通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

出棺の流れ・マナーと喪主の挨拶例文

カテゴリー 葬儀の流れ

棺

お葬式のマナーは知っていても、出棺に関するマナーを知っている人はいるでしょうか。

出棺とは葬儀や告別式のあとに、ご遺体を火葬場まで運ぶことを言います。テレビドラマやニュースで棺を霊柩車に運ぶシーンを目にすることもあるので、なんとなくのイメージはつくでしょう。
しかし、この出棺にもきちんとした手順やマナーがあります。これからお葬式をあげる方や、将来の為にお葬式について学びたい方に、出棺についての流れやマナーを大まかではありますが紹介します。

出棺/出棺式(出棺の儀)とは?

出棺とは、葬儀や告別式が終わり故人との別れの儀式をした後、ご遺体を葬儀場から火葬場まで運ぶことを言います。出棺式とも言います。
テレビなどでも見かける、数人の男性が棺を霊柩車に運び、喪主が位牌を、遺族の代表が遺影を持ち故人を見送る場面の事です。

火葬場で遺骨になる前に、故人と向き合う意味を持つ大切な時間となっています。
特に、火葬場まで同行しない方にとってはこれが最後の対面となります。

出棺の流れ/手順

出棺から火葬まで何をするのか、大まかな流れを紹介します。

葬儀から納棺

葬儀や告別式が終わった後に故人との別れの儀式を行います。これを納棺と言い、祭壇に乗っている棺を中央に下し、祭壇などに飾られているお花や入れてあげたい副葬品を、会場に集まっている全員で棺の中の故人に添えるようにして入れます。

副葬品は愛用の品などになりますが、原則として可燃のもののみとなります。
時計などを納めたい場合は、棺に入れず遺骨とともにお墓に納めましょう。そして棺を釘などで蓋をした後、霊柩車まで運びます。

棺を霊柩車に乗せるまで

出棺の前後に喪主や遺族は横に並び、位牌や遺影を会葬者に向け挨拶をします。

挨拶のタイミングは主に霊柩車に棺を乗せた後か、棺に蓋をした後になります。

挨拶が終わり霊柩車に棺が乗った後は、遺族や親族、故人と特に親しかった方、同行希望者が火葬場まで向かいます。
また、出棺の際に霊柩車は1度クラクションを鳴らすことがあります。これは感謝やお別れの意味があります。

火葬から骨上げ

火葬場に着いたら納めの儀式をします。

僧侶が同伴している際は出棺経をあげてもらい、焼香します。
僧侶がいないときは係員の指示に従って焼香してください。

焼香が終わると棺は火葬炉に納められ、およそ1〜2時間の時間をかけて火葬されます。その間、遺族や同行者は控室で待機しています。

火葬が終わったら骨上げげを行います。「骨上げ」とは遺骨を2人1組になり、箸で骨を拾って骨壷に入れることです。
喪主、遺族、親族、友人の順番で骨壺に納めます。最後に喉仏を故人と1番関係が深い人が納めます。

骨上げが終わったら、還骨法要(※1)と、初七日法要(※2)、精進落としを行います。

還骨法要(※1)・・・宗派によって呼び方は違いますが、葬儀会場や寺、自宅に戻りお骨となった故人を供養する儀式を言います。
初7日法要(※2)・・・故人が亡くなった日から7日目に行う儀式です。近年では火葬の後に行うのが一般的となっています
還骨法要・初七日法要についての詳しい説明はこちらもご参照ください

また、49日が過ぎて最初に迎えるお彼岸のことを初彼岸と言います。初彼岸は普段のお彼岸のようにお墓参りに行き、お供え物を添えるだけで構いません。お供え物は故人の好物などをたくさん添えてあげるとよいでしょう。

