通話無料
0120-955-732 24時間365日対応いつでもお電話ください

創価学(友人葬)での葬儀・お葬式

創価学会の友人葬なら『よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)』
創価学会・友人葬の特徴

創価学会の友人葬は、形式は一般的な葬儀と変わりませんが、必ずしも僧侶を呼ぶ必要はなく、遺族・親族、学会員の皆様がお題目を唱え、故人の遺徳を称え、冥福を祈ります。

よりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が選ばれるポイント

創価学会・友人葬の特徴

創価学会の友人葬には、参列者として同信の友人や支部の会員のほか、一般の友人も参加されます。また、成仏した人に対する葬儀として営まれ、僧侶を必要としないことから、喪主が創価学会の幹部にお願いして導師になってもらいます。位牌や戒名も必要ないとしています。読経は、学会の友人と遺族が唱え、題目を唱えます。祭壇は魔よけとされる常緑樹のしきみで飾ったものが好まれますが、最近は、白木祭壇や生花祭壇が選ばれることもあるようです。

ご希望の祭壇をご用意
友人葬専用の祭壇は、しきみ祭壇のほかに、白木祭壇や生花祭壇も、ご要望に応じてご用意いたします。
友人葬専門スタッフが対応
友人葬を熟知した専門スタッフが決め細やかなサポートに徹します。段取り、進行は安心してお任せください。

創価学会・友人葬に対応した3つの葬儀プラン

最も費用が抑えられるプラン

最も費用が抑えられるプラン

通夜を行わない告別式だけのプラン

通夜と告別式を身内だけで行うプラン

一般的なお葬式プラン

葬儀についてのご相談、ご依頼、お見積りはこちらまで

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-955-732
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-955-732 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る
ご利用のお客様へ

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright c 2013-2018 Minrevi. All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る