葬儀・葬式ならシンプルなお葬式

友人葬(創価学会の葬儀)の流れとマナー

カテゴリー 葬儀の種類

友人葬は、創価学会が執り行うお葬式です。このお葬式は故人のご家族や親しい友人が参加して行われ、宗派、宗教を問わず参列することができます。また、僧侶やお布施は必要の無い葬儀ですが、実際の仏式の葬儀方法と大きく異なるような所はありません。

創価学会の葬儀(友人葬)とは

友人葬とは、創価学会の学会員のために執り行われる葬儀の形を言います。
亡くなった方のご遺族や親類縁者、お友達が参加して執り行われることになります。
友人葬は1991年ごろに、創価学会によって行われるようになりました。

特徴

友人葬とそれ以外のお葬式との大きな違いは3つあります。

①僧侶(お坊さん)を呼ばず、導師を中心に葬儀を執り行う

友人葬は、導師である儀典長(友人の代表)を中心とした読経等により執り行われます。
なお、葬儀には創価学会員以外の方も参列することができます。

②お布施が必要なく、戒名も無い

お布施は必要がありません。また、亡くなった方に戒名はつけずに生前のお名前のままで弔う事になります。

③祭壇が異なる

友人葬とそれ以外のお葬式とを比較すると、祭壇に違いがあります。
友人葬の祭壇には、「しきみ祭壇」と「白い生花祭壇」があります。
一方、友人葬以外のお葬式の場合は白木祭壇を用います。
白木祭壇とは、白木で組まれた祭壇の事です。

創価学会の葬儀(友人葬)の流れ

こちらでは葬儀の準備と通夜、追善供養を行う一般的な式次第を説明します。

準備

ご家族が亡くなられた際にまず葬儀社を手配します。
遺体をご自宅に搬送し安置して弔問・線香を供え、三具足と枕飾りをします。
亡くなられた方の身なりを整えた後は、関係者への連絡や打ち合わせを行っていきます。
式場と火葬場へ予約を入れ、通夜と葬儀の日時と場所を決定します。
また、ご遺族が所属する地域の創価学会の幹部と共に、式の流れ、役員の配置、導師やご本尊の確認をします。
葬儀社からは、式への参加を予定する人数に応じ、宿泊場所の手配や、故人の位牌や祭壇、料理、返礼品、車両等の葬儀に関係する費用の説明を受け、準備を整えていきます。

その際に、遺影写真も作成します。ご家族が満足する故人の写真を選び、背景や洋服を決めます。葬儀等の準備が整うと、故人の旅支度を行います。
葬儀に関する準備品や費用について分からない部分があれば、葬儀社へどんどん質問していきましょう。
その後、通夜式・葬儀の準備のために祭壇を設営します。
祭壇は、「しきみ祭壇」または「白い生花祭壇」を準備します。

しきみ祭壇とは、通夜前に祭壇のお堂の中に、樒(しきみ)の葉を供え、創価学会の掛け軸を飾ります。
白い生花祭壇は、こちらも通夜前に祭壇のお堂の中に白い生花を飾り、掛け軸を飾ります。
創価学会の葬儀には、この二つの祭壇が用いられますが、葬儀よっては「しきみ」や「白い生花」を併せて供えることもあるなど、厳密に祭壇の種類が区別されていると言うわけではありません。

通夜は通常18時から19時に執り行います。席次は祭壇に近い方から、喪主、親族、親類縁者、友人等の順番となります。導師による読経と焼香が行われます。
通夜の後は葬儀・告別式が行われます。

開式の辞

司会者から友人葬開始のご案内があります。

お経・読経・唱題

導師である儀典長(友人の代表)を中心に読経・唱題を行います。
読経は、法華経の方便品※1と寿量品※2の自我偈(じがけ)※3を2回読誦し、唱題は「南無妙法蓮華経」の題目を唱えます。

※1「方便品」・・・法華経の経文の一つで、仏の智慧は容易に知りがたいから、悟り極めることには努力が必要であることを説いたものです。
※2「寿量品」・・・法華経の経文の一つで、釈迦は未来永劫にわたり存在する仏であることを説いたものです。
※3「自我偈(じがけ)」・・・創価学会員が朝夕に唱える経文です。仏の道を進み、信仰に励むことを誓うことが内容となっています。

