葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

通夜・告別式の挨拶文例。喪主なら知っておきたい葬儀のマナー

カテゴリー 葬儀マナー

通夜にお見えくださる方々は、故人と近しい、もしくは親しい関係の方が多い分、挨拶には気を遣うことと思います。
このページでは、通夜での挨拶の文例、ポイントを書いています。
文例をテンプレートとしてもお使い頂けます。是非、ご利用ください。

通夜での一般的な喪主の挨拶文例

まずは、一般的な挨拶をご紹介します。
通夜の挨拶でのマナーとして大切なことは、弔問者(会葬者)の皆様に感謝の気持ちを伝えることです。

下記の文例は一般的なものとなりますので、地域や宗教・宗派により異なる場合があります。
事前に文章を葬儀社の方やご親族(お身内)の方に見て頂くと良いでしょう。

(文例)
本日は、ご多用中にも関わらず、故人のために、お通夜にご参列くださいまして、誠にありがとうございます。
生前は、格別のご厚情(こうじょう)を賜り、本人もとても感謝していることと思います。深く御礼申し上げます。
明日の葬儀・告別式は◯◯時からとなっておりますので、よろしくお願いいたします。
本日は、本当にありがとうございました。遺族を代表しまして、心より御礼申し上げます。

喪主が夫の場合

(文例)
本日は、お忙しい中、亡き妻◯◯のためにお通夜の焼香を賜りまして、誠にありがとうございます。

存命中は、ひとかたならぬお世話になりました皆様方に、故人に代わり厚く御礼申し上げます。
また、受付では励ましのお言葉を賜り、ありがとうございます。

◯◯は昨年末より体調を崩し、病気療養中でございましたが、容態が急変し昨夜息を引き取りました。しかしながら、◯◯病院の皆様のおかげで、たいへん安らかな最期でございましたことをここでご報告させて頂きます。

ささやかではございますが、別室に供養の粗茶などを用意致しましたので、故人を偲ぶ話などお聞かせ頂ければ幸いです。

なお、明日の葬儀・告別式は◯◯時から執り行います。
お時間が許すようでしたら、最後の別れをして頂ければ、◯◯も喜ぶことと思います。
何とぞ、よろしくお願いいたします。

本日は誠にありがとうございました。

喪主が妻の場合

(文例)
本日はお忙しい中、夫◯◯の通夜に足をお運び頂きありがとうございます。故人に代わり、御礼申し上げます。

故人◯◯はかねてより病気療養中でございましたが、容態が急変し帰らぬ人となってしまいました。
生前は皆様からひとかたならぬご厚情を賜り、故人も感謝しておりました。本当にありがとうございました。

夫はとても子煩悩な父親で、娘◯◯(もしくは息子◯◯)の成長を誰よりも楽しみにしておりましので、とても無念であったと思いますが、これからは娘(もしくは息子)と力を合わせて一生懸命生きて参りますので、今後ともよろしくお願い致します。

なお、葬儀・告別式は故人の遺言により、家族のみで執り行いました。
何とぞ、ご理解頂けますよう、お願い致します。

ささやかではございますが、あちらの方にお食事を準備しております。食事を召し上がりながら、故人との思い出話などお聞かせ頂ければと存じます。

本日は、本当にありがとうございました。

喪主が子供(息子・娘)の場合

(文例)
本日はお足元の悪い中、父◯◯の通夜にご参列くださり、またご丁寧にお悔やみをくださいましてありがとうございました。本人も喜んでいることと思います。

存命中は、皆様から格別のご厚情を賜り、大変感謝しておりました。故人に代わりまして、心から厚く御礼申し上げます。

なお、明日の葬儀は◯◯時からでございます。何とぞ、よろしくお願い致します。

ささやかではございますが、別室に粗茶を用意しております。どうぞ召し上がりながら、生前の思い出話などお聞かせ頂ければと存じます。

本日は誠にありがとうございました。

喪主が孫の場合

(文例)
喪主の◯◯でございます。
本日は私の祖父(もしくは祖母)が亡くなりまして、早々に通夜に駆けつけてくださり、厚く御礼申し上げます。

故人はかねてより病気療養中ではございましたが、最近では回復に向かっておりました。
しかし昨日、病状が急変し、残念ながら帰らぬ人となってしまいました。

祖父(もしくは祖母)は◯◯歳という高齢でありながら、これまで皆様に支えられ、頑張ることができました。

故人も最後を皆様に見守られ、とても喜んでいることと思います。心より御礼申し上げます。

なお、明日の葬儀・告別式は◯◯時から行います。

本日は、本当にありがとうございました。

喪主が代理人の場合

(文例)
ひと言ごあいさつを申し上げます。
本日はお忙しい中、通夜にお見え下さりありがとうございます。心より厚く御礼申し上げます。

本来なら喪主◯◯がご挨拶申し上げるところではございますが、未だ学生の身でございますので、故人○○の弟◯◯◯◯(自分の名前)が代わりましてご挨拶申し上げます。

兄◯◯は、病気が発覚してからあっという間に帰らぬ人となってしまいました。
あまりにも突然のことで、私どももまだ信じられない気持ちでございます。
元気に笑っていた姿が昨日のことのように思い出されます。

