水、遺体の清め、死化粧をし、白の小袖を着せて北枕に寝かせます。(現在は、故人が生前に気にいっていた衣装を着せ、小袖は上から掛けることが多いようです。)

前面には祭壇を設け、玉串、榊、灯明、洗米、塩、水、お神酒、故人が生前好きだったものなどを供え枕飾りとします。枕飾りがおわり次第、遺族や近親者が故人を囲み安らかに眠れるよう祈ります。

納棺の儀

遺体を棺に納める儀式で、棺に蓋をして白い布で覆った後、全員で拝礼します。そして、棺を祭壇の前に安置します。

通夜祭、遷霊祭

通夜祭(つやさい)は仏式でいう通夜にあたるものです。通夜祭は儀式をつかさどる神官である斎主と斎員、楽員をはじめ、喪主や遺族、近親者などの参列者が手水の儀を行ってから祭壇前に着席します。

喪主が一礼したあと、全員が一礼をし斎主が祭詞を唱え、楽員による誄歌(しのびの歌)が奏楽されます。斎主につづき喪主から順に、玉串奉奠(たまぐしほうてん、以下に説明あり)を行って通夜祭となります。

遷霊祭(せんれいさい)は、「御霊移し」ともいい、故人の御霊(みたま)を遺体から、仏式の位牌にあたる霊璽(れいじ)に移し留める儀式です。家中の明かりを消し、暗闇の中行われます。儀式後、霊璽は祭壇に安置した「仮霊舎(かりのみたまや)」におさめます。その後、部屋の明かりをつけ、斎主、喪主など一同が仮霊舎の前に着席し、まず斎主が一礼します。
洗米や塩、水などを供え、これを献饌(けんせん)とします。遷霊詞を奏上します。

最後に玉串を捧げ、拝礼して終わります。この儀式によって、故人の霊は家の守護神になります。
本来、通夜祭と遷霊祭は別々の儀式になりますが現在は通夜祭として通して行われるようです。

葬場祭

葬場祭(そうじょうさい)は仏式の葬儀・告別式に当たります。神葬祭で最も重きをおく儀式です。

葬場祭の流れは以下の通りです。

  • 火葬祭
    遺体を火葬する前に、火葬場にて行なう儀式です。神職が祭詞を奏上し、遺族が玉串を奉って拝礼します。
  • 埋葬祭
    読んで字のごとく、墓地に遺骨を埋葬する儀式です。かつては、火葬場から遺骨を直接墓地へ移して埋葬していましたが、最近は一度自宅へ持ち帰り、忌明けの日である五十日祭で埋葬するケースが増えつつあります。
  • 帰家祭
    帰家祭(きかさい)は火葬・埋葬を終えて自宅へ戻り、葬儀が滞りなく終了したことを霊前に奉告します。塩・手水で祓い清めて行います。この後、直会を行ないます。
  • 直会
    直会(なおらい)とは、神職や世話役など、葬儀でお世話になった方々の労をねぎらうため、宴を開いてもてなすことです。これにより神式葬儀に関する儀式はすべて終わりとなり、これより後は、霊祭として行なわれていきます。

神棚封じ

家族が亡くなった場合、神棚と先祖を祀る御霊舎(みたまや)に亡くなったことを奉告します。
家に神棚があるときは、神棚の扉を閉め、白紙(半紙など)を前面にをはり、「神棚封じ」をします。
扉がない神棚の場合、前面に白紙をはり、御神体を隠します。

これは、神道では死を「けがれ」としており、そのけがれが神棚に入り込まないようにするため、家族以外の人に貼ってもらいます。(けがれは穢れなどの汚いという意味合いではなく、亡くなってしまったことで遺族の生きる力が衰退していることをさす「気枯れ」からきています。)

神棚封じの期間は仏式でいうと四十九日の忌明けまで、神式では五十日祭までです。忌中の間、お供えや拝礼はしばらく控えるようにし、故人のお祀りに専念します。

翌日に清祓(きよはらい)を行い、神棚に張った白紙をはがし、それまで遠慮してきた神棚や祖霊舎のお祀りを再開し、通常に戻ります。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)の仕方

通夜祭や葬場祭では、玉串奉奠(たまぐしほうてん)という儀式が行われます。
玉串とは、榊(さかき)という神が宿るとされる木の枝に、紙垂(しで)という白い紙片を結びつけたものです。

神式葬儀では、仏式でいう焼香のかわりとして玉串奉奠が行われます。

斎主が玉串を霊前に捧げ拝礼したあとは、喪主、遺族、近親者、参列者一同の順に霊前に進み、神官から玉串を受け取って捧げます。このときの拝礼は二礼二拍手一礼の作法でお参りしますが、神葬祭や五十日祭までの拍手は、音を立てずそっと手を合わせる忍び手にします。

順番がきたら前に進み、遺族へ一礼し、斎主にも一礼して玉串を受け取ります。
玉串は右手で上から枝の根元をつまみ、左手で下から葉を支えます。このとき、左手の葉先の方が高くなるようにします。

玉串案と呼ばれる台の前へ進み、一礼をします。
受け取った形のまま玉串を目の高さまで上げ、根元が手前に来るように右回り(時計回り)に回します。
左手を枝先に移動して、持ち手を変えます。

玉串をさらに右回りに回し、根もとが玉串案の方へ向くように静かに置きます。
一歩下がり、二礼します。
忍び手で、音を立てずに手を合わせる二拍手します。
最後に斎主、遺族に一礼をします。

玉串奉奠は、立礼で行われることが多いのですが、自宅で葬儀を行う場合は座礼で行うこともあります。
立礼と同じ方法ですが、仏式の作法と同様、祭壇の前に座った後はその都度立ち上がらずにひざをつけたまま、前へ進んだり、下がったりします。

