必要最低限に絞ったシンプルなお葬式 14.8万円から

禅宗ゆえの荘厳さ。曹洞宗の葬儀の流れとマナー

カテゴリー 宗教

仏教には様々な宗派があり、葬儀は宗派によって意味や内容が違います。
中でも、曹洞宗の葬儀内容には比較的特徴があると言えます。

曹洞宗の葬儀においては、菩提寺の住職が仏さまと故人との橋渡し役をつとめ、故人を彼岸へ導きます。そのあらましを理解しておけば、故人をしっかりと送り出すことができるでしょう。

曹洞宗とは?

まずはじめに、曹洞宗とはどのような宗派なのでしょうか。

曹洞宗(そうとうしゅう)は、禅宗五家[臨済宗・潙仰宗・雲門宗・曹洞宗・法眼宗]のうちのひとつにあたります。臨済宗は黄竜派と楊岐派にわかれたため、それらを合わせて五家七宗とされています。

曹洞宗の歴史は、今から800年ほど前(鎌倉時代)に遡ります。道元(どうげん)が中国の禅僧である天童如浄(てんどうにょじょう)に師事した後、帰国し「正伝(しょうでん)の仏法」を日本に伝えました。その後、瑩山(けいざん)が日本全土に広めていきました。道元と瑩山を両祖(他の宗では宗祖となる)とし、ご本尊であるお釈迦さま[釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)]とともに、一仏両祖(いちぶつりょうそ)として仰ぎます。大本山は、福井県の永平寺(えいへいじ)と神奈川県の總持寺(そうじじ)です。

歴史的には岩手県の正法寺、熊本県の大慈寺も曹洞宗の本山であった期間があるのですが、元和元年(1615年)の寺院法度によって永平寺、總持寺のみが大本山となりました。

道元の教えである「正伝の仏法」を依りどころとしており、坐禅を修行の中心に据え、只管打坐(しかんたざ)というただひたすらに坐禅を行い、坐るに成りきることを、最も重視します。それは坐禅を行うことによって得る心身のやすらぎが、仏の姿であると意識することにあります。即心是仏(そくしんぜぶつ)という、坐禅の状態で日常生活を生きていくことを説きます。

お釈迦さまが説いた教えを基とする宗教である仏教において、その教えというのは絶対的な権威をもつものであります。お釈迦さまの説法を記した文章や書物のことを経といいます。経典(きょうてん)、お経など、馴染みがあるでしょう。
曹洞宗の主な経典は、日用経典として『修証義(しゅしょうぎ)』『摩訶般若波羅蜜多心経(まかはんにゃはらみったしんぎょう)』『妙法蓮華経観世音菩薩普門品』『妙法蓮華経如来寿量品(みょうほうれんげきょうにょらいじゅりょうほん)』『舎利礼文(しゃりらいもん)』などがあります。

これらの基となる代表的な書物としては『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』『伝光録(でんこうろく)』『永平広録(えいへいこうろく)』などがあります。

曹洞宗の葬儀の特徴

曹洞宗では、葬儀を行うことで仏弟子(お釈迦様の弟子になる)という考え方になります。そのために必要となる、仏門に入った者に授ける名[戒名(かいみょう)]や仏が制定した規定である[戒法(かいほう]を授かるための行いを授戒(じゅかい)といいます。

そして悟りを開くため仏の道へと導く[引導(いんどう)]を行います。 曹洞宗などの禅宗では速やかに悟りの世界に導くとされています。また、鼓鈸三通(くはつさんつう)と呼ばれる儀式が行われるのも特徴です。これは、太鼓や鐃祓(にょうはつ)といった仏具を使い、三人の僧侶で鳴らす儀式です。

また、曹洞宗の御詠歌(巡拝者が仏をたたえてうたう歌)は『梅花流御詠歌』です。梅花流は鈴鉦を用いて、お釈迦さま・両祖様(道元・瑩山)をたたえ、ご先祖さまを敬うこころを唱えます。

曹洞宗の式次第

曹洞宗の葬儀として特徴的な授戒と引導により、ほかの宗派と比べ異なるところがあります。
式次第は以下のようになります。

剃髪(ていはつ)

導師となる僧侶(引導を渡す僧侶)が出家儀式と同じ偈(げ)を唱え、剃髪の儀式を行います。

授戒(じゅかい)