また、誰よりも子供の成長を楽しみにしていましたので、大変無念だったと思います。私も悔しくて仕方がありません。

とても痛心ではございますが、皆さまからもご心配のお言葉を賜り、悲しんでばかりもいられません。
早く立ち直り、遺族全員で力を合わせて頑張って参る所存です。

どうぞ皆さま、今後とも温かいご支援やお力沿いの程、何卒宜しくお願い申し上げます。

なお、明日の葬儀・告別式は◯◯時より行います。何とぞ、よろしくお願い致します。

最後に、皆様からの生前の弟へのご指導やご鞭撻(べんたつ)、心より感謝いたします。

本日は本当にありがとうございました。

家族葬の場合の挨拶文例

(文例)
本日はお忙しい中、故人◯◯の通夜に足をお運び頂きありがとうございます。
故人に代わり、御礼申し上げます。

故人◯◯はかねてより病気療養中でございましたが、願いもむなしく帰らぬ人となってしまいました。

生前は皆様からひとかたならぬご厚情を賜り、故人も感謝しておりました。本当にありがとうございました。

なお、葬儀・告別式は故人の遺言により、家族のみで執り行う予定でございます。
また、香典やお供物もご辞退させて頂いております。
何とぞ、ご理解頂けますよう、よろしくお願い致します。

本日、ささやかではございますが、あちらの方にお食事の席を準備しております。精進落としとして、召し上がりながら、故人との思い出話などお聞かせ頂ければと存じます。

本日は本当にありがとうございました。

親戚が挨拶・スピーチする場合の弔辞・例文

(文例)
親族を代表致しまして、ご挨拶申し上げます。
本日は、叔父◯◯(名前)の通夜に駆けつけて下さり誠にありがとうございます。
私は甥の◯◯◯◯(名前)と申します。

叔父とは長年に渡り、住まいを同じくしておりましたが、昨年、病に倒れ、病院で治療を続けて参りました。
お正月には、こちらで過ごせるまでに回復しておりましたが、昨日、容態が急変し、帰らぬ人となってしまいました。

生前、皆様から頂きましたご厚誼には、大変感謝しておりました。

おかげさまで皆様にこうして見守られて、故人も喜んでいることと思います。

本日、ささやかではございますが別室にて粗茶を準備しております。故人との思い出などお聞かせ頂ければと存じます。

なお、明日の葬儀・告別式は□時から行います。何とぞ、よろしくお願い致します。

本日は、叔父○○のために本当にありがとうございました。

会社の同僚・上司・部下が挨拶・スピーチする場合の弔辞・例文

(文例)
会社を代表しまして、ひと言ご挨拶申し上げます。

私は、故人◯◯君が勤務しておりました株式会社◯◯◯◯で課長をしております◯◯◯◯と申します。
本日は、お忙しいなか、このようにたくさんの方々に通夜に参列頂き、心より御礼申し上げます。

私と◯◯君とは、◯◯君が入社以来◯年、経理の仕事を通し、公私共に親しくさせて頂いておりました。
そんな◯◯君が勤務中に倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまい、私も大変驚くと共に悲しみを隠せません。
◯◯君は社内ではまとめ役として、時にはムードメーカーとして、みんなの中心にいる存在でした。大きな志を持っており、これからの活躍を大いに期待しておりました。これからという時でしたので無念でなりません。
◯◯君も無念のことと思いますが、◯◯君の志を引き継ぎ、社員一丸となっていく所存でございます。

最後になりましたが、今後ともご遺族の方々への変わらぬご指導何とぞよろしくお願い申し上げます。

本日は、誠にありがとうございました。故人に代わり、お礼申し上げます。

まとめ

喪主として最初の挨拶となるのが通夜での弔辞です。
通夜と葬儀(葬式)、告別式での挨拶は同じ内容で良いのか迷われる方もいらっしゃるかと思いますが、どちらか片方にしか参列できない方もいらっしゃいますので、感謝の言葉は重なっても大丈夫です。

ちなみに、通夜は葬儀や告別式と異なり、一般的に友引であって執り行うことができますので、友引を避ける必要はありません。

通夜での挨拶の目的(ポイント)は、故人に代わって、弔問客の方々に弔問して下さった感謝の気持ちや頂戴したねぎらいの言葉への感謝を伝えることです。

もし、自分なりの言葉が見つからない場合は、上記の例文をテンプレートとして、◯◯の部分を適切な名前もしくは言葉に置き換えて、□の部分は数字を入れて使ってください。

弔辞のタイミングとしては、準備をしたお茶もしくは食事の席に弔問客の方々をご案内する時となります。
葬儀社にお願いをしている場合は、決まった流れがありますので、葬儀社の方からお声掛けがあります。

挨拶(弔辞)というと、暗記して、間違えずにしなければいけないものだと思われるかもしれませんが、メモを見ながら挨拶をすることは決して失礼にはなりません。
逆に、忌み言葉や重ね言葉を使ってしまうことの方が失礼にあたります。

また、家族葬を選ばれた場合は葬儀社の方々と家族のみでの葬儀となり、僧侶による葬儀への参列や出棺のお見送りをして頂くことができません。
家族葬の場合は、その旨をお伝えしましょう。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る