葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

葬儀前に決めること、準備すること | 一般的な葬儀の場合

カテゴリー 葬儀の流れ

お亡くなりになってから葬儀前の準備にあたり、決めておく必要があるのは大きく分けると「葬儀まで遺体安置場所」「葬儀会場・葬儀社」「故人や家の宗教・宗派の確認」「葬儀形式の決定」の4項目です。臨終の直後から必要になるので、葬儀前に考えておくことも増えています。臨終から葬儀前の準備について、離れや意味、喪主が考えておくことを解説します。

葬儀予算はどのくらい必要か? 費用の内訳/仕組み

葬儀には、いったいどのくらいの費用が必要なのでしょうか?
予算については、多くの方が知りたいと感じる点であり、おさえておきたい大切なポイントです。

葬儀にかかる費用は、おおよそ「葬儀本体費用」「寺院費用」「接待費用」の3種類に大別されます。ここで注意いただきたいのは、葬儀社の見積り=葬儀費用合計ではないということです。

葬儀社の見積りは「葬儀本体費用」のみをさす場合が多い寺院費用(お布施やお車代等)は含まれていないのが一般的なので別途かかるものと考えておくとよいでしょう。

それでは、お亡くなりになってから葬儀までの一般的な流れに沿って、具体的に見てみましょう。

医師から臨終を告げられたら

人が亡くなり医師によって死亡確認がされると、「臨終」が告げられます。臨終とは死に臨むことなので、人が亡くなる間際の事を指します。

一般的には息を引き取った際にも遺族にむけて死亡を伝える言葉としても使われています。

現代では、ほとんどの方が病院のベッドの上で死を迎えますが、告知のしかたは病院によって異なります。
自宅で亡くなった場合には、かかりつけ医に連絡をして、医師による死亡判定をしてもらう必要があります。
場合によっては事件性がないことを確認するために、警察による検証や検死が必要な場合もあるでしょう。

死亡診断書の発行・提出

次に死亡確認をした医師から「死亡診断書」を発行してもらいます。

この書類は病院から自宅や斎場に遺体を搬送するためにも必要になるため、家族が亡くなった後に最初に必必要になるものです。

死亡診断書(死体検案書)は、死亡届と同じ一枚の用紙になっており、右側の死亡診断書を医師が記名・押印、または署名し、左側の死亡届を届出人が記入します。

死亡届は火葬許可証(埋葬許可証)を受け取るのに必要な書類なので、速やかに提出しましょう。死亡届は死亡の事実を知った日から7日以内(国外で亡くなられた場合は3ヶ月以内)に死亡届を提出しなければなりません。

正当な理由なく死亡届の提出が遅れた場合、戸籍法の定めにより罰金を徴収されることもあるので注意が必要です。
亡くなった場所、故人の本籍地、届出人の所在地のいずれかの区市役所・町村役場に提出します。

なお、届出人になれるのは、故人の親族(同居者以外も可)、親族以外の同居者、家主、地主、家主・地主以外の管理人、後見人、保佐人、補助人、任意後見人で、窓口に持参するのは葬儀社を含む代理人でも可能です。

葬儀社が代理人として、死亡届の提出・火葬許可証(埋葬許可証)・火葬場の手配などを代行してくれる場合もありますので相談してみましょう。

臨終から遺体安置までの流れとすべき事

次に、臨終を迎えた後の流れをご紹介します。病院で亡くなった場合は、看護師が故人の体を拭き清め、病室から遺体安置所に移動します。ご自宅に安置する場合は、低い温度に保つ必要があるため、亡くなった時期によっては、冷暖房の調節などの配慮も必要です。

末期の水(まつごのみず)

末後の水(まつごのみず)とは、茶碗に水を用意し、新しい脱脂綿やガーゼを割り箸の先に挟むか、新しい筆の穂先に茶碗の水を含ませ、故人の唇をうるおすことによって故人とお別れすることをいいます。別名は「死に水」とも言います。

