通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

特殊清掃の金額相場や実例、業者の選び方や失敗例について

カテゴリー 終活

線香

身内に死者が出たとき、身の回りを整頓するのも残された人たちの大切な仕事です。しかし、予想外の亡くなり方をした場合、掃除をするだけでも一苦労です。
そもそも、素人の知識と技術では手に負えない現場も少なくありません。そこで、特殊清掃に任せるケースも増えてきました。特殊清掃なら、さまざまな現場に対して臨機応変に対応してくれます。
本記事では、特殊清掃の実態やメリット、実例などを紹介し、仕事の意義について解説します。

特殊清掃とは?

死者の部屋を片付けるとき、親族とはいえ「難しい」と感じることはあるでしょう。

  • 孤独死
    現代では、高齢の両親と同居しない家族が増えてきています。それどころか、両親の健康状態すら把握していないケースがあります。
    結果的に、両親が死亡しても周りに気づいてもらえないという「孤独死」が頻繁に起こっています。孤独死の現場はときとして何カ月間も放置されるため、腐乱死体の臭いやカビ、汚れがたちこめる凄惨な状況になりがちです。
  • 自殺
    家族が自殺をとげてしまった場合、往々にして現場は目を背けたくなるようなものとなります。
  • 事件
    強盗などに殺されるなど、事件に巻き込まれて家族が死亡した場合、やはり現場は無惨になります。見た目がむごたらしいのはもちろんですが、殺害の瞬間を想像して家族が精神的にまいってしまう可能性もあります。
    こうした現場を家族が片付けるのは、あまりにも酷だといえるでしょう。

そのほか、不慮の事故などで家族が死んだときも、とても家族で清掃ができる状況ではありません。
こうした、「特殊な死亡現場」について清掃を引き受けてくれる仕事が「特殊清掃員」です。特殊清掃員はつちかってきた経験とスキルで現場をきれいに片付けてくれます。
また、第三者の立場なので、家族が清掃するよりもショックが少なく、スムーズに作業を行えます。家族の精神的な負担を減らすためにも、特殊清掃員に依頼する意味はあるでしょう。

特殊清掃員は家庭の清掃のほか、鉄道事故や飛び降り自殺、殺害事件といった現場でも仕事を引き受けています。清掃以外にも害虫駆除や消毒ができる清掃員もいます。

こうした現場の清掃は経験がなければすぐにできるものでもありません。しかし、現場を復旧し、周囲の人々の日常を取り戻すためには誰かが行う必要のある仕事です。
特殊清掃員はあまり表舞台に出てこないものの、社会を陰で支えている存在だといえます。

特殊清掃が必要な時代背景

かなり以前から特殊清掃員の仕事はありました。しかし、一般家庭からも特殊清掃員が注目されるようになったのは近年になってからです。
その時代背景には、日本人の生活様式、社会の変化が挙げられるでしょう。

高齢化社会

特殊清掃の仕事が増えてきた大きな理由が高齢化社会です。長らく、日本では若者が少なくて高齢者が多いという人口比に悩まされています。
その結果、介護を必要とする高齢者がたくさんいるにもかかわらず、介護ができるエネルギッシュな人材が不足している事態が引き起こされています。
子どもが独り立ちし、パートナーも失った高齢者は、十分な介護も受けられず、孤独死をとげる事件が後を絶ちません。
そして、こうした状況下で部屋を片付けているのは特殊清掃員なのです。

自殺者の増加

日本は先進国の中でも、死因で「自殺」が占める割合の高い国だといわれています。自殺者の多さの原因として「長く続いた不景気の後遺症」「ストレス社会」などが挙げられますが、自殺の現場をどう清掃するかは大きな問題です。
特に、鉄道自殺やビルからの飛び降り自殺ともなれば公共の場であるため、一刻も早く清掃しなければ復旧ができません。そこで、特殊清掃員の出番となります。
自殺者の割合が劇的に減らない限り、特殊清掃員の仕事も続くでしょう。

自然災害

日本は自然災害の多さも特徴的です。地震や台風が頻繁に発生するのはもちろんですが、それらにともなう「火事」「パニック」「津波」などの副次的な被害も甚大です。
災害によって生まれた死亡現場は凄惨なだけでなく、特別な機材がなければ処理しきれません。そのため、特殊清掃員にお願いする家庭、団体も珍しくないのです。

ここがポイントPOINT
 
 
特殊清掃員が活躍している影には、日本社会独特の問題点があります。
それぞれが短期間ですぐ解決するような内容ではないため、しばらく特殊清掃の仕事が減ることはないでしょう。
いまや、特殊清掃は多くの人が認知しており、一般家庭でも該当する案件に対しては仕事の依頼をするようになっています。