焼香

通常では一回目の自我偈を読誦中に、焼香を行うことになります。
焼香の順番は導師・副導師、親族、参列者となるのが通常です。

御祈念文・題目三唱

全員が焼香を終えると導師が唱題終了の合図に鈴を鳴らします。
導師が追善供養の祈念を行い、その後に、鈴の合図に合わせて参列者全員で題目を三唱します。

追慰文

追慰文、弔電を紹介します。

導師挨拶

導師が挨拶を行います。

謝辞

喪主または親族代表が謝辞を述べます。

題目三唱

導師が鈴を鳴らし、それに合わせて参列者全員で題目を三唱します。

閉式の辞

司会者から葬儀終了のご案内があります。終了後に葬儀・告別式について連絡や注意事項があります。

告別式、出棺

葬儀・告別式が終了すると、導師、遺族、会葬者は、唱題する中、しきみ等を棺に納めながら、お別れの儀式を行います。
その後、数人の男性近親者により棺が霊柩車へ運ばれます。出棺の際に喪主から挨拶があり、挨拶終了後に出棺となります。

創価学会(友人葬)のマナー

友人葬に参列する際のマナーは、友人葬以外の葬儀とさほど変わりません。
ただし、友人葬では基本的に香典は取らないこと、創価学会では独自の数珠が使われていること等が、友人葬以外の葬儀との違いと言えます。

香典

創価学会の葬儀では、香典を持参する必要はないとされています。
しかし、日本では故人への弔意を表すものとして香典を持参するのが習慣です。
仏教の場合、香典の表書きには「御霊前」「御香料」と記載します。
のし袋には、黒白または双銀の水引きで、「結び切り」または「あわじ結び」の物を使用します。
創価学会員以外の参列者は、持参するべきか否か悩むところです。友人葬であっても、その地域やご遺族の意向等によって、各葬儀ごとに受け取るか、一切受け取らないか対応が異なる場合があります。
そのため、香典を一応持参しておき、香典を辞退する場合にはそれに従い、受け取る場合には香典を渡せば問題はありません。

焼香

焼香については、自我偈を読誦中に行うことになります。
司会の方の指示に従って焼香をしましょう。
焼香の回数は3回です。お香を3回つまみ、額まで持ち上げ焼香します。焼香の前後に必ずご遺族へ一礼しましょう。

数珠

創価学会の数珠は、両手に掛けるために長めに作られた物を使用しています。
創価学会員以外の参列者は、ご自身が使用している数珠を持参してよいか迷われるかもしれません。
しかし、故人を弔う気持ちがあれば、ご自身の使用している数珠を持参してもマナー違反にはなりません。
ただし、どうしても周りの学会員の使用する数珠と異なることが気になる場合は、友人葬に数珠を持参しない選択も妥当です。

供花・しきみ・葉っぱ

供花では基本的に樒(しきみ)または白い生花を用います。
葬儀によっては、遺影や祭壇を色とりどりのお花で飾り付けるケースもあります。
学会員以外の方でお花を送りたい場合には、ご遺族に確認を取ってから手配をするようにしましょう。

服装

服装はとくに決まりがありません。友人葬以外の葬儀と同じく、男女ともに通常の喪服で参列しましょう。
男性は、フォーマルスーツ、ネクタイ、靴下、靴はできるだけ黒で統一することをお勧めします。
女性も同様に黒いフォーマルスーツで問題ありません。
また、通夜、葬儀・告別式とも同じ服装で大丈夫です。

お悔やみ言葉

お悔やみの言葉に関しては、友人葬も、それ以外の仏式の葬儀と同様に、仏教用語である「往生」、「供養」、「他界」等を用いながら、簡潔に故人の冥福を祈ることを伝えられれば問題はありません。

