通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

友人葬(創価学会の葬儀)の流れとマナー

カテゴリー 葬儀の種類

白い供花

友人葬は、創価学会が執り行う葬式です。
この葬式は故人の家族や親しい友人が参加して行われ、宗派、宗教を問わず参列することができます。
また、僧侶やお布施は必要のない葬儀ですが、実際の仏式の葬儀方法と大きく異なるようなところはありません。

友人葬とは

友人葬とは、創価学会の学会員のために執り行われる葬儀の形をいいます。
亡くなった方の遺族や親類縁者、友人が参加して執り行われることになります。
1991年ごろから創価学会によって行われるようになりました。

他の葬式との違い

友人葬とそれ以外の葬式との大きな違いは3つあります。

①僧侶は呼ばず、導師を中心に執り行う

友人葬は、導師である儀典長(友人の代表)を中心に、読経等により執り行われます。 葬儀には創価学会員以外の方の参列も可能です。

②お布施も戒名もない

僧侶を呼ばないので、お布施は必要がありません。また、亡くなった方に戒名はつけずに生前の名前のままで弔う事になります。

③祭壇が異なる

友人葬とそれ以外の葬式を比較すると、祭壇にも違いがあります。 友人葬で使用する祭壇は2種類あり、それが「しきみ祭壇」と「白い生花祭壇」です。 友人葬以外の葬式の場合には、白木で組まれた祭壇である白木祭壇を用います。

友人葬 準備の流れ

こちらでは葬儀の準備と通夜、追善供養を行う一般的な式次第を説明します。

葬儀の準備

友人葬の準備は次の通り行っていきます。

  • 葬儀社の手配

    家族が亡くなられた際、まず最初にやることです。

  • 自宅へ搬送、安置

    弔問・線香を供え、三具足と枕飾りをします。
    故人の身なりを整えた後は、関係者への連絡や打ち合わせを行っていきます。

  • 通夜、葬儀の日時と場所の決定

    葬儀社と打合せながら、式場と火葬場へ予約を入れ、通夜と葬儀の日時と場所を決定します。

  • 式の流れ、役員の配置、導師やご本尊の確認

    遺族が所属する地域の創価学会の幹部と共に、諸事項の確認をします。

  • 葬儀社と費用や手配の打ち合わせ

    葬儀社の担当者と葬儀詳細を打合せ、費用見積もりを受けます。
    故人の位牌や祭壇、会葬者の宿泊場所の手配、料理、返礼品、車両等、拘るところと削るところを明確にしていきましょう。
    遺影写真も必要になるので、生前の故人らしい写真を選びます。背景や洋服は加工サービスがある場合が多いです。
    葬儀に関する準備品や費用について分からない部分があれば、葬儀社の担当者に質問して解消しておきます。

  • 故人の旅支度
  • 祭壇の設営

    祭壇は、「しきみ祭壇」または「白い生花祭壇」を準備します。
    しきみ祭壇とは、通夜前に祭壇のお堂の中に、樒(しきみ)の葉を供え、創価学会の掛け軸を飾ります。
    白い生花祭壇は、こちらも通夜前に祭壇のお堂の中に白い生花を飾り、掛け軸を飾ります。
    創価学会の葬儀には、この二つの祭壇が用いられますが、葬儀よっては「しきみ」や「白い生花」を併せて供えることもあるなど、厳密に祭壇の種類が区別されていると言うわけではありません。

通夜は通常18時から19時に執り行うことが多く、導師による読経と焼香が行われます。
席次は祭壇に近い方から、喪主、親族、親類縁者、友人等の順番となり、通夜の後は葬儀・告別式が行われます。

友人葬の流れ(式次第)

友人葬の一般的な式次第をご紹介します。

開式の辞

司会者から友人葬開始の案内があります。

お経・読経・唱題

導師である儀典長(友人の代表)が中心に読経・唱題を行います。 読経は、法華経の方便品※1と寿量品※2の自我偈(じがけ)※3を2回読誦し、唱題は「南無妙法蓮華経」の題目を唱えます。

※1「方便品」・・・法華経の経文の一つで、仏の智慧は容易に知りがたいから、悟り極めることには努力が必要であることを説いたものです。
※2「寿量品」・・・法華経の経文の一つで、釈迦は未来永劫にわたり存在する仏であることを説いたものです。
※3「自我偈(じがけ)」・・・創価学会員が朝夕に唱える経文です。仏の道を進み、信仰に励むことを誓うことが内容となっています。