特殊清掃員に必要な資格

基本的に、特殊清掃員には必須となる資格がありません。そのため、特殊清掃を生業とする団体に所属できた時点で「特殊清掃員」の肩書きを名乗れます。
あるいは、自ら「特殊清掃員」を名乗って仕事を受けつけている個人事業者も珍しくありません。
しかし、特殊清掃員が増加したことで、悪徳業者も目立つようになってきました。法外な料金を請求したり、遺族への配慮を欠いた仕事を行ったり、悪徳業者の素行は問題になっています。

そこで、特殊清掃を依頼する際には「事件現場特殊清掃士」の資格を持っているかを、業者選定の基準にしてみましょう。
事件現場特殊清掃士には数々のメリットがあるからです。

特殊清掃を依頼するメリット

専門性の高い作業を期待できる

特殊清掃の仕事では、消毒にさまざまな薬品を用います。しかし、薬品は強い刺激臭がするものも多く、ともすれば人体への影響も出かねません。取り扱う人間には相応の知識が求められます。
事件現場特殊清掃士の資格は薬品などについて専門性を持っていることの証明です。安全かつ効率的に仕事を進めてくれるでしょう。

適正価格による受注

特殊清掃は誰でも簡単にできる仕事ではないため、悪徳業者につけこまれがちです。
常識外れの見積を出されたとしても、「こんなものか」と思い込んで発注してしまう人は少なくありません。
しかし、事件現場特殊清掃士は厳密なガイドラインに沿って活動しているため、料金についても適正な設定がなされています。安心して見積をとることができるでしょう。

遺族や近隣住民へのコンプライアンス

特殊「清掃」とはいっても、死亡現場に足を踏み入れるからには、最低限の礼儀、敬意は払ってほしいところです。
しかし、特殊清掃員は作業効率を優先するあまり、遺族や近隣住民への配慮を欠きがちです。換気のために窓を開けて腐臭をまきちらしたり、遺族に横柄な態度をとったりされると、依頼人は非常に不愉快な気持ちになるでしょう。
事件現場特殊清掃士はコンプライアンスも含めて、勉強を重ねています。事前に注意をしておけば、作業効率よりも遺族や近隣住民の心象を優先してくれます。

特殊清掃と遺品整理の違い

女性

多くの人が特殊清掃と混同している仕事として「遺品整理」が挙げられます。そのため、「どうして特殊清掃になると料金が高くなるのか」などの疑問を抱いている人もいるでしょう。
両者はまったく違う内容ですが、特殊清掃員はいずれも行うことができます。

実際に行うこと

特殊清掃の仕事はその名の通り「清掃」です。そして、特別な理由がない限り、死亡現場だけで作業を行います。
清掃の方法は状況にもより、血液や体液の洗浄から消毒、消臭などさまざまです。

一方、遺品整理はあくまでも「死者の残した物を片づけること」が仕事です。
そのため、単なる掃除だけが遺品整理ではありません。遺産や権利書などを調べ、正しく分類することもまた、遺品整理の一環です。

求められる知識

特殊清掃に求められる知識は「いかにして現場をきれいにするか」の一点につきます。
そのために機材や薬品などを扱うので、一般人にはなじみのない知識が多いといえます。そのほか、遺族の心情を察しながら作業を進めていくのも、特殊清掃員の資質です。

一方、遺品整理では法律や不動産の知識が求められることもあります。
遺産分配をサポートするのも遺品整理の役割であり、ときには遺族から深い相談も受けるからです。

料金

一般的には、特殊清掃の方が遺品整理よりも料金が高く設定されています。その理由は、特殊清掃の方が作業者の体力的、精神的負担が大きいからです。

遺品整理も多様な知識が求められる重要な作業ではありますが、凄惨な死亡現場を目にしなければいけない特殊清掃と比べると、精神的なダメージは少ないといえるでしょう。

ここがポイントPOINT
 
 
特殊清掃は知識も経験もない人にはきびしい仕事なので、最初から専門家に頼むのが無難でしょう。
ただし、特殊清掃を頼むと、遺品整理もセットでついてくることも多いため、料金には注意が必要です。

