葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

終活で大切なことのすべて

カテゴリー 終活

最近では終活という言葉が定着しています。ご自分が亡くなるまで、そのライフスタイルを充実させることはもちろん、自分が亡くなった後に家族がいろいろなことで困らないように、ご自分の遺志を伝えるという意味でも終活は大きな役割を持ちます。
今回は終活とは何か?そもそも終活をする場合には、どんな行動をとればよいのか?をわかりやすく説明します。この記事を読み終わった後は、終活の基本的な知識と、ご自分が行う終活の準備の良い参考資料となることでしょう。

終活とは

終活とは、ご自分の人生の最期をより良く安泰に締めくくるための準備であり、自分らしく生きていくためのための活動、そしてご自分の最期を看取る家族へ、感謝を伝える活動を言います。
もちろん、ご自分が亡くなるまで趣味に没頭したり、配偶者と旅行をしたり、美味しいものを食べるたりすることも立派な終活ですが、ご自分が亡くなった後に、家族のために何かしてあげることは何か?を考え活動することも大切な終活です。

終活のメリット

終活のメリットは、ご自分の余生を充実させ、心安らかに最期を迎えるための活動であることはもちろんですが、ご自分の亡くなった時に、家族が葬儀や、遺産に関する調査や手続き等で問題が起きないように自分の遺志を伝えることができるという点にあります。
事前にご自分で、葬儀プランを練り、墓地や墓石を購入し、エンディングノートに生い立ちや、親しい友人、家族や親類縁者への感謝の言葉を残し、遺産に対しては遺言書を残すことで、遺族への負担を回避できる点が長所と言えます。

終活を始めるタイミング

終活を始める時期には決まりはありません。ご自分が必要だな、と感じた時期に行うべきでしょう。一般的には70歳程度になってから終活を始める方々が多いようです。また、配偶者が亡くなったことがきっかけで終結を始める方もいます。タイミングに関しては人それぞれですが、仕事を退職し、子供も自立し、ご自分が健康な時に、終活に関する準備や行動を起こすべきでしょう。
高齢にによる病気やケガで入院した後では、ご自分の体力や思考能力も衰えてしまうかもしれません。そうなる前に、元気なうちに終活を開始しましょう。

終活はどんなことをすれば良いのか?

終活はご自分の経済状態、家庭環境、健康状態等を考慮に入れて、家族にどんなことを伝えたいか?どんなことをしてもらいたいか?そのために自分はどんなことを準備すべきか?を考える必要があります。
各人の置かれた状況によって千差万別と言えますが、概ね共通するであろう終活に関して焦点となるのは、主に以下の事柄です。

  • エンディングノートについて
  • 葬儀について
  • 墓地墓石について
  • 遺産相続について

以降では、エンディングノート・葬儀・墓地墓石・遺産相続の4つに関してご自分で行う準備と、家族にしてもらいたいことを伝えるための方法をご紹介します。

エンディングノートについて

一見、終活の準備というと身の回りの家財道具等の整理が挙げられますが、まずはご自分の財産の把握や、印鑑・通帳の保管場所、親交の合ったご友人、家族に伝えたい想いを、書き留めることからはじめることをお勧めします。
その一種の記録帳のようなものが「エンディングノート」です。よく世間で認知されるようになった終活のための方法と言えます。こちらでは、エンディングノートの役割と、注意点を述べていきます。

エンディングノートは日常生活の記録のために

エンディングノートは終活を進める際に作成することをお勧めする記録帳です。ご自分が万が一、認知症を発症し、その症状が進行してしまうと、もはやご自分の親交のある方や、遺産、何より家族に伝えたい想いすら忘れてしまうことがあります。そのために、ご自分が健康で思考能力も万全な状態の頃に作成しましょう。
まず、記載する内容としては基本的には、ご自分の氏名・生年月日・住所・連絡先を記載します。その上で、以下の情報を確認し、ノートに書き留めておきます。

  • ご自分の遺産に関する情報(例えば、通帳や印鑑の保管場所、クレジットカード等の有無)
  • ご自分の生い立ちや、経歴、職歴、趣味に関する記載
  • ご自分の配偶者・子・孫・兄弟姉妹等の親類縁者の氏名・住所・連絡先
  • 親交のあった友人・知人の氏名・住所・連絡先
  • かかりつけの医療機関や入所している介護老人施設等の名称・住所・連絡先
  • 処分しても良い家財道具等の記載
  • 家族への言葉