末後の水をとる順番は血縁の近い順とされています。脱脂綿などの代わりに菊の葉や鳥の羽に水をつけて末後の水をとることもあります。これはお釈迦様の入滅に由来していて、浄土真宗以外の仏教の宗旨では、大切な葬送儀礼とされています。
死者が渇きに苦しまないように、安らかにあの世に送れるようにという願いを込めて行われる儀式です。

仏教では冥土に行くと飲食ができなくなると考えられているため、「食」はこの世に残された人との最後の別れでもあり、お葬式では「食」も大切な意味を持っています。

これらの事を知っておくことで、死への向き合い方も変わってくるので、是非本来の意味なども意識しながら納得のいくお別れをされてください。

清拭(せいしき)・着替え

清拭(せいしき)とは身体をふくことによって清潔にする行為です。来世への旅立ちにあたり、遺体を清めるために、清拭を行います。

もともとは、湯灌(ゆかん)と言って、葬儀、納棺に先だち、亡くなった方を風呂に入れる儀礼を行っていましたが、最近は、遺体の全身をアルコールまたは湯で丁寧に拭くことが一般的になっています。

その後、身繕い(みづくろい)と言って、旅立ちのための死装束に着替えさせます。浴衣を用意して着替えさせるのが一般的です。

死化粧(エンゼルメイク・エンゼルケア)

着替えが終わったら、さらに髪を整え、爪を切るなどして死化粧を施します。

お化粧方法は通常と同じでさしつかえありません。男性の場合はひげを剃って髪を整えます。女性の場合は髪を整え、頬紅や口紅をさします。。

ファンデーションで顔色を明るく見せたり、表情にやつれがある場合は含み綿(ふくみわた)をしたりして、故人の生前の姿に近づけます。

この処置を死化粧(エンゼルメイク)またはエンゼルケアと言います。病院で亡くなった場合は、看護師などが死後措置の一環でエンゼルケアまでしてくれるところもありますが、病院でのこれら死後措置は、保険適用外です。

あまりにもやつれていたり、風貌が変わってしまうほどにご遺体に痛みがある場合は、葬儀社の手をかりてエンバーミング等を行う手段もあります。

遺体安置(病院)

病院で亡くなった場合、エンゼルメイクなどの処置を付された遺体は、いったん病院の霊安室に安置されることが多いです。霊安室の空き状況や病院の方針によっては、病室からそのまま搬送になることもあります。

病院に個別の規定がある場合を除いて、どのくらいの期間、霊安室に安置させてもらえるかという決まりはありません。
また、通常は安置料も必要ありません。ただし病院側としては、できるだけ早く移動してもらいたいのが本音でしょう。
当日中の搬送手配を依頼されることも多いです。

また、ご遺体が病院にあるうちに搬送方法や安置場所をきめて手配する必要があります。

葬儀まで日程が空く場合は、自宅や斎場・葬儀社などに数日間安置しておかなければならないケースもあるため、それらの状況もあわせて葬儀社に相談してみましょう。

遺体安置から葬儀社・斎場決定までの流れとすべき事

遺体の搬送は遺体搬送サービス(寝台車)がある葬儀社に手配をします。
その際には依頼の範囲をきちんと明らかにしておきましょう。遺体搬送だけを依頼するのか、葬儀も含めたすべての手続きを依頼するのかを明確に伝えることです。特に病院から紹介された葬儀社に搬送を依頼する場合など、曖昧なまま進んで後々トラブルになることが無いように注意したいものです。

遺体搬送先の決定、葬儀社の手配

病院から遺体を搬送する際に、自宅か斎場かなど搬送先も指定します。故人に最後の帰宅として自宅に搬送するほか、住宅事情によっては、葬儀社の安置所や、斎場へ直接搬送を選択するケースも多くなっています。

遺体搬送・遺体安置

遺体を病院などから、通夜・葬儀まで安置する場所に搬送します。病院の外へ遺体を搬送するには、医師が発行した死亡診断書(死体検案書)の携帯が必要です。

また、遺体の搬送先は、これまでは故人が住み慣れた自宅が一般的でしたが、最近は住宅事情により、葬儀社の安置所や斎場へ直接搬送するケースも増えています。

しかし、事情さえ許せば、やはり故人にとって最も思い出深い自宅にいったんは安置し、故人を偲び、ゆっくりとお別れしたいものです。

葬儀の準備/手続きを進める

遺体が安置場所に搬送されたら、いよいよ葬儀について具体的な手配をすすめていきます。

故人の想いを汲んだ葬儀にするためには、事前に葬儀社と相談しておくことがベストですが、現実としては事故や突然死などで準備ができないことも往々にしてあることなので、安心してまずは相談してみましょう。