焼香

通常では一回目の自我偈を読誦中に、焼香を行うことになります。
焼香の順番は導師・副導師、親族、参列者となるのが通常です。

御祈念文・題目三唱

全員が焼香を終えると導師が唱題終了の合図に鈴を鳴らします。
導師が追善供養の祈念を行い、その後に、鈴の合図に合わせて参列者全員で題目を三唱します。

追慰文

追慰文、弔電を紹介します。

導師挨拶

導師が挨拶を行います。

謝辞

喪主または親族代表が謝辞を述べます。

題目三唱

導師が鈴を鳴らし、それに合わせて参列者全員で題目を三唱します。

閉式の辞

司会者から葬儀終了の案内があります。終了後に葬儀・告別式について連絡や注意事項があります。

告別式、出棺

葬儀・告別式が終了すると、導師、遺族、会葬者は、唱題する中、しきみ等を棺に納めながら、お別れの儀式を行います。
その後、数人の男性近親者により棺が霊柩車へ運ばれます。
出棺の際に喪主から挨拶があり、挨拶終了後に出棺となります。

把握しておくべき友人葬の作法とマナー

焼香

友人葬に参列する際のマナーは、友人葬以外の葬儀とさほど変わりません。
ただし、友人葬では基本的に香典は取らないこと、創価学会では独自の数珠が使われていることなど、友人葬以外の葬儀との違いもあります。

香典はどうする?

日本では故人への弔意を表すものとして香典を持参するのが習慣です。
しかし、創価学会の葬儀では、香典を持参する必要はないとされています。

そういった点からも創価学会員以外の参列者は、持参するべきか否か悩むところです。
友人葬であっても、その地域やご遺族の意向等によって各葬儀ごとに受け取るか、一切受け取らないか対応が異なる場合があります。
そのため、一応香典を持参し、香典を辞退する場合にはそれに従い、受け取る場合には香典を渡せば問題はありません。

香典の表書きには、仏教の場合は「御霊前」または「御香料」と記載します。
のし袋には、黒白または双銀の水引きで、「結び切り」または「あわじ結び」の物を使用します。

焼香の方法は?

焼香については、自我偈を読誦中に行うことになります。
司会の方の指示に従って焼香をしましょう。
焼香の回数は3回です。お香を3回つまみ、額まで持ち上げ焼香します。焼香の前後に必ずご遺族へ一礼しましょう。

数珠はどんなものを使用するのか

創価学会の数珠は、両手に掛けるために長めに作られた物を使用しています。
創価学会員以外の参列者は、自身が使用している数珠を持参してよいのか迷われるかもしれませんが、故人を弔う気持ちがあれば自身の使用している数珠を持参してもマナー違反にはなりません
ただし、どうしても周りの学会員の使用する数珠と異なることが気になる場合は、友人葬に数珠を持参しない選択も妥当です。

数珠はこちら

数珠をご購入したい方はこちら

供花について

供花では基本的に樒(しきみ)または白い生花を用います。
葬儀によっては、遺影や祭壇を色とりどりのお花で飾り付けるケースもあります。
学会員以外の方で花を送りたい場合には、遺族に確認を取ってから手配をするようにしましょう。

参列の際の服装は?

服装はとくに決まりがありません。
友人葬以外の葬儀と同じく、男女ともに通常の喪服で参列しましょう。
男性は、フォーマルスーツ、ネクタイ、靴下、靴はできるだけ黒で統一することをおすすめします。
女性も同様に黒いフォーマルスーツで問題ありません。
また、通夜、葬儀・告別式とも同じ服装で大丈夫です。

お悔やみの言葉について

お悔やみの言葉に関しては、友人葬も、それ以外の仏式の葬儀と同様に、仏教用語である「往生」、「供養」、「他界」等を用いながら、簡潔に故人の冥福を祈ることを伝えられれば問題はありません。

弔慰文について

通夜、葬儀・告別式に参列できない場合は、弔慰文を送ります。
こちらも特別な決まりはなく、故人の冥福を祈る思いが伝わる文章になることを心がけましょう。

注意すること

友人葬の方法は、友人葬以外の葬儀とは大きな差異はありません
ただし、日柄について一般的によくいわれている「友引」は葬儀を避ける、という風習はあまり重視されていません。
葬儀の際、学会員全員で読経をする時間がありますが、学会員ではない方は唱える必要はないでしょう。
葬儀は厳かに行われることが大事であり、私語を慎み、故人の冥福を祈る思いがあれば問題はありません。