遺品整理については「トラブルにならない遺品整理とは?費用は?疑問を徹底解説」もぜひご参照ください

特殊清掃の仕事の流れ

親族が死亡し、遺族だけでは清掃が無理だと思ったら業者に連絡を入れましょう。それからの主な流れは以下の通りです。

  1. 見積
    業者から見積が出されるので、納得できる価格なら承諾し、仕事を依頼しましょう。なお、すぐにでも作業にとりかかってほしい依頼人の足元を見て、法外な見積を出してくる業者は少なくありません。
    優良な業者を見つけられるかどうかは大きなポイントです。
  2. 到着・安全確保
    作業日を調整し、いよいよ特殊清掃に入っていきます。このとき、業者が最初に行うのは現場の安全確保です。
    腐乱死体などがある現場なら、有毒ガスが発生している恐れもあります。扉を開けた瞬間に、周辺に被害が及ぶこともありえます。ガスマスクや防護服を身につけた業者は、自分たちはもちろん、周辺環境の安全まで考慮して作業の手はずを整えていきます。
  3. 消臭・消毒
    特殊清掃業は消臭と消毒から開始されます。まずは臭いを消さなければ近隣住民に迷惑をかけてしまいます。消毒を行わないと、再び人が足を踏み入れられる環境にできないでしょう。
    ここで業者が劇薬を用いることも多く、専門家でなければ任せられない作業だといえます。
  4. 害虫駆除
    遺体があるまま放置された密室では、害虫や害獣も発生しがちです。特殊清掃では、こうした害虫・害獣も駆除します。
  5. 廃棄・遺品整理
    血や体液のついたマットなどは使い物になりません。布団や畳、衣類などにしても同様です。
    特殊清掃では使えなくなった物品を回収し、廃棄するのが主な作業です。
    その後で遺品整理が行われます。形状をとどめている遺品はビニール袋に入れるなどして確保し、遺族に渡します。
  6. 洗浄・殺菌
    部屋が片付いたところで、洗浄と殺菌が行われます。ほとんどの物件は特殊清掃の後で再び売りに出されるため、元の状態に戻せるかどうかはこの工程にかかっています。
    ただし、洗浄しても直らない部分がある場合は、家主と相談したうえで取り除いてしまうことも珍しくありません。

これらの作業を終え、数日間経っても問題が見つからなければ精算となります。

特殊清掃の金額相場

女性と電卓

どうしても料金設定に大きな幅が出てくるのは、特殊清掃のいたしかたない部分です。特殊清掃の料金は5万~50万円程度だといわれています。

なぜ料金がしぼりきれないのかというと、現場の状況によって作業内容がまったく変わってくるからです。
遺体が腐乱していたり、原形をとどめていなかったりすれば、それだけ特殊清掃員の仕事も多くなります。
また、腐乱死体の中でも程度があるため、「このようなケースならこれくらいかかる」と断定するのは難しいのです。

特殊清掃の内訳では、体液や汚物の撤去にかかる金額がもっとも高く、最高で25万円ほどが相場です。
次いで、消臭・消毒が最高15万円ほどであり、害虫駆除が最高10万円ほどです。

しかし、これらの金額もあくまで目安なので、状況によって変動すると踏まえておきましょう。また、特殊な事例が加わると料金も高くなります。

ゴミ屋敷

いらない物をためこんで、人が足を踏み入れることすら困難な「ゴミ屋敷」は親族でさえ手を焼く案件です。そのため、特殊清掃業者を雇うと料金も高くなります。
ゴミ屋敷の程度にもよるので具体的な金額は出せませんが、ゴミの量が多いほど見積も割り増しにはなるでしょう。

リフォーム

火事などの現場であれば、特殊清掃員がリフォームまで任せられることもあります。この場合、通常の清掃料金にリフォーム代が上乗せされる計算です。

遺品整理

特殊清掃と遺品整理を別物として扱っている業者も珍しくありません。遺品整理の料金は現場の広さに比例します。
ワンルームなら3万~10万円が相場ですが、一軒家ともなれば100万円近くすることもありえます。そのほか、遺品の量も料金に加算されるでしょう。

ここがポイントPOINT
 
 
特殊清掃を雇う料金は決して安くはありませんが、自力で行うと時間も手間もかかります。
そのうえ、トラブルを起こして訴訟にでもなれば清掃料以上の金額を失うでしょう。特殊清掃はプロフェッショナルに任せておくのが安全です。

特殊清掃の実例

具体的に、特殊清掃を頼むとどのようなメリットがあるのか、以下、事例を紹介していきます。

実例1

Aさんは奥さんを亡くして以来、一軒家に大量の猫を飼って暮らしていました。
しかし、孤独死したAさんの発見はかなり遅れてしまい、近所の人が気づいたのは腐乱臭が漂い始めてからでした。Aさんの遺体だけでなく、餓死した猫たちも腐り出していたのです。
連絡を受けた親族は自分たちだけで清掃するのは無理だと判断し、特殊清掃業者に依頼しました。
清掃業者は作業中、悪臭がたちこめる中でも家を密閉し、近隣に迷惑がかからないよう配慮してくれました。作業の精度はもちろんですが、こうした忍耐力は経験豊富なプロフェッショナルでなければ身についていなかったでしょう。
清掃後、一軒家は売りに出すことができました。

