葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

葬儀・告別式の挨拶例・文例。喪主なら知っておきたいマナー

カテゴリー 葬儀マナー

葬儀・告別式での挨拶は、どのように述べれば良いか。宗教、宗派によって、また故人の意思を尊重した儀式に適した言葉を述べるということが最も大切です。
故人の冥福を祈り、別れを告げる最後の言葉として、そして会葬者の方々への感謝の気持ちを述べましょう。

一般的な喪主の挨拶の文例

喪主、あるいは遺族や親族の代表者は会葬者に対して挨拶を行うことになります。
挨拶をする場面としては告別式やその後の出棺式の時になってきます。

直前に家族や親族を亡くしているという状態で冷静に挨拶をするのはとても難しいことなはずですが、会葬者の方々は、喪主あるいは遺族や親族の代表者の方の気持ちを察し、見守ってくれていますので、準備はしつつも慌てずにゆっくりと自分のペースでお話することをおすすめします。何より大切なのは葬儀に参列していただいたこと、故人が生前お世話になったことへの感謝の気持ちを伝えるということだからです。

それではここから、一般的な喪主の挨拶の文例を見ていきましょう。

「本日はお忙しいところ、○○(喪主と故人の続柄、父、母など)○○の葬儀にご会葬くださり誠にありがとうございます。

皆様から心のこもったお別れのお言葉を賜り、故人もさぞかし喜んでいると存じます。 生前中のご厚誼に、厚く御礼申し上げます。
私どもは未熟ではございますが、故人の教えを守り、精進していく所存です。今後とも故人同様、ご指導、ご鞭撻いただけますことをお願い申し上げます。 本日は誠にありがとうございました。」

述べる言葉として大切なのは、以下の3つを意識することです。

  • 会葬頂いたことに対するお礼
  • 故人との想い出
  • 生前に故人が会葬者の方々から受けた御恩へのお礼、そして遺された自分たち遺族に対して、周囲からの温かいご支援を依頼した上で、改めてのお礼

これにプラスして、以下2つの内容などを盛り込むと、故人が遺族や会葬者の方々にとってどのような立場にあったのかが明確になり、生前当時の故人の姿を思い出させることで、多くの共感を呼ぶこともできるでしょう。

  • 故人の社会的な立場の簡単な説明
  • 故人の生前の元気な日常生活

また、前もって原稿をメモ用紙に書き写し、それを見ながら読みあげることは、けっして失礼ではありません。
素直な気持ちをスムーズに伝えるためには、それ相応の準備をするのもいいでしょう。

喪主が夫の場合

「遺族を代表いたしまして、皆さまにひとことご挨拶を申し上げます。私が故人○○の夫、○○でございます。
故人の○○は、○○年間の結婚生活において、私のため、家族のため、本当に良く尽くしてくれました。家庭をしっかりと守り、良き妻・良き母として、家族の中心的存在でした。我が家にとって太陽のような○○を失った今、どれほど私たちが○○のお陰で幸せな日々を過ごすことができていたかをつくづくと実感しております。

未だに○○が亡くなったという事実を受け入れることができませんが、これからは、どこかで○○が、私たち家族を見守ってくれていると信じ、前を向いて生きてまいります。
本日は、お友達の皆さま、ご近所の皆さま、お忙しい中ご会葬たまわりましたこと、故人とともに心よりお礼申し上げます。」

喪主と故人との続柄、妻であり母であったという故人の社会的立場、また、何年間を共に過ごしたのか、故人の生前の元気な姿を思い起こさせるような例文です。
遺族にとって故人がどのような存在であったのか、上記の「太陽のような」といった比喩を用いるのも良いでしょう。

喪主が妻の場合

「遺族を代表いたしまして、皆様に一言、ご挨拶を申し上げます。私は、故人○○の妻○○でございます。
故人の○○は、人生これからという時期に、不運にも○○の病に倒れ、○○歳という若さで短い一生を閉じることとなりました。