納骨について

出棺して火葬場へ向かい火葬終了後、仏式の葬儀と同様に骨上げをします。
友人葬の後の納骨では、題目をあげるのは導師(儀典長)です。
創価学会の納骨堂で納骨をする場合には、係員の立ち会いのもと、親族などの葬儀関係者が納骨をします。
創価学会では、全国に墓地・納骨堂を所有しており、信者の方はその墓地や納骨堂を希望するケースが多いです。
もちろん、創価学会以外の宗派を問わない納骨堂に納骨をすることもできます。

創価学会の納骨堂

創価学会の納骨堂は、遺骨を長期間にわたり管理する「長期収蔵型納骨堂」と、遺骨を永久に保管する「常楽納骨堂」があります。
長期収蔵型納骨堂では遺骨を20年間管理し、使用期間終了後に常楽納骨堂へ移動し、永久に供養することになります。

費用と埋葬料は?

創価学会の葬儀には、僧侶を呼ばず、戒名も必要としていないため、お布施を支払う必要はありません。
また、香典も基本的に受け取らない場合が多く、香典収入もありません。
そのため、葬儀費用はすべて実費となります。
ただし友人葬は、友人葬以外の葬儀と比較すると身近な人達だけで執り行われるため多額の葬儀費用がかかるわけではありません。
友人葬にかかる費用は、参列者数、規模、地域にもよりますが、だいたい15万円からです。
また、創価学会の納骨堂への納骨費用は20万円からとなっています。

法事・法要について

日蓮大聖人の教えは、故人を偲ぶ親族や、親類、友人の真心が大事であるとしていますが、法事の必要性は説いていません。
各人の日常の勤行、唱題が最高の追善供養とされています。
しかし、どうしても「年忌法要」を営みたい場合は、親族や親しかった方々が故人の自宅へ集い勤行、唱題されてもかまいません。
なお、創価学会では全国の会館で定例の追善勤行法要を開催しています。

戒名

友人葬では、戒名を付けません。そのため、葬儀の際には位牌を準備しますが、故人の生前の名前が記載されています。

お布施

僧侶を呼ばないため、お布施は必要ありません
友人葬は、導師である儀典長を中心とした読経等による葬儀が執り行われます。
儀典長に、お布施を準備する必要はありません。

よりそうのお葬式 創価学会・友人葬のプラン

創価学会・友人葬の特徴

創価学会の友人葬には、参列者として同信の友人や支部の会員のほか、一般の友人も参加されます。また、僧侶を必要としないことから、喪主が創価学会の幹部にお願いして導師になってもらいます。位牌や戒名も必要ないとしています。読経は、学会の友人と遺族が唱え、題目を唱えます。祭壇は魔よけとされる常緑樹のしきみで飾ったものが好まれますが、最近は、白木祭壇や生花祭壇が選ばれることもあるようです。

ご希望の祭壇をご用意
友人葬専用の祭壇は、しきみ祭壇のほかに、白木祭壇や生花祭壇も、ご要望に応じてご用意いたします。
友人葬専門スタッフが対応
友人葬を熟知した専門スタッフが決め細やかなサポートに徹します。段取り、進行は安心してお任せください。

創価学会・友人葬に対応した4つの葬儀プラン

参考:お葬式を行わない火葬(直葬)プランも

まとめ

一般的な僧侶を呼んで行う葬儀に慣れている方からは、見慣れない分、不気味、怖いなどのイメージを持たれる場合もありますが、友人葬は故人を偲ぶまごころを重視した葬儀としています。
しきたりに多少の違いはありますが、基本的なことは変わりません。創価学会員ではない方が、友人葬に参列したり、施主を務めることになっても気負わず、故人を見送ることを中心に考えましょう。

とはいえ、いざ葬儀を執り行う側の喪主(施主)の立場になったときには何かと戸惑う事も多いものです。
そんな場合には慣れている葬祭業者に相談しながら、必要な内容を決めていくことが建設的です。

「よりそうのお葬式」(旧シンプルなお葬式)では友人葬も対応可能です。各プランのお見積りや詳細など、気軽にご相談ください。資料請求や電話でのお問い合わせも24時間対応中です。

4.29/5 (56)

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.