通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

精進落としの流れから挨拶まで。喪主なら知っておきたいマナー

カテゴリー 葬儀マナー

精進落としの挨拶を考えているイメージ

精進落とし(読み方:しょうじんおとし)を実際に行う際に気になる流れやマナーを準備段階から当時までの順序に合わせてご紹介していきます。当日の挨拶の例文も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

葬儀マナー・精進落しの意味とは?

精進落としとは、初七日法要を終えたあと、それまでの葬儀や法要が無事に終わったことの報告や、それに対する感謝・ねぎらいの気持ちも込めて、喪中は僧侶や世話役、弔問者のために食事の席を設けることです。また、精進落としの言葉は故人がお世話になった方への感謝の気持ちを込めて挨拶をする必要があります。

精進落としには誰を呼んだらいいですか?精進落としの範囲

精進落としでは、だれを呼ぶのかが問題になることがありますが、一般的には読経をあげて頂いた僧侶、故人の会社関係の方、親しい友人・知人、親族を呼ぶようにしましょう。

精進落としにはどんな料理がいい?持ち帰りはできる

初七日法要のあと精進落としが振舞われることになります。もともと、精進落としは四十九日の忌明けに普段の生活に戻る際に、精進落としとして肉・飲酒などをすることを意味しますが、精進落としを英語で訳すと同様の言葉となります。精進落としのは、弁当(会席弁当)のような仕出し弁当をはじめ、精進落としでは鰻、寿司、刺身、中華、懐石料理風のものまで様々な料理が選択できます。また、精進落としでは酒、ビール、ジュースなど好きな飲み物を選択することもできます。

本来、精進落としは生物や肉・魚を避けた料理を食べるものでしたが、おもてなしの心から精進落としでは寿司を振る舞うのが原点だったとも言われています。最近の精進落としは葬儀などに関係する食事の決まり事や、しきたり、慣習がすっかり薄れており、精進落としでも生物が普通に出されますし、精進落としを中華やレストランのような料理が並ぶことも珍しくありません。また、箸をつけるのが精進落としのマナーとされていますが、精進落としを食べない方や精進落としをうけずに帰る方、精進落としを断る方、精進落としを残す方にはお持ち帰りいただくことも可能ですので、精進落としの席座に就けない方のためにもお持ち帰り専用の精進落としをご用意してくことが大切です。

ここがポイントPOINT
 
 
ただし、伊勢海老、鯛のようなお祝いの席でよく出される食材は、厳かに故人をお見送りする雰囲気を壊してしまう恐れがあるので避けることが無難です。詳しくは葬儀社に相談するようにしましょう。また、精進落としでキリスト教では、酒など出さずに茶菓で、手伝ってくれた人たちをもてなすのがキリスト教の葬儀の精進落としです。また、精進落としの数が足りない場合、精進落としの追加ができるように葬儀社が精進落としに対応するのが一般的ですが、葬儀社によってはできないところもありますので注意が必要です。

なお、精進料理と精進落としの違いとして、精進料理は「殺生をしないための料理」です。また、精進揚げと精進落としの違いは、精進揚げは「野菜のてんぷら」のことで、精進落としは精進潔斎の期間が明けて、肉料理や刺身が食べられる最初の食事で、「精進明け」と同じ意味です。

精進落しはいつ行いますか?精進落としの時期

もともと精進落としは、父や母など親族(身内)が亡くなり通常の食事を断って精進料理を摂っていた方が、四十九日の忌明け(49日法要)のあとに精進落としの料理(精進料理)から通常の食事に戻すことを指していました。また、精進落としは江戸の人が神社参謀の後に食べる習わしが広まったともいわれています。古くは、精進落とししなかったから、廊下で泣いてた時に餓鬼がついたとも言われていました。 

その後、精進落としは初七日法要の際にお坊さん、僧侶等の労をねぎらう宴席となっていきました。精進落とし・通夜振る舞いは、会葬者へのおもてなしと、悲しみを和らげ故人の思い出を語り合える場です。

精進落としは四十九日の忌明け(49日法要)のあとに、それを通常の料理に戻す区切りというのがもともとの意味でしたが、最近では、初七日法要を葬儀・告別式に引き続いて、同日に行うことが多く、精進落としは火葬場から戻った際に宴席を催すのが一般的になったものです。初七日精進落としの挨拶は、始めと終わりに列席の方々に対して、喪主か、それに準ずる方がお礼のことばを述べます。なお、精進落としの服装は、施主や遺族は正式な喪服を着ることが多いです。