授戒ではいくつかの儀式を行います。

  • 洒水(しゃすい)…清き水を手向けます。
  • 懺悔文(さんげもん)…生涯で犯したとされる罪を反省します。
  • 三帰戒文(さんきかいもん)…仏陀の教えを守り、修行者に帰依することを誓います。
  • 三聚浄戒(さんじゅうじょうかい)、十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)…導師が法性水を用意し、位牌や自らの頭に注ぎます。
  • 血脈授与(けちみゃくじょうじゅ)… お釈迦様から故人までの法の系図が記されたものを血脈(けちみゃく)と呼び、これを霊前に供えます。

入棺諷経(にゅうかんふぎん)

大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)と回向文を唱えます。このあいだに、参列者の焼香が行われます。
焼香は宗派ごとの作法の違いが表れやすい場です。
曹洞宗の焼香は、基本的に2回となります。はじめは額に押し香炉にくべ、2回目は押さずにそのままくべます。

挙龕念誦(こがんねんじゅ)

仏具を鳴らし、邪気を払います。
大宝楼閣陀羅尼(だいほうろうかくだらに)を唱え、太鼓や鐃祓(にょうはつ)を鳴らす鼓鈸三通(くはつさんつう)を行います。

引導法語(いんどうほうごう)

導師が故人の生前を漢詩で表し、松明(線香)により右回り、左回りに円を描いて故人を悟りの世界に導きます。
払子(ほっす)(導師の持つ、先に毛のついた棒)で迷いと邪気を払って、故人へ法語(ほうご)を贈ります。
悟りの心境を表し、故人の生前を偲んで徳を称え、迷わずに仏の道へ進めるように導く「引導(いんどう)」を渡します。

山頭念誦(さんとうねんじゅ)

山頭(さんとう)とは火葬場(土葬の場合は墓地)を指します仏弟子になられた故人の仏性が覚醒を助けてもらえるよう祈願します。

出棺(しゅっかん)、荼毘(だび)

告別式が終わり、お棺に生花や思い出の品をお入れした後、回向文を唱え、鼓鈸三通を行い、出棺します。
火葬場への出棺、火葬での荼毘前のご焼香、荼毘後の収骨を済ませ、初七日の式場へ向かいます。

初七日法要(しょなのかほうよう)

正式には亡くなられた日を一日目と数え、七日目に行いますが、最近では「繰り上げ法要」、「繰り込み法要」といって葬儀、荼毘の後に行われることが一般化してきました。
葬儀の日から初七日まではあまり間が開かないので、遠くから参列される方や仕事の予定がある方に改めて集まっていただくよりも、最初の法要だけは、葬儀と同じ日にしようという考えが定着してきているのでしょう。

※葬儀の式次第、作法はお住まいの地域やご家庭によっても異なります。詳しくはお寺、または葬儀社に確認してみるのがよいでしょう。

曹洞宗の葬儀のお布施

お布施とは、葬儀・告別式の時に謝礼として僧侶に払うお礼のことです。
または、本尊へお供えするという考え方をとります。

故人の冥福を祈る気持ちを金額にするようでとても難しいことではありますが、お世話になったお礼として支払うのがマナーです。また、お布施には決まった額などがないため相場は地域や宗派、お寺によって大きく異なるといってもいいでしょう。

お布施の金額は、お寺や地域によってばらつきがありますが、30~60万円位と考えるのが一般的でしょう。戒名の格式や文字の多さによっても、お布施の金額は大きく変わります、相場を知りたい場合は、菩提寺がある場合は直接伺ってみるのもよいでしょう。

葬儀会社などに紹介してもらい、特定の菩提寺がない場合は、事前に葬儀社よりお布施の目安を伝えられることもあります。

ただ上記でもお伝えしたように、お布施は地域や宗派、日頃からお世話になっている菩提寺があるかないかによっても相場は大きく異なります。ですので、自分が無理のない程度で包める金額をお礼の気持ちとともにお渡しすることが大切でしょう。

曹洞宗の葬儀の香典

香典(こうでん)とは、線香や花の代わりに故人の霊前に供えるもので、現金を不祝儀用ののし袋(香典袋)に包んだもののことをいいます。香典は通夜または葬儀のどちらかに持参します。
香典に包む金額は、参列者と故人との関係性や参列者の年齢によって異なります。

