必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円から

精進落としの流れから挨拶まで。喪主なら知っておきたいマナー

カテゴリー 葬儀マナー

精進落としを実際に行う際に気になる流れやマナーを準備段階から当時までの順序に合わせてご紹介していきます。当日の挨拶の例文も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

精進落しを行う意味とは?

精進落としとは、葬式や法要の後に参列者に対して料理をふるまう会食のことです。
精進落としは、参列者へのお礼とお清め、そして故人への供養という意味が込められています。

誰を呼んだらいいですか?

読経をあげて頂いた僧侶、故人の会社関係の方、親しい友人・知人、親族がを呼ぶようにしましょう。

どんな料理/メニューにしたらいいですか?

精進落としのメニューは、幕の内弁当のような仕出し弁当から、寿司、懐石料理風のものまで様々な料理を選択できます。最近では、葬儀等に関係する食事の決まり事や、しきたり、慣習がすっかり薄れています。

ただし、伊勢海老、鯛のようなお祝いの席でよく出される食材は、厳かに故人をお見送りする雰囲気を壊してしまう恐れがあるので避けることが無難です。詳しくは葬儀社に相談するようにしましょう。

精進落しはいつ行いますか?

もともと精進落としは、親族が亡くなり通常の食事を断って精進料理を摂っていた方が、四十九日の忌明けに通常の食事に戻すことを指していました。

しかし、精進落としは初七日法要の際に僧侶等の労をねぎらう宴席となっていきました。
最近では精進落としが早まる傾向にあり、火葬場から戻った際に宴席を催すのが一般的になりました。なお、地域によっては火葬中に精進落としを行う所もあります。

精進落しでの挨拶

会場にて、僧侶、故人の会社関係の方、親しい友人・知人、親族等、精進落としに参加する方々が席に着いたら、喪主または親族代表者が挨拶をします。
葬儀がしめやかに行われたことに対してお礼を伝え、献杯を行った後に会食をします。

例文:葬儀・告別式での挨拶

喪主または親族代表者が、出席者に葬儀・告別式へ参列いただいたこと、および故人への生前のご厚誼に対して感謝を述べます。
その際に、故人の性格や人柄を偲ばせるエピソードを盛り込むこと、故人の晩年の生活や、参列者が不快にならない程度に故人の最後、死因(病名等)をお伝えしてもかまいません。また、遺族への今後の支援もお願いしておきましょう。

(例文)
本日はお忙しいところ、故○○の葬儀ならびに告別式にご会葬くださりまして、誠にありがとうございました。多くの方に見送られ、○○もさぞかし喜んでいると思います。

父は、無口で生真面目な性格で、四十年にもわたり黙々と会社勤めをしてきた仕事人間でした。
そんな父が退職した後は、ゲートボールや登山に挑戦するなど、新しい趣味を見つけて楽しむ姿に我々家族も「仕事のほかに夢中になれるものを見つけられて良かった。」と安堵しておりました。

父○○はここ数年の間、体調を崩し闘病生活をしておりましたが○月○日に息を引き取りました。死因は胃がんでした。
父は、仕事のお仲間、そして趣味を同じくするお仲間に支えられた幸せな80年だったと思います。これも皆様と親しいお付き合いをさせて頂いたからこそと、深く感謝をしております。

今後は残された家族一同、力を合わせて生きていく所存でございます。
父○○亡き後も変わらぬご支援のほどを、よろしくお願い申し上げます。

例文:精進落しの開始時(献杯の挨拶)

精進落としの挨拶は、喪主または親族代表者が行います。簡潔に出席者に感謝の意を伝えましょう。
そして、乾杯ではなく葬儀等に関連する場では献杯を行い会食を始めます。献杯は喪主または親族代表者の他、どなたが行っても構いません。なお、地域や宗派によって献杯を行わない場合があります。

精進落としの挨拶

(例文)
皆様、本日は誠にありがとうございました。お陰さまで、故○○の葬儀および告別式を無事に終えることができました。
これもひとえに皆様のご厚意とお力添えのお陰でございます。皆様さぞかしお疲れのここと存じます。
誠にささやかではございますが、皆様への感謝と慰労を兼ねまして酒肴をご用意しました。
故人の思い出話をしながら、ごゆっくりとお召し上がり下さいませ。本日はありがとうございました。