また、通夜のお食事も告別式のお食事も同様に、浄土真宗では精進落としのことを「おとき(お斎)」と言い、精進落としを神社(神道)では「直会」と言います。最近では、精進落としを火葬場から戻った際に宴席を催すのが一般的になりました。なお、地域によっては精進落としを火葬中に挨拶する所もあります。

なお、精進落としをなし(振舞わない)という事は、マナー違反となります。精進落としは故人の葬儀に参列してくださった方々へのお礼と感謝として、振舞うのが基本です。

お斎と精進落としの違い

お斎は通夜・葬儀・法要などで出される「精進料理」のことです。また、本来は精進落としは忌中払いとして、四十九日の忌明けに精進料理から通常の食事に戻すことを言います。かつての伊勢巡礼では、お蔭参りで伊勢に向かう道中で身を謹んでいた巡礼者は精進落としをするため参拝の後に遊郭に繰り出していました。

精進落としは現在では49日の法要の後の食事のことを意味します。しかし、お斎も、精進落としのように魚や肉を含んだ料理に推移していますので、お斎も精進落としと混同されるようになっています。

精進落しでの喪主(親族代表者)の挨拶

会場にて、僧侶、故人の会社関係の方、親しい友人・知人、親族等、精進落としに参加する方々が席に着いたら、喪主が精進落としの挨拶をします。
葬儀がしめやかに行われたことに対してお礼を伝え、精進落としの挨拶と献杯を行った後に会食をします。

例文:葬儀・告別式での挨拶

もともと葬儀は故人に近しい人たちが行う宗教的要素の強い儀式で、告別式は多くの人に個人との最後のお別れをしてもらうための場でした。古くは、葬儀と告別式の日を分けて行うのが一般的でしたが、最近では同じ日に続けて行うことが多く、精進落としのスピーチも告別式の後に1回というのが主流になっています。通夜も精進落としの挨拶と同様に、僧侶が退場した後に喪主または親族代表者が、出席者に葬儀・告別式へ参列いただいたこと、および故人への生前のご厚誼に対して感謝を述べます。

ここがポイントPOINT
 
 
葬儀・告別式での挨拶は、遺族代表又は個人の代理として参列者に感謝の気持ちを伝えることを第一に考えて、故人の性格や人柄を偲ばせるエピソードを盛り込むこと、故人の晩年の生活や、参列者が不快にならない程度に故人の最後、死因(病名等)をお伝えしてもかまいません。また、遺族への今後の支援もお願いしておきましょう。

(例文)

故人の〇〇(長男など)の〇〇(名前)ともうします。遺族を代表いたしまして、一言ご挨拶申し上げます。
本日はお忙しいところ、故○○の葬儀ならびに告別式にご会葬くださりまして、誠にありがとうございます。おかげさまをもちまして、滞りなく式を済ませることができ、こうして出棺の運びとなりました。

父は去る〇月〇日、午前〇時〇分に入院先の病院で息を引き取りました。享年〇〇歳でした。父は、無口で生真面目な性格で、四十年にもわたり黙々と会社勤めをしてきた仕事人間でした。
そんな父が退職した後は、ゲートボールや登山に挑戦するなど、新しい趣味を見つけて楽しむ姿に我々家族も「仕事のほかに夢中になれるものを見つけられて良かった。」と安堵しておりました。

父は、仕事のお仲間、そして趣味を同じくするお仲間に支えられた幸せな80年だったと思います。父の存命中、お世話になった皆様、深く感謝いたします。
また、父の入院中にさまざまなご支援をいただきました皆様には、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。  

今後は残された家族一同、力を合わせて生きていく所存でございます。
父○○亡き後も変わらぬご支援のほどを、よろしくお願い申し上げます。

例文:精進落しの 献杯の挨拶

精進落としの挨拶は、精進落としをする斎場で喪主または親族代表者が行います。開会の挨拶では、出席者に感謝やねぎらいの意を手短に伝えましょう。
そして、精進落としでは乾杯ではなく葬儀等に関連する場では献杯を行い会食を始めます。精進落としでの挨拶(献杯)は喪主または親族代表者の他、どなたが行っても構いません。なお、精進落としでも地域や宗派によって献杯を行わない場合があります。

(精進落としの挨拶 例文・例文)

皆様、本日は大変お世話になりました。
皆様のお力添えのおかげで通夜から葬儀・告別式を滞りなく済ませることができました。
ささやかではございますが、精進落としの席をご用意いたしました。 
皆様のお疲れをいやすことができればと存じます。
故人の思い出話をしながら、ごゆっくりとお召し上がりながらお寛ぎいただければと存じます。
ありがとうございました。