以上のような項目はご自分が忘れないための記録帳の意味もありますが、このノートへの詳細な記載がご自分の亡くなった後に、家族の助けとなります。

エンディングノートの注意点

エンディングノートを、ご自分の親類縁者、交友関係や、経歴、財産の記録として作成することは有効な方法です。
しかし、ご自分が亡くなった後はこのノートが法的効力を持つということは無く、例えば「この遺産は、この人に受け取ってもらい。」とか、「残った資産は、このように分配する。」ということを定めたい場合には、エンディングノートへ記載する他に別の法的手続きを踏まなければいけません。

エンディングノートは万能の効力を持つ書類なのではなく、エンディングノートに記載した内容が、改めて法的手続きを要するものなのか、墓地・墓石の購入のように、どこの寺院にどんなお墓を建てるために、どんな業者と契約をしていくかを決めるときに、事前準備のために作成する書類という面もあるのです。

葬儀について

葬儀に関してご自分の希望を家族に話していなかったり、その希望を書面等に遺していなかったりした場合には、家族が全てを決めなければいけません。

故人を心安らかに見送りたいのは家族の希望ではありますが、いざご自分が入院先で亡くなった場合には、医療機関から、自宅または霊安室または火葬場へ搬送する手配、葬儀プランも家族が一から考える必要があり、死亡届等も役所に提出しなければならない、親類縁者はもとより、故人の友人・知人へも報告する必要がある・・・、非常に慌ただしい事態になります。

そんな家族の負担を未然に軽減するためにも、ご自分が元気なうちに終活として行っておくことが大切です。そこで、エンディングノートへの記載が有効な手段となります。以下のような内容をご自身で決定し、家族へのこしておきましょう。

  • どんな葬儀をお願いしたいか?(仏教式か?キリスト教式か?神式か?)
  • 葬儀社はそんな業者が良いか?
  • 葬儀のプランや費用の内訳はどうしたいか?(厳密に決定する必要はありません。)
  • 誰に参列してもらいたいか?(できれば参列のする方の氏名・住所・連絡先も明記します。)

この様な希望を書いていれば、家族が葬儀の際、その準備に手間取る事態を避けることが期待できます。

葬儀費用を自分(故人)で賄うには?

葬儀費用は全て合わせて概ね200万円前後が相場と言われています。しかし、都心や地方の都市、町村等、親類縁者の数、知人・友人の参列予定者、故人の生前の職業・地位によっても葬儀費用は大きく異なります。
葬儀費用を賄う手段として、生命保険会社等が取り扱う通常の生命保険や、死亡保障付きの医療保険等へ加入しておき、ご自分が亡くなった時に遺族へ支払われる保険金を活用する方法が考えられます。ただし、保険金受取人が保険金請求をしても、請求書等が保険会社に到着した後、ようやく5営業日で保険金が支払われる場合がほとんどです。

そのため、家族が葬儀費用を支払った後、しばらくは保険金が振り込まれるまで待たなければならず、その間は生活費等が圧迫されてしまうおそれがあります。香典収入や、国民健康保険、後期高齢者医療に加入していた方であれば葬祭費が受け取れますが、その分だけで葬儀費用が全て補填できるとは限りません。
そこで以下のような制度を活用することを検討してみましょう。

葬祭保険

最近では「葬祭保険」という保険金を葬儀費用に充てることを目的とした、少額短期保険が登場しています。この保険では、葬祭保険業者のほとんどが99歳まで保障期間と定め、高齢でも加入審査が簡単で、最大で300万円まで保険金を受け取ることができます。また、加入者が亡くなった場合に保険金の下りる期間も短く、ご自分の死後、保険金受取人が保険金請求を行い、請求書等が保険会社に到着した後、早ければ翌営業日には指定口座に保険金が振り込まれます。

互助会

正式な名称は「全日本冠婚葬祭互助共同組合」という事業協同組合です。入会手続きを経て冠婚葬祭の積立を行っていきます。加入者の家族であれば積み立てたお金をどなたでも活用できます。掛金も選べ、結婚式・葬式のどちらでも利用可能です。
ご自分が亡くなったときに家族が葬儀費用に困ることを見越して、これらの保険や互助会に加入し、その事実をエンディングノートへ記載しておきましょう。

故人の口座が凍結されて葬儀費用が支払われない!