2.献杯の挨拶

(1)精進落としの挨拶(喪主または親族代表者)と同じ方が行う場合
精進落としの挨拶に続いて、「それでは、これより献杯をさせて頂きます。御唱和をお願いします。献杯。」と静かに言います。

(2)精進落としの挨拶と別の方(故人の友人等)が行う場合
遺族以外の方が挨拶をする場合は、まず自己紹介(故人との関係)を述べ、故人との思い出話を一言添えた後、「献杯」と静かに言います。

(例文)
故○○君の友人の○○でございます。故○○君を偲び、献杯の辞を述べさせていただきます。御唱和をお願いします。
この度のことは突然のことで本当に驚いております。○○君とは大学の頃から親しくさせてもらいました。○○君と共にラグビーで汗を流しました。○○君は責任感と正義感の強い人物でした。
○○君の安らかな御冥福と、皆様の御健勝を祈念いたしまして献杯させて頂きます。献杯。

例文:精進落しの終了時の挨拶

精進落としが始まり、一時間程度でタイミングを見計らい喪主または親族代表者が終了の挨拶をします。
この時点で、納骨や法要のスケジュールが決まっていれば出席者に伝えておきましょう。

(例文)
皆様、本日はお忙しい中ありがとうございました。皆様に温かくお見送りをしていただき故○○もさぞかし喜んでいると思います。
故人の思い出話をもっとお伺いしたいところではございますが、皆様もお疲れのことと思いますので、この辺で終了とさせていただきたいと存じます。

皆様に十分なおもてなしもできず申し訳ございませんでした。
本日は誠にありがとうございました。

例文:法事・法要での挨拶

法事・法要とは、故人の供養のために住職にお経をあげてもらうことや、供養のために出席してくれた方々に食事をふるまうこと等を指します。法要として良く知られている行事として、「初七日※1」、「四十九日※2」、「一周忌※3」があります。

※1「初七日」・・・故人が亡くなった日から数えて七日目に行う法要のことです。現在では葬儀の当日に済ませてしまうケースも多くなっています。

※2「四十九日」・・・仏教では故人の魂が自宅を離れる(成仏する)のが四十九日目と言われています。そのため、遺族が「忌明け」として、日常生活に戻るために、親戚、故人の友人等を招いて法要を営む事を言います。

※3「一周忌」・・・定められた年に行う追善供養の事です。故人が亡くなって1年目の命日に行う法要を指します。

1.法事・法要の挨拶

自宅で法事・法要を行う場合は、喪主が挨拶を行います。法事・法要の後の会食は「お斎(とき)」と言われます。例文ではお斎(会食)がある場合を想定しています。

(1)法事・法要の開始の挨拶

(例文)
本日はお忙しい中、お集まりいただきまして誠にありがとうございました。
これより父○○の四十九日の法要を執り行いたいと思います。
ご住職、よろしくお願いいたします。

読経等が始まります。

(2)法事・法要の終了の挨拶

(例文)
本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございました。
おかげさまで父○○の四十九日の法要を無事終了することができました。
○○も感謝していることと思います。
これからも変わらぬご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。
心ばかりではございますが、別室にてささやかな席をご用意しました。
お時間の許す限り、どうぞゆっくりとなさっていってください。
本日は誠にありがとうございました。

2.お斎(会食)の挨拶

(例文)
本日は誠にありがとうございました。皆様に○○の供養の席にお付き合いをいただく事ができ、父○○も喜び、安心してくれたことと思います。
粗宴ではございますが、○○の思い出話でもしながら、皆様と一緒に父を偲びたいと思います。
どうぞ時間の許す限り、ごゆっくりおくつろぎ下さい。

献杯の挨拶の後、会食します。

精進落しの流れ

精進落としを行う流れは以下の通りになります。地域や宗派によって順番には違いがあります。

1.葬儀・告別式終了

2.出棺

3.火葬(火葬中に精進落としを行う場合もあります。)

