葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

やむを得ず、通夜に遅刻するときのマナー

カテゴリー 葬儀マナー

訃報を受け、通夜の開始時間に間に合いそうもないということがあるかと思います。理由は仕事や個人的な用事など様々です。
地域や宗教・宗派のしきたりによって違いがある場合もありますが、ここでは一般的な通夜に遅刻する場合のマナーについて説明します。

多少の遅刻であれば通夜には参列すべき

30分から1時間程度であれば、通夜には参列しましょう。
読経やお焼香は終わっているかもしれませんが、ご遺族の方々からすると、忙しい中でも故人のために駆けつけてくれたということだけでとても有り難いことです。

何時まで弔問が可能かに関しては、通夜が斎場で開かれている場合は、斎場に問い合わせると良いでしょう。
斎場の場合は、借りている時間を過ぎてしまうと斎場自体に入ることができなくなってしまいますので、注意が必要です。

また、キリスト教の場合は、通夜の儀式が終わってしまうと、誰もいなくなってしまいます。
通夜が終わった後、ご遺族の方々が残っている時間は、食事やお茶を頂いている時間を考えると約1時間から1時間30分程度が一般的です。

なお、遅れた際には、遅れたことに対してのお詫びを伝えることを忘れないようにしましょう。

あまりにも遅い時間の参列は避けた方が良い

通夜への弔問は、故人との関係性(友人、会社の上司、同僚等)によっても変わりますが、一般的には、親族や親しい間柄、もしくは会社関係の場合に伺います。
故人との関係性を考えると、遅くなっても弔問したいという気持ちが強いケースが多いとは思いますが、遅過ぎる時間の弔問は避けることをお勧めします。遅い時間と一言に言っても通夜の時間によって異なりますが、親族でない場合は、18時から19時が開始の時間の場合、20時もしくは21時を過ぎてからの弔問は避けることをお勧めします。
なお、親族の場合は、事前に遅れる旨を連絡し、時間を問わず駆けつけることをお勧めします。通夜の場合、親族として翌日の葬儀、告別式の打ち合わせや準備があるためです。

一般的に通夜の式が終わる上記の時間になると、読経、お焼香が終わり、ご遺族の方々も休まれている場合が多いため、故人と親しい関係であった場合でも控えましょう。

ただし、故人やご遺族との関係性によっては上記の時間を過ぎても地域のしきたりで失礼にならない場合やご遺族の方々が待たれていることがあります。その場合は、事前に連絡を入れ、確認をすることで時間外の弔問も失礼にはあたりませんので、ぜひ、通夜に行かれてください。

遅刻した際の挨拶と対処法

遅刻した際でも、まずは受付に寄りましょう。
受付が終わっていた場合には、周辺にいる葬儀社(葬儀屋)の係りの方やお世話役の方を見つけ、式に間に合わなかったことをお詫びしつつ、お焼香をさせて頂きたい旨をお伝えしましょう。
中に入ったら、改めて喪主やご遺族の方がに遅れた旨のお詫びとお焼香をさせて頂くことをお伝えしましょう。

喪主やご遺族の方々への挨拶の文例を以下に書きますので、参考にしてください。
中には一礼して入り、ご遺族の方々の前でも一礼して挨拶をすると良いでしょう。

文例

急なことでご愁傷様でした。
本日は遅れてしまい、大変申し訳ありませんでした。
せめて、ご焼香だけでもさせて頂ければと思い参りました。
ご焼香をさせて頂いてもよろしいでしょうか。

上記のように、遅れたことへのお詫びを伝えた後、焼香をした旨を伝えることで、ご遺族も遅れながらも、駆けつけてくれたことに対してとても感謝してくださることと思います。

そして、誰よりも故人はあなたが駆けつけてくれたことに心から感謝していることと思います。
通夜は気持ちを伝えることが大切なのです。

遅刻した時の香典の渡し方

遅刻した場合、香典をどのタイミングで渡すか、下記で説明します。

通夜に遅刻した場合でも、受付がまだ開いている場合は、受付に寄ってから中に入りましょう。受付では、帳簿に名前、住所を記帳し、香典をお渡しします。
既に受付が終わっている場合は、葬儀(葬式)もしくは告別式でお渡しすることをお勧めします。
受付が終わっている場合でも、受付周辺には葬儀社の係りの方など人がいらっしゃることはありますが、香典のトラブルを避けるためには、受付が終わっている場合は、通夜でのお渡しは控えることをお勧めします。
お金が関わることですので、トラブルになる行動は避けましょう。