短い時間ではございましたが、○○は良き夫・良き父として私たち家族とともに過ごしてくれました。一家の大黒柱を失ったいま、正直に申し上げまして、不安でいっぱいです。ですがこれからの人生、○○との思い出を胸に、残された家族で支え合って生きていきたいと思います。故人の生前と同様に、今後とも皆さまのお力添えをいただければ幸いに存じます。

本日は、会社の皆さま、ご友人の皆さま、お忙しい中ご会葬をいただきまして、本当にありがとうございました。」

喪主が夫の場合の例文同様、故人との続柄、故人の社会的立場が明確に伝わるシンプルな例文でしょう。

「人生これからという時期に、不運にも○○の病に倒れ」という一文が添えられることで、会葬者の共感を呼び、「○○との思い出を胸に、残された家族で支え合い生きていきたい」の一文は、一家の大黒柱を失い不安ながらも、前を向いていきたいという思いが伝わることでしょう。

喪主が子供(息子・娘)の場合

「遺族を代表いたしまして、皆様に一言、ご挨拶を申し上げます。私は、故人○○の長男○○でございます。
本日は、ご多用にもかかわらず、ご会葬・ご焼香を賜り誠にありがとうございました。
父は、何よりも仕事第一の人間で、家族と一緒に過ごす時間は少なかったのですが、私たちの誕生日は必ず覚えていて、毎年プレゼントやメッセージを贈ってくれるような心の温かい人でした。ときに厳しく、ときに優しく、父が投げかけてくれたアドバイスで、心強く励まされたこともありました。

家庭の外での父の様子は、なかなか知ることができませんでしたが、本日このように、多くの方々が父とのお別れにお集まりいただきましたことに胸がいっぱいで、父を少し理解できたような気持ちがいたします。
父に対して寄せられました皆さまのご厚情に、心よりお礼を申し上げます。今後とも父の生前同様にご厚誼をいただき、ご指導を賜りたく存じます。本日は、本当にありがとうございました。」

父や母の、その背中を見てきた子としての、思いや、幼い頃のエピソードを盛り込むと良いでしょう。また、これからは残された家族を自分が守るという、決意を表明するのも大切です。

喪主が孫の場合

「長男○○の息子で○○と申します。本日はお忙しい中お集り頂きましてありがとうございました。
祖父には、私のほかに○人の孫がいます。祖父が亡くなったことを知ってから、もっと沢山のことを教わりたかった、いろんな話を聞きたかったとそればかり考えていました。皆も同じ気持ちのようです。今日ここでご挨拶をするにあたり、祖父あてに手紙を書いてきました。恐れ入りますが読み上げさせて頂きます。(「おじいちゃんへ」と題した手紙を読み上げる)どうか、安らかに眠って下さい。」

歳が大きく離れているからこその、「もっと沢山のことを教わりたかった」、「いろんな話を聞きたかった」という言葉を添えるのが良いです。
また孫ならではの、想いを託した手紙を読む際は、少し崩したような、柔らかい言葉を選ぶと良いかもしれません。

家族葬の場合の挨拶文例

「遺族を代表いたしまして、皆様に一言ご挨拶申し上げます。
本日はご多用中にもかかわらず、ご会葬、ご焼香を賜りまして誠にありがとうごさいました。おかげさまで昨日からの通夜、本日の葬儀・告別式も全て、とどこおりなく相すますことができました。生前は一方ならぬご交誼にあずかり、また本日は最後までお見送りいただきまして、故人もさぞかし皆様のご厚情に感謝いたしておることと存じます。

なお、残されました私ども家族に対しまして、今後とも生前と変わりなきご指導ご鞭撻を賜りますよう、何卒、お願い申し上げます、簡単ではございますが、ひとことご挨拶を申し上げ御礼にかえさせていただきます。誠にありがとうございました。」

身内や親族など、ごく内輪だけで行う葬儀である家族葬であっても、礼節を重んじることが大切でしょう。
親族の間で、自分がどういう立場の人間なのかをしっかりとわきまえ、言葉遣いにも注意しましょう。