弔慰文

通夜、葬儀・告別式に参列できない場合は、弔慰文を送ります。
こちらも特別な決まりはなく、故人の冥福を祈る思いが伝わる文章になることを心がけましょう。

してはいけないこと

友人葬の方法は、友人葬以外の葬儀とは大きな差異はありません。
ただし、日柄について一般的によく言われている「友引」は葬儀を避ける、と言う風習はあまり重視されていません。
葬儀の際、学会員全員で読経をする時間がありますが、学会員ではない方は唱える必要はありません。
葬儀は厳かに行われることが大事であり、私語を慎み、故人の冥福を祈る思いがあれば問題はありません。

友人での納骨について

出棺して火葬場へ向かい火葬終了後、仏式の葬儀と同様に骨上げをします。
友人葬の後の納骨では、導師(儀典長)が題目をあげることになっています。
創価学会の納骨堂で納骨をする場合は、係員の立ち会いのもと、親族等の葬儀関係者が納骨することになります。
創価学会では、全国に墓地・納骨堂を所有しています。
信者の方は、その墓地や納骨堂を希望するケースが多いです。
もちろん、創価学会以外の宗派を問わない納骨堂に納骨をすることもできます。

納骨堂

創価学会の納骨堂は、ご遺骨を長期間にわたり管理する「長期収蔵型納骨堂」と、ご遺骨を永久に保管する「常楽納骨堂」があります。
長期収蔵型納骨堂では、ご遺骨を20年間管理し、使用期間終了後に常楽納骨堂へ移動し、永久に供養することになります。

費用、埋葬料

創価学会の葬儀には、僧侶を呼ばず、戒名も必要としていないため、お布施を支払う必要はありません。
また、香典も基本的に受け取らない場合が多く、香典収入もありません。
そのため、葬儀費用はすべて実費となります。
ただし友人葬は、友人葬以外の葬儀と比較すると身近な人達だけで執り行われるため多額の葬儀費用がかかるわけではありません。
友人葬にかかる費用は、参列者数、規模、地域にもよりますが、概ね15万円程度からといえます。
また、創価学会の納骨堂への納骨費用は20万円からとなっています。

お墓

創価学会所有の墓地が全国にあり、同じ形状・大きさの墓石に納骨することになります。
また、宗派を問わない墓地にもお墓を建立して納骨することができます。
墓地を選定した後、創価学会員専用のお墓を購入する場合には、お墓の購入費はおよそ50万円からとなります。

永年供養

創価学会所有の墓地・納骨堂では、長期または永年にわたる利用となります。
そのため、利用を希望する場合は、事前に見学を行い、交通事情や周辺環境、設備・納骨の条件等を確認することをお勧めします。

手元 供養

友人葬では、位牌を準備しますが戒名はないので、故人のお名前が書かれています。
創価学会では本位牌をつくる必要が無いとされているので、葬儀が終了すると葬儀で使用された位牌は処分してもかまいません。
ただし、日常的に自宅でご遺族が故人に手を合わせる物がほしい場合には、手元供養のための位牌を作っても問題ありません。

法事・法要

日蓮大聖人の教えは、故人を偲ぶ親族や、親類、ご友人の真心が大事であるとしていますが、法事の必要性は説いていません。
各人の日常の勤行、唱題が最高の追善供養とされています。
しかし、「年忌法要」をどうしても営みたい場合は、親族や親しかった方々が故人の自宅へ集い勤行、唱題されてもかまいません。
なお、創価学会では全国の会館で、定例の追善勤行法要を開催しています。

戒名

友人葬では、戒名を付けません。そのため、葬儀の際には位牌を準備しますが、故人の生前のお名前が記載されています。

お布施

僧侶を呼ばないため、お布施は必要ありません。
友人葬は、導師である儀典長を中心とした読経等による葬儀が執り行われます。
儀典長に、お布施を準備する必要はありません。

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-887-166
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください
  • まずは、資料請求

安くて豪華なお葬式のご案内

24時間葬儀の相談受付ています

0120-887-166 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

事前割のご紹介

ご利用のお客様へ

シンプルなお葬式って何?

よくあるご質問

定額のお布施

葬儀ノウハウ

宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

国・自治体制度

メニュー
ご危篤・お亡くなりの場合は

お葬式の相談・質問は24時間承っています

こちらを押してお電話ください(無料)

ページ先頭へ戻る