葬儀費用が必要であればご自分が亡くなった後に、「好きなだけ遺族が自分の口座からお金を引き落とせば良いのでないか」そう思われる方もいます。

しかし、ご自分が亡くなったことを金融機関が知ると遺産相続で問題が起こるのを未然に防ぐため、ご自分の生前の資産は凍結されます。これは、たとえご自分の遺産を相続する方が一人だけでも同様の措置を金融機関はとります。この凍結を解除するためには、遺族(相続人)が金融機関の指示に従い、必要な書類を集め、金融機関に提出し、その審査を受けて解除に問題がないことを金融機関が認める必要があります。この一連の手続きは、非常に手間と時間のかかる作業であり、葬儀を執り行いながらこの手続きを並行して進めることは困難です。

当然、生前にご自分が保有している資産の状況や、金融機関名、口座番号とその金額をエンディングノートに記載することは家族の助けとなりますが、それだけですぐに遺産の活用ができるわけではありません。
突然の事態を想定し、あらかじめお金に関して話し合っておくことや、喪主となりそうな人は貯金をしていくなどの対策を取っておくようにしましょう。

墓地墓石について

葬儀費用だけでも、故人から何も希望されていなければ、家族が予想外の手間や出費に追われてしまうことは前述しました。
これは墓地墓石の購入に関しても言えることです。ただし、先祖代々のお墓にご自分が入ることを希望する場合は、さほど手間も費用もかかるわけではありません。

問題は、今のところご自分の遺骨が入るお墓が無い場合や、新たに墓地・墓石を購入しそこへ納骨してもらいたい場合です。
エンディングノートには以下のような形で記載しておきましょう。

  • 入りたいお墓の希望(先祖代々のお墓ならその旨、既に自分用の墓がある場合はそこへの納骨を希望します)
  • 墓地・霊園等の希望(ただし、希望どおり墓地にお墓を建てられないケースもあります)
  • 納骨場所である寺院名、住所、連絡先
  • 墓地墓石の購入費用(既に購入済みの場合は費用の内訳等も記載しておきましょう。家族に購入してもらいたい場合は、大まかな費用を記載しておきましょう)

このような内容をエンディングノートに記載しておくことがことが考えられます。

寿陵を行う場合の終活

こちらは寿陵(じゅりょう)と読みます。生前墓と言われることもあります。まさしく生きている時に自分のお墓を建てることを言います。
生前にお墓を建てておくことは節税にもなりますが、何より、家族に墓地・墓石の購入に手間と費用の負担をかけることを避けることにつながります。この寿陵も立派な終活です。
この寿陵に関しては墓地・霊園選びに関して以下のような項目を考慮に入れるべきでしょう。

1.お参りしやすいような立地条件

家族がお参りしやすいように、自宅からの距離を考慮に入れたり、自宅から遠くても、墓地・霊園の近くまでバスや電車等の公共交通機関で向かいやすいか、マイカーで行く場合に便利かと言うように交通の便を考慮に入れることも大切です。また、たとえ多少不便な場所にあって、家族がたまにしか訪れることができない場合でも、静かで、自然豊かな環境にあり、家族が長く故人との思い出に浸れる場所となり得る墓地・霊園であるならば、そこに決めるのも一つの選択肢です。

2.宗教宗派を考慮に入れる

気に入った墓地であっても、特定の宗教や宗派に限定されてしまうことがあります。また、寺院墓地にお墓を建てたい場合には、その寺院の檀家になることが条件です。そうなるとお布施の必要も出てきます。墓石の購入費や、墓地の永代使用料だけが出費になるとは限りません。

3.費用について

前述しましたが、墓地・霊園の永代使用料(要するに土地の使用料です。)、管理費を運営者に払うことはもとより、墓石の購入費用や工事費を石材業者へ払わなければなりません。墓石の大きさや墓地の立地等でも様々ですが費用はすべて込みで100万~200万円程度かかります。