手水の儀(ちょうずのぎ)について

手水の儀(ちょうずのぎ)とは通夜祭や納棺の儀式などの祭事に入る前に、身のけがれを清めるために行う、神道の大切な儀式のひとつにあたります。

桶からひしゃくで水をすくい、左手、右手の順に水をかけて清めたら、左手に水をうけて口に含み、軽くすすいだのち、左手をもう一度清めたあと、懐紙(懐に入れて携帯するための小ぶりで二つ折りの和紙)で口と手を拭きます。

手水の儀のやり方は地方によって多少の違いがあり、最近では省略されることもあります。

神葬祭の包みの表書き

神葬祭の参列者が持参するお包みの表書きは、「御霊前」「御玉串料」「御榊料」と書きます。

白無地の包みに水引は双銀、双白または黒白で、「不幸が二度と訪れないように」という意味である結び切りのものを使います。

霊祭の場合も「御玉串料」と書きます。
神職への謝礼の表書きは「御祭祀料」あるいは、「御礼」と書きましょう。

神式葬儀の香典のマナー

神式の場合に使う香典は、白無地の包みに水引は双銀か双白あるいは黒白の結び切りを使用し、表書きは「御神前」「御玉串料」「御榊料」のいずれかです。

その他、各宗教、宗派共通で使えるものとして、白無地の包みに、水引は黒白または双銀の結び切りで、表書きは「御霊前」がよいでしょう。相手の宗教がわからない場合は、こちらを使うのがよいでしょう。

神式の香典の書き方

表側

  • 市販の不祝儀袋は表書きが印刷されて売っているものも多いので、相手の宗派に合わせて選びましょう。宗教が分からない場合、「御霊前」を選びます。
  • 白無地の紙を使うのが基本で、蓮の絵柄が印刷されたものは仏式の場合のみに使用されます。
  • 水引は双銀、双白または黒白の結び切りを使います。
  • 名前は水引の下、中央に薄墨でフルネームで書きましょう。ボールペンを使うのはやめましょう。

中袋

中袋の裏には金額と住所、名前をフルネームで書きます。相手が香典の整理をする際、わかりやすいように忘れずにか書きましょう。

裏側

弔事の際は、上側を下にかぶせるように水引をかけます。慶事の際とは逆になるので「喜びは上向き、悲しみは下向き」と覚えるといいかもしれません。

神式の香典の相場

神式の香典の相場についてですが、仏式と変わりません。

以下の金額はあくまで目安となります。故人とのおつきあいの程度や自身の立場、年齢、住んでいる地域によっても大きく変わってきます。

目安として、

  • 両親の場合…5万円から10万円
  • 兄弟姉妹の場合…3万円から5万円
  • 祖父母の場合…1万円から3万円
  • おじ、おばの場合…1万円から3万円
  • その他親戚の場合…1万円から2万円
  • 友人・その家族の場合…5千円から1万円
  • 職場関係の場合…5千円から1万円
  • 勤務先社員の家族の場合…3千円から5千円
  • 取引先関係の場合…5千円から1万円
  • 隣人の場合は3千円から5千円

となります。

香典には新札は不向きとされています。新札は、あらかじめ準備するという考えが根付いているので、これは不幸に対して前もって準備をしていたともとれてしまう、という理由からです。手元に新札しかない場合は、一度折り目をつけてから包みます。

また、汚れがひどいものや、あまりにもよれてしまっているのお札を使うのも避けましょう。

仏式葬儀と神式葬儀の違い

神道で行われる葬儀は、仏教で行われる葬儀とは異なります。

仏教で行われる葬儀が故人を極楽浄土へと送るためのものであるのに対して、神葬祭は故人の御霊をその家にとどめて、家の守護神となってもらうための儀式です。

神式葬儀の気になる疑問

神式葬儀で気をつけることは?

それは多くの方が注意しなければならない、仏教用語を避けるということです。当然ながら、仏教の場合の葬儀は仏式であり、神道の葬儀は神式だからです。

つまり、『ご冥福』、『供養』などといった言葉は使わないことになります。また神式では、通夜は通夜祭、葬儀は葬場祭と呼びます。

うっかり仏教用語を使ってしまうことのないよう、注意しましょう。

神式葬儀の零祭ってなに?

神式葬儀の霊祭とは、仏教でいう法要のことです。霊祭は、聖域である神社では行いません。自宅かお墓の前、あるいは斎場で行うのが一般的です。

神式葬儀の翌日が翌日祭、亡くなった日から10日ごとに十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭と続き、五十日祭が仏式でいう忌明けにあたり、法要のように、親族、友人、知人を招いて酒食のもてなしをします。五十日祭以外の霊祭は、特に誰かを招いてはやりません。

五十日祭の翌日に「清祓いの儀」を行い、それぞれ通常の生活に戻ります。その後は、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭と続いていきます。

親族、友人、知人を招く、五十日祭の日取りの決め方やマナーは、仏式に準じていますのでイメージしやすいでしょう。

神式葬儀は安上がりと聞いたけど本当なの?

招かれて持参する「御玉串料」は、やはり仏式に準じ、一応は香典の三割から五割を目安にします。

霊祭は神社では行ないませんので、自宅、墓地、斎場に来てもらうことになります。「御礼」のほか、「御車代」を包むか、車で送迎をします。また、手伝っていただいた人に「寸志」も渡します。

まとめ

多くの人が葬儀に関して誰もがすぐに思い浮かべるのことができるのは、そのほとんどが仏式のものです。

仏式葬儀と神式葬儀は全く違います。言うまでもありませんが、やはり神道における考え方が、葬儀の形式へと強く影響しています。

だからこそ、「神道」という宗教について体系的に知っていくことが、神式葬儀の理解を深めるのには一番でしょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る