実例2

Bさんは仕事のストレスを苦にして、アパートで手首を切って自殺をしました。
不審に思った近所の人が大家さんに連絡したとき、すでに遺体は腐乱していました。駆けつけた家族は心労のあまり、とてもBさんの部屋を片付ける気にはなれません。
そこで、特殊清掃業者に頼み、掃除から遺品整理まで手伝ってもらいました。作業がスムーズだったのはもちろんですが、事件現場特殊清掃士に依頼したので、遺族への気づかいまで丁寧に行ってくれました。
遺族にとって、心の傷を最小限に抑えられたといえます。

実例3

Cさんは近所で有名なゴミ屋敷に住んでいました。死亡後、現場にやって来た家族はとても自分たちで清掃できる気がしません。不動産会社からは退去してほしいと言われており、このままでは違約金が発生してしまいます。そこで、調べてみた特殊清掃業者に、片付けてもらうことにしました。料金こそ高くなってしまいましたが、違約金を免れたために決して損した気にはなりません。むしろ、ゴミに隠されていた遺品もきれいに整理できて遺族は満足でした。

特殊清掃業者の選び方

いざ特殊清掃を業者に頼むなら、妥協せずに相手を選びましょう。以下、参考にしたいポイントを紹介していきます。

依頼前に見積を取る

意外に見落としてしまいがちなのが「見積」です。ホームページなどで料金表を見ただけで納得してしまい、実際に業者から見積をとらない人は少なくありません。
しかし、特殊清掃の料金はケースバイケースです。しかも、業者によってまったく基準が異なります。
必ず、依頼前に見積を取って料金を確認しておきましょう。そのうえ、可能なら複数の業者から見積をとって比較検討するのが得策です。
見比べて不審な点があると思ったら、徹底的に質問をしましょう。

作業内容を細かく聞く

特殊清掃では、作業が細かく分かれています。主なものに「廃棄」「消臭・消毒」「害虫駆除」「洗浄」などがありますが、1つの業者がすべてを請け負ってくれるとは限りません。
業者に依頼してから「うちでは害虫駆除までやっていない」などと言われたら、そこから別の業者を探す必要があります。
そうならないためにも、依頼前に業者から作業内訳を提出してもらいましょう。内訳に入っていなくても「こんなことはできないのか」と、希望する作業は積極的に聞いておきます。
1つの業者に最初から最後まで担当してもらうのが理想なので、あらかじめ「やってほしい作業」を自分でもリストアップしておきましょう。

実績と技術は確かか

特殊清掃は資格がなくても始められる仕事です。実際、無資格でも仕事ぶりを信頼できる業者は少なくありません。とはいえ、特殊清掃業者が増えすぎた結果、悪徳と呼ばれる仕事でお金を稼いでいるところが多いのも事実です。
特殊清掃を頼む際には、悪徳業者に出会わないよう意識しましょう。ホームページがない業者はまず危険ですし、実績や技術についても深くリサーチします。どのような手段で作業を行うつもりなのか詳しく説明してもらい、納得できない相手とは交渉を止めるのが賢明です。

特殊清掃における注意点と失敗例

質の悪い業者にあたって、特殊清掃でトラブルを招いてしまったケースもあります。以下、失敗例を紹介するので参考にしてみましょう。

作業後の問題に対処してくれない

特殊清掃では、1回の作業ですべてが完了するとは限りません。たとえば、死臭が消臭できていないこと、害虫が完全に駆除できていないことなどもありえます。そんなとき、同じ業者に追加で作業してほしいところでしょう。
ところが、上手くいいわけをして、追加作業を回避しようとする業者もいます。どんなに交渉をしても、見積や契約書に追加作業の項目がなければ、依頼人の立場が不利になってしまいます。
余計な追加料金を払わないためには、アフターケアが万全な業者に依頼をしましょう。

遺族や近隣住民に配慮できない

特殊清掃は繊細な作業でもあります。換気を優先して仕事をすれば、近隣に悪臭をまきちらせかねません。また、凄惨な現場では遺族の精神的ダメージも大きくなるため、業者の無神経な言動が相手を傷つけることもありえます。
いくら使い物にならない家具でも、断りもなしに廃棄されたのでは、不快に思う遺族もいるでしょう。
特殊清掃業者を選ぶ際には仕事の能力も大切ですが、人間性も見極めなければいけません。連絡を取った際に、態度が気に入らなかったなら交渉を中止したほうがいいでしょう。

見積に含まれていない料金を請求される

特殊清掃の見積は幅を持たせた内容になりがちです。そのため、注釈までしっかり読み込むようにしましょう。
「現場の状況により異なります」などの曖昧な記述があったり、「諸経費」などの項目で高額が設定されていたりするときは、きちんと業者に説明をしてもらいます。そうでないと、作業が終わってから見積以上の金額を請求されるリスクもゼロではありません。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.
※プラン料金の他に費用がかかる場合
ページ先頭へ戻る