次に、葬儀社との打ち合わせ内容や注意点について解説します。

葬儀日程を決める

葬儀の日取りを決めるには、いくつか考慮すべきルールがあります。
まず「墓地、埋葬等に関する法律」では死亡後24時間経過しないと火葬してはならないと定められています。

また、友引の日に葬式を行うことは望ましくないと言われています。縁起の悪いことに友を引き寄せてしまうという迷信の類に過ぎません。しかし、縁起が悪いと気にする方が多いのも事実です。火葬場によっては友引を休業するところも多く、避けたほう無難でしょう。

さらに、火葬場・葬儀社・僧侶それぞれのスケジュールもあります。忙しい時期には、亡くなってから葬式が行われるまでに1週間くらいかかることもありますし、こうした問題が何もなければ、亡くなった翌日に通夜が行われ、その翌日に告別式ということもあります。

葬儀の日程を決める際は、こうしたことに注意しなければならず、葬儀社とはできるだけ早く相談しておくことが重要です。

故人の信仰・家の宗教や宗派を確かめる

日本で行われるほとんどの葬儀は、仏教による仏式ですが、世の中には多数の宗教があります。さらに同じ宗教でも宗派により、葬儀に対する考え方や作法、儀礼は異なります。

故人や家の信仰と異なる様式の葬儀を行うことは大変失礼にあたります。

また、後々菩提寺とトラブルになることも有り得ます。このため、葬儀の前に、故人や家の宗教・宗派を確認しておく必要があります。故人の兄弟や親戚に確認できれば判明する可能性は高いです。

確認すべき人がいない場合や確認してもわからない場合は、お墓・仏壇・位牌などの特徴からある程度の宗教様式が特定できることもあります。

葬儀会社にはこういうことに詳しいスタッフもいるので、あらかじめ相談しておくのも良いでしょう。

葬儀の形式を決める

日本の葬儀形式はおおよそ仏式、神式、キリスト教式、無宗教式に分類されます。

葬儀全体のうち、最も多いのが仏式ですが、最近は特定の宗旨宗派にとらわれず、宗教的要素を除いた、音楽葬などの無宗教式も増えてきました。しかし、菩提寺がある場合には注意が必要です。

その場合は、無用なトラブルを避けるためにも葬儀は菩提寺に依頼し、後日、宗教形態にとらわれない「お別れ会」などの形で実現するといった配慮も必要でしょう。

また、親族の理解を得ることも重要です。世代や地域によっては無宗教葬を嫌う親族もいるかも知れませんので、事前に話し合い、理解を得ておくことが重要です。

寺院に依頼する

代々の菩提を弔う菩提寺がある場合は、菩提寺の僧侶に枕経(まくらぎょう)を読んでもらった後で、通夜や葬儀の日時、戒名や謝礼の相談をします。

枕経とは枕飾りの前で死者の成仏を願ってあげてもらうお経ですが最近では省略する場合もあります。

また、本家の菩提寺が遠方で依頼することが難しい場合は、菩提寺にお伺いを立てた上で、最寄りの同宗派の寺院を紹介してもらう方法もあります。菩提寺とのお付き合いが続く場合は、戒名は菩提寺に依頼し、最寄りの寺院には読経だけをお願いします。

菩提寺もなく宗派も問わない場合は、葬儀社に寺院・僧侶を紹介してもらうことも可能です。葬儀後、寄付などの檀家の付き合いが必要かどうかもあわせて相談してみるとよいでしょう。

戒名(法名・法号)をつけてもらう

戒名は仏教徒が仏門に入った証で戒律を守るしるしとして与えられるもので、埋葬するときはその宗派の戒名が必要です。仏教以外の宗教や市営など公共墓地に埋葬する場合は必要ありません。