2.献杯の挨拶

精進落としの挨拶(喪主または親族代表者)と同じ方が行う場合
精進落としの挨拶に続いて、「それでは、これより献杯をさせて頂きます。御唱和をお願いします。献杯。」と静かに言います。
精進落としの挨拶と別の方(故人の友人等)が行う場合
精進落としで遺族でない方が挨拶をする場合は、まず自己紹介(故人との関係)を述べ、故人との思い出話を一言添えた後、「献杯」と静かに言います。

(精進落とし・文例)

故○○君の友人の○○でございます。
故○○君を偲び、献杯の辞を述べさせていただきます。御唱和をお願いします。


この度のことは突然のことで本当に驚いております。
○○君とは大学の頃から親しくさせてもらいました。○○君と共にラグビーで汗を流しました。○○君は責任感と正義感の強い人物でした。


○○君の安らかな御冥福と、皆様の御健勝を祈念いたしまして献杯させて頂きます。

献杯。

例文:精進落しお開きの挨拶(締めの言葉)

精進落としから時間がたつと(一時間程度)タイミングを見計らい喪主または親族代表者が精進落としの締めの挨拶(精進落とし閉会の挨拶)をします。精進落とし締めの言葉・精進落とし退席の言葉とも言います。
精進落としの挨拶(お開き)をする時点でのポイントとして精進落としのさいに、納骨や法要のスケジュールが決まっていれば出席者に伝えておきましょう。

(精進落としの挨拶の例文・お開き )

皆様、本日は長い時間、最後までお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。
皆様に惜しんでいただきいただき、故人もさぞかし喜んでいることと存じます。


故人の思い出話をもっとお伺いしたいところではございますが、皆様もお疲れのことと思いますので、本日はこれにてお開きとさせていただきます。

あたりも暗くなっております。どうぞお気をつけてお帰りください。
本日は誠にありがとうございました。

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

例文:法事・法要での挨拶

法事・法要とは、故人を供養するため、命日に行われる行事のことです。法事・法要では、故人の供養のために住職にお経をあげてもらったり、供養のために出席してくれた方々に食事をふるまったりします。法要として良く知られている行事として、「初七日」、「四十九日」、「一周忌」があります。

「初七日」・・・故人が亡くなった日から数えて七日目に行う法要のことです。現在では葬儀の当日に済ませてしまうケースも多くなっています。
「四十九日」・・・仏教では故人の魂が自宅を離れる(成仏する)のが四十九日目と言われています。そのため、遺族が「忌明け」として、日常生活に戻るために、親戚、故人の友人等を招いて法要を営む事を言います。
「一周忌」・・・定められた年に行う追善供養の事です。故人が亡くなって1年目の命日に行う法要を指します。

1.精進落とし法事・法要の挨拶

自宅で法事・法要を行う場合は、喪主が挨拶を行います。法事・法要の後精進落としが行われます。法事・法要での挨拶は、お斎(会食)がある場合とない場合で挨拶が異なります。また、葬儀と初七日を同日に行う場合でも違いがあります。それぞれの一般的な例文を紹介していきます。

法事・法要の開始の挨拶(会食がある場合の例文)

本日はご多忙のところ、父〇〇の〇〇(初七日など)の法要にご参列いただきまして、ありがとうございました。
また、先日は通夜ならびに葬儀にお運びくださいまして、心からお礼申し上げます。
まだ日も浅いこともあり、なかなか気持ちの整理がつきませんが、皆様から温かいお言葉をいただき、少しずつ落ち着いてきたように思えます。
皆様のお慰みの数々には、心から感謝申し上げます。

たいしたことはできませんが、ささやかなお食事をご用意させていただきました。
おくつろぎのうえ、ごゆっくり召し上がっていただければ幸いです。

本日は誠にありがとうございました。

法事・法要の開始の挨拶(会食がない場合の例文)

本日は〇〇の法要にお運びいただき、誠にありがとうございます。
また先日の葬儀の祈りには、親身に骨折りくださいまして、大変助かりました。
あらためてお礼申し上げます。

本来ならば、この後おもてなしをさせていただきたいのですが、こちらの都合でかないませんでした。ささやかながら、お礼の気持ちをご用意いたしましたので、是非お持ち帰りくださいませ。

どうかこれからも、父の生前と変わらぬご厚誼を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

法事・法要の開始の挨拶(葬儀と同日に行った場合の例文)