友人知人が挨拶・スピーチする場合の弔辞・例文

「故○○さんの霊前に、謹んでお別れの言葉を申し上げます。
あなたとはつい先日も楽しく語り合ったばかりなのに、今あなたは遺影となって私の目の前にいます。あなたの急逝の報せを受け、私たち友人一同は大きな絶望感に襲われ、目の前が真っ暗となり、言葉もなくただ立ちすくんでしまいました。

今こうして目を閉じてみれば、あなたと共に過ごして、一年中あちこちと駆け巡った思い出がよみがえり、尽きぬ思いで一杯です。
あなたと私は高校からの同級生であり、高校入学式後からすぐに兄弟同然の仲となり、以来約○十年の長きに渡って公私共に親しくお付き合いをさせてもらいました。その間、お互い公私共に人生の荒波に揉まれ、時には挫折しそうになることもありましたが、あなたと共に支え合いながら生きてきたこの○十年間は、その全てが私にとって良き思い出となっています。

時には激しく言い合いをし、つかみ合いの喧嘩すらしたこともありましたが、今となってはもうそれすらも出来ないのかと思うと、本当に残念でなりません。
○○さん、あなたはいつまでも私の心の中に生き続けます。どうか、安らかにお休み下さい。」

友人知人代表として、大切な友人を失った悲しみから、感情的になってしまうかもしれません。ですが、遺族の人々を含めた、多くの方が聞いているということを意識しましょう。
限度はありますが、友人どうしでしか知りえないエピソードを盛り込むのも、いいかもしれません。

会社の同僚・上司・部下が挨拶・スピーチする場合の弔辞・例文

「○○君、君の名を呼びかけても、もう応えてくれないのですね。この度の突然の悲報に、私は体が震えるのをどうしても抑えることができませんでした。

○○君、君と私は、平成○○年入社の同期生でした。同じ部署に配属され、机を並べて○年間、雨の日も、風の日も、ともに仕事をしてきました。君はいつもどんな仕事でも、熱心に立ち向かい、私はその姿を目にするたびに背筋が伸び刺激を受けて、仕事に没頭しました。今日の私があるのは、誰がなんと言おうと、間違いなく君のおかげです。また、ひょうきん者の君は、よくみんなを笑わせてくれました。ムードメーカーという言葉がぴったりでした。

性格も違えば趣味も違う。それなのにウマが合うというとても不思議な仲でした。この悲しみの中で頭を巡るのは、君との楽しかった思い出ばかりです。でも、正直に言うと、こんなにも突然に逝ってしまった君を責めたい気持ちです。いつもの様に隣の席で仕事をして、みんなを笑わせて欲しい。本当にそう思います。でもこればっかりは、私の叶わぬワガママですね。

社内だけでなく、多くのお客様にも信頼があり、私は君を見習ってばかりでした。いつのときか、難しいプロジェクトで私が大きな失敗した時、君はいっしょに残業して助けてくれました。次に君が困ったときは、 必ず私が力になろうと決めていたのに、君には何もできぬまま、今日という日を迎えることになってしまいました。君はいつも、私の少し先を歩いていますね。

君の身に起きた不慮の事故は、ご家族の今後にも大きな影響をもたらすことです。ご家族の今後について、さぞ不安に思っていることでしょう。私が、君に返せなかったものを、ご家族に返したいと思います。そして、職場のみんなとともにできる限りの支援をさせていただきます。なので○○君、君もどうか見守っていてください。そしてどうか、心安らかにお眠りください。○○君、さようなら。本当ににありがとう。」

会社の同僚・上司・部下などの、遺族以外の会葬者が挨拶をする場面として考えられるのは、精進落としの席での献杯の際などでしょう。故人を悼む気持ちと、遺族の心身を気遣う気持ちを中心にし、友人ともに仕事をした者どうしでしか知りえないエピソードを盛り込むのも、いいかもしれません。

まとめ

葬儀・告別式での挨拶は、喪主である人間の、社会的立場、親族内での立場を意識した文面を考えましょう。述べる言葉や言葉遣いは、それらを反映されたものを選択すれば良いです。

やはりどうしても感情的になってしまうものですが、故人と会葬者に向けた最後の言葉として、素直な気持ちを少しでもスムーズに伝えるために、それ相応の準備をして臨みましょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る