初彼岸についての詳しい説明はこちらをご参照ください

以上が大まかな出棺から火葬までの流れです。

火葬の時間・骨上げについての詳しい説明はこちらをご参照ください

お坊さん便
法事・法要のことなら「お坊さん便」に お任せ下さい。 定額の料金でお坊さんを 紹介いたします。

出棺時の喪主の挨拶例文

喪主は葬儀を行うにあたって様々な場面で挨拶することになりますが、準備などで忙しく、挨拶の内容を考える余裕がありません。
また、はじめて喪主となった方は何を言えばいいのか判らなくなるでしょう。
出棺時の挨拶例文を紹介しますので是非参考にしてください。

挨拶例文

「遺族ならびに親族を代表いたしまして、ご挨拶を申し上げます。
本日はご多用中のところ、わざわざご会葬いただき、誠にありがとうございました。
おかげさまをもちまして、葬儀(告別式)も滞りなく済み、これより出棺の運びとなりました。大勢の方にお見送り頂いて、故人もさぞ感謝していることと存じます。
残された私どもも、故人の遺志を継いで一層頑張っていきますので、生前と変わりなくご指導を賜りますようお願い申し上げます。
本日はありがとうございました。」
「本日はお忙しい中、(続柄、故人名)の葬儀にご会葬くださいまして、誠にありがとうございます。
故人も皆様のご厚情にさぞ喜んでいることと存じます。
(続柄)は、(病や事故など)で病院に駆けつけ入退院を繰り返していましたが、残念ながら帰らぬ人となりました。もう(続柄)に会えないのは胸が詰まる思いになります。
(続柄)に代わりまして、生前賜りましたご厚情に深く感謝申し上げてのご挨拶とさせていただきます。」

出棺時のマナー

出棺に決まりごとはありませんが、故人を想うなら最低限のマナーは守りたいものです。
出棺時の主なマナーは、以下になります。

出棺時の主なマナー

特に服装は気を付けなければならず、季節や気温によってはコートが必要になることがあります。
出棺を待つ間ならコートを着ても構いませんが、出棺の際は礼服で見送るのがマナーとされているので、寒い中コートを脱いでも大丈夫なように、インナーなどで対策をしましょう。
また、雨の日は黒か紺色の地味な色の傘をさすようにしましょう。

火葬に同行する際の注意点

棺閉める

火葬場まで同行するのは、遺族、親族、故人と縁が深い友人などです。
遺族が同行者を依頼して、火葬場までの移動車を手配します。

同行を希望する場合、遺族にその旨を伝えれば当日の同行も可能ではありますが、人数に合わせた車や精進落としで出す料理の手配などの関係もありますので、前日に希望するのが望ましいです。

また、遺族の方に同行を希望された場合は快く承諾してください。ただし強制ではありませんので、どうしても時間の都合などで同行ができない場合は、丁寧にお断りしましょう。

火葬場では立ち位置など喪主や遺族が優先されますので、それ以外の方は後方で控えるようにします。

また火葬の待機中、お酒などが振る舞われても飲み過ぎて酔っぱらったりすることがないようにしましょう。

喪主や遺族が持っていかなければならないもの

参列者だけではなく、喪主や遺族にも火葬場で持っていかなければならないものがあります。「火葬許可証」「茶菓子、軽食」「心づけ」です。

火葬許可証がなければ火葬はできません。当日忘れないか不安な人は、事前に葬儀会社の方に預けておくのがよいでしょう。

茶菓子や軽食などは火葬中の間、控室で待つ同行者たちに振る舞うものです。ただ、火葬場の待合室などに、茶菓子や軽食が用意されている場合もあります。用意されているかどうかや、用意が無い場合に用意できるかについては事前に葬儀会社の人に確認・相談するようにしましょう。

心付けは火葬場の係員や霊柩車、移動車の運転手に渡すもので、およそ3,000円から5,000円程度の金額を渡すのが一般的となっています。
火葬場の係員には火葬前、移動車の運転手には出発前か帰った時に渡します。

まとめ

訃報はいつ訪れるかわからないもので、突然マナーなどを調べる余裕はありません。
葬儀や告別式のみを重視する方も居るかもしれませんが、出棺も火葬も故人を見送る上でとても大切なことです。
事前に最低限のマナーを身につけ、心を込めて見送れるようにしましょう。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る