戒名の呼び名は宗派によって違い、浄土真宗では「法名」、日蓮正宗を除く日蓮宗系では「法号」というのが正式な名称です。

▼一般的な戒名 「〇〇信士(信女)」

例:「〇〇信士(信女)」
法号…上記「〇〇」に当たる部分。個人の俗名や経文の一字、生前の人柄をしのばせる文字を使う。
位号…上記「信士(信女)」にあたる部分。仏教に帰依した人の尊称。
居士(こじ)・大姉(たいし)は特に信心深い男女。信士(しんじ)・信女(しんにょ)は出家せず仏道をおさめた男女。

▼格づけの高い戒名 「●●院△△■■居士(大姉)」

例:「●●院△△■■居士(大姉)」
社会的な貢献度が高い人や寺院の興隆に貢献した人につける。院号・院殿号は律宗では用いない。

▼個人が未成年の場合の戒名

・7~17歳くらいまでの男女 例:●●孩子・孩女
・幼児 例:●●孩子・孩女
・0~1歳 例:●●嬰子・嬰女
・死産や乳児の際に夭折 例:●●水子

僧侶と打合せ、お布施の準備

僧侶とは通夜の式次第、葬儀・告別式などの打ち合わせをします。通夜で法話や説教があるかや、通夜ぶるまいを受けてもらえるかも確認しましょう。

お布施は仏教での習慣で、供養への感謝やお寺への援助で渡すお金のことをいいますが、お葬式でいうお布施は通夜・葬儀での読経や戒名に対するお礼です。

お布施は通夜の前か終えた後でお渡しするか、葬儀翌日に寺院に出向いてお渡しします。

渡すときには不祝儀袋白封筒に入れるか、半紙で包みます。水引は不要です。また、不祝儀袋を使用するときは、仏式以外では蓮の模様入りは使用しないので注意しましょう。

お布施の表書きイメージ

葬儀謝礼、表書き例

表書きは宗教によって変わります。仏式の場合は「お布施」「お経料」。神式の場合は「御祈祷料」など。
どの宗教でも共通して使える表書きは「御礼」です。

お布施の一般的な相場は、通夜と葬儀・告別式での供養で約15~50万円と言われますが、地域や宗派によってさまざまです。お寺様に直接金額を尋ねても失礼にはなりません。

僧侶が通夜ぶるまいや精進落しを辞退した場合は「お膳料」(5,000円~1万円)、足を運んでいただいたときは「お車代」(5,000円~)もお渡しします。

葬儀/通夜の前までの流れとすべき事

日程が決まったら、スタッフと葬儀準備の打合せを行います。

喪主や世話役などの役割を決めた上で、喪主は、肉親や特別な関係の方など、関係者への連絡、供花・供物・精進落としの手配などを行います。

また、「死亡診断書」を葬儀社のスタッフに渡し、死亡届や火葬許可証などの手続きを依頼します。

納棺の際には、遺体を清めて納棺の儀にのっとり死装束を着せます。

故人が好きだったものなど、一緒に棺に入れたいものがあれば、あらかじめ準備しておきましょう。

ただし、分厚くて燃えにくいものや、金属やプラスチックなどは入れてはいけません。

枕飾り(まくらかざり)

通夜・葬式の前に、弔問に訪れる方々が焼香や礼拝をできるように簡易な祭壇を設置します。
これを「枕飾り」と言い、宗派や地域によってお供えするものが異なります。

同時に枕飾りは、魂を供養し、あの世へと導く道しるべとしての役割も持っています。
枕経(まくらぎょう)といって僧侶を呼び、読経をして故人の冥福を祈り、お別れをします。