4.墓地・霊園の管理運営状況

周辺環境や豪華な設備も墓地・霊園選びの要素と言えますが、駐車場や衛生管理が行き届いているかどうかは、しっかりと確認する必要があります。

墓地・霊園施設内にゴミは落ちていないか、雑草が伸び放題ではないか、管理に必要な備品、清掃道具が整理整頓されているかをチェックしましょう。これを下見しておけば、およそ運営者の管理能力は把握できます。

墓地・霊園の種類は大きく分けて4タイプ

こちらでは、お墓を立てるための墓地・霊園の種類を紹介します。宗教宗派にこだわるかどうかでその選択も変わってきます。大きく分けて以下の4タイプの種類に分かれますので、参考にしてください。

公営霊園

都道府県や市町村のような地方自治体が管理する霊園です。ただし、地方自治体の職員が直接管理しているわけではなく、管理組合やその他の法人等に委託している場合が多いです。比較的、墓地の使用料・管理費が安く人気が高いのが特徴です。ただし、その分、空きが見つかり難いことがデメリットです。

民営霊園

宗教法人や財団法人のような民間の団体が経営している霊園です。墓地の費用は割高といえますが、民営ならではの柔軟な発想で、霊園内を演出したり、管理運営を行っています。ただし、民営霊園を利用する場合は、石材店が指定されている場合がほとんどです。そのため、事前に気に入った石材店をご自分で見つけていても、その業者から墓石の購入や工事をしてもらえるとは限りません。

寺院墓地

その名の通り寺院がお寺の境内等で墓地を管理・運営します。自宅に比較的的近い寺院を選ぶことになると思いますが、宗教・宗派が大きく関係します。また、檀家になることが条件というように、寺院との付き合いも必要とされるケースが出てきます。

公園墓地

広大な敷地を墓地としています。自然豊かな環境に墓地がある場合が多く、宗教・宗派が問われることはほぼありません。緑地をいかした遊歩道や庭園、休憩所はもとより喫茶室があるなどアメニティの充実が特徴です。最近増加しているスタイルの墓地です。

遺産相続について

遺産相続に関係する終活は、前述した葬儀や墓地・墓石に関する終活以上に重要な意味を持っています。慎重に進めるべきでしょう。
なぜなら、遺族が遺産に関する配分で揉め出し、最終的には裁判で互いに争う等、その解決に十数年以上を費やす場合もあります。仮に遺産問題が解決しても、相続人間の亀裂は決定的となり、二度と関係修復ができないような事態にもなります。

そうならないために、ご自分が元気なうちから相続人となる方の確認、ご自分の所有する財産の調査、負債(借金やローン)の把握、誰にどの資産を譲るかを決定しておくことをお勧めします。
もっとも、相続人となる家族が明白で、妻と子の二人だけであるなら確認や調査に費やす時間は長くはならないでしょう。問題なのは、相続人の多さと、資産の多さで配分が難しくなることです。

財産目録を作成する

財産目録とは、あなたが所有している全財産(不動産、動産、金融資産)の一覧です。この目録を、相続税や財産の分配の基礎資料として利用することになります。財産が多い場合には、早期に財産調査へ取り掛かる必要があります。エンディングノートを財産目録代わりに使用することもできますが、ご自分の財産が多い場合には、別に財産の一覧を作成することをお勧めします。
この財産目録は法律で作成を義務付けられているわけではありませんが、分割すべき遺産の全体象がつかめることから、相続人への適正な分配や、相続税の申告の有無、また相続税の納付額が明確になることで、後日、相続人にとって相続税申告書の作成が進めやすくなるというメリットがあります。
ご自分がこの作成を行っていないと家族が一から作成しなければならなくなります。ただし、法律で定められた書式があるわけではないので、家族にわかりやすいようにまとめているなら問題はありません。
財産目録に記載漏れや、後から何らかの財産が発見された場合に放置しているとトラブルになる可能性があるので、発見次第、目録に追記する必要があります。

遺言書を作成する

ご自分の財産を調査し、財産目録を作成すれば、相続人を確認します。財産目録に記載した財産をどの相続人に譲るか十分検討しましょう。その後、遺言書を作成します。遺言書の作成も義務ではなく、遺言書を作成しなくても民法による定めで相続人に遺産が配分されます。ただし、その分配がご自分の希望した通りに行われるとは限りません。

ご自分の希望に沿って財産を家族に分配したければ遺言書の作成をしなければいけません。また、この遺言の方法には3種類あります。以下では、その特徴と注意点を説明します。

