通話無料
0120-541-585 24時間365日対応いつでもお電話ください

悟りが開ける禅問答のすすめ。考え方と公案集の解説まとめ

カテゴリー 宗教

お寺と僧侶

禅問答と聞くと、“考えてもわけが分からないもの”というイメージがあるかもしれません。
たしかに、禅問答の公案を解こうとすると、解説を読んでもなお意味が分からないと感じられることがよくあります。
しかし、体験を重視するという禅問答の考え方を知れば、これまでと違う捉え方に近づけるようになるかもしれません。
ここでは、禅とはどんなものであるかをご紹介しながら、代表的な公案の例をいくつかご紹介します。
公案をどう解釈するのかは人それぞれですから、ぜひ楽しんで向き合ってみましょう。

そもそも「禅」とは

日本の仏教における禅宗には、曹洞宗と臨済宗があります。
曹洞宗では、ものごとの真実のあり方を見極め、ただ坐る(すわる)姿によって悟りに近づく「只管打坐(しかんだざ)」という坐禅が行われています。
臨済宗では、特定の思いに偏ることのない「無念」という心の状態を“仏の心”としてとらえ、自由自在な心が禅であると考えられています。黄檗宗は自己の究明、自身の解決が肝要であると教えています。

よく知られる「禅問答」のやり取りは、禅宗の僧侶によって、悟りに近づくために行われる修行のことを指します

このように日本で知られる「禅」とは、もともとはインドに伝わる言葉でした。古来インドにあるサンスクリット語では「ディヤーナ」が、そしてパーリ語では「ジャーナ」が、禅の語源だといわれています。
これらが中国に伝わったとき、「禅那(ぜんな)」という形で翻訳されて、やがては「禅」という言葉になったようです。

この「ディヤーナ」や「ジャーナ」には「瞑想」という意味合いがあります。
禅とはなにかと問われるとき、瞑想であるというのもひとつの答えだといえるでしょう。

禅は世界的に注目を集めている

禅は、日本のみならず、海外でも注目を集めています。
そんな禅が、現代において注目を集めている理由のひとつに、世界的にその名を知られる経営者が禅の考え方にふれていたというエピソードが挙げられます。
また、禅の考え方は、いわゆる論理的思考だけでは叶えることが難しい「イノベーション」に結びつくのではないかともいわれ、国内外を問わず多くのビジネスマンにも取り入れられているようです。

一方で、禅宗の僧侶は10年間以上も「公案」と呼ばれる禅の問題に取り組むといわれ、ひとつの公案に合格すると師匠からさらに次の考案をもらうという形で、参究を続けていきます。
そんな本格的な修行までとはいかなくとも、現代を生きる私たちが禅問答に取り組むことで、思わぬよい影響をえられるかもしれません。

そんな禅問答に、一度は取り組んでみてはいかがでしょうか?

禅問答の意味と由来

禅問答の由来となっているのは、禅宗の師匠と弟子との会話です。
このようなやり取りは、後に書物にまとめられるようになり、現代に伝わる公案集となりました。

禅問答は師匠と弟子のやり取り

禅問答は、師匠と弟子のあいだに起こった会話から生まれたものです。
このように、師匠が弟子を悟りへと導くためにやり取りをする形式は、ブッダが生まれたといわれる紀元前5世紀前後からすでに行われていたといわれています。

一方で、禅宗において禅問答が成立したのは、11世紀前後のことだと考えられています。
そのきっかけのひとつとなったのが、禅問答を記録した『景徳伝灯録(けいとくでんとうろく)』という書物が編纂されたことです。
『景徳伝灯録』には、禅宗の僧侶の逸話が残され、現代でも禅宗の歴史における重要な書物とみなされています。

公案集に記録された禅問答

現代まで語り継がれてきた禅問答の数々は、「公案集」という禅問答を集めてまとめた書物に記されています。
このうち、雪竇重顕(せっちょうじゅうけん)という僧侶によって残された公案集が、『雪竇頌古(せっちょうじゅこ)』です。
『雪竇頌古(せっちょうじゅこ)』には、禅僧たちによって行われた問答が、100話収録されています。これが禅問答の問題集として初めて誕生した書物ということになります。

その後、この『雪竇頌古』にはさらに手が加えられ、現代においても多くの方に知られる公案集『碧巌録(へきがんろく)』の元となりました。
『碧巌録』を加筆したのは、臨済宗の僧侶である圜悟克勤(えんごこくごん)です。
このように、後世にまで残されるようになった公案は、臨済宗の僧侶たちが悟りに近づくための課題として、修行にも取り入れられることになります。

禅問答の考え方

禅問答とは、いわゆるテストのように頭で考えて答えればよいというものではありません。
したがって禅問答と向き合うときは、禅の思想に基づきながら、これまでと違う捉え方に挑戦してみましょう。
ここでは、禅問答の考え方をご紹介します。

文字のなかに答えは見つからない?