最近では、通夜・葬儀を執り行う葬儀社が用意してくれるのが一般的です。

喪主を決める

喪主とは、遺族を代表して葬儀全般を取り仕切る人のことです。
遺族が相談して決めますが、通常は故人の配偶者や親、子や兄弟姉妹など、故人と縁が深い親族が努めます。

近親者がいない場合は、友人代表、世話役代表などと称し、親しい友人などが務めることもあります。

また、喪主は葬儀だけでなく、後の法事において施主も務めるのが一般的です。

遺影を決める

遺影に使う写真を選びます。多少背景が入っていても葬儀社で加工してもらえるので問題ありません。

ひと昔前は、正面を向いた、固い表情の写真が多かったものです。
また、一般的には、故人の生前のイメージに合うよう、なるべく最近取られた写真を選ぶ方が多いようです。

遺影は葬儀の後も後々故人を偲びながら繰り返し見るものなので、できれば故人の生前の姿や人柄を偲ばせる、柔和で自然な表情をした写真を選びたいものです。

遺影を選ぶにあたり、大多数の遺族は、葬儀の準備の最中にあわただしく家中から写真を集めて、遺影にふさわしい写真を探すシーンも多くみられます。
一方で、現代では終活の一環で生前に自分で遺影に使ってほしい写真を決めておかれる方も増えています。

火葬許可証(埋葬許可証)を受け取る

火葬許可証(埋葬許可証)とは、火葬場の管理事務所に提出する書類のことです。この書類がないと火葬をすることができません。

死亡届を役所に提出する際、「火葬許可申請書」という書類も同時に提出することになっており、この火葬許可申請書と引き換えで、火葬許可証を受け取ります。

また、火葬許可証は納骨の際に必要な埋葬許可証と同じ書類になっており、火葬が終わるとこの埋葬許可証が返却されます。

このような慣れない手続きは、大きな負担となりますが、通常は葬儀社がこれらの手続きを代行してくれるので、不安に感じたら相談してみましょう。

湯灌

湯灌は、亡くなられた方の体を洗い清める儀式です。

もともとは、たらいに入れた水にお湯を足して温度調節した、「逆さ水」でご遺体を清めたり、あるいは風呂に入れたりする儀礼を行っていました。

故人の生前のけがれや苦しみを洗い清め、この世に対する未練を断ち、来世への往生を願いながら行うしきたりです。

死装束

納棺の前に遺族・親族の手で故人に死装束を着せます。

死装束とは、亡くなった方を納棺するときに着せる着物のことです。
浄土真宗以外の仏教では、死者は浄土へ旅立つとされていて、巡礼の衣装を死装束としています。

一般には白一色の和服で、左前を合わせにして着せます。
経帷子(きょうかたびら)を着せ、脚に脚絆(きゃはん)、手に手甲(てっこう)白足袋草履をはかせて、三途の川への渡し賃として六文銭を入れた頭陀袋(ずだぶくろ)をかけて、頭に三角巾をつけます。

かつては、近親者が縫い目をとめないように縫って作っていましたが、最近は葬儀社の物を使うのが一般的です。

納棺

納棺は、末期の水に始まり・湯灌・死化粧・死装束の順で行われ、最後に故人ゆかりの品物と想いを込めて、柩に納めて送り出す儀式です。

一般的に通夜・葬儀前に行いますが、葬儀までの日数やご遺体の状況によっては納棺を早めることもあります。

僧侶に枕経(まくらぎょう)を読経してもらい、僧侶立ち会いのもと、近親者で遺体を故人の愛用品などと一緒に、棺に納めます。

納棺された遺体を遺体搬送車(寝台車)に載せ通夜・葬儀を行う斎場へ向かいます。

まとめ

葬儀前に決めること考えることは様々あり、葬儀準備は大切な方が亡くなった直後から始まります。

息を引き取った故人を前にして、葬儀のことを考えるのはつらいものですが、故人を埋葬しない訳にはいきません。
動揺する気持ちを抑えて葬儀・葬送の準備は大変ですし、準備がはじまると喪主はなにかと忙しくなります。
くれぐれもご自身が体調を崩さぬよう注意してください。

また、やらなければならないことは、通夜や葬式・告別式で終わりではありません。
会葬客へのお礼や、四十九日法要をはじめとするその後の法要、相続の手続きや、遺品整理など葬儀後の諸事を含めて考えるべきでしょう。

最近は終活を通して、自身の葬儀や葬送の仕方について、生前から決めておく方も増えてきました。
残されるご家族の為にも、相続の問題も含め、生前から家族で方針や意識を合わせておくことも意義のあることではないでしょうか。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る