4.繰り上げ初七日法要

初七日法要は「骨上げ※1」後に行われることが一般的になっています。
僧侶の読経・焼香後に精進落としの案内をします。

5.精進落とし

(1)席の準備
精進落としの席では、位牌、遺骨、遺影を飾り「陰(影)膳※2」と飲み物を置きます。

(2)着席
精進落としの参加者が着席します。

(3)精進落とし開始の挨拶
喪主または親族代表者が挨拶を行います。

(4)献杯
①献杯の挨拶
②献杯の発声
挨拶の最後に「献杯」と発声します。挨拶をした方は杯を軽く上げます。
③唱和
他の参加者全員が、静かな声で「献杯」と発声します。やはり杯を軽く上げます。
実際にお酒を飲まなくても問題はありません。
なお、隣席の方と杯をチンと鳴らしたり、拍手をしたりするのはマナー違反です。
地域によっては献杯を行わない場合もあります。

(5)合掌または黙とう

(6)食事の開始
施主または進行の係の方が食事をすすめます。参加者一同が食事をはじめます。
食事がはじまったら、遺族は精進落としに参加した方々にお酌をしながらお礼を述べて回りましょう。
精進落としは故人を偲ぶ場であることに変わりはありませんので、暴飲暴食は場の雰囲気を壊すことになりマナー違反です。くれぐれも気をつけましょう。

(7)終了の挨拶
タイミングを見計らい喪主または親族代表者が精進落とし終了の挨拶を行います。

※1「骨上げ」・・・火葬を行った後に箸で遺骨を拾い、骨壷に納める作法の一つです。
※2「陰(影)膳」・・・・・精進落としの際に用意される故人の分の料理のことです。その他、通夜ぶるまいや四十九日の法要等でも用意する場合があります。

精進落しの席次を決める

席の順番は、一般的に僧侶が最上位(故人の遺影等から最も近く)であり、故人の親しい友人・知人(来賓者)が上座に座ります。

精進落しの費用相場は?

精進落としを振る舞う人数やメニューによって、金額にはかなりの開きがあります。
例えば、10名程度の参加の場合は、約4万円~10万円程度かかります。

精進落としと香典返しの関係

葬儀は通常、何百万円単位という費用で行う高価な儀式です。そのため、遺族の経済的負担は大きいものとなります。
遺族の経済的負担を軽くする慣習の一つが「香典」といえます。

香典は仏式等の葬儀で、故人の霊前に供える金品を言います。こちらの香典で葬儀にかかった費用を補てんしていくことになります。
国も故人を悼む葬儀の負担を理解しており、香典収入には税金がかかりません。
しかし、香典は参列者のご厚意によるものであるため、香典収入によっては、葬儀費用と比較して大赤字になるケースも出てきます。

1.できるだけ出費を抑えるため精進落としをしない!?

精進落としも接待費用として葬式費用に該当します。そのため、相続税から葬式費用分として控除することができます。
しかし、故人の遺産がそもそも相続税の対象となるような価額では無かった場合、精進落としや通夜ぶるまい、祭壇の設置等でかかった様々な費用が多額に上るのは避けたいものです。
だからと言って、故人を悼むために参列した方々に対して、精進落とし等を振る舞わないことは、おもてなしの心に反する重大なマナー違反となります。

できるだけ出費を抑えたい場合は、故人の葬儀を近親者のみで行い、香典辞退をする代わりに精進落としや香典返しもしないという小規模な葬儀を選ぶべきでしょう。小規模な葬儀には家族葬(密葬)があります。
精進落としも香典返しも、故人の葬儀に参列してくれた方々への感謝と、ご厚意に応えるための慣習ですので、密葬により香典を辞退している以上、これらを行う必要性は薄いと言えます。

2.故人と親しかった方々への対応

遺族が近親者だけでの家族葬を行ったが、やはり故人と親しかった方々とのお別れの場を提供したいと思った場合や、それを開催する資金等が準備できる状況になった場合などは、「お別れ会※」を行うと言う方法もあります。

※「お別れ会」・・・葬儀・告別式を終えた後に行う、故人の友人等を対象とした送別会のことです。

香典返しの相場

香典を頂いた場合には、親族を除いては必ず香典返しをしましょう。
香典返しは、頂いた金額分を同じだけ送ると言う必要はありません。
香典返しの相場は、はっきりとした目安があるわけでは無く、だいたい香典の半額程度が一般的です。

また、香典返しは通常、忌明け(四十九日)以降に贈りますが、最近では葬儀の当日に渡しする場合も見受けられます。この「当日返し」は参列者に同じ品物を用意するわけですが、およそ2千円から3千円程度の品物が良く選ばれています。
なお、多額の香典を頂いた方には、改めてお礼の品を送る心がけも必要と思われます。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る