通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

湯灌を行う意味や料金、やり方について

棺

急な不幸事に、慌てて準備をする。当然、気も動転している中で、冷静に葬儀の準備をこなすのは難しいでしょう。特に、喪主の立場になったり、近親者の葬儀の場合は、耳慣れない言葉だったり、初めて経験する儀式だったりと、混乱してしまうことも多くなりがちです。
お葬式は、大切な人との最期のお別れになります。落ち着いてお別れをするためにも、よい旅立ちの準備をしてあげるためにも、事前に儀式の意味を知ることや、手順を頭に入れておくことは大切なことになります。

湯灌とは?

湯灌とは、故人の体や髪を、文字通りお湯で洗い清めることをいいます。そして化粧を施し、身支度を整え納棺します。「湯灌」は、「ゆかん」という読み方をします。
昔は、どの家庭でも普通に行われていましたが、近年は専門の業者(湯灌士)に依頼することが増えてきました。また、入浴ではなく、清拭(せいしき)を代わりに行うことも増えています。
※清拭とは、アルコールを含ませたガーゼなどで体を拭いてあげて清めることです。別名、エンゼルケアとも言います。

病院で亡くなった場合には、エンゼルケア(清拭)をして、体をきれいに整える処置を施します。もちろん、遺族も湯灌には立会います。

湯灌を行う意味

湯灌を行う意味は、主に2つあります。
1つは衛生上の観点から、もう1つは宗教上の観点からです。
人は亡くなった瞬間から腐敗が始まり、体液の漏れや皮膚の変色が起こります。このようなことに対する処置は、病院で行ってもらえますが、納棺までの間に腐敗が進む場合もあるので、最後に湯灌を行いきれいにすることで、体に起こる変化に対処するのです。
宗教上の観点では、生まれてきた赤ちゃんが産湯につかるように、現世での汚れを洗い清め、魂を浄化し、故人が来世に導かれるようにという願いを込めて行います。

湯灌に立ち会う際の服装やマナー

湯灌に立ち会う際の服装やマナーについて紹介します。

服装

まず、湯灌に立ち会う際の服装ですが、喪服でなく平服で構いません。喪服は、お通夜から着替えることになります。しかし、お通夜まで時間がない場合や遠方から喪服で来られている場合には、喪服でも構いません。

湯灌の最中の入退室マナー

基本的に、湯灌に立会うのは、遺族と親族のみになります。そのため、他に立会いを希望される方がいても、断ることはマナー違反にはなりません。
また、湯灌の最中の入退室もマナー違反にはなりません。途中から参加されても、途中で退出することも構いません。

子どもの立会いに対する考え方

ひとつ、注意が必要なことは子どもの立会いです。生前、かわいがってもらったとしても、ご遺体であることに変わりはありません。強要することはもちろんですが、本人が希望したとしても、幼い心にどう影響を与えるのか分かりません。
よくお考えになった上で判断されたほうがよいでしょう。

湯灌を行う際の料金相場

女性と電卓

湯灌は、葬儀の料金に組み込まれておらず、オプションとなることが多いので事前に確認をしておきましょう。
葬儀社や地域によってもばらつきはありますが、料金の目安としては、入浴はせずに簡単に手足を清拭するだけであれば5万円前後から、湯灌から納棺までとなると8万円から10万円前後が相場です。

湯灌のやり方

湯灌は誰が行うのか

湯灌は、湯灌士が主体となって行いますが、全てを任せるのではなく遺族と親族も部分的に手伝います。

湯灌にかかる時間の目安

湯灌にかかる時間は、目安として1時間から1時間半ほどです。

湯灌の儀の進め方

湯灌は、ご自宅または、葬儀社の一室で行うことが多いです。
ご自宅で行う場合でも、湯灌車という湯灌専用の車があり、給水から排水までを行える浴槽のセットを自宅まで運んでもらい、到着後すぐに湯灌の準備ができます。葬儀社で行う場合は、葬儀社に湯灌の儀を行うためのセットが一式備わっております。

準備ができたら、湯灌の儀の口上述べた後、遺族が「逆さ水」と呼ばれる儀式を行います。
浴槽に水を入れ、そこにお湯を入れて温度を調節するという、通常のお風呂と逆の手順で行います。この反対にするところから、「逆さ水」と呼ばれています。

浴槽を準備している間に、故人の関節を曲げたりマッサージをして硬直を緩和します。
そして湯灌士により洗顔、洗髪、ひげ剃りなどが行われます。

湯灌中は、故人の体は見えないように、タオルなどで覆い隠します。男性が洗髪や顔剃りを担当し、女性が体を洗うという、男女1組で行われることが多いです。
故人が男性の場合はひげ剃りですが、女性の場合は産毛を剃る顔剃りを行います。
体を洗う時は、左足から洗い始めますが、これは「逆さ事」といい「逆さ水」と同じく、生前とは逆の順番で体を洗い清めます。

故人を布団へ移し、死装束に着替えさせ、化粧を施し、身支度を整えます。
女性だけでなく男性も希望をすれば、顔色を整えるように薄く化粧を施します。
湯灌の際に、故人愛用のものがあれば、それを使うこともできます(シャンプーや、化粧品など)。

最後に、納棺をして終了となります。

まとめ

湯灌の儀は、必ずしもする必要はありません。ですが、故人を最期にきれいにして旅立たせてあげたいという、遺族の気持ちを叶えるものになります。
故人を、故人らしく送ってあげたい、そんな願いを滞りなくかなえるためにも、事前に知識を得ておくことでしょう。
葬儀のプランに組み込まれているのか、費用は幾らかかるのか、ただでさえ気が動転してしまう状況の中で、全てをきっちりこなすことは難しいです。後から後悔しないためにも、今できるだけの準備は行っておいたほうがいいでしょう。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.