おおよその目安として、

  • 親、兄弟の場合…3万円~10万円
    ※最少額である3万円は包む方の年齢に合わせて変わるので、40代以上の中高年層の方は5万円程度からと考えてよいでしょう。
  • 叔父、叔母をはじめとする親戚の場合…3万円前後
  • 祖父母の場合…5000円~3万円
    ※この場合、兄弟や従兄弟同士で集めて連名にする場合もあります。
  • 勤務先の同僚や上司の場合…5000円~1万円
    ※仕事で親しい取引先の方が亡くなられた場合も5000~1万円を包んで行くのがしかるべき相場となるでしょう。
  • 近所の方や友人の場合…5000円~1万円
    ※例えば、故人がまだ小さいお子さんを遺して亡くなられたなどの事情を知っていたならば、多少増額しても問題は無いでしょう。

以上が基本的な香典の相場となります。

香典袋については、香典用に市販されている水引付き封筒の多くは、仏教に基づく仏式仕様になっていますので、白黒または銀色の「結び切り」型の封筒を使うようにします。

曹洞宗など禅宗の場合は極楽浄土という考え方は無いため、水引の中心部上方に四十九日は関係なく「御仏前」と書き、その下に名前を書きます。

※その他多くの仏式 は、四十九日までは「御霊前」、四十九日後は「御仏前」と書きます。
※香典に新札を使うのはやめましょう。
香典のマナーについては地域や宗派により異なる場合がありますが、新札を使用しないという決まりは同じでしょう。新札は、改めて用意するものという印象があるので、ご不幸が起きることを予想していたという考えがあることから不祝儀には向かないと考えられています。

もし新札しか手元になかった場合には自分で小さく折り目をつけるのがよいでしょう。逆に汚れたお札だったり、あまりにもしわの入ったお札を用いるのも避けたほうがいいでしょう。

曹洞宗の葬儀の作法・マナー

上述でも少しお話しましたが、焼香は宗派ごとの作法の違いが表れやすい場です。
曹洞宗のお焼香の作法は次の通りです。

  1. 仏前で仏像、お位牌などをみて合掌、一礼します。
  2. 右手の三本の指(親指、人差指、中指)でお香を一つまみしてから、左手を右手の下にそえて、額のあたりに軽く押すようにしていただきます。
  3. 香を炭の上にのせてくべます。
  4. 2回目は、先ほどよりも少量のお香をつまみ、額には押さずに香炉に投じ香炭の上に添えてくべます。
  5. 改めて仏像、お位牌などをみて合掌、一礼をします。
    ※1回目にたく香を[主香(しゅこう)]といい、2回目にたく香を[従香(じゅうこう)]といいます。

その他、一般的なお焼香には立礼焼香、座礼焼香、回し焼香の3種類があります。

立礼焼香 (りつれいしょうこう)

立礼焼香は椅子席が設けられた式場で多く利用される方法ですので一番馴染みがあるでしょう。
まず、 焼香台の手前で止まり、遺族と僧侶に一礼します。
身を正して遺影に合掌、一礼します。
焼香台に進み、お焼香します。
再び合掌し、最後にもう一度遺族に一礼して戻ります。

座礼焼香(ざれいしょうこう)

座礼焼香は、基本的には立礼焼香と変わりませんが、立ち上がらずに数珠を左手で持ち、膝で進みます。
焼香台の前で、遺影と位牌に向かって一礼し、合掌します。

回し焼香

回し焼香は会場が狭い場合などに用いられる方法です。
立礼焼香や座礼焼香の場合とは違い、自分で行くのではなく焼香炉が順番に回ってきます。
受け取った焼香炉を自分の前に置き、お焼香が終われば隣の人に回します。
椅子席の場合は自分の膝の上にのせましょう。

まとめ

葬儀といっても宗派によって意義や式次第が異なり、中でも曹洞宗の葬儀は他の宗派に比べ特徴があるとされています。それらを宗派ごとに全て把握しておくというのは正直難しいことかもしれません。

ただ、故人をしっかりと送り出し、遺された方たちは改めて生きること、死ぬことについて考える場になるということはどの宗派でも言えることかと思います。そのため、事前にその宗派の葬儀の最低限の知識やマナー、葬儀の流れを理解しておくことが大切でしょう。

※曹洞宗の葬儀の流れやマナーなどを、上記で述べていますが、住んでいる地域やそれぞれのご家庭で差があります。
わからない点や疑問がある際には、葬儀社や僧侶に尋ねてみると良いでしょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る