本日は父〇〇のためにお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。
おかげさまで、葬儀・告別式に続き、遺骨法要ならびに初七日法要と無事、執り行うことができました。亡き父も安堵していることと思います。 

皆様におかれましては、お忙しいのにもかかわらず、最後までお見送りいただきましたこと遺族を代表いたしまして心よりお礼申し上げます。

ささやかではございますが、別室にて粗餐の用意してございます。
皆様、お時間の許す限りごゆっくりお過ごしになってください。
本日は誠にありがとうございました。

また、精進落としでは孫も親戚に挨拶・お礼が必要になることもあります。なお、告別式の喪主の挨拶の流れは受付・出棺・精進落とし・僧侶へという順に進みます。

精進落しの流れ・内容

精進落としの進行(進め方)は地域や宗派によって順番には違いがあります。精進落としの進め方は次のようになります。

1.葬儀・告別式終了

2.出棺

3.火葬(火葬中に精進落としを行う場合もあります。)

4.繰り上げ初七日法要 ・・七日法要は「骨上げ※1」後に行われることが一般的になっています。 僧侶の読経・焼香後に精進落としの案内をします。

5.精進落とし

精進落しの席順(席次)を決める

精進落としでの席次(席の順番)は、一般的に僧侶が最上位(故人の遺影等から最も近く)であり、故人の親しい友人・知人(来賓者)が上座に座ります。

(1)席の準備
精進落としの席では、位牌、遺骨、遺影を飾り「陰(影)膳※2」と飲み物を置きます。
(2)着席
精進落としに参加する人が着席します。
(3)精進落とし開始の挨拶
喪主または親族代表者が挨拶を行います。
(4)献杯
①精進落とし献杯の挨拶
②献杯の発声
挨拶の最後に「献杯」と発声します。挨拶をした方は杯を軽く上げます。
③唱和
他の参加者全員が、静かな声で「献杯」と発声します。やはり杯を軽く上げます。
実際にお酒を飲まなくても問題はありません。
なお、精進落としでは隣組の方と杯をチンと鳴らしたり、拍手をしたりするのはマナー違反です。
地域によっては献杯を行わない場合もあります。
(5)合掌または黙とう
(6)食事の開始
施主または進行の係の方が食事をすすめます。参加者一同が食事をはじめます。
食事がはじまったら、遺族は精進落とでお酌を参加した方々にしながらお礼を述べて回りましょう。
精進落としは故人を偲ぶ場であることに変わりはありませんので、暴飲暴食は場の雰囲気を壊すことになりマナー違反です。くれぐれも気をつけましょう。
(7)終了の挨拶
精進落とししてからタイミングを見計らい喪主または親族代表者が精進落とし終了の挨拶を行います。例:まだまだ皆様のお話などを承りたく存じますが、夜も更けてまいりましたので、本日はこれにてお開きとさせていただきます。

※1「骨上げ」・・・火葬を行った後に箸で遺骨を拾い、骨壷に納める作法の一つです。
※2「陰(影)膳」・・・・・精進落としの際に用意される故人の分の料理のことです。その他、通夜ぶるまいや四十九日の法要等でも用意する場合があります。

精進落としは地域や宗派で葬儀の流れや精進落としの流れが違う

地域や宗派によって、精進落としの作法・流れが異なる場合もあります。本来、精進落としは、陰膳(旅立つ故人のために)という意味で用意するものです。

ここがポイントPOINT
 
 
阿弥陀如来にお救い頂こうという教義が基本の浄土真宗と浄土宗を例とすると、精進落としをしない浄土真宗(お斎を行う)、精進落としをする浄土宗というように宗派による違いがあります。また、精進落としのことを関西では「精進上げ」といい、精進落としでも京都では見た目も上品で精進落としもカロリー控えめのヘルシーな料理、長崎の精進落としの中でも長崎市の精進落としでは、通夜振る舞いは行わず、通夜からお茶・お茶菓子、そして葬儀・告別式から精進落としという流れが定着しています。地域によって精進落とし、精進上げ、お斎、精進明け、精進落ちなど呼び方は様々です。

また、神社では精進落としを直会といい、その他にも、精進落としでの挨拶を隣組の方がかんたんにすることになっている地域や、精進落としでも神道では後祓いの儀・帰家修祓の儀を行う、初七日法要を繰り上げる「繰り上げ法要」によって精進落としを行う地域、三回忌の法事のあとに親戚一同で旅行することもあります。また、精進落としを七回忌のあとに行うこともありますし、浄土真宗と天理教では精進落としも様々ですので(同時信仰という方も多いため)、事前に確認が必要となります。

精進落しの費用(料金)の相場はいくら?