禅の教義のなかには、「不立文字(ふりゅうもんじ)」という語がありますが、この短い4文字には“文字によって真理を見出すことはできない”という意味が込められています。

仏教には経典があり、それらは文字によって現代まで伝えられています。しかし、文字で書かれた経典そのものにとらわれてしまっては本末転倒です。
私たちはいつも言葉にとらわれやすく、そのためにさらに大切なものを見落としてしまうことがあります。

禅問答に答えるときも、文字にこだわりすぎてしまわないように気をつけてみましょう。

考えても答えは見つからない?

禅問答に取り組むと、初めのうちは意味が分からなくて、混乱してしまうことがあるかもしれません。
それもそのはず。公案の答えを出すときに大切なのは、考えることではないのです。

禅問答においては、体験することが重視されています。いくら頭で考えても分からない公案を、さらに頭で考えたところで、答えは出てきません。
このような禅問答のあり方は、日頃から“頭でっかち”になりやすい私たちを戒めて、実体験としての真実へと近づけてくれます。

悟りが開ける?禅問答の公案集

僧侶

禅問答の公案集としては、『碧巌録(へきがんろく)』が広く知られています。
最後に、これらの公案集のなかでも特に有名な禅問答の公案を、いくつかご紹介します。
初めて公案と向き合う方にとっては、「よく分からない」と感じられるかもしれません。
しかし、このように体験することそのものが、禅問答の狙いでもあると考えられているのです。
自分なりにどのようなことを考えたのかを大切にしながら、公案に挑戦してみましょう。

1.趙州狗子(『無門関』より)

あるとき、修行僧が趙州和尚に問いかけました。
「犬には仏性があるでしょうか、それともないでしょうか」
趙州和尚は、「無」と答えました。

※仏教には、すべてのものに仏性があるという教えがあります。しかし、趙州和尚はその教えを否定したわけではないようです。その反対に、「無」という一文字で仏教の教えそのものを表したという考え方もできます。

2.堅固法身(『碧巌録』より)

ある修行僧が、大龍和尚に問いかけました。
「人間の肉体は、いつかは滅んでしまいます。それでは、永遠に滅んでしまうことのない、(仏教の教えの)不生不滅とは、どんなものでしょうか」
大龍和尚は答えました。
「山の花が満開で錦のように美しく、谷の水が藍のように澄みきって美しい」

※大龍和尚の答えは、今ある真実をありのままに伝えています。肉体が滅んでしまうことからは逃れることができません。すべてはありのままに起こる、という教えとも考えられます。

3.洞山麻三斤(『碧巌録』より)

ある修行僧が、洞山和尚に問いかけました。
「仏とは何でしょうか」
すると、洞山和尚はこのように答えました。
「三斤の麻である」

※三斤の麻とは、どこにでもあるありふれたものです。したがって、仏はどんなものにも見出すことができる、と考えることもできます。

まとめ

禅問答とは、禅宗の僧侶によって行われる、修行のひとつです。
その問題は公案と呼ばれ、過去を生きた僧侶たちの手によって、公案集としてまとめられています。
ご紹介したほかにも公案に取り組んでみたいと感じた方は、ぜひ『碧巌録』に挑戦してみましょう。
現代では、禅の考え方をビジネスに取り入れる試みも行われているようです。僧侶のように厳しい修行とまではいかなくても、私たちが禅問答に挑戦することも、よい体験となって生きてくるはずです。
ぜひ自分なりの答えに近づいてみてください。

まだ評価はありません

この記事はよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)が書いています
お葬式の無料相談
24 時間365
ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお電話ください
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が 最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!
エンディングノート
葬儀の事前お申し込みで費用が
最大5万円割!
エンディングノートプレゼント!!

お葬式の無料相談

24時間365ご相談受付中
0120-541-585
深夜、早朝構わずお気軽にお電話ください

24時間葬儀の相談受付ています

0120-541-585 通話無料

喪主のあなたが抱える不安を、お電話一本ですぐに解決いたします。些細な事でもお気軽にご相談ください。

詳細を見る

葬儀ノウハウ

コラム
宗教
知っておきたい葬儀の話
葬儀の供花について
葬儀の流れ
葬儀の種類
葬儀マナー
葬儀社の選び方
葬儀費用
通夜・葬儀の服装

copyright © 2018,Yoriso.Co.Ltd. All Rights Reserved.