もし、葬儀、告別式に出席できず香典をお渡しする機会がない場合は、後日、改めて喪主の方のご自宅に伺うか、郵送で送りましょう。
郵送で香典を送る場合は、現金を封筒に直接入れるのではなく、必ず弔電袋に入れ、現金書留で送るようにしましょう。その際、香典が郵送になったお詫びの言葉を手紙として添えると良いでしょう。
後日、ご自宅に伺う場合は、事前にご遺族の都合を確認してから訪問しましょう。

通夜の遅刻に関する疑問・質問

通夜に遅刻に関しての疑問や質問を下記にまとめました。
一般的な回答となりますが、参考にしてください。

Q1.お通夜に遅れて行くのは失礼ですか?

A1.お通夜で行われている時間内であれば行かれることをお勧めします。
斎場でお通夜を行なっている場合は、僧侶(坊さん)の読経〜お焼香〜通夜ぶるまいの順番で執り行われますので、通夜ぶるまいが行われ、時間が決まっていますので、事前に会場に連絡を入れ、時間を確認してから伺えば問題ありません。
こ自宅の場合は、遅れて伺う旨を連絡し、弔問するようにしましょう。親族でない場合は、21時〜22時以降の弔問は、ご遺族の方々への配慮として、避けた方が良いでしょう。

 
Q2.遅刻した場合、通夜の会場内に入るタイミングはありますか?

A2.基本的には、僧侶(坊さん)の読経が終わるまでは外で待ち、お焼香が始まってからお焼香の列に並ぶようにしましょう。
斎場で執り行われている場合は、係りの方の案内に従いましょう。
ご自宅の場合は、葬儀社(葬儀屋)の係りの方もしくはお世話をして下さっている方の案内に従いましょう。

 
Q3.遅刻しそうな時は、喪服ではなく普段着で参列しても良いですか?

A3.お通夜は急なことなので、正礼装でなくても良いですが、最低限のマナーは守りましょう。
男性であれば、暗めの色のスーツに黒のネクタイを着用、女性であれば、暗めの色のワンピースもしくは白のブラウスに暗めの色のスカートの組み合わせとなります。

 
Q4.通夜に遅刻しそうなのですが、何時までだったら弔問できますか?

A4.一般的に、通夜の始まる時間は18時から19時になりますので、開始から2時間以内位までに弔問することをお勧めします。21時から22時を過ぎる場合は、事前に連絡をし、弔問に伺えるか確認をしましょう。
葬祭場で執り行っている場合、一定の時間を過ぎると会館自体が閉まってしまう場合がありますし。
また、自宅の場合は、ご遺族の方々が就寝される時間となります。

 
Q5.通夜に遅れる時は連絡した方が良いですか?

A5.基本的に連絡は不要ですが、通夜ぶるまいの時間もしくはそれ以降になる場合は、連絡をすることをお勧めします。
一定の時間を過ぎると受付が終了し、斎場の場合は斎場自体が閉まってしまうことがあります。
また、ご自宅の場合も喪主の方をはじめ、ご親族の方々も着替えを済まされ、弔問客をお迎えすることができない状態の場合があります。

 
Q6.通夜に遅刻する上に香典の準備も間に合いませんが、そんな場合は通夜を欠席した方が良いですか?

A6.遅刻はしない方が良いですが、通夜は突然のことでもありますので、遅刻はマナー違反にはなりません。故人を偲ぶ気持ちをご遺族の方にお伝えすることが大切です。
香典も通夜でお渡しできない場合は、葬儀(葬式)、もしくは告別式でお渡しすれば問題ありません。
もし、葬儀(葬式)や告別式に出席できない場合は、後日、訪問するか郵送にすると良いでしょう。

 
Q7.数珠を取りに戻る時間が無いのですが、通夜に数珠は必須ですか?

A7.仏教の場合は、正式には数珠を持参するのがマナーです。しかし、突然のことで、数珠を持参できなくてもお焼香はできます。心を込めて手を合わせれば大丈夫です。
なお、数珠の貸し借りは厳禁ですので、持参できなかったからといって人から借りることはしないようにしましょう。数珠には持ち主の念が宿る言われている上、本来はお守りとして常に持ち歩くものとされています。数珠の本来の意味を考えると、忘れたからといって、人から借りることは避けましょう。
また、作法として、数珠は合掌する時以外は左手で持ちましょう。

遅刻してしまうようなら参列は避けるべき?