自筆証書遺言

遺言書は自筆で書くことができます。法律に定められた正しい方式に従って記載したものであれば、有効な遺言と認められます。ご自分が好きな時に作成でき、いつでも気軽に書き換えができるメリットがあります。
ただし、遺言が無効とされてしまうことや、後日、紛失や焼失、親族の誰かが隠ぺいするというリスクが存在します。
また、自筆証書遺言は厳格な要式があり、遺言者が、紙に自筆で遺言の内容の全文を書き、日付・氏名を書き入れ署名の下に押印する必要があります(民法968条)。

そして、注意すべき点は前述した事項を正確に記載することはもとより、自筆が面倒だからと言って、パソコンで書いたり、代筆をたのんだり、遺言の内容を録音したり、VTRに録画したりしても、有効な遺言にはならないということです。あくまで紙に自筆して作成する必要があります。

それに加えて自筆証書遺言の場合には家庭裁判所での検認手続が必要です。自筆が要求されるのは、後日その遺言書の有効性が相続人の間で争われた場合に、過去に別件で署名するなどした本人の文字と照合し本人性を確認するためです。

秘密証書遺言

遺言の存在は明確にしつつも、内容自体は秘密にできる遺言をいいます。遺言の内容を作成した本人が封印した後、公証役場で遺言の存在を証明してもらう方法です。そのため、開封されるまでは遺言の内容は作成した本人のみにしかわかりません。
この方法により、遺言の内容の秘密が保つことができ、偽造・改ざんの危険を防ぐことができます。

遺言書の本文は、パソコンで作成することや代筆も可能です。証人2人以上を連れて公証役場で秘密証書遺言の手続きをしてからは、遺言書を自分で保管することになります。公証人役場では、秘密証書遺言を作成したという記録が残ることになります。

注意点としては、この方法にも厳格な形式要件が求められるので、作成した本人しか内容を確認できない以上、要件の不備により無効になる場合があります。

公正証書遺言

最も確実な遺言の方法です。遺言を作成したい方の意思を直接確認しながら公証人(※1)が法律に従って作成します。方式の不備により無効になるおそれがなく、有効な遺言書を残すことができます。
公正証書遺言は、遺言者が、公証人の面前で、遺言の内容を口授します。それに基づいて、公証人が、遺言者の真意を正確に文章化して作成する遺言の方式です。

公正証書遺言によれば、特にご自分が亡くなった後に、遺言の内容の真実性や本当に遺言者のの意思に基づくものであったかどうか、という争いが起こることが少なくなります。
公正証書遺言を作成しておくと、家庭裁判所で検認の手続を経る必要がないので、相続開始(つまり、ご自分が亡くなった)後、速やかに遺言の内容を実現することができます。

さらに、遺言書の原本が公証役場に保管されますので、親族の誰かから遺言書が破棄されたり、隠匿や改ざんをされたりする心配がありません。

ただし、注意点としては作成の際にはそれなりに費用がかかります。また、後日その内容を修正する場合には、改めて遺言書を作成することが必要です。少しの修正の場合には、以前作成した公正証書遺言を修正すると言う形での書きなおしは可能です。
なお、遺言書を改めて自筆証書遺言等で書きなおした場合には、以前作成した公正証書遺言は失効します。

(※1)公証人・・・公証事務を扱う公務員です。高度な法律の知識と中立・公正な視点が求められます。判事や検事等を長年務めた法律の専門家で、公募に応じた者から法務大臣が任命する形で選ばれます。

まとめ

終活は、ご自分がより自分らしく余生を送ることや、亡くなった後に家族がその後の葬儀や手続き等に困ることを避けるために必要な活動であるといえます。

そして、何より大事なことはご自分を大切に思ってくれた家族への感謝です。ご自分が病気やケガで入院した時にどなたが介護してくれたか、苦難に陥った時にどなたが励ましてくれたか、子を持つ喜びを与えてくれたのどなただったか、それを思い返す時に家族に対して感謝の念を抱くのは人間として当然でありながら、人間にしか抱けない思慕の情です。

その感情をエンディングノートに書き残してこそ、そのノートの内容は家族にとって「記録」ではなく「記憶」となります。
本記事を参考に、良い終活を進めてみてください。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る