葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

盂蘭盆会(うらぼんえ)とは

カテゴリー 法事・法要

盂蘭盆会とは、お盆の歴史を語る上では欠かすことのできない仏教行事として、7月~8月にかけて行われるもので、今現在も昔と変わらず盛んに行われる仏教行事のひとつです。
盂蘭盆会には、いくつかの説があり、どういう由来からどういう意味を持つ言葉と習わしなのか、お盆との関係性はどのようなものなのか。先祖を供養するという基本的な考えを念頭に、解りやすく説明してゆきます。

盂蘭盆会とは

盂蘭盆会は、7月~8月に行われる仏教行事のひとつで彼岸会と同様に盛んに行われています。全国的には8月に行われることが多く、この行事に合わせて故郷へと帰省する人も多く、帰省した際には、お寺へ参詣するのが毎年の行事としてごく当たり前のようになっています。

盂蘭盆会は彼岸会のように先祖供養を目的として行われる行事ですが、同じ先祖供養でもその意味合いには違いがあります。彼岸会では、ご先祖様の霊魂が彼岸にやってくることができるように行うものとされていますが、盂蘭盆会は、先祖の霊魂は家族の住む家へと帰ってくることを前提に、帰ってきた先祖の霊魂をおもてなしする意味合いが強いものとされています。

盂蘭盆会の考えや風習といった教えは、元々仏教には存在せず、日本ならではの風習として言い伝えられています。

仏教の教えは本来、先祖供養を第一に強く勧めているものではありませんが、現代の日本の仏教における先祖供養は、自分の先祖の供養のみをしっかりと行うという風潮が色濃く、本当の盂蘭盆会の意味とは若干かけ離れてしまっているとも言われています。

仏教の教えからの盂蘭盆会は、報恩感謝の意味を持って阿弥陀如来様への感謝の気持ちで勤めるものと言われています。

 

報恩感謝の意味は?

報恩(ほうおん)とは、恩に報いるということ。恩返しをするということを意味し、感謝は、ありがたいと思う気持ちのことを意味します。

報恩感謝の意味は、たくさんの人や物、環境のおかげで今の自分があるということを感謝し、その恩に報いるような生き方をしたいという気持ちのことを言います。

盂蘭盆会の意味と由来

ここからはさらに盂蘭盆会(うらぼんえ)の意味と由来についてさらに詳しく説明していきたいと思います。

盂蘭盆会(うらぼんえ)の言葉の由来

盂蘭盆会(うらぼんえ)の言葉の由来は、「Ullambana (アヴァランバナ)」という梵語からきていると言われています。「ぶら下げる」または「吊るす」という意味を持つ言葉ですが、インドでは、特別なものとはされていませんでした。

しかし、盂蘭盆会は中国に6世紀の中頃に伝わると、中国では「盂蘭盆会経」と言われるものを作り、盂蘭盆会が梁武帝によって行われるようになりました。そのことから、盂蘭盆会の語源はインドが発祥としつつ、盂蘭盆会経と、今仏教で行われている盂蘭盆会は、中国が発祥ではないかと言われてます。

盂蘭盆会(うらぼんえ)の意味

盂蘭盆会は、お釈迦様のお弟子さんのひとりである目連尊者(もくれんそんじゃ)という僧侶が、生涯にわたって他人のことを思いやることがなく、物惜しみを強く持って生きてきた母が亡くなった後、生前の罪から餓鬼(がき)の世界へと堕ち苦しんでいる母を何とか助けたいという思いを綴った物語に基いています。

目連尊者は、母の死後の苦しみを知り、亡き母に食べ物や飲み物を与え少しでも苦しみから解放させてあげたいと神通力を用いましたが、その目連尊者の行為が、亡き母をさらに苦しめる結果となってしまいます。

何かできることはないかと、お釈迦様に相談すると、お釈迦様は目連尊者に「自分の母だけを救うことを考えるのではなく、餓鬼の世界に堕ちてしまったたくさんの人を救う気持ちで供養しなさい。」と諭します。

お釈迦様は、食べ物や飲み物を餓鬼の世界で苦しんでいる母へ与えるという方法ではない方法で救うことを教え、目連尊者もお釈迦様の教えの通りに供養を行うと、その功徳によって母を含め餓鬼の世界で苦しんでいる人々を救うことができたという教説を元に、現在のお盆や盂蘭盆会が行われるようになりました。

盂蘭盆会は、今現在行われている先祖供養とはまた違ってはいるものの、全く関係がないとも言い切れず現在のお盆や盂蘭盆会の由来となっています。

日本では、7世紀頃に盂蘭盆会が伝えられ、お盆の起源と言われている「七月十五日斎会」が日本で最初の女帝と言われている推古天皇によって執り行われるようになりました。
盂蘭盆会は、657年に斉明天皇によって行われ、庶民の間でもごく普通に行われるようになり、今現在に至っています。

仏教の中でも真宗以外の宗派では、盂蘭盆会の元となった物語を元に「施餓鬼供養」と「追善供養」が行われています。

盂蘭盆会とお盆の関係性

盂蘭盆会とお盆の関係性は、盂蘭盆会の意味や由来からみると供養を行う対象とするものや考え方の違いから、本来は関係のないものです。しかし現代の日本では、盂蘭盆会とお盆は同じものとして捉えている人が多いのが現状です。

特に、今多くの人達がお盆として行われる先祖供養の行事は、先祖代々の命の繋がりに対する感謝と供養の気持ちで行われるものという意識は薄れ、両親や兄弟、祖父母などごく近い近親者の供養を行うことを目的として行われる意味合いがとても強いものとなっています。

一方、盂蘭盆会は、ご先祖様を供養するという意味と同時に、盂蘭盆会の由来となっている餓鬼に落ちた人々を供養するという意味を込めて行われています。

盂蘭盆会、お盆共に先祖のことを思い、今生きていることに感謝をし、供養をするという意味ではそう違いはないかもしれませんが、供養の根となる部分に少し違いがあるということは意識しておくことは大切なのかもしれません。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

シンプルな生前契約

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

定額のお布施

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

copyright c 2013-2017,シンプルなお葬式,All Rights Reserved.
ページ先頭へ戻る