精進落としはいくら包むのか気になる方も多いと思います。精進落としの人数や精進落としの食べ物のメニューによって、精進落としのお金(代金・御膳料)にはかなりの開きがありますので、精進落としに欠席(精進落としに不参加)か出席かを確認し、精進落としで子供のお料理をいくつ用意すればよいのかを事前に確認しておく必要があります。

ここがポイントPOINT
 
 

精進落としの食事代にかかる金額は一人あたり3,000円前後が、精進落としの相場と言われていますが、精進落としの価格や精進落としにかかる値段は2,000円~6,000円程度のものまで料理の種類によって様々です。また、精進落としではお坊さんやお手伝いしてくれた方には「お車代」として謝礼を手渡すのが礼儀ですので、精進落としをお手伝いしてくれた方の人数や精進落としの内容に応じた費用が必要になります。お坊さんや僧侶にわたす精進落としの表書きには「お車代」「御車代」と書きます。精進落としでうけとる香典の表書きとは違いますので注意が必要です。

精進落としと香典返しの関係・精進落としの熨斗(のし)

日本消消費者教会のアンケート調査によると、通夜から告別式まで葬儀にかかる費用の全国平均額は122万円程度と言われていますが、精進落としで接待にかかる費用や寺院費用を合わせると189万円になるというデータが出ています。このデータを見ても、精進落としの金額に関する負担は大きいものとなります。
遺族の経済的負担を軽くする慣習の一つに「香典」があります。
香典は仏式等の葬儀で、故人の霊前に供える金品を言います。精進落としの使い方として、香典の金額を精進落としの費用に補てんしていくことになります。
国も故人を悼む葬儀の負担を理解しており、告別式・精進落としでの香典の収入には税金がかかりません。
しかし、葬式・精進落としでいただく香典は、葬儀や精進落としの参列者のご厚意によるものですし、香典返しの金額は精進落としの際に香典のお返しとして、いただいた香典の半分から3分の1相当の品物を精進落としの引き出物としてお返しする必要がりますので、香典収入を葬儀費用にあてたとしても、香典返しの金額と精進落としの金額によっては大赤字になるケースも少なくありません。

1.できるだけ出費を抑えるため精進落としをしない(遠慮する)!?

精進落としは葬式にかかる費用の中の飲食接待費に分類されています。精進落としは相続税から控除できる費用です。(精進落としの債務控除)、とは言え、故人の遺産が相続税の対象となるような価額が無い場合を勘案しても、精進落としや通夜ぶるまい、祭壇の設置等でかかった様々な費用が多額に上るのは避けたいものです。

葬儀で精進落としは必要なの?と考える方も少なくありませんが、精進落としをはじめ葬式費用の出費をできるだけ抑えたい場合は、香典辞退をする代わりに精進落としをなしにして(辞退)、香典もしないような葬儀を行うことがいいでしょう。最近では、親族や近しい友人だけで密葬(葬儀)を行う家族葬に人気があります。
ただし、家族葬を行う場合は、香典返しの費用や手間を抑えるためにも、香典を辞退することを電報(弔電)等で伝えておく必要があります。

2.故人と親しかった方々への精進落としの対応

遺族が近親者だけでの家族葬を行ったが、やはり故人と親しかった方々とのお別れの場を提供したいと思った場合や、それを開催する資金等が準備できる状況になった場合などは、「お別れ会」を行うと言う方法もあります。
お別れ会とは、葬儀・告別式を終えた後に行う、故人の友人等を対象とした送別会のことです。

まとめ・香典返しの相場

香典を頂いた場合には、香典返しをすることが一般的です。
香典返しには、決まったルールはありませんが、いただいた香典の半分の金額の品物を送る「半返し」が相場と言われています。
また、手間や費用を抑えるために葬式と精進落としの当日に香典返しを済ませる「当日返し(即日返し)」を利用すると、香典の額にかかわらず、一律で2,000円から3,000円程度が相場です。

ただし、高額な香典をいただいた方に対しては、改めて返礼品を送ります。四十九日を過ぎた忌明けに、当日返しで渡した品物の金額を差し引いた金額の半返しに相当する品物を、贈ることが一般的です。

4.2/5 (5)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る
ご利用のお客様へ

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright c 2013-2018 Minrevi. All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る