一般的な通夜の流れは、僧侶の読経〜お焼香〜通夜ふるまいとなります。
僧侶の読経の間は入室を遠慮することをお勧めしますが、読経が終わり、お焼香が始まったら、最後列に並び参列された方々と一緒にお焼香させて頂きましょう。

通夜とは、故人を偲ぶために執り行われるものですので、遅刻はマナー違反にはなりませんので、欠席する必要はありません。逆に、故人への思いをご遺族の方々にお伝えするためにも、遅刻をしても出席することをお勧めします。

しかし、遅刻する時間として、読経やお焼香、通夜ぶるまいが行われている時間内がマナーとなります。相手があることですので、何時になっても参列するものではありませんので、注意が必要です。

また、遅刻して到着した場合は、、式場に残っていらっしゃる喪主もしくはご遺族の方や葬儀社の方にお悔やみを伝えてからお焼香をすると良いでしょう。

遅刻する場合に連絡は必要?

通夜が執り行われている場所に関わらず、基本的に通夜が執り行われている時間内の遅刻連絡は不要です。
通夜が始まってしまうと、関係者は参列と弔問客の対応に忙しくなるためです。折角連絡をしても、葬祭場の場合、自宅の場合どちらの場合も喪主やご遺族の方への連絡は式が終わってからとなる可能性が高いためです。

通夜の日は、ご遺族にとっても忙しいため、電話連絡を入れないことも、ご遺族に対しての配慮となります。
もし、連絡を入れていたにも関わらず、ご遺族の方々にその旨が伝わっていなかった場合でも、決して腹を立てないようにしましょう。

なお、どうしても連絡をしたい場合は、通夜が始まる前に連絡することをお勧めします。マナーとしても、通夜の最中ではなく、始まる前に連絡することが良いと思います。
また、通夜が始まる前ですと、係の方からご遺族の方にも伝わりやすいです。

時間によってはご遺族の方々のご都合があり、迷惑にもなりますので、到着が通夜の後になる場合には、通夜の最中であっても遅刻のお詫びをしつつ、到着予定時間をお伝えし、弔問に伺っても支障がないか確認をしましょう。

通夜に間に合わない人のため通夜ぶるまいは余分に用意すべき?

通夜ぶるまいとは、ご遺族と弔問客が、故人の思い出話などをしながら食事をする場、いわゆる「故人を偲ぶ会」です。
以前は、通夜のお手伝いや対応で忙しくして、お腹が空いているお手伝い頂いた方やご遺族の方に、少しでもお腹に入れられるようおにぎりやお茶を振る舞うことを「通夜ぶるまい」と呼んでいましたが、現在は、弔問に来てくださった方々全員に振る舞うのが一般的となっています。

通夜ぶるまいの量は、専門家である葬儀社の方の裁量が大きく影響します。一般的には、想定する参列者数の70%程度の方分の食事を準備するようです。
ここで大切なのは、遅れて見えた方にも振る舞える分を準備しておくというより、通夜ぶるまいが開かれている間には食事が無くならないようにすることです。一人当たりの食事の料金の平均は3,000円程度なので、余ると気になるところだとは思いますが、葬儀社の方と相談して決めましょう。
ご自宅で執り行う場合は、身内の方やご近所の方に相談されても良いでしょう。

ちなみに、もし食事が無くなってしまった場合は、残念ですが、通夜ぶるまいへのご案内ができないことを丁寧に説明しましょう。
通夜ぶるまいは、読経、お焼香が終わった後に喪主から案内もしくは招待を受けた方が頂くものですので、お席にご案内できないことを弔問に来てくださった方に理解して頂きましょう。

まとめ

本来、訃報を受けたら早めに行きたいものですが、突然受けるものなので、仕事の都合(早退できない等)や自分の都合で時間に間に合わず、遅刻してしまうことがあるかと思います。その場合、遅刻することはマナー違反でご親族に対して失礼にあたるということで、出席するか欠席するか悩んでしまうかと思います。
このページではそのような悩みに関して説明をしました。

何よりも大切なことは、通夜は故人を偲び、別れを惜しむために参列するものだということです。
また、急なことなので、通夜の遅刻は一概にマナー違反とはなりません。

ただ、気をつけておくこととしては、伺う時間によっては、ご遺族の方々に負担をかけてしまうということです。
通夜が執り行われている場所によっても異なりますが、ご遺族の方々への心遣いを忘れず、弔問することをお勧めします。

また、このページでは、通夜に伺う際の服装に関しても説明していますので、参考にしてください。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る