葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

生前の意思を残すリビングウィル

カテゴリー 終活

「リビングウィル」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。
日本語では生前遺言書や生前発行遺言書などと言われています。いわゆる、自分の最期の迎え方を文書にしたものです。医療の発展に伴い、発症した病気に対して、完治もしくは治療をすることができない場合でも、生かしておくこと(延命措置を施すこと)が可能になってきました。その結果、植物状態のまま、生き続けるケースが増えてきたことにより、自分の最期は自分で決めたいと考える人が多くなってきたのです。

本記事では、あまり馴染みのないリビングウィルについて紹介をしていきます。これから迎えるであろう、自分の最期について考える良い機会にしてい頂ければ幸いです。

リビングウィルとは?

リビングウィルとは、まだ意思決定の能力があるうち(自分が元気なうち)に、自分の最期の迎え方を記録した「遺言書」などのことを言います。これは、財産に関しての文書ではなく、あくまでも、自分の生死に関しての遺言書となります。
自分の尊厳を保つために、チューブや機械に繋がれて生き延びる(延命)ことを望まない、もしくは、どんな手段を使っても生き延びることを望む、という自分の希望を残すことがリビングウィルです。

リビングウィルの作成方法

現在、日本においては、リビングウィルの正式なフォーマットはありません。必要な内容が記載されていることでリビングウィルとして有効となります。
リビングウィルの作成方法はいくつかありますので、ご紹介します。自分に合った方法でリビングウィルを作成してみましょう。

また、リビングウィルを作成した場合、ご家族の方などに、リビングウィルを作成したことを伝えつつ、コピーを渡しておくことをお勧めします。死期が近づき、自分に判断能力が無くなった場合、ご家族などの近しい方が判断に迷ったり、判断による争いを避けることができます。

自分で作成する方法

リビングウィルは、法的にも定められたフォーマットや記載項目がありませんので、自分で自由に作成することができます。ただし、延命措置を止めるタイミング、根拠となる病名や症状など、医療行為従事者が判断できる基準となる内容を記載する必要があります。

一般的に、医学的に回復が不可能な場合や植物状態が継続する場合に延命措置を止める旨を書きます。また、痛みを伴う苦痛を和らげる医療行為(痛み止めの点滴や薬の提供など)は行うことも記載しておくと良いでしょう。

公正証書として作成する方法

遺言書同様、公的機関に依頼をして作成することもできます。公的機関に依頼することにより、トラブルや誤解などが生じにくくなります。

公正証書として作成する場合には、地域の公正役場もしくは行政書士事務所に相談をしましょう。作成及び手数料は依頼先により異なりますが、一般的に、作成に2万円~3万円、公証人手数料として1万円~2万円が必要になります。

日本尊厳死協会に入会する方法

 日本には、尊厳死を社会に認めてもらう事を目的とした日本尊厳死協会という一般財団法人があります。
日本尊厳死協会へ入会した後にもらえる会員証を医療機関や医師に提示する事で、意思が受け入れられやすくなります。
入会にあたっては、自分の署名以外、自分で署名したことを証明するために、二人の方の証明が必要となります。
入会後に、コピー2部と会員証が送られてきますので、コピーはご家族に、会員証は携帯するようにしましょう。

※尊厳死とは、一個の人格としての尊厳を保って死を迎える、または迎えさせることになります。尊厳死は決して、死を推奨するものではありません。

病院などで準備されているフォーマットを利用する方法

延命措置や緩和ケアに理解のある病院では、独自のフォーマットを準備している病院がありますので、ぜひ、聞いてみましょう。

リビングウィル作成時の注意点

リビングウィルを作成するにあたり、気を付けておきたいことがありますので、ご紹介します。リビングウィルは自分の意思となり、最期の迎え方を決めることになりますので、ぜひ、参考にしてください。

準備は早めにしましょう

リビングウィルは、遺言書と同じで、意思決定ができる状態で作成するものですので、早めに作成することをお勧めします。まだ大丈夫と思っているうちに重篤になってしまったり、痴呆を発症したりしますので、作成は後回しにしないよう気を付けましょう。

リビングウィルについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。リビングウィルという言葉を聞いたことがある方は、まだ多くはありません。自分の最期のあり方を決めるという人生最大の大仕事です。ぜひ、ご希望を叶えてください。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る